ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

FPがそっと教える保険のヒミツコミュの保険の豆知識!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

食費や光熱費などなど節約することはもちろんだけど、
意外に見落としている保険を節約することも日々の出費を抑えられて、
その分を他の必要経費や貯蓄にまわすことができますもんね。

マイホームの次に人生で高い買い物である保険。

もっと家族のために、
自分のために、
将来のためにうまくやりくりしていただきたい!!

私はそんな庶民の味方です!!ww

ってことですが、

みなさんはご自分やご家族の保障内容をきちんと把握されているでしょうか?

掛金はおおよそのことは把握していることが多いですが、
肝心な保障内容はしっかり理解しておられない方が多いので。

付き合いで入られるのもいいと思います。

でも、最低限何千万って払う保険の内容ぐらい確認しておくことが後で後悔しない秘訣だと思います。

「安くて、保障が手厚く、貯蓄になる保険」

って世の中に存在すると思いますか??

実はあるというか可能なんです。

例えば、現在日本にある生保会社(国内・外資)の商品を同じ保障で比較してみるとおもしろいですね。

ここで共済や会社の団体保険の方が安いですが、
デメリットもあります。

国民共済やJA共済など、掛金は民間の保険会社に比べれば安いですが、手厚い保障とは言い難い、というか不足なことの方が多いでしょう。

では、まもなく保険業法改正に伴いマスコミにも持ち上げられるであろう「ミニ保険」が今後注目を浴びるでしょう。。。

ほとんどの民間の保険会社と全く同じ保障内容で比べると、掛金は約半額から三分の二ぐらいに抑えられます。

しかも、県民共済とかと同じ掛金で比較するなら、何十倍も保障内容は手厚く将来の不安も解消してくれる商品をラインアップしてありますね。

ただ、世の中にはうまく利用すれば賢いやり方がいくらでもできるのですが、売る側からすれば掛金の安い保険を売るより一般的な保険を提供する方が成績には影響しますもんね。

損保に引き続き生保会社も未払い問題が社会問題になってきて、がん保険の掛金が一斉に値上げすることが確定して、いよいよ契約者本人がある程度の知識を踏まえて賢く生活をやりくりしていかないといけなくなる時代が来そうですね。

是非、自分のために必要な高い買い物である保険。

もっと関心を示していただいて少しでも安心して生活を送って頂きたいものですね。。。





コメント(5)

九年前ぐらいから登場してますよ!!
保険業法改正により保険会社との位置付けが余儀なくされてはいますが、これからも保険商品の競争の最前線に大きく関わってくるでしょうね。
マイホームの団信(ローンと同額の死亡保障保険)

勤め先の遺族補償(月10万とか保障される遺族年金の2階建て)

勤め先健保の付加給付(月の医療費上限が2万とかになったりする)

忘れてる保険って本当に多いですよね。

他にも世帯分離しないで介護入院とかの社会保障を受け損ねるとか。。。。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

FPがそっと教える保険のヒミツ 更新情報

FPがそっと教える保険のヒミツのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。