ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

◆きちんと知ろう健康美♪コミュの健康情報リンク資料集  http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=605761&comm_id=115058

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

■本文  情報源の一部
■書込み 美容と健康、医療に関する用語辞典

■1■公的機関
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
食品安全委員会
http://www.fsc.go.jp/index.html
日本家庭医療学会
http://jafm.org/index.html
日本医師会
http://www.med.or.jp/
医学用語解説
http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?mycmd=search&mymsg=PubMed
【独立法人】健康食品の安全性*有効性情報
http://hfnet.nih.go.jp/main.php
http://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv.html
いわき市薬剤師会 いわき医療最前線より
http://www.iwaki-pa.or.jp/sea%20wave/sea%20wave.htm
★健康食品ナビ★(東京都責任編集)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/anzen/supply/choice.html
健康食品Q&A集-その1
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail696.html
健康体力づくり事業財団
http://www.health-net.or.jp/
健康講義全・12回  
http://lifesv.life.osaka-cu.ac.jp/~saeki/internet2004/
国立栄養研究所
http://www.nih.go.jp/eiken/
からだ元気科
http://www.ntv.co.jp/karada/oa_contents/
ディスカス
http://alps-d-c.hp.infoseek.co.jp/discus.htm
あなたの健康百科
http://www.medical-tribune.co.jp/kenkou/kenkou-index.htm
家庭医療ジャーナル
http://jafm.org/
e-治験.com          医学ボランティア会のJCVN
http://www.e-chiken.com/  https://www.jcvn.jp/
PubMed(英語)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=PubMed
PubMedの検索と原文献入手法
http://www.ndl.go.jp/jp/data/theme/theme_honbun_400063.html
(リンク)日本医療・健康情報研究所
http://mhlab.boxerblog.com/mhlab/

◆厚生労働省
├検索画面
http://kensaku.mhlw.go.jp/index.html
├良くある質問
http://www.mhlw.go.jp/qa/index.html

厚生労働省・多目的コホート
http://epi.ncc.go.jp/jphc/
厚生労働省健康日本21
http://www.kenkounippon21.gr.jp/
厚生労働省・健康掲示板
http://www.mhlw.go.jp/topics/index.html#kenkou

◆公正取引委員会
├景品表示法
http://www.jftc.go.jp/keihyo/
├報道資料
http://www.jftc.go.jp/houdouindex.htm
├子供のページ
http://www.jftc.go.jp/child/index.html

◆農林水産省
├報道資料
http://www.maff.go.jp/www/press/press.html
├消費
http://www.maff.go.jp/syohi.html
├食料
http://www.maff.go.jp/syokuryo.html
├研究
http://www.maff.go.jp/gijyutsu.html



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■2■その他 詳しいページ

セルフドクターネット
http://www.selfdoctor.net/index.html
おくすり110番
http://www.jah.ne.jp/~kako/
ビタミンのくわしい話 
http://www.gak.co.jp/vitaminh/menu.html
「教養ドキュメントファンクラブ」
http://homepage1.nifty.com/sagi/
中西準子のホームページ
http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/
病気の話、病気辞典
http://homepage3.nifty.com/mickeym/index.html
エコケミストリー研究会
http://env.safetyeng.bsk.ynu.ac.jp/ecochemi/
↑使い方(エコケミストリー研究会)
http://www.taiyo-yushi.co.jp/faq/faqc17.html

恋愛の科学
http://www.so-net.ne.jp/renaikagaku/mostnew/mystery/freetop.htm
/sick/側:医学辞典 (※注意J-Medical本体は怪しい情報有りです)
http://www.j-medical.net/sick/
癌種別
http://www.y-assist.com/gan-hifu/hifugan-3.html
ドクタープラザデンタルサーチ
http://www.dr-plaza.net/
アラビノキシラン糖分類
http://www2.odn.ne.jp/~ccp78920/arabino.htm
臨床薬剤師を目指そう 
http://f42.aaa.livedoor.jp/~puuchin/index.htm
薬Q&A
http://www.fpa.or.jp/fpa/htm/infomation/QandA/contents.htm
水と有機化合物解説頁 
http://www.d7.dion.ne.jp/~y_takeo/biobook/biob010.htm
大豆蛋白健康情報センター
http://daizutanpaku.jp/index.html
★植物油に秘められたパワー★
http://www.nisshin-oillio.com/health/power/index.html
歯科総合 気になるトピックス
http://www.j-dol.com/cons/cons/articles/default.html
健康百科
http://www.medical-tribune.co.jp/kenkou/kenkou-index.htm
薬とたべもの
http://neo.pharm.hiroshima-u.ac.jp/kusuri/index3.html
バイオウェザーサービス
http://www.bioweather.net/bws/health/mi/201mi_title.htm
あなたの健康百科
http://www.medical-tribune.co.jp/kenkou/kenkou-index.htm
安心!?食べ物情報
http://food.kenji.ne.jp/index3.html
胃・大腸癌・ピロリ菌
http://www.masumitsu.or.jp/treatment/
http://www.supplenews.com/MT/archives/cat1/index.html
★食品添加物危険物度★
http://emotion-engine.com/koji-labo/study2001/tokumaru-fujii/
健康情報尾内の読み方 
http://www.page.sannet.ne.jp/onai/
しょくいく食育大事典 
http://www.shokuiku.co.jp/
暮らしの危険
http://www.kokusen.go.jp/kiken/index.html
西日本新聞 食育等(食卓の向こう側)
http://www.nishinippon.co.jp/shoku/
健康産業新聞
http://www.kenko-media.com/health_idst/
神奈川県の健康カタログ
http://www24.big.or.jp/~keiyousi/kenmin/kenmin.htm
癌ほか沢山!
http://www.jp-health.com/cancer/12p.html
ヘルスビジネスサポータ
http://www.sis-web.co.jp/hbs/index.html
カラダカラコラム
http://www.karadakara.com/col/index.html
BS-i 健康DNAコラム
http://www.bs-i.co.jp/dna/back_number.html
ダイナミック・ライフ 
http://wwwt.mew.co.jp/wellness/club/dynamic/index.html
エイザイホームページ 
http://www.emec.co.jp/

萬有製薬メルクマニュアル医学百科
http://merckmanual.banyu.co.jp/
萬有製薬メルクマニュアル家庭版
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/index.html

家庭の医学 by igaku.bz
http://www.igaku.bz/
食育大事典
http://www.shokuiku.co.jp/
医師が教える一分間ダイエット
http://bestdiet.jp/
Natasha Time
http://www.nstimes.info/index.html
アミノ酸大百科
http://www.ajinomoto.co.jp/amino/index.html
ロッツ・オンライン  
http://www.rotts.co.jp/home/lib_indx01.html
Dr.鈴木の「ダイエット・正しい?まちがい?」
http://www.so-net.ne.jp/vivre/hkd/lib/diet-i.htm
清く美味しく美しく
http://www.kaishaseikatsu.jp/kaisha/food-bk.html
月刊学校保健フォーラム
http://www.kengaku.com/forum/
栄養役割と消化吸収代謝
http://www.icofit.net/lecture/nutrition/nutrients/
美容全般 コスメ美容事典
http://www.cosme.net/cosme/html/dic/dic_index.html
美肌クリニック
http://www.bihada-clinic.info/byouki/index.html
web皮膚科
http://www.e-skin.net/index-n.html
サプリメントの必要性と摂り方(佐藤 務)★NEW★
http://www.supplerank.com/satou_mv.html
ALLAbout家庭の医学
http://allabout.co.jp/health/familymedicine/






_________
■3■メディア大手総合

ジャパンビューティー 
http://www.npo-biyou.com/
読売ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/
ヤフーヘルスのコラム 
http://health.yahoo.co.jp/column/
ヤフーヘルスケア 家庭の医学
http://health.yahoo.co.jp/katei/
gooヘルスケア 家庭の医学
http://health.goo.ne.jp/medical/index.html
MEDWAVEOPEN
http://medwave.nikkeibp.co.jp/MED/
NIFTY・医科大学 
http://health.nifty.com/i-idai/index.jsp
家庭の医学:@nifty
http://www.nifty.com/h-katei/
夕刊フジ・BLOG  
http://www.yukan-fuji.com/archives/cat5/
日経いきいき健康大辞典 
http://health.nikkei.co.jp/mini/index.cfm
朝日健康コラム
http://www.asahi.com/health/jhcolumn/index.html
ヘルスデイニュース
http://health.biglobe.ne.jp/healthday/index.html
医学書院 医学界新聞バックナンバー
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/nwsppr_index.html
ニュース抜粋
http://www.marine.ne.jp/scripts/mem/backnumber.asp?id=12986

Googleディレクトリ
http://www.google.com/Top/World/Japanese/健康/体調・症例/家庭の医学/





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■4■TV番組

NHK・ホットモーニング
http://www.nhk.or.jp/hot/onair_old/index.html
NHK・健康ホームページ
http://www.nhk.or.jp/kenko/
NHK・ためしてガッテン
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive-theme/kenkou.html
TBSはなまるマーケット
http://www.tbs.co.jp/hanamaru/
朝日本当は怖い家庭の医学
http://www.asahi.co.jp/hospital/list/list.html



番外 
〜〜健康情報に於いて特に誤解を招く作りをする懲りない番組類〜〜
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/発掘!あるある大事典
http://ja.wikipedia.org/wiki/午後は○○おもいッきりテレビ
http://ja.wikipedia.org/wiki/ぴーかんバディ!
http://ja.wikipedia.org/wiki/スパスパ人間学


個人リンク集
http://www.nms.co.jp/index.html
2ch 「 サプリメントって医者的にはどうよ? 」
http://cocoa.2ch.net/hosp/kako/967/967605533.html



相談や情報収集ができる所。
======================
● 【社団】日本薬剤師会中央薬事情報センター
TEL 03-3406-9140(月〜金 10:00〜12:00 13:00〜16:00)
全国 消費者電話薬相談窓口 一覧
http://www.nichiyaku.or.jp/contents/links/sodan-center-list.html

● 製薬メーカー各社 相談窓口=日本製薬工業協会 
http://www.jpma.or.jp/jpmalib/consul.html

●「健康食品」安全性・有効性情報=【独立】健康・栄養研究所 
http://hfnet.nih.go.jp/main.php
======================




セカンドオピニオン Q&A 検索系 

皮膚科
http://www.kakuozan-hifuka.com/faq/faq.cgi
アスクドクターズ
http://www.askdoctors.jp/
日本心臓財団
http://www.jhf.or.jp/opinion/
目の病気
http://www5b.biglobe.ne.jp/~i-ganka/subback.htm
皮膚科Q&A
http://www.dermatol.or.jp/QandA/contents.html
全国の医院情報
http://www.sankanet.co.jp/hospital/index.html




■5■ 騙されない為に
──────────────────
健康美情報の読み方資料
………………………………………………
 騙されないための追加情報その他関連はこちらへ。
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1746347

 ニセ科学関連文書
 http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/nisekagaku/
 出生率と少子化の真実
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1598019
 悪徳商法に関するデータベース
 http://www.interq.or.jp/www1/infomat/info37150.htm
 日本とアメリカのサプリ政策
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=792816
 薬と病気と健康とD店員覚書
 http://dextromethorphan.blog6.fc2.com/
 悪徳商法マニアックス騙され
 http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/
 悪徳商法と消費者被害
 http://www.law.co.jp/okamura/aktoku/aktk.htm
 悪徳商法お断り!!
 http://homepage1.nifty.com/marin/
 悪徳商法リサーチ
 http://www.biwa.ne.jp/~maeba/
 サプリメントを考えるコラム
 http://www.gaiki.net/lib/2005/05127spl0.html
 詐欺商品水商売ウオッチング
 http://atom11.phys.ocha.ac.jp/wwatch/intro.html
 学位商法に騙されないために
 http://members.at.infoseek.co.jp/gakui_syouhou/
 Do you think for the future?
 http://tftf-sawaki.cocolog-nifty.com/blog/
 市民のための環境学ガイド
 http://www.yasuienv.net/
 JALO相談Q&A(あまり期待できません)
 http://www.jaro.or.jp/nqa.html/nqa_00.html

http://qrl.jp/?214653 福岡県薬剤師会薬事情報センタ薬Q&A



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★健康情報リンク集    
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=605761&comm_id=115058
 専門家無料診断  
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1071623&comm_id=115058
 セカンドオピニオン:二人の医者   
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1497867&comm_id=115058
 健康美情報クリップ
 http://mixi.jp/view_community.pl?id=228347


情報集 きちんと調べる 情報クリップ集 関連情報元 医師向け
薬情報 くすり情報 病気情報 病院情報 専門家に聞く 一般向け
医学情報 病気を調べる 薬を調べる資料集 リンク集 




★健康情報リンク資料集
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=605761&comm_id=115058
 科学的方法 とは? 
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8091332&comm_id=115058
 利用に当たってのお願い。抜粋妄信をされない事
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=11915860&comm_id=115058
インチキ医療の見分け方
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14432783&comm_id=115058

コメント(19)

■シャペロン■

 生体防御機能の中でも特に重要なものは、ストレス下で引き起こされる細胞内の蛋白質の変性あるいは誤った折りたたみ構造の発生を抑え、正しい蛋白質の構造維持を促すという機構です。

 特にこのような機能を持つ分子は分子シャペロンと呼ばれ、ストレス蛋白質の多くがこれに含まれます。

 分子シャペロンは再生と分解の配分を決定しており、過度の障害によって再生不良になった蛋白質に、CHIPのような品質管理リガーゼを積極的に動員してユビキチン化分解に誘導する役割を担っていると考えられています。

:シャペロン詳細参考:

●簡単な説明をされている頁
http://www.soshiki.jst.go.jp/theme/first%20r/01%20akiyoshi/link02.htm
●詳しい説明がされている頁
http://www.res.titech.ac.jp/~seibutu/main.html?right/~seibutu/projects/cpn02.html
■アドヒアランスAdherence■

指示順守度〜患者がいったん了承した治療法をほとんど監視なしで継続する度合いのこと。

これまでのコンプライアンスという医療者側の指示に患者が従うという服薬管理という考え方から一歩進んで、患者が服薬意義を理解し主体的に治療方針を選択し、医療関係者はそれを維持していくための手助け-援助していくという意味が込められています。特にHIV関係で良く言われます。

 従来、医療者は「医療者の指示に患者がどの程度従うか」というコンプライアンス概念のもと患者を評価して来ました。従って、その評価は医療者側に偏り、問題があるのは患者側であることが強調されていました。

 しかし、実際の医療現場ではコンプライアンス概念で乗り越えられない治療成功への壁が存在し、そこで、患者自身の治療への積極的な参加(執着心:adherence)が治療成功の鍵であるとの考え、つまり「患者は治療に従順であるべき」という患者像から脱するアドヒアランス概念が生まれました。

 服薬アドヒアランスを良好に維持するためには、その治療法は患者にとって実行可能か、服薬を妨げる因子があるとすればそれは何か、それを解決するためには何が必要かなどを医療者が患者と共に考え、相談の上決定して行く必要があります。
■アレルギー■

アレルギーという言葉が生まれたのは20世紀はじめです。
発端となたのは、ある種のイソギンチャク毒の生理作用を調べる為に行われた動物実験でです。
犬に注射されたこの毒は致死量以下の微量で、最初は異常は見られなかったが、何故か、約1ヶ月後に注射したときには、やはり微量であったにもかかわらず、激しい嘔吐、ケイレンなどを起して短時間で死亡してしまったそうです。
この反応の事を”不可思議な現象”とよばれました。それが巷で言う”アナフラキシーショック”です。

同じ頃、オーストリアの医師ピルケは、普通は影響を受けないような微量の異物に、異常な反応を起す人がいる事を発見しました。

彼はギリシャ語のアロス(変わる)とエルゴン(力)から、アレルギーという言葉を造語し、アナフラキシーも1種のアレルギー反応であると説明しました。
■ティッシュバンク■

皮膚や角膜から骨、心臓弁まで、あらゆるヒト組織を必要な患者に対し提供する機関。非営利の公的機関の他に保存や輸送の手数料で利益を得ている営利企業もある。
■カプシエイト capsiate■
トウガラシの辛くない品種から単離された,カプサイシンに類似の構造をもつ物質。ほとんど辛味を感じないが,カプサイシンと同様に脂肪の減少に効果がある。
■LOHAS ローハス ロハス■
Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字をとった造語で、「健康で地球環境の持続可能性を意識したライフスタイル」を意味しています。

自分の健康や幸せと同時に、地球環境やまわりの人の幸せも考えて行動する暮らし方のこと。

たとえば、食べ物を買う時は、ブランドや伝統、値段だけでなく、原料や製造過程を理解したうえで自分自身の価値観で判断して決める−LOHAS志向の人は、利他的であると同時に自己中心的、その両方のバランス感覚を持っています。



LOHASの歴史は、1998年に米国の社会学者ポール・レイ氏と心理学者のシェリー・アンダーソン氏が「カルチュラル・クリエイティブス(生活創造者)」という新しい生き方を提唱したのが始まりです。健康的なライフスタイルを目指し、同時に地球環境や自然保護に気を使う人たちや生き方をさすLOHASは、近年、急激に注目を集めています。

LOHAS志向の人々が、興味があるのは「アロマテラピーや食事療法など薬に頼らない代替医療」や「オーガニックな素材を使った食事や商品」「フィジカルとメンタルをケアするヨガ」などです。


スローライフ、スローフード、オーガニック、エコロジーなどを選択の基準にしているライフスタイルです。
■イオン(Ion)■

原子、分子が電子を失う、または得ることによって電荷を持ったもの。電子を失って正の電荷を帯びたものを陽イオン(cation)、電子を得て負の電荷を持ったものを陰イオン(anion)と呼ぶ。

■マイナスイオンという言葉■

マイナスの電荷を帯びたイオンすなわち陰イオン(アニオン)と混同されることがあるが、マイナスイオンは科学用語ではなく(科学的定義はない)、実際の物質として何を指すかはその時々の文脈で変化するようなものである。

==========================================================================
なお、マイナスイオン商品の解説や健康本の著述の中で、マイナスイオンが疲労回復・精神安定を始めとする様々な健康増進効果をもたらす、と主張するものがあるが、証明されていることではない


http://ja.wikipedia.org/wiki/
■エニアグラム■
性格分析の方法の一つ

「人間には九種類の本質があり、すべての人間は、そのうちの一つを持っ て生れてくる」というのが公理だ。しかも男女がほぼ半分ずつの比率で生まれてくるのと同様に、 世界中のどの地域でも、各タイプの本質を持った人間の数は、九等分の比率である規定している。 安易な分類を好まない人々にとっては、これもまた非科学的な決めつけに感じるだろう。

とあります
http://www.enneagram.gr.jp/enneagram/purpose.html
■乳糖ラクトース■
乳飲料には、乳糖(ラクトース)が含まれています。これは腸内の乳酸菌の栄養素となり、乳糖から乳酸に変化します。

■ラクターゼ■
腸内ではラクターゼという酵素によりラクトースは分解、吸収されます。また乳糖は、病原菌の基質にはなりにくく、乳酸菌を増やす働きがあるので、整腸作用があり便秘等に効果があります。さらにカルシウムの吸収を促進することが分かっています。
■誘導体■化合物の関係を示す用語で、
誘導体(ゆうどうたい)とはある出発化合物から分子の構造を化学反応により変換した化合物を出発化合物の誘導体と呼称する。

通常の用例では変換に要する化学反応は一ないしは二段階程度の場合に誘導体の語が使用され、多段階にわたる場合は「出発化合物から合成される化合物」というように表現される。
■ヒスタミン 【ひすたみん】
ヒスタミンとは、免疫系に関係する

アレルギー反応を起こしたときなどに細胞から放出される信号伝達物質であり、アレルゲンが体内に侵入すると、細胞から免疫系に働きかけ放出される微小分子である。血管を拡張させるなどの作用を持つ。例えばアレルギーの原因となる物質が体内に入ると、過剰分泌して起こる症状には、アトピー性皮膚炎やハウスダストによるぜんそく、花粉症、くしゃみ・鼻水・目のかゆみである。ヒスタミンが過剰に分泌され、体内各所にあるヒスタミン1型受容体というたんぱく質と結合して、かゆみや鼻水などの原因となる。この過剰免疫反応を抑える薬を「抗ヒスタミン剤」という。抗ヒスタミン剤には眠くなる副作用がある。

ヒスタミンが信号伝達物質として働くためには、ヒスタミン分子がはまりこむ受容器が必要であり、受容器表面の接着部分を抗ヒスタミン剤で覆ってしまうと、信号が先に進まなくなり症状が抑えられる。


☆ヒスタミンによる食中毒
http://www.gld.mmtr.or.jp/~kkankos/syokkan/histamin.htm
☆第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬
http://midilin.sakura.ne.jp/kahun/index.php?UID=1114067004

■肥満細胞 【ひまんさいぼう】
鼻の粘膜などに付着し、くしゃみ、鼻水などのアレルギー反応を起こすヒスタミンを含む細胞。スギ花粉などに対して反応するIgE抗体と結合しやすく、IgE抗体が攻撃を始めるとヒスタミンを放出し、花粉症の諸症状があらわれる。
★詳細★
http://www.teikoku.co.jp/contents/iryo/derma/2_3_koare.html
_____________________________
■特定保健用食品■
「食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」であり、栄養改善法
第12条第1項に基づき、厚生大臣の許可を受けなければならないものとして、平成3年9月1日からスタ−トしたものである。
_________________________
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1071627
◆レッドリボン◆http://redribbon.yahoo.co.jp/index.html
レッドリボン運動とは?
レッドリボンはエイズに対する理解と支援の象徴

“レッドリボン(赤いリボン)”は、もともとヨーロッパに古くから伝承される風習のひとつで、病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。
この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1980年代の終わりころでした。このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティストたちにもエイズが広がり、エイズに倒れて死んでいくアーティストたちが増えていきました。
そうした仲間たちにたいする追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すために“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。
この運動は、その考えに共感した人々によって国境を超えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージです。
このレッドリボンの意味を知り、レッドリボンを身につけることによって、エイズをみんなで考えましょう。
http://www.pinkribbon.com/
◆ピンクリボン◆
ピンクリボンとは?
ピンクリボン・プロジェクトは、アメリカで『乳がん』を早期発見し、
死亡率を減らそうという願いから始まった運動です。
このプロジェクトは1991年、乳がん研究財団(the Breast Cancer Research Foundation)の創設者であり代表者であるイヴリン・H・ローダー女史と、
「セルフ・マガジン」の当時の編集長であるアレグザンドラ・ペニー女史が
考案したものです。これには、アメリカでの『乳がん』罹患率は8人に1人と
非常に高く、当時は死亡率も高かったという背景があります。
このピンクリボンには、女性が『乳がん』を日々意識することの象徴となるようにという願いが込められています。またさらに『乳がん』になってしまった女性たちがこの病気を乗り越え生き延び、そして克服できるようサポートする姉妹愛を表しているものです。

http://www.asahi.com/pinkribbon2004/
(PSD)心身症とは、

<1>「発病や症状の形成・経過に精神的な原因が関与して、
  身体的な障害を生じる疾患の総称。」
<2>「サイコソマティック(psychosomatic心身の)とは
  ギリシャ語の2つの単語「プシュケー(心の意味)」と
  「ソーマ(体の意味)」から作られた。
<3>「人間の精神的or感情的状態の直接の結果として肉体的症候
  をさすことで、心身症は想像的な病気、
  すなわち「すべて心の中のもの」では有りません。

●発症や経過に心理的な要因が大きく関わっている病気を
 総称して心身症という。仕事上のトラブルや肉親との別離、
 引っ越しなど大きな心理的ストレスがかかると、胃潰瘍にな
 ったり下痢を繰り返すことが代表的な例です。
 気管支喘息やアトピー性皮膚炎・狭心症・慢性関節リウマチ
 などストレスが強いと症状が悪化する傾向が知られています。


●ストレスや葛藤のために、からだの病気になるもの

1.喘息・呼吸困難・過呼吸症候群(呼吸器系)
2.狭心症・高血圧(循環器系)
3.関節リウマチ(骨格運動器系)
4.吐き気・嘔吐・食欲不振・胃潰瘍・過敏性大腸症候群(消化器系)
5.インポテンツ・頻尿(泌尿生殖器系)
6.ジンマシン・皮膚掻痒症(皮膚系)
7.甲状機能亢進症・糖尿病・青春期やせ症(内分泌代謝系)
8.めまい・頭痛(中枢神経系)

治る.com
医薬品医療機器情報提供ホームページ
http://www.info.pmda.go.jp/
記事参照
http://blog.digitalinformationservice.com/
JICST
http://pr.jst.go.jp/login/login.html
日本頭痛学会
http://www.jhsnet.org/
頭痛の分類
http://www.jhsnet.org/gakkaishi/jhs_gakkaishi_31-1_ICHD2.pdf
http://ja.wikipedia.org/wiki/美容外科
 日本美容外科医師会
 http://www.biyoishikai.org/column/index2.html
 日本美容外科学会 1
 http://www.jsas.or.jp/
 日本美容外科学会 2
 http://www.jsaps.com/
(社)日本形成外科学会 
 http://www.jsprs.or.jp/
 日本美容皮膚科学会
 http://www.aesthet-derm.org/

★脂肪吸引関連
http://www.pro-shibou.com/kyuin_senmoni.htm
日本美容医療境界=オンライン公開相談
http://z.la/4is4q

ログインすると、残り2件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

◆きちんと知ろう健康美♪ 更新情報

◆きちんと知ろう健康美♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。