ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 手帳ナシの難聴者 > トピック一覧 > 補聴器購入者が医療費控除を受け...

手帳ナシの難聴者コミュの補聴器購入者が医療費控除を受けるために

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

従来より、「医師等による診療等を受けるため直接必要な費用は医療費に含まれるものとする。・・・補聴器購入のための費用」となっていましたが、いざ医療費控除を受けようとすると黒に近いグレーでした。ところが、平成30年4月16日以降は、補聴器相談医の診察を受け「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」を受けてから補聴器を購入した場合は、医療費控除を受けることが出来る様になりました。しかしながら、厚生労働省のHPでは補聴器の購入金額が一般的に支出される水準を著しく超えない部分となっており、また補聴器修理代や電池代が認められないと考えるが地方の税務署の判断によるとなっています。そこで、30年度の確定申告で補聴器購入費用を医療費控除にされた方に、それらの判断はどうだったか教えていただきたく。

コメント(2)

手帳保有となる前に補聴器(両耳)購入したので、保有することで購入時の助成がどうなるかは分かりません。
先日、確定申告に行ったんですが『対象外』だと言われました。たぶん、医療費控除も対象外ではないでしょうか?
(担当の方から職員専用マニュアルの該当ページを見せていただきました)
>>[1]
回答ありがとうございます。障碍者手帳を保持している場合は、購入時の助成があります。障碍者手帳を保持していない場合上記手続き通りに購入すれば、医療費控除の対象になるはずです。『対象外』ということですが、どのような内容かは不明ですが、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」は補聴器認定医に作成してもらいましたか。(1)補聴器を購入する前に補聴器認定医から申請書を貰って補聴器店に提出すること。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

手帳ナシの難聴者 更新情報

手帳ナシの難聴者のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済