ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

原始仏典コミュのゴータマ伝1 「悟後の坐禅」(本文のみ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

僕の解説やパーリ語の注記がない方がいい方もいるかと思いまして本文のみのトピックを作成しました。ゴータマ・シッダッタの生涯に関する記述を紹介します。『南伝大蔵経3 律蔵3』(大蔵出版)は文語体なので僕が口語に訳します。本文1ページ目の最初から始めます。







「律蔵 大品 (マハー・ヴァッガ)

かの世尊、阿羅漢、正しく悟った方に帰命します。

第一 大ケン(「牛建」)度


(一)
その時、世尊は初めて現等覚を成じてウルヴェーラー村、ネーランジャラー川の岸辺の菩提樹の下にいた。時に世尊は菩提樹の下において一たび結跏趺坐したまま七日の間、解脱の楽を受けながら坐っていた。
 時に世尊はその夜に初夜において縁起を順逆に作意した。無明に縁りて行、行に縁りて識、識に縁りて名色、名色に縁りて六処、六処に縁りて触、触に縁りて受、受に縁りて愛、愛に縁りて取、取に縁りて有、有に縁りて生、生に縁りて老死・愁・悲・苦・憂・悩生ず。このようにしてすべてのこの苦蘊(苦のまとまり)が集起する。
 また無明が余り無く滅せば行滅す、行滅せば識滅す、識滅せば名色滅す、名色滅せば六処滅す、六処滅せば触滅す、触滅せば受滅す、受滅せば愛滅す、愛滅せば取滅す、取滅せば有滅す、有滅せば生滅す、生滅せば老死・愁・悲・苦・憂・悩滅す。このようにしてすべてのこの苦蘊が滅尽する、と。
 時に世尊この意義を知ってこの時、詩を唱えた。

 力行して静慮する婆羅門に  
 若し諸法顕現せば
 彼の一切の疑惑は消滅す
 有因の法を了知するが故に

 (努力して瞑想するバラモンに
  もしもろもろの事柄が明らかに現れれば
  彼のすべての疑いは消滅する
  原因あるものごとを知るゆえに)

 時に世尊はその夜に中夜において縁起を順逆に作意した。無明に縁りて行、行に縁りて識、識に縁りて名色、名色に縁りて六処、六処に縁りて触、触に縁りて受、受に縁りて愛、愛に縁りて取、取に縁りて有、有に縁りて生、生に縁りて老死・愁・悲・苦・憂・悩生ず。このようにしてすべてのこの苦蘊(苦のまとまり)が集起する。
 また無明が余り無く滅せば行滅す、行滅せば識滅す、識滅せば名色滅す、名色滅せば六処滅す、六処滅せば触滅す、触滅せば受滅す、受滅せば愛滅す、愛滅せば取滅す、取滅せば有滅す、有滅せば生滅す、生滅せば老死・愁・悲・苦・憂・悩滅す。このようにしてすべてのこの苦蘊が滅尽する、と。
 時に世尊この意義を知ってこの時、詩を唱えた。

 力行して静慮する婆羅門に  
 若し諸法顕現せば
 彼の一切の疑惑は消滅す
 諸縁の滅尽を知れるが故に

 (努力して瞑想するバラモンに
  もしもろもろの事柄が明らかに現れれば
  彼のすべての疑いは消滅する
  もろもろの原因の消滅を知るゆえに)

 時に世尊はその夜に後夜において縁起を順逆に作意した。無明に縁りて行、行に縁りて識、識に縁りて名色、名色に縁りて六処、六処に縁りて触、触に縁りて受、受に縁りて愛、愛に縁りて取、取に縁りて有、有に縁りて生、生に縁りて老死・愁・悲・苦・憂・悩生ず。このようにしてすべてのこの苦蘊(苦のまとまり)が集起する。
 また無明が余り無く滅せば行滅す、行滅せば識滅す、識滅せば名色滅す、名色滅せば六処滅す、六処滅せば触滅す、触滅せば受滅す、受滅せば愛滅す、愛滅せば取滅す、取滅せば有滅す、有滅せば生滅す、生滅せば老死・愁・悲・苦・憂・悩滅す。このようにしてすべてのこの苦蘊が滅尽する、と。
 時に世尊この意義を知ってこの時、詩を唱えた。

 力行して静慮する婆羅門に  
 若し諸法顕現せば
 彼は魔軍を破して端立す
 猶し日輪の虚空を照らすが如し

 (努力して瞑想するバラモンに
  もしもろもろの事柄が明らかに現れれば
  彼は魔の軍勢を破って一人立つ
  あたかも太陽が虚空を照らすように)

(二)
 時に世尊は七日を過ぎて後、その三昧(samAdhi、サマーディ、精神統一)より起ち、菩提樹の下より出てアヂャパーラニグローダ樹のところに趣いた。趣いてアヂャパーラニグローダ樹の下において一たび結跏趺坐したまま七日の間、解脱の楽を受けつつ坐した。
 時に一人の傲慢な婆羅門がいた、世尊のいるところに詣った、詣って世尊と互いに慇懃に挨拶し、喜ぶべき、感銘すべき談話を交わして一方に立った、一方に立ってかの婆羅門は世尊に言った、「お前ゴータマよ、何によって婆羅門であるのか、何を婆羅門たらしめる法とするのか」
 時に世尊はこの意義を知ってこの時、詩を唱えた。

 若し婆羅門にして悪法を除き 
 傲慢なく汚濁なく自ら制御し
 ヴェーダに通じ梵行を成ぜば
 自ら婆羅門なりと称するを得ん
 彼の如きは世間に多からず

 (もしバラモンが悪を除き
  傲慢なく汚れなく自ら制御し
  ヴェーダ(明知)に通じ梵行を完成すれば
  自らバラモンであると称することを得るだろう
  彼のようなものは世間に多くない)

(三)
 時に世尊は七日を過ぎて後、その三昧より起ち、アヂャパーラニグローダ樹の下から出てムチャリンダ樹のところに趣いた。趣いてムチャリンダ樹の下において一たび結跏趺坐したまま七日の間、解脱の楽を受けつつ坐した。
 この時、時ならずして大きな雲が出てきて七日間、雨が降り続き、寒く風が吹いて曇った。時にムチャリンダ(龍王)は己のすみかから出てきてとぐろをもって七重に世尊の身をめぐらせて大きな首をあげて、頭上を覆って立った。「寒気も世尊を(害すること)なく、熱も世尊を、虻・蚊・風・熱・蛇のさわりも世尊を(害すること)がないように」
 時にムチャリンダは七日を過ぎて後、空が晴れ、雨がやんだのを見て、世尊の身よりとぐろを解き、基本の形を捨てて、子供の形を化作(けさ、神通で作り出す)し、合唱して、世尊に帰依しつつ、世尊の前に立った。
 時に世尊はこの意義を知って、この時、詩を唱えた。

 足るを知り法を聞き(法を)見て遠離するは楽し
 世間に対して瞋恚なく有情に於て制御あるは楽し
 世間に於て貪を離れ諸欲を超越するは楽し
 我慢を調伏するはこれ最上の楽なり

 (満足を知り、法を聞き、法を見て、遠ざかり離れることは楽しい
  世間に対して怒りなく、生けるものに対して制御があることは楽しい
  世間に対して貪欲を離れ、もろもろの欲望を超越することは楽しい
  自らの慢心を制服する、これこそ最上の楽である)

(四)
 時に世尊は七日を過ぎて後、その三昧より起ち、ムチャリンダ樹の下から出てラーヂャーヤタナ樹のところに趣いた。趣いてラーヂャーヤタナ樹の下において一たび結跏趺坐したまま七日の間、解脱の楽を受けつつ坐した。
 この時、タプッサとバッリカの二人の商人がウッカラ村からこの地にいたる途中だった。時にタプッサとバッリカの二人の商人に(前世において)親族血縁であった一人の鬼神がいた。タプッサとバッリカの二人の商人に告げて言った。「兄らよ、ここに世尊ははじめて現等覚を成じてラーヂャーヤタナ樹の下におられる、あなたたちはおもむいてパン(?「麦少」+「子」)・蜜丸(お菓子?)を持って、世尊のいるところに詣った。詣って世尊を敬礼し終わって、一方に立った。一方に立ってタプッサとバッリカの二人の商人は世尊に言った。「世尊、願わくば、わたしたちのためにパンとお菓子を受け、わたしたちが長い間にわって利益と安楽が得られるようにしてください」
 時に世尊に考えが生じた。「もろもろの如来は手には受けない、わたしはなんらかの(器)によってパン・菓子を受けるべきではないか」。時に四大王天がいて、世尊の考えるところを心に知り、四方から四つの石鉢を世尊に献上した。「世尊、これをもってパンと菓子を受けてください」。世尊はこの新しい石の鉢を受け、パンと菓子を受けて食べた。
 時にタプッサとバッリカの二人の商人は、世尊がすでに鉢と手を洗ったのを見て、頭をもって世尊の足に礼拝し、世尊に言った。「ここにわたしたちは、世尊と教えとに帰依します。世尊、わたしたちを優婆塞(upAsaka、ウパーサカ)として受け入れてください。今日よりはじめて命尽きるまで帰依します」と。彼らは世間においてはじめて二帰依を唱えた優婆塞であった。

 時に世尊は七日を過ぎて後、その三昧より起ち、ラ−ジャーヤタナ樹の下より出てアジャパーラニグローダ樹のところにおもむいた。おもむいてここに世尊はアジャパーラニグローダ樹の下に住した。
 時に世尊、一人沈黙して静かにしていると思念が生じた。「私の証得したこの法は甚深にして、見難く、解き難く、寂静、微妙にして、尋思の境を超え、至微にして智者のみよく知るところである。ところがこの衆生は阿頼耶(執着のこだわり)を楽しみ、阿頼耶を悦び、阿頼耶を喜ぶ。そして阿頼耶を楽しみ、阿頼耶を悦び、阿頼耶を喜ぶ衆生にあっては、この縁依性(縁に依ること)・縁起であることわりは見難い。また一切諸行の寂止、一切の依の棄捨、渇愛の滅尽、離、滅、涅槃ということわりもまた甚だ見難い。もし私が法を説いても他人が私を了解しなければ、私に疲労困憊あるのみ」
 そして希有(珍しいこと)にして未だかつて聞いたことのない偈(詩)が世尊に顕われた。

 困苦して我証得せる所も
 今また何ぞ説くべけん
 貪・瞋に悩まされたる人々は
 此法を悟ること易からず
 これ世流に逆ひ至微にして
 甚深・難見・微細なれば
 欲に著し黒闇に覆はれし者は見るを得ず

 (苦労して私が得たところを
  今どうして説くべきだろうか
  貪りと怒りに悩まされる人々は
  この法を悟ることは簡単ではない
  これは世の流れに逆らい微妙であって
  甚だ深く、見難く、微細であるから
  欲望に執着し、暗闇に覆われた者は見ることができない)

 このように思択して世尊は心に沈黙を思い、説法しようとは欲しなかった。時に梵天サハンパティ(元はカッサパ仏の弟子のサハカ比丘)がおり、世尊の思念するところを心に知って思惟した。「ああ世間は敗壊するだろう、ああ世間は敗壊するだろう、ここに如来・応供・正等覚者は心に黙念を思い説法しようとは欲しない」。
 時に梵天サハンパティは、たとえば力士の曲げた腕を伸ばし、伸ばした腕を曲げるように、梵天界に没して世尊の前に現れた。
 この時梵天サハンパティは偏(ひとえ、一方)に上衣の一肩を脱ぎ、右の膝を地につけて世尊に合唱を捧げて言った。「世尊、願わくば法を説いて下さい。善逝、願わくば法を説いて下さい。有情であって塵垢の少ない者がいます。もし法を聞かなければ退堕するでしょうが、(聞けば)法を悟ることができるでしょう」
 梵天サハンパティはこのように言った。このように言い終わってさらに説いて言った。

 摩竭国(マガダ)に曾て(かつて)出現せしは
 垢穢(くえ)ある者の思惟せる不浄法なりき
 願わくば甘露の門を開き
 無垢者の覚れる方を聞かしめたまへ 
 譬へば山頂の巌(いわお)に立ちて
 普(あまね)く衆生を見るが如く
 汝は智慧優れたる普眼者なれば
 法所成の高褸(こうる)に上り
 自らは已に憂苦を超えたれば
 願わくば憂に沈み生老に悩める衆生を視たまへ
 起て雄者よ戦勝者よ
 商主よ負債なき者よ世間に遊行したまへ
 世尊よ法を説きたまへ
 能(よ)く悟るべき者あらん
 
 (マガダ国にかつて出現したのは 垢穢れある者の考えた不浄の教えだった
  願わくば不死の門を開き 垢なき者の覚った法を聞かせて下さい
  たとえば山頂の岩に立って あまねく衆生を見るように
  あなたは智慧の優れたあまねく見る眼を持つ者であるから
  法でつくられた高い建物に上り 自らはすでに憂い苦しみを越えているのですから
  願わくば憂いに沈み生と老いに悩む衆生を見てください
  立ってください、勇者よ戦勝者よ 商主よ負債なき者よ世間に遊行してください
  世尊よ法を説いてください よく悟る者がいるでしょう)

 このように説いた時、世尊は梵天サハンパティに言った。「梵天よ、私に思念が生じた。私の証得したこの法は甚深であって、見難く、解き難く、寂静、微妙にして、尋思の境を超え、至微にして智者のみよく知るところである。ところがこの衆生は阿頼耶を楽しみ、阿頼耶を悦び、阿頼耶を喜ぶ。そして阿頼耶を楽しみ、阿頼耶を悦び、阿頼耶を喜ぶ衆生にあっては、この縁依性(縁に依ること)・縁起であることわりは見難い。また一切諸行の寂止、一切の依の棄捨、渇愛の滅尽、離、滅、涅槃ということわりもまた甚だ見難い。もし私が法を説いても他人が私を了解しなければ、私に疲労困憊あるのみ、と。そして、梵天よ、希有にして未だかつて聞かれたことのない偈が私に顕われた。

 困苦して我証得せる所も
 今また何ぞ説くべけん
 貪・瞋に悩まされたる人々は
 此法を悟ること易からず
 これ世流に逆ひ至微にして
 甚深・難見・微細なれば
 欲に著し黒闇に覆はれし者は見るを得ず

と。梵天よ、このように思択して私は心に黙念を思い説法しようとは欲しない」。
 梵天サハンパティは重ねて世尊に言った。「世尊、願わくば法を説いて下さい・・・もし法を聞かなければ退堕するでしょうが、(聞けば)法を悟ることができるでしょう」。世尊は重ねて梵天サハンパティに言った。「梵天よ、私に思念が生じた。私の証得したこの法は甚深にして・・・説法しようとは欲しない」。
 梵天サハンパティは三たび世尊に言った。「世尊、願わくば法を説いて下さい・・・もし法を聞かなければ退堕するでしょうが、(聞けば)法を悟ることができるでしょう」。時に世尊は梵天の勧請(請い勧めること)を知り、および有情を哀愍することによって覚った者の眼をもって世間を観察した。世尊が仏眼をもって世間を観察すると、有情にして塵垢の少ない者、塵垢の多い者、優れた者、劣った者、美しい者、醜い者、教えやすい者、教えにくい者、あるいはまた、あの世と罪過の恐怖を知って暮らしている者を見た。
 たとえば、青い蓮の池、紅い蓮の池、白い蓮の池において、あるいは青い蓮、紅い蓮、白い蓮が水中に生じ、水中に成長し、水面には出ず、水中に沈んで繁茂しているものがある。あるいは青い蓮、紅い蓮、白い蓮が水中に生じ、水中に成長し、水面に浸っているものがある。あるいは青い蓮、紅い蓮、白い蓮が水中に生じ、水中に成長し、水面に出ており、水のために汚されないものがある。
 このように世尊は仏眼をもって世間を観察すると、有情にして塵垢の少ない者、塵垢の多い者、優れた者、劣った者、美しい者、醜い者、教えやすい者、教えにくい者、あるいはまた、あの世と罪過の恐怖を知って暮らしている者を見た。見終わって梵天サハンパティに偈をもって説いた。

 甘露の門は開かれたり
 耳ある者は聞け、(己)信を棄てよ
 梵天よ、人々を「女堯」惑(にょうわく)せんかと思ひて
 微妙の正法を説かざりき

 (不死の門は開かれた 
  耳ある者は聞け、信を捨てよ
  梵天よ、人々を惑わさないかと思って
  微妙の正法を説かなかったのだ)

 時に梵天サハンパティは「世尊は説法することを許してくださった」と世尊を敬礼し右遶(うにょう、右回り)してそこに没した。

(六)
 時に世尊に思念が生じた。「誰のために私はまず法を説くべきだろうか。誰が速やかにこの法を悟るだろうか」。時に世尊に思念が生じた。「あのアーラーラ・カーラーマは賢者である、聡明である、怜悧である、長夜に塵垢が少ない。私はよろしくまずアーラーラ・カーラーマのために法を説くべきだろう。彼は速やかにこの法を悟るだろう」。
 時に天(神)がいて、身を顕さずに世尊に言った。「アーラーラ・カーラーマは命終わってすでに七日が経った」。世尊もまた自ら「アーラーラ・カーラーマは命終わってすでに七日が経った」と知った。時に世尊に思念が生じた。「アーラーラ・カーラーマは大きな損失をした。彼がもしこの法を聞いたら速やかに悟ったものを」。

 時に世尊に思念が生じた。「誰のために私はまず法を説くべきだろうか。誰が速やかにこの法を悟るだろうか」。時に世尊に思念が生じた。「ウッダカ・ラーマプッタは賢者である、聡明である、怜悧である、長夜に塵垢が少ない。私はよろしくまずウッダカ・ラーマプッタのために法を説くべきだろう。彼は速やかにこの法を悟るだろう」。
 時に天(神)がいて、身を顕さずに世尊に言った。「ウッダカ・ラーマプッタは昨夜、命終わった」。世尊もまた自ら「ウッダカ・ラーマプッタは昨夜命終わった」と知った。時に世尊に思念が生じた。「ウッダカ・ラーマプッタは大きな損失をした。彼がもしこの法を聞いたら速やかに悟ったものを」。

 時に世尊に思念が生じた。「誰のために私はまず法を説くべきだろうか。誰が速やかにこの法を悟るだろうか」。時に世尊に思念が生じた。「五比丘は私のために利益するところが多かった。私が専心に精勤していたとき私に仕えてくれた。私はよろしくまず五比丘のために法を説こう」
 時に世尊に思念が生じた。「五比丘は今どこにいるのか」。世尊は清浄にして超人である天眼をもって見ると五比丘はバーラーナシー国のイシパタナ・ミガダーヤ(仙人堕処・鹿野苑)にいた。時に世尊はウルヴェーラーに意のままに住した後、バーラーナシーに向かって遊行をした。

 邪命外道(アージーヴァカ教)のウパカというものがいた。世尊がガヤーと菩提樹との間の途上にあるのを見た。見て世尊に言った。「あなたの諸根は清らかです。あなたの肌は清らかで清潔です。あなたは誰によって出家したのですか。誰を師としているのですか。誰の法を楽しんでいるのですか」。
 彼がこのように言った時、世尊は偈をもってウパカに説いて言った。

 我は一切勝者にして一切知者なり
 一切諸法の為に染せらるることなし
 一切を捨離し渇愛尽きて解脱せり
 自ら證智したれば誰をか(師と)称すべき
 我に師もなく我に等しきものもなし
 人天世間に我に比倫するものあることなし
 我は世間の応供なり無上の師なり
 我独り正等覚者にして清凉寂静なり
 法輪を転ぜんとて迦尸の都城に赴くなり
 盲闇の世間に於て甘露の鼓を撃たんとす
 
 (私は一切に勝つ者にして一切を知る者である
  一切の法のために染められることがない
  一切を捨て離れ渇愛が尽きて解脱している
  自ら知ったのであるから誰を師と言うべきだろうか
  私に師はなく私に等しいものもない
  人々と神々の世間に私に比肩するものはいない
  私は世間の阿羅漢である無上の師である
  私一人が無上の悟りを悟った者であって清凉にして寂静である
  法の輪を転じようとしてカーシーの都に赴くものだ
  闇に覆われた世間において不死の太鼓を撃とう)

(ウパカは言った)「あなたの自称するようであれば、あなたは無辺の勝者というのに適うでしょう」(世尊は偈をもって説いて言った)

 若し諸漏の滅尽を得ば我に同じく勝者なり
 諸の悪法に勝てるが故に我は勝者たり汝優波迦よ
 
 (もしもろもろの汚れを滅し尽くせば私と同じ勝者である
  もろもろの悪い法に勝つゆえに私は勝者である ウパカよ)

 このように説いたとき、邪命外道ウパカは「あるいはそうかもしれない」と言い、頭を振って別の道をとって去った」

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

原始仏典 更新情報

原始仏典のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング