ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 上田合戦 > トピック一覧 > ☆上田城−概要

上田合戦コミュの☆上田城−概要

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

上田城は1585(天正13)年頃、真田昌幸によって信濃国小県郡の諏訪形の地(現在の長野県上田市)に築城された平城です。
               ☆

真田氏は上田城築城する以前、現在の上田市真田町に本拠地を構え、山城である砥石城が軍事拠点だったと言われています。
しかし、戦国時代の後半になると日本各地に大規模な平城が建造されるようになり、1583(天正11)年頃から真田氏も当時は「諏訪形」と呼ばれていた場所を「上田」と改め、平城である上田城を築き始めました。

上田城下には、真田氏や海野氏(真田氏の親戚)の各地元から人々を移住させ、「原町」「海野町」など住人の出身地に由来する名が付けられました。
さらに寺も移築され、主に上田城から見て鬼門の方角から、軍事的に手薄な城下町東側に配置されました。

               ☆

1585(天正13)年、第1次上田合戦の前後に上田城は一応完成したようですが、その後も拡張や改良が進められました。

第一次上田合戦の時には、家康が上田城を「天守も無き小城」と揶揄したとする伝承もありますが、この後、天守が築かれていたとしても不思議ではありません。
しかし、上田城では大規模な発掘調査が行われていませんので、真田時代に天守があったかどうかは不明です。

第一次の時には、まだ上田城は言わば不完全な状態だった可能性があると言われていますが、戦いで有効に機能していた様子を見ると、基本的な縄張りは完成していたと考えるのが自然でしょう。

               ☆

関ヶ原合戦の時、真田昌幸と次男信繁(幸村)が西軍に入り、東軍である将軍秀忠により真田氏討伐が行われ、第二次上田合戦が起こりました。
真田氏は上田城に籠もって、大軍である秀忠からの攻撃をしのぎましたが、関ヶ原で西軍が負けたため、戦後は九度山に幽閉されることになりました。

               ☆

真田父子が籠城した上田城は徳川氏によって破壊されたため、上田に入城してきた昌幸の長男信之は、現在の上田高校の所に藩主館を建てて、ここで政務を行いました。(陣屋支配体制)

信之が松代に移封されたあと、上田に移ってきた仙石忠政によって上田城は修築されましたが、これが完了する前に忠政が亡くなりました。
家督を継いだ仙石政俊は当初の予定だったところまで上田城修築を進めることなく、中止したようです。
これは財政的な問題や上田城は徳川氏にとって良い場所ではないことも、中止の原因だったのかも知れません。

本丸や二の丸に藩主が住むことはなく、本丸の櫓は武具庫になっていたようで、このあと藩主が松平氏に変わって幕末まで陣屋支配体制が続きました。

               ☆

現在残る上田城は仙石氏が修築したものですので、厳密には仙石氏が造ったものです。
真田時代の縄張りに関してはほとんど資料が残っていないのが実状です。
上田城をくまなく発掘すれば、地中から真田時代の遺構が出てくると思いますが、残念ながら大規模な発掘は行われていません。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

上田合戦 更新情報

上田合戦のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済