mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 女流作家ドー・ホアン・ジュウ

女流作家ドー・ホアン・ジュウ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年1月16日 22:42更新

ベトナムの作家ドー・ホアン・ジュウさんは、

2009年3月13日から3月20日にかけ、

国際交流基金の招きにより、日本各地で一連の

第18回開高健記念アジア作家講演会を行った。


さいわいに、3月17日の東京での公演に続き、

今回の講演会シリーズのコーディネーターである

加藤栄氏(大東文化大学国際関係学部准教授)のご好意で、

ジュウさんと膝を交えての座談会にも

出席させていただくことが出来た。


その時の写真で見るように、大変魅力的な方であり、

加藤栄氏の翻訳による短編集によっても、

その人となり、人生観を知ることが出来る。


ジュウさんは、

ベトナム戦争から解放改革の時代「ドイモイ」までの、

「バオカップ(国家丸抱え)」時代を、

自らの出発点と呼んでいる。

計画経済により貧困化するなかで、

カンボジアや中国との戦争に傷ついた、

困難の時代を見つめながら、

その文学は、怨恨や政治的非難に終わっていない。

むしろその困難な時代に於かれた女性が、

感性と肉体で受け取った真実が、

まさに女性にしか描けない形で描かれている。


「ベトナムを愛するという点で、私は誰にも負けないが、

それは現政権を愛するという意味でもなければ、

共産党を愛するという意味でもない。」

彼女のこのひと言が、今も耳に残っている。


ベトナム反戦運動の時代を知る我々の世代にとって、

ある種タブーの時代を描いた作家であり、

今後、ベトナムに親しみ、

ベトナムを語りたい若い世代にとっても、

ぜひ味わってほしい小説世界である。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2009年4月12日

3568日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!