mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

生活保護者の集い

生活保護者の集い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2021年6月13日 04:11更新

 このコミュは生活保護で生計を立てている人が語り合うコミュです。

出会い系、友だち作りコミュではありません。

 私たちは、いろいろな理由で、働くことが出来なかったり、働いても足らなかったりして、生きる手段として、生活保護者として生活をしています。

 生活保護費ではギリギリの生活をしていることが解るのは当事者だけです。
また、病気で苦しんでいる人も大勢いると思います。

 このコミュは、その様な経済面、健康面で厳しい生活をしている人たちが、お互いに情報交換し、上手な解決方法をアドバイスしあったり、励ましあう場所です。

 生活保護者ということで、窮屈な思いをしたり、傷つく言葉を言われたりした体験はありませんか?
 やはり、実際に生活保護者として生活してみないと、その大変さはわかりませんよね。

 ケースワーカーなどからのイジメなどがあったら、どんどん吐き出して下さい。

 また、現在、生活保護申請を検討されている方、また、近い将来、生活保護にならざるを得ない方のご参加も歓迎します。チューリップ

平成24年5月現在、管理人へのメールを一部制限させていただいております。トピを立てづらいような、個人的なご相談は、マイミク申請をしていただければ、可能です。原則、誹謗中傷目的以外のマイミク申請はOKです。
---------------------------------------------

<入会方法>
コミュ参加希望の方は、現在の状況(生活保護受給中or生活保護申請検討中or現在なさっているお仕事の状況など)を参加理由を明記して、参加申請して下さい。困窮している方のご参加をお待ちしております。

この頃、参加理由を明記されない方が増えております。2009年11月4日以降、参加理由がない場合は、原則、お断りしております。

<2015.02再追記>

相変わらず、無言申請が多いです。申請なさる方は、最低、希望理由をお書きください。また、出会い系コミュに多数入っておられる方、副業系に多数入っておられる方は、それを理由に、拒否する場合がありますので、御了承下さい。

---------------------------------------------
☆このコミュは、自由にトピを立てることが出来ます。

☆このコミュは、生活保護者が安心して発言できる場所を確保するため、否定的な方やCW (ケースワーカー)等の参加をご遠慮願っています。

2013.7.15 追記

当コミュでは、『生活保護から、抜け出す方法としての安楽死』は、否定いたします。当コミュでの『安楽死』論議は、『生活保護者は、安楽死せよ』と言う、誹謗中傷や攻撃に対しての反論のみでお願いいたします。

一部、参加申請の中で、『ナマポ』だから、参加したいとの参加申請があります。当コミュでは、『ナマポ』と言う単語は、生活保護受給者を『差別』し、誹謗中傷するものととらえております。そのような形での参加申請は、容認しません。また、コミュ内でも、差別を批判する形での使用はかまいませんが、『自虐的に使ったり、アラシ目的での使用は、即削除いたします。

2018.10.08 追記

この頃、新規参加申請が急増しています。管理が難しいため、プロフィールがない方、無言の参加申請、参加コミュが少ない又は偏っている方はお断りしています

心を病んで生活保護になった方、DVやネグレクトなどでやむなく生活できない状況にある方、それぞれの専門のコミュがあります

まずそちらでご相談下さいますようおねがいいたしますm(__)m

<2021/06/05築城>

使える支援制度が簡単に探せるWEBアプリ「支援検索ナビ」、生活保護申請書作成システム「パス(PASS)」を同時リリース
コロナの影響で浮き彫りになった “日本の貧困問題” 。ITを活用した情報提供で必要な支援をタイムリーに届ける
ETIC.2021年5月28日 14時00分

NPO法人ETIC.(東京都渋谷区)と、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい(以下「もやい」、東京都新宿区)は、NPO等への支援をグローバルで展開するJ.P.モルガンの支援を得て、新型コロナウイルスの影響で仕事や収入が激減した生活困窮者にタイムリーな支援を届けるため、WEBアプリ「支援検索ナビ」と、生活保護申請書作成支援システム「パス(PASS)」を共同開発し、リリースいたしました。
コロナの影響で仕事や収入を失った人の多くは、もともと非正規雇用や低収入、ネットカフェ生活など脆弱な生活基盤の人も多く、政府等が提供する支援の情報が十分に行き届いていない現状があります。さらにこの一年で、もやいが実施した食料支援を受け取った方の数はコロナ前平均の2.5倍、電話やメールでの相談件数は1.5倍以上です。今後も長引く不況下で失業する人、失業手当給付後も再就職ができない人が増えることが予想され、もやいなど生活困窮者支援を行うNPOの現場では、より多くの方に対応するための相談業務の効率化と感染予防の観点からサービスのオンライン化が急務となっていました。



WEBアプリ「支援検索ナビ」では、自身が置かれている状況をチェックリスト形式で入力すると、生活保護制度や緊急小口資金貸付、住居確保給付金など、関連する支援情報にアクセスすることができます。また生活保護申請書作成システム「パス(PASS)」では、インターネット上で生活保護申請書を簡単に作成することができます。これらによって、より多くの方が必要な情報へ早く到達できることに加えて、生活相談をすることや支援制度を申請すること自体への心理的なハードルが下がることを目指しています。




【WEBアプリケーション情報】
■支援制度が簡単に探せる「支援検索ナビ」:https://navi.com-pass.site
■生活保護申請書作成システム「パス(PASS)」:https://pass.com-pass.site
■NPO法人自立生活サポートセンターもやい公式サイト:https://www.npomoyai.or.jp/

【NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 理事長 大西のコメント】


コロナ禍で生活困窮する方が増加しています。下記グラフは、毎週土曜日に新宿都庁下でおこなっている食料品配布と相談会に来られた方の人数をまとめたものです。2020年4月には100人をこえるばかりであったのが、6月には180人に。その後、年明けに200人を突破してからは一気に増加し、2021年4月以降は300人をこえる状況となっています。いち相談現場のデータではありますが、長引くコロナ禍での低所得者へのダメージは計り知れないものであることは明らかでしょう。そして、若い方や女性など、多様なニーズにこたえること、感染予防の観点から接触を少なくすることなどに対応するために、相談支援活動のオンライン化やIT化は喫緊の課題と言えます。今回、ETIC.と協力し、新しいプロダクトをリリースしましたが、今後もウィズコロナ、ポストコロナを見据えた相談支援のアップグレードに挑戦していきたいと考えています。



◆報道関係者からのお問い合わせ

「インパクト支援2020 〜中長期を見据えた新型コロナウイルスの影響に対するコミュニティ支援〜」
NPO法人ETIC.(エティック)050-1743-6743 / incu@etic.or.jp
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 03-6265-0137(火12時〜18時 金11時〜17時 / info@npomoyai.or.jp
J.P.モルガン マーケティング&コミュニケーション部 03-6736-3222/ jpm.marcomm.japan@jpmorgan.com

────────────────────────────────────────────────

●NPO法人ETIC.(エティック)について
1993年設立、2000年にNPO法人化し、人口減少、経済縮小、超高齢化社会における都市と地方の関係や、日本や世界の未来を考え、実践し、支え合い、学びを共有し、また次の未来を描く、未来をつくる人たちのコミュニティづくりの活動を推進しています。日本初の長期実践型インターンシップの事業化や若手社会起業家への創業支援を通じこれまで約9700名の若者たちが変革・創造の現場に実践者として参加、1600名を超える起業家を輩出。またその仕組みを全国70地域の連携組織へ広げています。東日本大震災を受け、「震災復興リーダー支援プロジェクト」を開始(11年〜)するとともに、東北のリーダーを支えるための「右腕プログラム」を立ち上げ、これまでに154のプロジェクトに対して、262名の右腕人材を派遣しています。また、長期的な復興の担い手となる地域のハブ組織の強化にも力を入れ、2013年度からはハブ機能強化のための日米交流プログラムや、モデルとなりうるハブ組織への助成プログラムも実施しています。詳細はウェブサイト https://www.etic.or.jp/ をご覧下さい。

●NPO法人自立生活サポートセンター・もやいについて
もやいは生活困窮者の支援をおこなう認定NPO法人。2001年の設立以来、住まいのない方がアパートに入居する際の連帯保証人をのべ約2,400世帯、緊急連絡先を約600世帯引き受けてきました。また、全国からよせられる生活に困窮した人からのSOSは年間で約4,000件にのぼります。そして、居場所作りの活動として毎週土曜日にカフェを営業(現在は新型コロナの影響でお休み中)したりと、経済的な貧困と、つながりの貧困(関係性の貧困)との両輪で貧困問題をとらえ、困っている方への支援をパッケージでおこなっています。さらに、政府や自治体に対して、社会保障制度の改善をうながすための提言活動をおこなったり、メディア等を通じて貧困問題について発信することにより、貧困問題の社会的な解決を目指しています。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 553人

もっと見る

開設日
2007年9月19日

5017日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!