mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 皆既月食

皆既月食

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2018年1月31日 17:19更新

皆既月食のコミュ二ティ

月食とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことである。

満月のときに起こる。

日食と違い、月が地平線より上に見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測・観察できる。


月が地球の影によって隠される度合いを食分といい、
「(本影の半径+月の視半径−本影の中心と月の中心の距離)÷(月の視直径)」という式で計算される。皆既月食の場合は1以上、部分月食は0〜1、半影食ならマイナスの値となる。

地球の大気によって太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入るため、皆既月食でも通常、月は真っ暗にはならず暗い赤色に見える。しかし火山爆発等で大気中に特に多量の微粒子が浮遊している場合には、月が非常に暗くなりほとんど見えなくなる。

なお月食の途中の欠け月が昇ってくることを月出帯食といい、その逆に欠けたままの月が沈むことを月没帯食という。

月食の経過

第1接触
月が地球の本影に入り始めた瞬間。

第2接触
月が地球の本影に完全に入った瞬間。この瞬間が中心食の始まりとなる。
食の最大・食甚
月の中心と本影錐の中心との角距離が最小となった時点。

第3接触
月が地球の本影から出始めた瞬間。この瞬間が中心食の終わりとなる。

第4接触
月が地球の本影から完全に出た瞬間。



頻度

日食・月食時の「太陽-月-地球」関係図月食が起こるのは太陽・月が黄道・白道の交わる点(月の昇交点・降交点)付近にいる時に限られる。

月食は多くの場合
1年間に2回起こるか起こらない年、
3回起こる年もあり
21世紀の100年間では合計142回(皆既月食85回、部分月食57回)生じる。

一方、日食は最低でも年に2回、
最多で5回生じる年もあり21世紀の100年間では合計224回(皆既日食68回、金環食72回、金環皆既食7回、部分日食77回)である。

したがって月食の発生頻度は日食より低い。


にもかかわらず普通、日食よりも月食の方が目にする機会は多い。

これは月が見えてさえいれば月食は地球上のどこからでも観測が可能なのに対し、日食は月の影が地球表面を横切る帯状の限られた地域でしか見ることができないためである。

月食と日食の頻度に違いが生じる理由は次のように説明できる。

地球と太陽がともに内接する巨大な円錐を想定する。月がこの円錐の太陽と反対の部(地球の本影)に入れば月食が生じ、太陽と同方向の部分に入れば日食が生じることになる。この円錐の月軌道付近における半径は月食側が約4460〜4750km、日食側が約7990〜8280km[5]と異なるため月食の発生頻度は日食のそれよりも低くなる。

1年に月食が3回起こる年
1833年 -
1852年 -
1898年 -
1917年 -
1982年 -
2010年 -
2028年 -
2094年

月食がない年
1966年 -
1969年 -
1980年 -
1984年 -
1998年 -
2002年 -
2016年 -
2020年


最近の月食の日時

2000年7月16日 皆既
2001年1月10日 皆既
2001年7月5日 部分
2004年5月5日 皆既
2005年10月17日 部分
2006年9月8日 部分
2007年3月4日 部分 月没帯食
2007年8月28日 皆既 月出帯食
2008年8月17日 部分
2010年1月1日 部分 最大8%
2010年6月26日 部分
2010年12月21日 皆既

今後日本から見られる月食
2011年6月16日 皆既
2011年12月10日 皆既
2012年6月4日 部分
2014年4月15日 部分
2014年10月8日 皆既
2015年4月4日 皆既
2017年8月8日 部分
2018年1月31日 皆既
2018年7月28日 皆既

ダンジョンの尺度
皆既月食の時の月面の様子は、
地球の大気中の塵の量によって異なる。塵が少ないと、太陽の光が大気中を通過する際の散乱が少なくなり、月面は黄色っぽく明るく見える。

逆に、塵が多いと、大気中の散乱が多くなり、月面は暗く見える。(大規模な火山噴火があると、大気中の火山灰により、月面が暗くなることが知られている。) フランスの天文学者ダンジョンが20世紀初頃に、月食の明るさを分類するために独自に尺度を決めた。

尺度 月面の様子
0 非常に暗い月食。月面の中心は見えない。
1 暗い月食。灰色か褐色で、月の細部判りづらい。
2 暗い赤または赤錆色の月食。月の中心はとても暗く、周辺部はやや明るい。
3 れんが色の月食。月の縁は明るいかまたは黄色。
4 非常に明るい月食。月の縁は青みがかって非常に明るい。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 80人

もっと見る

開設日
2011年6月15日

2681日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!