ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

民族楽器コミュの★民族楽器関連の本★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

〜こちらのトピに民族楽器関連の本のご紹介をして頂けると幸いです♪〜

『幻の楽器を求めて』
アジアの民族音楽と文化探究の旅
田森雅一
筑摩書房
ISBN4-480-04194-X
定価 1,100円

インド音楽に魅せられたジャーナリストの著者が
サロードをはじめ三味線までアジアの弦楽器の起源を
追究する旅に出るお話

コメント(15)

日本でインド音楽を勉強してる人のバイブルでしょう。

「インド音楽序説」
 東方出版
 定価 3,800円

ラーガ、ターラ、インドの楽器、インド音楽の歴史等を余す所なく
網羅した翻訳書。インドの音楽を知る入門書としておすすめ!
在庫少らしい。
↑府中図書館でみかけました。
ターラムに関して、南のシステムが中心的に扱われて
いたように思います。

アーディのとり方など基本的なことが載ってます。

同図書館2階のAVコーナーには、Sivaraman 節炸裂のCD
Percussion of India もあります。
ちなみに、ガタムは今をときめくSureshの若かりし頃。
口琴は誰だかわかりませんが、かなりかっこいい演奏です。
僕が聞いた中ではベストといえるような音です。

リズムシラバスの宝庫ですので、気になる方はぜひ。
>りんさん

ヤバッ! 知らなかった
こんな本があったのね...

皆さん結構図書館利用されてるのですね
自分の家の近くの高津区図書館には あまりいろんなものがなさそうでした…
『民族楽器を楽しもう』
楽器 教室 徹底ガイド
民俗音楽センター 若林忠弘
ヤマハ
ISBN4-636-20983-4
定価 1,700円

いろんな民族楽器の解説、ディスクガイド及び
教室のデーター等がまとめられている
『新版 民族楽器をつくる』
音と楽器のミンゾク学
関根秀樹著
創和出版
ISBN4-915661-70-9 C0093
定価2,300

竹や木などを使った世界の民族楽器やオリジナル楽器の作り方
及び各楽器の代表的な民俗音楽CDが紹介されている
『民俗音楽』
世界の音楽を聴く
〜CDでたどる音楽の世界地図〜
江波戸昭著
立風書房
ISBN4-651-82037-9
定価 本体1,900+税

アジア、オセアニア、アフリカ、ヨーロッパ、南・北アメリカの各国の民俗音楽を代表的CD200枚で紹介されている
その土地の代表的な音楽のルーツもコラムで解説されている
『竹で作る楽器』
シリーズ 親と子で作る15
関根秀樹著
創和出版
ISBN4-915661-41-5 C2037
定価(本体1,400円+税)

クイクイ、トガリなど鼻で吹く笛やアンクルン、口琴、ムックリまで竹で作れるありとあらゆる楽器が紹介されている
同じシリーズで #4『紙で作る楽器』もある
撥弦楽器に興味ある人は必携!

「民族楽器大博物館」
若林忠広著
京都書院
ISBN4-7636-1739-7
定価(本体1,200円+税)

http://www.mysnco.com/2002-5.html
>福麿呂さん

情報ありがとうございます
これって手のひらサイズの写真がいっぱいの本ですよね?
写真がキレイで見ているとその楽器が欲しくなってしまうので 買うの保留にしておきました(笑)

知らない楽器の名前調べたりするのに便利ですね

AA@勘理人(?!)
ラテンアメリカ楽器紀行
山本紀夫 著・写真
山川出版社
ISBN 4-634-49192-3
定価 本体1,900円 税別

40年にわたるフィールドワークをもとに
多種多様の楽器があるラテンアメリカの楽器が生まれた
歴史的背景をたくさんの写真とともに解説
ラテン音楽パラダイス
竹村淳 著
講談社
ISBN4-06-256741-5
定価 本体940円 税別

キューバ、ブラジル、カリブ、メキシコ、アルゼンチン等の音楽の歴史と楽器のお話
CDガイド付
ドラム・マジック―リズム宇宙への旅
[原書名:DRUMMING AT THE EDGE OF MAGIC-A Journey into the Spirit of Percussion〈Hart, Mickey;Stevens, Jay〉 ]
ISBN:4875022425
277p 21cm(A5)
工作舎 (1994-10-20出版)

・ハート,ミッキー【著】〈Hart,Mickey〉
・スティーヴンス,ジェイ【協力】〈Stevens,Jay〉
・佐々木 薫【訳】
[A5 判] NDC分類:763.85 販売価:\2,625(税込) (本体価:\2,500)
伝説のバンド「グレイトフル・デッド」ミッキー・ハートのトランス漫遊記。
太古の洞窟、アフリカの砂漠、ドラムの歴史、神話、シャーマニズム、フラワーチルドレン、グレイトフル・デッド、そして僕らの「未来」。

ドラムの糾び声
パーカッションの庭
天空の穴
基礎式ドラマーの肖像
移りゆくドラム
冷戦の兵士、そしてドラマー
民族音楽屋に囲まれて
大いなる時計〔ほか〕
キューバ・ブラジルをはじめとするラテン音楽関連2冊
こういう本の和訳があるのは嬉しいです

●ザ・ラテン・ベース・ブック 3CD付 (楽譜)
 Oscar Stagnaro, Chuck Sher
 価格: ¥ 6,090 (税込)
 楽譜: 272ページ
 出版社: エー・ティ・エヌ (2003/3/31)
 ASIN: 475493489X

●アフロカリビアンピアノの探求 101モントゥーノ 模範演奏2CD付 (楽譜)
 Rebecca Mauleon Santana (著), 佐藤 研一 (監修), 冨川 政嗣 (翻訳)
 価格: ¥ 5,250 (税込)
 楽譜: 124ページ
 出版社: エー・ティ・エヌ; 菊倍版 (2006/8/10)
 ASIN: 4754931564
 サイズ (cm): 30 x 23
『グリオの音楽と文化』
西アフリカの歴史をになう楽人たちの世界
成澤玲子著
勁草書房
ISBN:4326851481
定価:3,605円 (本体3,500円)

アフリカの吟遊詩人、歴史の語り部、そして音楽家であるグリオは何をどう伝えてきて どう現在を生きているのか というお話

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

民族楽器 更新情報

民族楽器のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング