ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > HLGBTQA平等推進委員会 > トピック一覧 > 同性愛者についての考察

HLGBTQA平等推進委員会コミュの同性愛者についての考察

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

同性愛(どうせいあい)
ホモセクシュアリティ(英: homosexuality)

レズビアン&ゲイ

此の二つの性的指向の原因が先天性なのか後天性なのか、皆さんはどう思われますか?

コメント(17)

私は、よく分からない者が二割、後天性の者が八割…位だと思います。
それは、今現在、先天性であるという学術的証明が一つも成されていないからであり、思い込みや、何となく、漠然と、先天性も有り得ると述べる事は控えたい。
ギリシャや日本ではホモセクシャルが当たり前でしたし、ボノボも基本ホモセクシャルなんですよね。
どんな人にもそうなる素質はあると言う事なのではないでしょうか?
>>[2]

ギリシャ周辺地域や日本、また中国大陸など、戦乱の世が長く続いた国は機会的同性愛であると思う。

※機会的同性愛(元々異性愛である者が、異性を得られない環境下で代償行為として同性を恋愛や性行為の対象に選択する指向)

そこから男性のみ男色・断袖といった性文化が生まれたのだと思う。男性の場合はアナルセックスに於いて、受ける側が甘美なまでの快感(エクスタシー)を体感することができる故、発展していったものと思います。

日本に於いては若衆道(武士同士のもの)が独自に発展していったものと思います。

またボノボもコンゴのみに生息する種であることから同じことが言えると思うが、ボノボのオスによる同性愛行為は群れから何らかの原因によって追い出されたオスと別の同原因によるオスとの行為が確認されているだけだから、これも機会的同性愛と言えるのではないかな。

よって機会的同性愛から、性的嗜好としての同性愛行為が不自然(アブノーマル)な形となって受け継がれてきた性的な遊びの文化であるだけだと私は思う。

しかし、戦乱の世でない国々の、現代社会に於いて出現する同性愛者たちは、幼児期に於いての虐待など、ほぼ何らかの暴力行為が加えられたことによる副作用であると、学術的な証明が成されているのだから、後天性が凡そ当たっているのではないかなと思う。

どうでしょうか?
訂正

「しかし、戦乱の世でない国々の、現代社会に於いて出現する同性愛者たちは、」改め

「しかし、戦乱の世でない国々の、現代社会に於いて出現する同性愛者たちは如何なる原因か、それは、」

としますm(_ _)m
>>[3]
なるほど。
そう考えると、闘争を叫ぶ連中が推進している事も、理解出来ますね。
>>[5]

部落解放同盟がいい例です。
【マイノリティ】+【差別】=【お金】
「LGBT」を標榜する団体・組織の幹部は利権で動いています。
特にLGの利用は旨みがあるw
見逃しておくことは日本国の国益に反するでしょ。

しかしmixi内にあるLGBT関連のコミュは、九割が出会い系(ハッテン場)の様相だから、放置でいいと思いますがねw
性同一性障害当事者の立場から、少し医学的に考察してみます。

総排泄腔外反症(難病指定されている先天性疾患)と言う先天的疾患があります。発生は13〜16万の出生に1人と言う、非常に稀な疾患です。詳しくは図を見てください。膀胱と回盲部腸管が体外に外反し、それぞれの粘膜が下腹壁に露出しています。露出した粘膜の中心部は回盲部に相当する腸管で、その左右に二分された膀胱が存在します。露出した腸管の下方から短い大腸が翻転し脱出しています。露出した膀胱と腸管の頭側に臍帯ヘルニアが存在し、会陰部には低形成の外性器が二分して存在します。なぜこのような本来体内にあるべき臓器が腹壁に露出したのかに関しては、胎児期早期の下腹壁と総排泄腔が形成される過程が障害されたためと考えられています。総排泄腔(cloaca)は、胎生4〜9週に存在する臓器で、将来的に膀胱・尿道と直腸・肛門に分化する臓器です。
この病気は発生頻度が低く、しかも散発性発生のため、原因はわかっていません。
生後に問題となるのは、性の判定です。外性器の形成が不良のため、外観だけでは判定が困難です。

治療としては外科的な処置が中心となります。まず外反している膀胱と腸管を分離し、左右の膀胱を一つに修復する一期的膀胱閉鎖と尿道形成を行います。膀胱の形成が極めて不良の場合は、膀胱を切離し回腸導管による尿路作成術を行うこともあります。外反した回盲部腸管は修復し、人工肛門を造設します。
(染色体判別による)遺伝的男児の場合、外性器の形成が不十分なために、女児として養育する事も多く、除睾術や陰茎切除術が施行されたことがありました。
そんな疾患を持った患者に対し、少数ですが米ニューヨーク市で下記の様な追跡調査による成長報告があります。


・遺伝的には男性である患児計16例(5歳から16歳)。
・その追跡期間は 34〜98 ヵ月。
・その中で新生児期に外科的処置を行って社会的・法律的にも性別を
 女性とされたのは14例。
i その中で5例は女性として生活していた。
ii また3例は(うち2例が自分は男性であると申告していたが)性同一性が  
  曖昧な状態で生活していた。
iii 6例が性別を女性から男性へと変更していた。
iv 最初から男児として育てられた2例は、そのまま男児であった。
v 16例の対象者は全員、中等度から高度の男性に典型的と考えられる性に関する態度や関心を
  示した。
※ 遺伝的女児の同症例(追跡数15例)では、全て女子として成長した。

件は「性同一性(性自認:GenderIdentity)はいつ生まれるか?」と言う私の論文に参考資料として添付した資料で、出典は「出生時に性別を女性とされた遺伝的には男性の総排泄腔外反症児における性同一性の不一致」と言う、William G. Reinerと John P. Gearhart両医師による論文です。

ここで論じたいのは、女児として育てられた染色体上男子の性指向が全て女性に向いている事です。
これらは症例数が16例とあまりにも少ないので、結果的に何かを定義するには絶対数が不足しております。しかし、16例もあって全員が男性に性的興味を向けないと言うのならば同様に「性指向は先天的足りえる」とすることは不完全ながらも言える事でしょう。
これらを性指向にだけ焦点を当てて考えるならば、それは完全に「興味・恋愛・性欲の対象」であり、子は周囲の意思や育て方とは関係なく興味を示すのです。

誰もこれらの子に”女性のヌード写真を見せ、そういう嗜好に育てたりはしない”と言う事です。

「産まれる前に何らかの性分化が脳梁や神経系でも起こっている」と考える学者・識者は多数おります。
私も同性愛先天説に同意的です。

ただし、これらは先天説を肯定はしておりますが、後天説を否定する物ではありません。

虐待によってできたものでもなく
病気でもない一部の同性愛は
「支配欲」に由来すると思う。

相手の顔や身体といった外見的要素が
気に入れば、相手の意向などまるで無視をして
ただ、自分が手に入れたい。自分の支配下に置きたい
と相手を「所有物」扱いしたい支配欲から
発症すると思う。

でも、相手がどれだけ自分の好みであっても
「自分の性を理解しろ。受け入れろ。
告白されても断るな。別れたら差別」と
自分の性を盾にして相手の望まぬ性を押し付けると
いう行為、言動、行動は
異性愛者間でやってもいけないこと。

第三者が「いかに同性愛は産み出されるか」を
理解しようと検討するのは構わない。けれども

加害者がLGBTに属するものであっても
「加害者もきっと虐待や病気があったんじゃないかな」
と「被害者」にその言葉を言うのだけは、
絶対にしてはいけない。

それは被害者にとっては
「虐待や病気があったのかもしれないから、
理解して受け入れないといけないよ」
という内容の押し付けにとられるし

ましてや望まぬ性の押し付けは「性被害」
例え異性愛者間の被害であったとしても
性被害を受けた女性に
「加害者は虐待や病気があったんじゃないかな」
といわれても、被害者は自分の受けた被害の
恐怖で精一杯。

発信側が単純な知識欲や好奇心のみであったとしても
「被害者」に対して発して良い言葉がけかどうか
考える必要はあると思う。
私は自称性同一性障害のMtFからの被害に遭いましたが
(MTFという名称はすでに無くなり、差別用語に近いと
虹色アイルーの性同一性障害当事者の方から直接
聞いていますが、ここではあえて使用します。)

こちらのニュースのMtFの方は私も
受け入れられるなと感じます。

--- 国内で2番目に美しいトランスジェンダー美女「男性化していく身体に耐えられず10代で性転換」 http://mixi.at/a5jQpZ9
見た目云々ではなく、
「もっと認めてほしいとか思ってしまうと、それはもう押しつけになってしまうので、現状のまま、私達のような生き方もあるんだなと捉えていただけたらいいな」
という本人のスタンス。

本来、「普通の人と同じように見る」というのは
こういうことではないかなと感じます。

告白された男子は異性愛者だっただろう。

なぜ性転換手術前の性同一性障害当事者の彼女が男子と同じ風呂にはいるのが嫌だと感じ
なぜ異性愛者の男子は男子と同じ風呂にはいるのが平気なのかは

私は、実体験としてあるからわかるけれど
一般の異性愛者は、同じ風呂を共有する同性は
性欲の対象として自分をみていないという
安心感とともに、信頼感があるのだと思う。

同性から狙われ、女性恐怖症になっていた頃は
その「安心感」と「信頼」が
同性にたいして持てない状態になっていた。
もしかしたらこれは性同一性障害当事者側にも
当てはまるのかもしれない。

だから、同性から告白された男子は今まで
風呂、トイレ、更衣室などあらゆる環境で
自分が抱いていた「安心感」と「信頼」を
いっぺんに裏切られた気持ちとなり
それを「オカマ」「気持ち悪い」と表現してしまったのだと思う。
もちろん、この言葉は当事者の心にも残るだろうけれど
そこを「差別だ!」と言わず静かに受け止める姿勢が素晴らしいと思う。

性的マジョリティに理解を求めるとき
性的マイノリティ側からも同じように
歩みよりを見せてくれることが大切だと思う。
>>[12]

人造人間はどこまでいっても人造人間なんだよ
国民としての義務を放棄して人間をやめて畜生や餓鬼に成り下がった奴らの言い分なんか聞く必要ないね。
「差別」って言われたくなげれば、真っ当な人間としての義務と誠意を示せばいいんだよ。
世間に甘えて、なんでも自分らの要求をのんでくれる世の中が差別なき平等社会とするなら、日本国は亡国になるよ。
>>[13]
ごめんなさい。コメントと取り上げるニュースが違っていました。

同性カップルの北海道職員に扶養手当認めず 「道方針と矛盾」 (毎日新聞 - 03月31日 10:31) http://mixi.at/a5lGjAd

以下、↑のニュースについて述べた文を載せ直します。

同居している専業主婦のパートナーに扶養手当をつけないとセクシャルハラスメントとして捉えるらしい。 

でも、これを認めてしまえば 
同性同士のシェアハウスでも 
「同性愛者です!扶養手当をください!」 
と簡単に悪用してしまえる。 
そうなれば一気にあちらこちらで扶養手当狙いの 
悪用が乱立し日本の財政は破綻する。 

それを考えたら悪用を防ぐための慎重な議論は必要であり 
悪用される穴だらけの現時点では妥当な判断だと思うが 
それに対して 
「差別だ!」「セクシャルハラスメントだ!」として 

異性愛者に理解と金まで要求しているのに 
同性愛者の当事者からの歩みよりはどこに見えるというのだろう。 

2つのなかなかに相反するニュースがあったので 
私の考えをのべてみました。

※BUNA7532さんのコメントで私の間違いに気がつきました。
そりゃぁ、「結婚後の性同一性障害手術を」認めろ
ニュースを張って「扶養手当くれ」コメントを
書いたら「義務を果たさず何言ってるの?」に
なりますよね。これは私の間違いでした。
ごめんなさい。


誤解を招くため[12]コメントは削除しました。
せっかく返信コメントまで書いていただいたのに申し訳ありません。
>>[16]

いいんだよ〜チャックさん、
当コミュは他とは違って慣れ合いの場ではないのだからね〜。

例え見識が浅くても、複眼思考が大事たんだよ
誤解があっても、いいじゃないの
そこで議論ができる環境が大事なんだから

思うがまま言いたい事言って議論するのが大事なんだよ


ログインすると、残り3件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

HLGBTQA平等推進委員会 更新情報

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済