ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

橋本 忍コミュの平手造酒

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

平手造酒http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B9%B3%E6%89%8B%E9%80%A0%E9%85%92%E3%80%81%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E5%BF%8D&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
製作年 : 1951年
製作国 : 日本
配給 : 新東宝

製作は「右門捕物帖 帯どけ仏法」の竹中美弘。「オール読物」掲載の中山義秀の原作より、「羅生門」の橋本忍が脚色、「黄門と弥次喜多 からす組異変」の並木鏡太郎が監督に当っている撮影は「新遊侠伝(1951)」の河崎喜久三である。配役は「ひばりの子守唄」の山村聡、「逢魔が辻の決闘」の花井蘭子のほか、柳永二郎、月形龍之介、汐見洋、中村是好など。

あらすじ
郷土の家に生れ大家へ仕官を志した平手造酒は、剣豪千葉周作に師事して精進した甲斐あってその代稽古を勤める迄になった。周作は松平侯へ造酒を推せんしたが、同家では思いつきで角力を召抱えてしまった。その上、造酒より腕のない門弟が金と門閥とで大家へ召抱えられ、心をひかれていた周作の娘は名家へ嫁入り、柳橋で知った芸者増次は、同門の者に金で自由にされたことを知った。そうした事が重なるにつれて、造酒の心は傷つけられ自棄に陥ちて行った。大酒をあふり、荒んだ稽古のつけ方に門弟一同の憎悪を買ったあげく、健康を害して喀血した。そしてある夜増次と共に江戸をあとに旅に出て、利根川べりの町の祭礼に、居合抜きをやる迄に身を落していた。土地の顔役笹川の繁蔵は、造酒の腕を知って用心棒にと子分の富五郎を使者に立てた。造酒はそれ丈はと頑強に拒絶していたが、再び病いに倒れたため、繁蔵の世話を受けて静養する身になった。快方にに向った造酒は笹川の道場で子分の稽古を見てやりながら風の便りで周作が自分の帰るのを待っていてくれるときいて、初めて心の明くなるのを感じた。しかし笹川一家とこれを敵とする飯岡一家との醜い勢力争いに心ならずも巻き込まれるに及んで再び造酒の心は自棄の穴におち込み、自らその渦中に投じて果てたのであった。

キャスト(役名)
山村聡 ヤマムラソウ(平手酒造)
月形龍之介 ツキガタリュウノスケ(千葉周作)
花井蘭子 ハナイランコ(増次)
柳永二郎 ヤナギエイジロウ(笹川の繁蔵)
鳥羽陽之助 トバヨウノスケ(勢力富五郎)
清水元 シミズゲン(高辻大之進)
汐見洋 シオミヨウ(堀内丹波)
杉寛 (松雲寺の老僧)
清川荘司 キヨカワソウジ(白井三左衛門)
横山運平 ヨコヤマウンペイ(吾助)
瀬川路三郎 セガワミチサブロウ(居合抜兵右衛門)
児玉一郎 コダマイチロウ(門人根岸)
冬木京三 フユキキョウゾウ(門人青木)
若月輝夫 ワカツキテルオ(門人高林)
田中春男 タナカハルオ(門人神坂)
菊地双三郎 キクチソウザブロウ(牛窓の半助)
澤村昌之助 サワムラショウノスケ(早瀬の辰吉)
中村是好 ナカムラゼコウ(三下の好)
小倉繁 オグラシゲル(同兼)
津路清子 ツジキヨコ(鈴村の女将)

スタッフ
監督 : 並木鏡太郎 ナミキキョウタロウ
製作 : 竹中美弘 タケナカヨシヒロ
原作 : 中山義秀 ナカヤマヨシヒデ
脚本 : 橋本忍 ハシモトシノブ
撮影 : 河崎喜久三 カワサキキクゾウ
音楽 : 清瀬保二 キヨセヤスジ
美術 : 梶由造 カジヨシゾウ

平手造酒に関する資料
天保水滸伝http://images.google.co.jp/images?q=%E5%B9%B3%E6%89%8B%E9%80%A0%E9%85%92&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

橋本 忍 更新情報

橋本 忍のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。