ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

FPがそっと教える保険のヒミツコミュの「がん保険」のからくり?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

がん(悪性新生物)は日本人の死因の3分の1を占めるほどになっており、がんの治療を受けている人は152万人と言われている。

いまや、がんは国民病と言っても過言ではなく、国もがん対策を重要な医療政策の一つと位置づけ、治療体制の整備や医療費の自己負担についての配慮も検討されている。

公的な健康保険には、医療費が高額になった場合の自己負担を一定額に抑える高額療養費制度がある。

たとえがんになっても際限なく医療費がかかるわけではないが、がんの治療は抗がん剤、放射線、免疫療法など多様化している。

また、新しい治療法ができても、健康保険に収載されるまでには時間がかかるのも事実。

保険収載前の治療を希望する場合は、先進医療の技術部分は全額自己負担になるので、医療費が高額になるケースも否定できない。

また、最近はがんでも入院日数は短縮されており、通院で行う治療も増えている。

こうした医療制度の変容に注目し、このところ、続々と新しいタイプのがん保険が発売されている。

例えばその一つとして、従来型のがん保険と異なり、がん診断給付金が主契約となっているのが最大の特徴。

今までは、「入院確定型支払」が主流であったが、「がん診断確定型支払」に変わってきている。

つまり、従来はがんと診断されて、かつ入院すると、がん診断給付金を一時金として支払われていた。

今回の新しいがん保険は、入院や通院などの支払要件などは一切なく、がんと診断された時点で一時金を支払うものになっている。

従来と同様上皮内がんでも100%同額の診断給付金が支払われるところや、何回でも診断給付金が支払われる複数回払いの特徴は変更されていない。

なので、再発・転移などまたがんと診断確定されたときは、入院の有無に関係なく何度でもがん診断給付金が支払われることになる。

さらに、一部の会社のがん保険だけではあるが、
がんと診断されると、以後の保険料の支払いが免除されるという保険料払込免除付きのがん保険が登場している。

がんと診断された時点で最初にまとまった資金を手にでき、通常の治療費や入院費だけではなく、健康保険が適用されない治療などもお金の心配をせずに受けることができる。

しかも、保障はもちろん一生涯の終身保障で、上皮内がんも100%保障して、再発しても何度でも一時金を受け取ることができるのにもかかわらず、保険料の払い込みは免除になるがん保険がいまとても注目されている。

そして、このがん保険は法人の事業承継にもなると期待されている。

事業主ががんになると資金繰りの不安も頭をもたげてきますが、がん診断給付金は運転資金や借入金の返済などにも活用していただけるというように様々な資金ニーズに応えてくれそうだ。

亡くなった時の事業保障対策とは別に生存リスクの場合のリスク対策としても今非常に注目を集めているがん保険。

がん診断給付金が最高3000万円まで一括で受け取ることができるのも大きな特徴ともいえる。

個人も法人も、今一度ご自分の加入しているがん保険の契約内容と支払われ方の特徴を見直してみられることをお勧めしたい。

コメント(4)

私も、がん保険については少し勉強しました。

そして、妻と共に終身(60歳払済)で以下の内容のがん保険に入りました。
がん診断給付金(100万)が主契約
特約で日額3000円、手術6万円

上皮内がんも100%保障、
(2年以降)再発しても何度
がんになったら以後の保険料不要

一様以下を踏まえて加入しました
・上皮内がんも100%保障
 →そもそもがん保険てそうあるべきではないか?(昔の保険はよくないね)

・(2年以降)再発しても何度
 →2年以内の再発率が高いはず!! 5年経過したら完治だしね。
 
・がんになったら以後の保険料不要
 →がんは50歳以降でなる率が高いのでは?
  払済期間満了(60歳)までに主契約の金額は払込でいる。
 →男女がん発生率の円グラフはよく目にするが、年齢別の説明はされない。


以下の点を不安に思ってます。

・2年以内のがんの再発率
・特約をつけずに主契約のがん診断給付金200万にすればよかったかな?
・がんの入院日数が短くなっているので、特約つけなければよかった。

2年以内のがんの再発率を考慮すれば100万では少し不安です。
が、妻と二人で貯蓄を100万し、これで再発のリスクに備えたいと今は思ってます。
また、今後の医療技術の発展によりがんが不治の病でなくなることもありえます。
現に、がんでもすぐに退院できるようになりました。
今後、特約が入院でなく通院が重視された保険がでれば加入したいです。
そういった意味では終身払いにすればよかった。
ま、診断給付金を上げれば確実でいいことなんですがね。


いろんな考え方をしていいと思いますし、人によって重視する部分、安心を感じられる部分は違うと思います。

>・上皮内がんも100%保障
> →そもそもがん保険てそうあるべきではないか?(昔の保険はよくないね)

上皮内がんは治療にお金がかかることはあまりないので、必ずしも100%である必要はないと私は思いますよ。
でも、上皮内がんも100%の保険とそうでない保険の保険料の差額を比べてみたりすると、このくらいの差ならどうせなら同額保障とも思えます。


>・(2年以降)再発しても何度
> →2年以内の再発率が高いはず!! 5年経過したら完治だしね。
 
再発するとしたら1年くらいとか1年ちょっと、あるいは2年前後である事が多いでしょうね。
もちろん、2年間だいじょうぶだからといって3年、4年、5年のあたりで再発する可能性もそれなりに残ってるわけですが。
がん保険については、2年以内に再発した場合に診断給付金が支払われるかどうかを確認しておくとよいと思います。
2年以内の再発はその時点では診断給付金は受け取れないはずですが、その後、2年経過した時に一定の条件を満たしていればその時点で受け取れますので。
加入された保険がどういったものか確認しておくとよいです。
保険会社によっては、再発とか転移とか、まったく新しいがんの発生というイベントがなくても、2年経過してもがんが存在したままで治療をしていたらその場合も支払うというところもありますし。


>・がんになったら以後の保険料不要
> →がんは50歳以降でなる率が高いのでは?
>  払済期間満了(60歳)までに主契約の金額は払込でいる。

そういう保障がそのがん保険に付いているのなら、敢えて終身払で加入するというのも選択肢だったでしょうね。そのほうが保険料免除の恩恵にあずかれる可能性が高まるので。
でも、そういうことにならないままずーっと保険料を払うのも気がかりならやはり60歳払とか65歳払でよいと思います。
そういった保障が含まれている保険なら60歳払とか65歳払にしてもそんなに保険料は高くならないでしょうからね。
> →男女がん発生率の円グラフはよく目にするが、年齢別の説明はされない。

私はがんについてグラフとか統計を使ってという話はめったにしません。
確率が低かろうと高かろうと、がんになった当人にとってはそれがすべてですからね。
確率が低いから不要、確率が高いから準備したほうがいい、という視点だけで保険を考えることはできないと思うので。
確率が低くても、いざという時に保障を準備しておきたければ保険を検討する必要があるわけですから。

年齢別の発生率については、アフラックのがん保険のパンフレットにそれをイメージさせるグラフが表示されてるかと思います。
その元データ、
http://ganjoho.jp/public/statistics/backnumber/2010_jp.html
こちらにある、累積がん罹患・死亡リスクあたりを分析するとイメージできるんじゃないかと。
統計をこねくり回しても年齢の低いうちはがんの罹患率は低い、年齢が上がるほど高くなる、女性は男性よりもトータルでの罹患率は低いけど、立ち上がりは男性よりも早いということくらいしか言えませんが。


>・2年以内のがんの再発率

一概に言えることではないと思います。
初期で処置されたがんと、ある程度進行してしまったがんをすべていっしょくたにして再発率を論じても無意味ですし、がんの部位や同じ部位であってもそのがんのタイプによっても大きく異なるでしょうから。
ネット検索すればいろんなデータが出てきますが、条件がそれぞれ異なりますし、研究機関によっても結果は同じとは限らないはずです。



>・特約をつけずに主契約のがん診断給付金200万にすればよかったかな?
>・がんの入院日数が短くなっているので、特約つけなければよかった。

そのあたりどういった保障内容にするかはその人次第ですが、おそらくがん入院日額3000円と手術の特約の保険料はそんな谷高いものではなく、それを外したところで、主契約を100万円増額する予算には到底足りないと思いますよ。

がんの治療についても入院の短期化が進んでいますが、進行してしまった場合や命に係わる場合はやはり長期入院や入退院の繰り返しとなるケースもあります。
入院の保障も多少は確保しておいて間違いではないと思いますよ。



>2年以内のがんの再発率を考慮すれば100万では少し不安です。

がん保険に限りませんが、いくら不安だからといってその解消のため、保険にお金をかけすぎても家計を圧迫してしまったり、貯蓄ができなくなってしまいます。
保険は幸せな生活を支えるための道具でしかないのに、その幸せな生活が保険のために圧迫されてしまっては本末転倒です。
予算に余裕があれば、130万とか150万とか、さらに余裕があれば200万とか、ある程度は上乗せしてよいと思いますが、あまり保険に偏ってもバランスを欠くことになるので、保険と貯蓄の両面で対処するという今の考え方でよいと思います。



>今後、特約が入院でなく通院が重視された保険がでれば加入したいです。

通院が重視されたがん保険もいろいろありますよ。
あまり積極的にはお勧めしてませんけど。
「がんの治療でも入院が短くなって、通院治療が増えてきている。だから通院保障を充実したがん保険がいい」というのも短絡的で、備え方にはいろいろありますからね。
> ひろっちさん
ご説明ありがとうございました。
たいへん参考になり、また、不安が解消されました。

やはりなるかならないかわからないがんのために診断給付金を200万円にむりして上げるのでなく、100万円としておいて、2年以内の再発には貯蓄で対応したいと思います。
夫婦で200万に増額したつもりで貯蓄に回すことにします。
また、保険内容を再度確認して請求時に困ることのないようにしたいと思います。
ありがとうございました。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

FPがそっと教える保険のヒミツ 更新情報

FPがそっと教える保険のヒミツのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。