ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 旅行 > チベタン-TIBETAN- (チベット) > トピック一覧 > 躍進する人民チベット

チベタン-TIBETAN- (チベット)コミュの躍進する人民チベット

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

1950年に48万元だった西蔵(チベット自治区)の1日当たりGDPは2007年までに9375万元へと急増した。とりわけ1994年に中央が第3回西蔵事業座談会を開催してからは、GDPの成長率は年平均13%と、毎年二桁の成長を続けた。

民主改革前の西蔵には、現代的な意味のいかなる工業もなく、かろうじてある民族手工業も生産規模が小さく、生産量は非常に限られたものだった。現在では、優勢な鉱物業・建材業・民族手工業・チベット医学を柱とする西蔵の特色ある工業システムがほぼ構築された。青蔵鉄道の開通は西蔵の観光業に活力をもたらした。昨年の観光客数は402万9400人に上り、GDPの14.2%を観光業が占めた。経済の自主発展能力も形成され始めている。長年マイナス成長にあった西蔵の地方歳入は1989年にプラス成長に転じて以降年平均32.9%の成長を続け、昨年は23億1400万元に達した。過去5年間に農牧民の1人当たり平均収入は12.95%のスピードで成長し、自治区内の貯蓄預金残高は160億1300万元に達した。

西蔵自治区統計局が先日発表した統計によると、2007年のGDPは342億1200万元に達した。民主改革初期の1959年のわずか1億7400万元だったので、「可比価格」に基づくと60倍で、年平均8.9%増加した計算になる。1人当たりGDPは1959年はわずか142元だったが、昨年は1万2109元に達した。

コメント(1)

民主改革前の西蔵(チベット自治区)経済は基本的に農業一本であり、生産様式は立ち後れていた。域内に道路らしい道路は1本もなく、運搬は主に人力か家畜に頼っていた。民主改革後、国は計1786億7000万元を投じ、交通・エネルギー・通信などのインフラ整備を加速した。改革開放後、中央政府は西蔵の農村部で「土地は各戸の使用に帰し、自主経営、長期不変」「家畜は各戸に帰し、私有私養、自主経営、長期不変」の政策を実行したほか、農牧区で2回にわたり銀行ローンを免除した。こうした特恵政策は西蔵の生産力を著しく解放した。西蔵の農牧業は20年連続で豊作を記録している。国は西蔵の経済インフラの抜本的な整備を強力に支持している。現在までに自治区内の道路総延長は4万8600キロ、発電能力は計60.8万キロワット、農業用機械の総動力は329.42万キロワットに達し、すべての郷に電話が開通した。社会建設の歩みは加速している。 (編集NA)

「人民網日本語版」2008年5月12日

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

チベタン-TIBETAN- (チベット) 更新情報

チベタン-TIBETAN- (チベット)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済