ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

FPがそっと教える保険のヒミツコミュの今の医療保険で大丈夫??

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

まず、保険会社が儲かるからくりについてお話したいと思います。
今もCMで日額10000円などを売り文句にバンバン売っているこの現状。
そうやってたくさんの人が通販で医療保険に加入し、
あとで後悔されるのだろうなっと想像するだけでいたたまれない。。。
そう、気がついたときはだいたい保険金を請求するとき。
でも、時間と無駄な掛金は帰ってこない・・。

では、なぜ、多くの保険会社が日額10000円などという医療保険をここぞとばかりに売っているのかというと、
理由は一つ馬鹿みたいに儲かるからです。

例えば日額10000円の医療保険としましょう。
1990年頃の平均入院日数は38.5日でした。
この時期に入院していたとして、
10000円×38.5日=385000円の入院給付金をもらえていたことでしょう。

ですが、2007年の平均入院日数は16.0日です。
そうなると、
10000円×16.0日=160000円の入院給付金を支払えばいいわけです。
10年後までには医療の急激な進歩に伴い、
平均入院日数は欧米並みになるといわれており12日から14日になるであろうと視られています。

そうですね。
お気づきの方もおられると思いますが、
保険料が入院日数の減少に伴い減っていくのであれば、
まだ契約者のデメリットも少ないといえるでしょう。
しかし、保険料は一定でもらえる保険金は限りなく少なくなるでしょう。
しかも以前から終身医療保険に入っている方ほど、
ものすごく馬鹿らしいぐらいにこれから先も保険会社に無駄な掛金を支払っていくことでしょう。。。

保険会社は保険料は変わらず徴収できて、
支払うお金は減少していくだけ。
だから今でもバンバンCMなどで何億という経費をかけてまでも契約をとろうとしているんですね。

2025年までには健康保険の自己負担が4、5割になるといわれています。
ですが、医療の急速な進歩により治療が短期間で済むため、
また、病院側は長期で入院されると経営上芳しくなくなるため、
これからもっと入院日数を減らす傾向にあります。

入院短期化!!
一方で医療費の負担は増加中!!

先進医療(高度先進医療)も身近なものになってきたとはいえ、
健康保険は使えず全額自己負担です。
この薬を投与したら治る可能性があるのにも関わらず、
新薬のため保険が使えず全額実費になるケースも多く見られます。

個室に入りたいと思っても差額ベット代すべて保険適用外のため全額自己負担です。
高額医療費制度も金額を上げましたし、
1ヶ月の間での治療費が対象のため、
月をまたぐと高額医療費制度として返ってくるお金が少なくなったり、無い場合さえあります。
入院時の諸費用や食事代ももちろん保険適用外のため、
全額自己負担です。

果たして、我々は何を信じて自分の身体、そして家族を守っていけばいいのでしょうか??
「生きるための保険」であるはずの医療保険。
でも、実際は契約者を食い物にしている現状。

お付き合いで加入するのもいいですが、
我々自分自身が正しい知識を身につけ、
そして本当に利益だけでなく自分の将来や健康についてしっかりアドバイスしてくださる方から保険には入るべきでしょうね!!

コメント(77)


確かに告知義務違反はダメだよなぁ…(;_;)
価格競争で勝負する会社は、基本的に価格競争し続けないと生き残れないです。

医療保険ランキングって、そもそも医療保険を前面に出して、顔の見えない顧客に大量に売っている会社です。フィロソフィを問いたいです。

「売れるから売る」ってことでしょうか、現金があれば案外不要でも。

また、上記のランキングに「訴訟の多さ」「不払い比率」の項目も載せて欲しいところです。たぶん比例するでしょう。

この辺は記事にならないですよね。
マスコミにとって、大得意先ですから。
こういうのは難しいですね。他の商品と同時に購入して比べる訳にはいかないので。
契約してからまだ使った事がない契約だったり、アンケートに答える方も随分限られて来ます。

先日売り出していたモノクロだったかには保険代理店が選ぶ医療保険ランキングとかがあったけどやっぱり結果は違いますよね
ああいうのは「提灯記事」っていって、東洋経済もダイヤモンドも、ランキングは広告主様への配慮もあり結果が違います。当然ですが。

そもそも主力商品も(死亡保障、医療、年金)販売チャネルも財務状態も全然ちがうのに、横並びにして価格を比較すること自体はほんとはナンセンスだと思います。

ソルベンシーマージンなんかは高いほどいいですが、新しい会社は高いに決まってます。純保方式なのか、5年チルメルなのかで責任準備金の積み立て方も異なりますし。
各社のHPに「保険金のお支払い状況」という項目があります。
これを見るとネット系生保の支払い拒否率の高さが際だってますね。
損保系や外資系では概ね2〜5%前後で推移していますが、
L社は約15%という高さですし、
N社に至っては50%以上という異常とも言える高さです。
この数字が何を物語っているのか・・・、
ちょっと考えればわかることですよね。
ランキング情報は一部の情報しか取り上げていなかったり、意図的に操作されている可能性さえあるので、保険の場合まったく参考にならないですよね。
そのランキングの内容は、保険に詳しい人からすると、ありえない順位、ありえない保険会社が入ってきてますし…。

でも、一般の人のイメージとしてそれがある集団の中でそういう順位ができているとしたら、どうしてその順位になっているのか?
なぜイメージがよいのか、なぜ満足度が高いのか、なぜわかりやすいのかなど、分析して取り入れることで自身のお客様の満足度を高める参考になるのかもしれない、と思ったりします。

こばりんさんのいうように販売スタイルも影響してますよね。
たとえば、1万人に販売して、そのうち50%が満足している場合、結果として「満足」と回答する人の総数は5000人になる一方、
満足度は80%と高いけれど、販売スタイルから1000人にしか販売してない場合、「満足」と回答する人は800人だけ。
「満足」と回答する人の総数としてはどうしたって、よりマスな集団を対象に販売するスタイルのほうが大きくなりがちで、ランキングでは上位にきやすい傾向がありますよね。
満足率や不満足率、営業されたけど検討したけど見送った率、なんかで比べるとまた違うランキングになるはず。でも、それを補足するのは難しいでしょうね。


だいすけさんの指摘された支払い状況の支払いにならなかった件数の率は、私、今まで詳しくはチェックしてなかったんですけど、ずいぶん違うんですね・・;
通販やネット系だと、お客様が意図せずして告知義務違反をしてしまう可能性はもともと高いので、支払い拒否率が高くなるのは、ある程度は仕方ないと思います。
保険会社として、支払いに対して厳しく診査しているわけではなく、チェックの厳しさは他と同じ程度であっても、お客様が意図せずして告知義務違反するケースが多い分、拒否率が高くなる傾向はあるのだと思いましたが、実際にけっこう高いんですねぇ…。

しかし、N社はちょっと高すぎ?L社が販売スタイルのわりに低くてN社が普通なのかもしれません…が、同じネット生保といわれているところでこれだけ差があるのはちょっと問題なような気が…^^;
これだけ高いのは、お客様の期待と結果がずれてしまっているケースがそれだけ多いということなので、加入時の告知について、いくらネットとはいえ、きちんと理解できるように表示しているのか、注意を促しているのか、販売方法に問題があるのでは?と金融庁に指摘されてしまうような水準のような気がしますが大丈夫なのかな…(゜ー゜;A
先ほどの支払い拒否率という表現は少し訂正します。
支払い件数に対して不払いの比率がどの程度かという意味でした。
この表現にすると先ほどの約15%と50%という数字も少し下がるのですが、
それでも損保系や外資系に比べると突出して高いですね。

まぁ損保系や外資系でも通販部門だけ切り取ってみれば、
代理店チャネルに比べると数字が高くなるそうですが、
それでもやっぱりすごい数字だなぁって個人的には思います。

内訳としては告知義務違反解除が圧倒的に多いようでして、
ひろっちさんがおっしゃるように販売方法は改善する必要あるでしょうね。
内輪ネタをひとつ。
某P生命保険の支払い査定チームに、
某日本社MY生命からの支払査定部門から転職してきた方が、
朝礼の自己紹介の挨拶で、こう話して大ウケしました。

「おはようございます。"保険金給付金を出来るだけ払うな" と言われる会社から、"保険金を100%払え" と言われる会社に移ってきました○○です。よろしくおねがいします・・・」

何でも、3回は断れ、とか、なるべく払うな、とかスローガンが壁に貼ってあったらしく。
お客様とか生命保険事業をナメてますよね。
非のない加入してれば問題ない話ですよね。

告知義務違反ってまだまだ多いのかな。
告知義務違反とはまた違う問題ですが、そういった募集人は長い間代理店として付き合っていくには問題がありますね。

募集人として違反をしているので居なくなってしまう可能性もありますね。
それをもってして、契約者が告知義務違反に問われることはありませんよ。
家で書いてきても問題のない書類もありますが、問題がある書類をそういうことしてるなら、契約者ではなく、代理店や担当した募集人が罰せられる可能性があります。

というか、そんな保険ショップあるんですか?
そういうことはきちんとやってるんじゃないかと思いますが…そのへんのリサーチはしたことありませんが、問題のない書類だけ書いてきてもらってるとかじゃないんでしょうか?
> ひろっちさん
私も募集人なのでよく話題に出ますが会社によりけりです。
A社は代筆だろうが面前でなくても何も言われないって言われました

B社は代筆して請求時に字体が違うなら調査…

ってな感じでしたー会社名はあげませんがそれはあります
>こげぱんさん
まぁ、発覚しなければ罰せられることはないでしょうね…
そのチェックが厳しいところ、緩いところというのはあると思います。
でも、緩いからやったっていいとはならないわけで…^^;
また、現状はチェックが緩くても、将来チェックが厳しくなる可能性もありますよ?


>イギーさん
担当者がそばについてアドバイスしながら告知漏れのないようにすることで、後々のトラブルを減らすことができると思うのですが、お客さまが告知書を自宅で自分の判断で書き、安易に本来告知すべきことを告知せずにしてしまっているケースがあれば、それが元となって告知義務違反が発生する可能性はありますね…

来店ショップ型代理店の実際の申込手続きの進め方については、むかーしにそういうショップに務めていたこともありますが、そこのことしか知りませんし、他がどうなのか、現状どういったところが多いのか詳しくはありません。
ミステリーショッパーしたりはしてないので^^;
相談を受ける過程で、効率を上げるために手間のかからない保険を販売しようとしている?と思えることはたまに見受けられますが、違反行為はほとんどどこもしてないと思うんですが…。そこの部分はせめて信じたい。
どんどんコンプライアンスの遵守は厳しくなっていますし、へんなことをしていると、ましてやそれが会社指示であれば、営業停止や代理店契約の解除なども十分ありえると思います。どこから発覚するかわかりませんし、そんな危ない橋、会社は渡らないと思うんですがねぇ…
そういうのは珍しいケースで、やってるところはよほどひどいのではないかと思いますが…(・_・;
会社としては、普通はそんな危ない橋を渡るよりも、もっと売り上げを伸ばしたい場合などは、店舗の営業スタッフを負担を増やすことで乗り切ることを考えるんじゃないかと思います。

その店舗の1営業や1店長の指示等で、ごく一部でそういうことが起こることは、それなりの頻度であるのかもしれませんが…。

ログインすると、残り64件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

FPがそっと教える保険のヒミツ 更新情報

FPがそっと教える保険のヒミツのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。