ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > さらざんまい > トピック一覧 > 第1話つながりたいけど偽りたい

さらざんまいコミュの第1話つながりたいけど偽りたい

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

夜の浅草をジョギングしている少年。足には虹色のミサンガ。
一稀のモノローグ「この世界は繋がっている」
(回想。雷門前。チョンマゲのピクト人。アの看板はない)
一稀の足元にはサクラが舞っている(=春)。
後方から追い抜いていく風に何かの存在を気づいて振り返る一稀。(追い越すときに「かずたん」?と呼びかける少女の声)誰もいない。
一稀の後方に突然落下してくるアの看板。さらに一稀の真上からも。
一稀「でもその繋がりは簡単に消えてしまう。僕はそのことを誰より知っている」
看板を通り抜ける一稀(カワウソのアイコン・カッパゾンの箱の中のミサンガを眺めている燕太・コインロッカーの中の箱の中の拳銃を見ている悠の姿が一瞬見える)

泣きながら部屋で目を覚ます一稀。窓から川とスカイツリーが見える。
「僕は今度こそこの繋がりを守らなきゃいけない。そのためならなんだってする」
ピンクのスマホで「おやすみ」と誰かに送信。

OP

吾妻橋を箱を抱えて歩く一稀「僕の人生には3つのルールがある。そのいち、いつでもどこでもこの箱を持ち歩くこと。」
アの看板がある街。一稀は半そでなので初夏と思われる。
街頭テレビで吾妻サラのラッキー自撮り占いが放送されている。
一稀「さらに吾妻さらのラッキー自撮り占いを毎日欠かさずチェックすること」
占いの結果は「ハコ」。「ハコがいっぱいあるほどハッピー。ラッキー自撮りが撮れたらあなたの大切な人にも送ってあげるとさらにハッピーでしゅ」
「その3。毎日あの子とラッキー自撮りを交換すること。僕たちのことは誰にも秘密だ。僕はこの繋がりさえあれば他にはなにもいらない。

車上荒らしの少年、悠。金属定規で車の鍵を開けようとしている。ガレージの中にあった大量の箱でラッキー自撮りをする吾妻サラ。車上荒らしの現場を撮られたと勘違いした悠はスマホを奪おうとする。
「サラはあの子とのミッションをコンプリートするんでしゅ」
逃げるサラを追う悠。

カッパ像の前の一稀「今日もあの子と繋がれますように」
追ってきた悠は一稀のスマホがサラとおそろいだと気づいて金属定規で一稀を襲う。避けた一稀はカッパ像を倒してしまう。カッパ像から噴出す黒い煙と緑の葉っぱ。「なんじゃこりゃ〜」

教室で目覚める一稀。足元に箱がある。「よかった」(箱を失ってないこと?)
教室に入ってきたサッカー服の燕太。サッカー部を勝手に退部したことをなじる。黒板に「もうすぐ夏休み」の文字。7月だとわかる。
担任(燕太の姉)が転校生の悠を紹介する。一稀と悠は互いに今朝の出来事が夢ではなかったことに気づく。
一稀と悠にだけ聞こえる鐘の音。頭に水をかけたり、体育の時間に勝手に相撲を始めたり、給食室できゅうりを食べたりと、行動がカッパっぽくなるふたり。

川嘘交番。頭に箱を被った男が警官(玲央と真武)に取り調べられている。男のスマホにカワウソのアイコンがある。

燕太の自宅。カッパ像が壊されたニュースを見ている祖母。箱の中のミサンガに困っている燕太。
祖母「犯人はカッパ様に尻子玉を抜かれるじゃろう」尻子玉は人間の尻の中にある臓器。
燕太の姉が燕太の無駄遣いを諌める。
箱が突然に飛び上がり、外へ飛んでいってしまう。

鐘の音をたどってカッパ像広場に戻ってきた一稀と悠。立ち入り禁止になっている。鐘の音が聞こえているのはふたりだけ。
悠「祟りなんかあるわけない」
ますます大きくなる鐘の音。倒れたカッパ像から噴出す黒い煙。「なんじゃこりゃあ〜」
「グッドモーニング」アの看板とともに現れるケッピ。
このやりとりに心当たりのあるふたり。
鐘の音はケッピがきゅうりで頭の皿を叩いている音だった。
「私はカッパ王国第一王位継承者ケッピですケロ。あなたたちの今朝の記憶は消させていただきましたケロ。私の存在を知ったものはただじゃ済まないケロ。再びここに呼んだのは他でもない。人の子たちよ、どうか私に力を貸してくださいケロ」
土下座して頼むケッピを「カエルの言うことなんか聞けるか」と断る悠。カエルと呼ばれたことに激怒したケッピは「搾取!」の掛け声とともに一稀と悠の尻子玉を抜く。
アのかんばんが裏返ってカワウソの看板になっていくイメージ。カワウソの闇が町中を覆っていく。「欲望・ハコ」と書かれた青い光のらせんがそびえ立ち、箱を被った四足が空から降りてくる。
ぶたりはカッパに変わっている。
ケッピ「ここは欲望フィールドですケロ。人の世の裏側。人間にはこの世界もカッパも見る事ができません、つまりあなたたちは生きていて死んでいるのです。
箱を追ってやってきた燕太。燕太にはカッパになった一稀らは見えない。ケッピが燕太の額にアのシールを貼ると燕太にもケッピの姿が見えるようになる。カエルと言ったために燕太もカッパに変えられる。

CM

19時の川嘘交番。箱が空を飛ぶニュースを見ながらお茶を飲んでいる玲央と真武。

尻子玉とは人間の欲望を蓄積する臓器。
一稀の箱を奪っていくシタッパーズ。ハコゾンビの下っ端。(悠の箱も奪われたらしい)
箱田収丸(今回のハコゾンビの本名)宛の荷物の品名が「トオイの欲望」
箱を取り戻したければついて来いというケッピ。人力車で3匹を運びながらハコゾンビと戦えという。(カパゾンビまたはパパゾンビと言ってるようにしか聞こえないんですが)
やつらは生前執着していた欲望を満たそうとしている。
商店街のシャッターに書かれた文字「欲望の箱・欲望と箱・欲望は箱」(ケッピの烙印)
ハコゾンビは尻子玉を抜けば消滅する。
仲見世を抜けて、吾妻橋@欲望フィールドで待ち受けるハコゾンビ。
シャッターの文字は「カッパとは戦士のこと・カッパとは戦士なり・カッパとは戦士ケロ」
吾妻橋の上で見得を切って歌いだす「取り戻さなきゃいけないものがある(合いの手・ハコハコ)。好きなあいつに知られちゃいけない。誰にも漏らしちゃいけない(秘密だ)
ケッピ「カッパらえ!
3匹は手を取り合い空中を回転しながらハコゾンビに向かう。パンチの応酬。
「オレは箱がほしい!
水を噴出す3匹。水に弱いハコゾンビ
「やめろ、オレの秘密は誰にも知られたくない」
一稀「知るか!知られて困るような秘密を持ってるやつが悪いんだ!
一列になってハコゾンビの尻から飛び込んだ3匹
「絶対に尻子玉を抜くんだ!あの子と繋がるために!
尻子玉を抜き取る「カッパらった!
ハコゾンビの秘密が一稀の頭に伝わってくる。盗んだ箱を裸で被るのが好きだった。
「俺の誰にも言えない秘密を知られてしまった!
ハコゾンビの被っていた箱が割けて水流になり、さらに水のトンネルになる。溶けて一稀の頭に垂れていく尻子玉。
ケッピ「溶け切る前に私に転送するのです。さらざんまいです。
さらざんまいの意味は分からないが、3人の「さら!」という掛け声とともにアの字の上に重なる3枚の皿(=携帯のアンテナ3本のイメージ)で3匹は合体。尻子玉を飲み込むと3匹に戻り水のトンネルの中を滑っていく。滑りながら全裸の人間の姿に戻る。
ナレーション「漏洩します。転送します」
3人の尻からなにか漏れているシルエット。字幕「これからこれをやります」
今朝の回想。
トイレで吾妻サラのコスに着替える一稀(あまり似てない)。3本アンテナでその記憶が悠と燕太にも伝わる。
悠の車上荒らしの現場を撮影したのはサラのコスプレをした一稀だった。
一稀の女装自撮りがスマホで「カッパの頭にハ」のアイコンの誰かに送信されていることを知る燕太。
秘密を知られた一稀の体が裂けて尻子玉が出てくる。その玉を飲み込むケッピ「欲望消化(昇華?)」
ハコゾンビの魂が空に上っていく「死に損だ〜」(アマゾンとかけてある?)
並んだ「尻」の字の中から「箱田」の字がはじき出されて「はじまらない・つながらない・おわらない」と書かれた3つの輪の中に消える。
街中のカワウソの看板が裏返ってアの看板になる。人間に戻っている3人。
ケッピ「さらざんまいとは身も心も繋がるということ。知られたくない秘密も全て共有する」
女装を告白する一稀。慰める燕太。それを遮って一稀「これは僕とハルカッパだけの繋がりなんだ。そのためなら僕はいくらでも自分を偽ってやる」
クリスマス飾りあるベッドでスマホを見ている幼女「おやすみサラちゃん」スマホにカワウソのアイコンがある。

1話タイトル「つながりたいけど偽りたい」
ED

夜の川嘘交番。取り調べられているのは人型の猫。机の上にもたくさんの子猫。
真武「はじまらず、おわらず、つながりたいものたちよ。
玲央「いまひとつのとびらを開こう
「吸」の字の拳銃を構える。太鼓を叩くカワウソのイメージ。
「欲望か愛
「欲望搾取!
空に立ち上る光。カワウソのアイコンがあるスマホだけが残される。

コメント(15)

一稀は泣きながら自宅のベッドの2階で目を覚まします。窓の向こうにスカイツリーが見えています。部屋は学習机のほかに、ぬいぐるみや小さなジャングルジムがあって幼児と一緒に部屋を使っていたと思われる内装です。
2階建てベッドの1階部分にクリスマス飾りのようなものがあります。飾りの位置から、この空いている部分に以前はベッドが置かれており、ラストで寝ている(一稀がメールを送っていた)幼女が寝ていたと考えられます。彼女はたぶん一稀の妹です。
飾りとスカイツリーの位置から、妹は1階部分に寝ていたと考えられます。
しかし1話で一稀が目を覚ましたときには1階のベッドの部分はほぼ片付いています。
つまり一稀の妹は既に亡くなっていると考えられます。
一稀は妹が生きている間は吾妻さらのフリをして(病床の?)妹に励ましのメールを送っていたのでしょう。
しかし妹が亡くなってしまった今になってもそれを受け入れることができず、受け取り手のいない写メを送り続けていると考えられます。

学校の黒板に「もうすぐ夏休み」と書かれているので、妹は半年前、前年のクリスマスごろに亡くなったと考えられます。

この物語は、もはや繋がることの不可能な存在と繋がり続けたいと考えていた少年らが、本当の繋がりをみつけることで大人になる物語になると考えられます。
冒頭でジョギング中の一稀に呼びかける声は「はぶちゃん」「ハマちゃん」「カバちゃん」とも聞こえるのですが、一稀のことを「かずちゃん」と呼んでいるはずと判断しました。
ジョギングをしているのは一稀がまだサッカー部を辞めていないからで、ミサンガをつけているのは燕太から受け取ったからで、桜が散っているので時期は春です。
そして一稀は時間のまき戻しをして、なにかをやり直す(多分、妹を失わないで済むこと)ことを決めています。
1話は夏休みの直前で、一稀はサッカー部を辞めており、ミサンガはまだ燕太の手元にあります。
まき戻しが何度かあったので、結果が変わっているのだと思われます。
ケッピが登場したときに、朝には生えてなかったキュウリが成っているのは時系列の違いの証拠ではないかと思ったのですが、キュウリは時系列には関係なさそうです。
一稀が半そでであることなどから、1話は冒頭のジョギングを除いてすべて初夏の1日の話。
ただし、全体としてはループの中にある可能性は残ります。
この世界が空っぽになっても編
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=h_y6zaIlL1g

でも、それが嫌なんだ編
https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=5KPEVs9vgjY

本当のことを言うよ編
https://www.youtube.com/watch?v=-5ELRmFPA6E

3つのPVが公開されていますが、上から3人、警官、ケッピの心情を語っているものではないかと。
1・アの看板がない浅草。
2・燕太からもらった虹色のミサンガ
3・呼びかけられる。季節は春。
4・落下したアの看板
5・看板が一稀の真上から落ちてきたときに見えたもの1。カワウソの太鼓
6・見えたもの2。燕太が買ったミサンガ
7・見えたもの3悠がコインロッカーに隠している拳銃
8・落ちてくるたくさんの看板。これが浅草中にちらばった?
9・部屋で目を覚ます一稀。泣いている。
10・一稀の部屋。子どものものがある。川とツリーが見える。
11・OP。ピンチに陥った一稀が思い浮かべたもの1.
12・思い浮かべたもの2
OPの続き
13・アの看板がカワウソに変わっていく
14・町中がカワウソの闇に覆われる
15・3匹の活躍でピクトからアの看板になる(戻る?)人々?
OP続き。それぞれの思い人。
16・一稀が思うのは妹?のハルカ
17・燕太が思うのは一稀
18.悠が思うのは兄の誓
OP続き。
19・玲央が思うのは真武
20・アはアイドルのア?
21・巨大化したカワウソ?毎回こういう怪獣が出るのか?
OP続き
22・一稀の妹?ポニーテール
23・たぶん一稀の両親
24・謎の猫
25・OPのラストは虹。ミサンガも虹模様。
26・本編開始。吾妻橋。カッパゾンの箱。
27・吾妻サラ
謎満載でたまらないですね〜
第一話、三回見てようやく「あ、さらが三枚でさらざんまい?」と気付きましたわーい(嬉しい顔)

河童つながりで芥川龍之介の「河童」を読みました。
作中、河童は"蛙"と言われることが死に値することとの記述があり
ケッピが"蛙"と言われてモーレツに怒るのもここから…?なんて思いました。

河童は子供の水死体説もあるし、誰かが亡くなっているのは確実かもしれませんね〜
らさいませ。
芥川の河童の影響はあるようですね。しかし芥川の河童のポイントは最初に「これは精神病患者の語り」だと明記されているところ。さらざんまいも???
ちなみに精神病患者の語りである話にはうる星やつらのもとねたのひとつである「ドグラ・マグラ」、押井守監督の「トーキングヘッド」などが思いつきます。

実は全員が亡くなってるというのもあるかもしれません。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

さらざんまい 更新情報

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済