ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > コンバイン3 > トピック一覧 > コンバインから離れて自由にどう...

コンバイン3コミュのコンバインから離れて自由にどうぞ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 コンバインのコミュニティーですが自由に書き込める場所にしたいと思います。
と、取り合えずの場所でコミュニティー維持の方法を考えてみたいですね。

 今日は注文していたノートパソコンが納品となりセットアップしておりました。娘も最後の申告書のプリントアウトにかかりましてそのお付き合いもしながらでしたね。

 今度のパソコンにはオフィスソフトがついて無かったのでマイクロソフトのオフィス365を購入してインストールを済ませました。これは1年間の使用ライセンスで5台まで使えるもので1TBのクラウド容量を使えるとのこと。

 これを使えばどこに行っても最新のファイルデータにアクセス出来ますが情報保護が心配でこれまで使うのをためらっておりました。しかしこれからは最低限の必要ファイルをアップロードしてみたいと思います。

 さてトピックを分けていくと連続して未読を読むにはタイムラインになるのかな??

コメント(28)

 別トピックへの試し投稿ですね。

 本日申告を済ませてひと安心いたしました。娘を労って夕食をご馳走?してきたところです。締め切り前になると事務所の周りを車が取り巻くのですが今日はすんなりと入ることが出来て良かったです。

 ここ数年、何を間違えたのか我が家に収支内訳書が配布されてましてクレームを入れてましたが今年も又同じことをするので優しく注意しておきました。

 まぁ、この時期農業者は決算申告をしている訳ですが多くの人が各JAにある青色申告会の記帳代行という業務委託をしています。その中でJA以外からの収益を現金出納帳データとして出すことになります。もちろん費用に関しても同様ですね。

 そんな訳でどれだけカバー出来ているのかということとJAでそのデータをどう保護しているのか、今一よく分からないということがあります。青色申告会の職員さんはほとんどがパートさんで守秘義務が徹底されているのかもあります。

 そんな訳で私はこれまで記帳代行などのサービスは受けませんでした。同じ意味で収入保険制度を扱う農業共済の事務についても同じリスクがあり加入しない原因にもなりました。

 今、グーグルやアマゾンなどが独占禁止法に触れることをしていないかがニュースになっています。個人情報を大量に扱うことのリスクを知っているからこその対応をしているのですがまだまだ多くの国民の意識は高いとは言えない状況ではありますね。

くまさんパソコン新調されたんですね。最近のは早そうですね。書いたか忘れましたが我が家も壊れてSSDに変更してWindows10インストールしてオフィスはヤフオクで安いのを買い直りました。

昨日は切った木を運びました。ユンボ2台あると便利ですが無いので手で持てない木を運ぶときは移動して積み込みました。1.25tでした。晴れたんですが連日の雨で下が最悪でしたね。ユンボで溝を掘り見ると石垣からかなりの湧き水でした。

最近腹の調子が悪く早めに切り上げました。そろそろ直って欲しいですが検査受けないとダメかなと思います。
 今日は地区の役員さんと慰安?旅行。天草方面を回ってきました。天草ではそろそろ早期米の田植え時期となることから代かきの済んだ田圃もちらほらとありました。

 天草下島の北西にある富岡城。ここはキリシタン弾圧の天草の乱当時、一揆軍に攻められましたが落城せず一揆軍が原城に籠城してからは幕府軍の拠点になったそうで、さらにここを治めていたのは肥後藩では無く佐賀の唐津藩だったということも新鮮な驚きでしたね。

 今回あいだを開けずに2度訪問したことでかなり深く天草のかっての都だった富岡の歴史をかなり深く知ることが出来まして良かったです。

 タクさん 腹の調子が悪いとのこと。定期健診をやってないなら早めに検査されることを勧めます。一番怖いのはガンですのでこれで無いことを確認したいですね。

 昨年ですが私の遠縁の人が膵臓癌を発見されてから半年で亡くなりました。若い人のガンの怖さを思い知る出来事でもありました。安心料と思って時間を作って下さいね。

 ユンボは複数持っておられると思ってましたが処分されて1台体制でしたか。仕事をする中で2台必要になることはよくありますよね。

 最近のパソコンはSSDが必須でしょうね。もう1TBのSDHCカードなどが出てきましてもうHDDがいらない時代が見えてきました。これからのパソコンはパッと開けてすぐに入力できることでしてここはまだ実現していないのが残念ですね。
農政局に出す資料の中に作業日誌があるのですがオリジナルの日誌は手書きで読みずらいのでパソコンで打ち直しをして提出しています。

スマホの音声認識能力が優れているのでパソコンではどうなのかなと試しにやってみればパソコン自体に音声認識の経験データーを積み重ねていかないととても使えるものではないと判りガッカリでした。

というわけで明日はひたすらパソコンの打ち込みをします。

来週は、天気が雨基調になる予報なので夜中に暗渠の上のロータリー掛けをしました。
おはようございます。

今朝雨のつもりがまだ降ってなかったので急遽表土を広げました。田んぼに行く途中雨になりましてできるとこまでしました。時間にして30分くらいですかね。

先日の雨が乾いていると思ったらまだ水たまりもありまして早々に切り上げました。

夜間作業用にライト追加したいですが現地でするのは嫌なのでまだ先になりそうです。
新しいHPのノートから書き込んでいます。SSDですので動作がとにかく早くて気持ちがいいです。まぁ、あとでいろいろいじくっていると少しは遅くなっていくとは思いますが。

 報道関係の記者たちがパソコンを使って取材していますがほとんどが大型ノートを使っています。バイルパソコンではおそらくキーボードが小さく慣れたものでやっていると思っていますが私も旅先に持っていくパソコンも普段家で使っているパソコンと同じものにしたいということでこれにしたものでした。

 今日はまた一日雨の天気ですが明日以降なんとか持ち直す気配となりました。ナタネ梅雨もこれで終わりになってくれればですね。周りを見渡すと道端や土手などにナタネの花が満開状況になっています。

 もりさん パソコン入力はいかがでしょうか。アハハ 手書きの資料を打ち直すとかでほんとご苦労さまでした。手書きをいままでしていたのは書式指定でもあってそれにピッタリ打つことが出来なかったみたいですね。

 夜間作業は息子さんに少しずつ譲って楽をされたほうがいいのではと思いますが、まだまだ任せられない??ですか。アハハ

 タクさんはいいユンボを使ってますね。うらやましいです。私のやつより2倍ははかどる機械ですね。

 さてさて写真を皆さん出してもらってありがたいのですが携帯の写真をパソコンからアップするのをしたことが無いのと普通のデジカメで撮った写真は容量が大きすぎて圧縮するのが面倒で億劫なんですが皆さんはどうしていますかね。
手書き日記をパソコンで打ち直していました。手書きは自分が判れば良いことと3年連続日記なので過去の時期の作業が簡単に比較できること何といってもパソコンの立上がりの待機時間がないことが一番なのでこの方式を変えるつもりはないのですが他に使うことを考えればパソコンで書くことも考えていかなければならないですね。

事務仕事は、自分の一番苦手の分野でもあり息抜きが多くてなかなか時間通りに進みませんでした。

写真をアップするには私はアイクラウドで一度パソコンで取り込みをしているのでその中から選んでアップをしています。デジカメもパソコン設定で共有させてアイクラウドで取り込みしていますのでその方が簡単です。昨年は、ほぼスマホで写真を撮っていたのですが風景などはデジカメの方が写りが良いのを確認しましたので今年は併用するつもりです。一度このアイクラウドに取り込む方式に慣れてしまうと手動で圧縮するやり方を忘れてしまい四苦八苦します。

夜間作業は、自分が必要と感じないとしないことなので作業全体の流れや農業の基本、先行動作の必要性を感じてもらわないと世間で言われる「パワハラ」になってしまいます。作業の決定権を徐々に息子に移していきたいと思います。
 もりさん アイクラウドとは自動的に圧縮して保存してくれるのでしょうか。最近のデジカメは精細度が上がった分容量が大きいのでそのままアップ出来ず、圧縮という面倒な過程が必要ですね。

 クラウドに保存するとその中の一部を共有化させてみんなで見ることが出来るのを私も知っていますが圧縮しているのかどうか確認はしてないですね。

 後継者育成は何のためにこれを言うのかを理解させないと通じませんがさらにはその中に柱が無いと判断基準がぶれてしまいますので真剣勝負になりますね。

 私は周囲から「草を生やして遊びに行く」と言われた時代がありました。それは両親と旅行したり遊んだ経験が無かったので自分が親になった時はそれはしないと決めていたからでした。

 年取った両親と子供達と旅行をする為にキャンピングカーなどを買ったこともありますし、妻の両親が若い頃滞在していた岡山県へ連れていったことなど今となっては随分頑張ったなと思うことですね。

 旅行に限らず家族と共有した時間がどれだけあったかは結構、大事なことになりますので参考までに。アハハ

 さてさて明日から幕張に出かけます。おみさんも偶然同じホテルに滞在することになりまして13日夜は一緒に食事することにしています。明日は成田着ジェットスター便で午後7時半ころになるようです。ちなみにジャパンドローン展です。
農政局へ提出の資料を書き込んでとても手に負えない細分化された項目にお手上げ状態で仕上げることが出来ず先ほど玄関先で担当者にその旨を伝えたところ来年度の移行の案内調査票(案)に一生懸命記入していたようでした。

あくまでも案だそうでこれからまた、改訂されるようです。ただ、気になったのが調査対象も集落営農を中心になるそうでこれって正しい農家の統計調査になることなのかな?です。また、販売手数料の流通経費を求める項目がありましていかにもJAの販売手数料が高いと知らしめる調査内容でもありまして最近の統計調査の事例のように何か別の思惑、忖度がある感じです。

事務勢いのついでに専従者の確定申告と収入保険の今回の確定申告の額を報告をしようと思います。

くまさん、アイクラウドでは私のデジカメで撮影した写真も勝手に圧縮してくれるのでとても便利です。というかもうそのような設定にしているのであえてデジカメの画像を直接メールなどで送ることなくアイクラウドで選択して送るようにしています。でも、たまにアイクラウドとデジカメ写真データーの取り込みにタイムラグがありデジカメで撮影した写真をすぐ送るという時には自分で手動で写真を圧縮する方法を忘れてはだめですね。

家族の思い出作りは大切ですね。中標津でお世話になった人の子供が長男の会社の先輩で自分の趣味のバイク、車を置くために借地を借りてそこの草刈りが大変ということで我が家の古くなった自走草刈機を運送屋さんに送ってもらおうと考えていたのですが運送屋曰くにはやれ、梱包をしっかりしろとか油脂は抜いてくれとかうるさいのでノアに積んで走ろうかなとも考えています。次男と二人で運転すれば往復30時間で可能かなとも考えています。

エンジン部門の設計をしているので自走式草刈機は整備をしないと著しく耐久性がないエンジンでもありますので国産の汎用ガソリンエンジンの耐久性を実際使われている実態を知ってもらう良い機会でもあるかもと考えています。

耕運機などではエアクリーナーはオイルパス式にしているのですが草刈機においては、ほぼすべて乾式です。草を刈ること自体、葉樹が持つ糖度を含んだ樹液粉末がエアエレメントを塞ぐので埃と相俟ってこれが耐久性を落としている主原因です。エアエレメントは搭載する機械メーカーの選択だと思うのですがエンジンエンジニアからも提案したもらいたいという思惑もあります。
こんばんは。

くまさん僕はスマホで撮影してそのままアップします。書き込みもほぼスマホです。今i phone7ですが辞書というか学習機能を使えてない感じで変換などがかなりアホです。以前アンドロイドでしたが雲泥の差です。音声認識は電話をかける時など使用しますがこちらはさすがです。

今回価格でこの機種にしましたが電波の入りはさほどかわりないかな?僕的にはアンドロイドが便利かな?YouTubeしながら何かできますし。中山間地域なので電波が第1です。仕事柄電話は繋がらないとまずいですので。

もりさん出会いなど人付き合いは損得ではないですからね。30時間が自分のためになることがあると思います。

僕が入院したように相手の立場に立てば自ずと気持ちがわかるはずです。少なくとも考え方は変わるかな。実際にテストではなくある程度の期間機械を使ってみれば改良点はみつかるでしょう。
 幕張メッセのすぐ傍の高層ホテルの43階にやっと着きましてひと安心したところでした。

 初めてジェットスタージャパンの便でやってきました。成田空港から幕張までの距離感は結構ありましてやはり慣れた羽田便が良かったかなでしたね。アハハ

 写真アップの状況、ありがとうございました。私も気軽にアップしたい気持ちはあるのですがもう少し簡単に出来る方法をもう少し考えてみたいと思います。

 疲れもありますので今日はこれで失礼いたします。
家族の確定申告をしたついでに収入保険の昨年の収入の実績報告を届けに行きました。

ちょうど高校時代の同級生が昨日の担当で20日に行う同級会の打ち合わせをしたりしまして本人は定年間近にこのような新たな事業に疲労困憊しているようで仮に民間の保険会社が行ったとしたらどうなるのかなとも考えたりしました。

暗渠の申請書類も締め切りが近くなりましたので今日はそれを手掛けるつもりです。

iPhoneの使い方は息子達に聞いた方が早く写真のやり取りはエアドロップなどというとても簡単な機能でやり取りできることを最近知りました。

くまさん、ドローンの進化はいろいろ楽しみですね。
 ドローン展示会一日目。無事ホテルに帰ってきました。これからオミさんと連れの方と一杯やろうかというところです。

 もりさん 購入予定のメーカーさんも出ておられてドローンの現物を見ることができました。係員の人に今度大潟村に納品するでしょと言ったら驚いてましたよ。アハハ amauchiさんという人でした。納品の時行かれてはと言っておきました。

 今回からは農業用ドローンの展示が元気になっているかなと思いましたが今は空撮と点検、土木測量関係がメインでナイルワークスの全自動タイプもほんと電池メーカーの添え物みたいな展示でした。ただハイゼットに基地局とターミナルをコンパクトにセットした展示はありました。

 参加の皆さんはやはりDJIのブースが一番人気ではありましたね。私は展示よりもレクチャーやワークショップの説明を主に聞いてまして明日、各ブースの話を聞いてみたいと思いました。

 今回は会場の隣のホテルということでホテルから車道に出ることなく直接歩いて行けるということで実に楽でした。宿泊客も多く、フロント前のジグザグの行列にはちょっと驚きました。
暗渠の申請書類を仕上げていました。

昨年の実績では助成金が売上の15%を占めるのでこれがあったおかげで冷害と台風の塩害の影響で収量が20%落ちる状況でも資金繰りが何とか出来る感じです。

もともと、暗渠は助成金の有無に関わらず地力維持と循環型農業を目指してというのが表向きの表現で籾殻処理の意味を含めて行っていたので我が家にとっては農作業の一環でしたので作業自体は問題がないのですが役所の様式に則った申請はA4用紙60枚に及ぶ報告書、計算書などは面倒ですね。

事務処理途中で農政局の統計の方から農家経営の毎年提出している決算資料が戻ってきましてこの暗渠に関しての収入、支出は統計の対象外として扱うそうで統計を扱う現場では農家の実態が専業でも成り立たない現状を把握しているようです。

農家の労働時間を細分化した統計を本所の方では知りたいようでまだ、正式の様式が出来ていないようですが各出先で先行で一覧表を作っているようでそれを持参していました。農家作業日誌はせいぜい午前中とか午後からとかしか記録しないのでありがたいのやら面倒なのかわからないですが、統計となるとこのようなことは必要ですね。
 もりさん 今、イセキも採用しているアグリノートというクラウドサービスを見られたらどうですかね。圃場管理ソフトですがコストも安く私もいいのではないかと思っている製品です。

 色んな類似ソフトが出ているのも事実で選択に迷う状況でもありますし、ヤンマーと契約されてますからそちらの利用も可能ではないかと思いはしますが。アハハ

 最近の統計関係のデータはほんとに信頼が出来るのか、誤差がどれだけあるのか、ほんと大ざっぱに見た方がいいのではと思いますね。アハハ 大本営発表として昔は事実を捻じ曲げていた日本でもありましたからね。

 はてさて無事、ドローン展から帰ってきました。飛行機が遅れて着いた1時間ほど後から荒れ模様の雷雨となりました。良かったです。熊本空港はパイロットに取って着陸が難しいところでもありますから。何でも傾斜がついているそうです。
暗渠申請の書類の審査を受けていました。

自分では、ほぼ完璧に仕上げたつもりですが毎日の現場までの行き来や圃場への籾殻運搬の時間と記載した時間が合致しないという指摘を受けて持ち帰って作業するつもりでしたが受付け会場で整合する書類に仕上げるのにほぼ一日費やしてしまい公共工事に準じた申請様式は、普通は経験することがない分野ですので貴重な経験です。

公共工事の進捗がダラダラやられている背景には、基準工事単価があり細分化された作業工程に各々工事単価がありますので仕事を早く進めてしまうと基準単価を下げてしまうのでそのようなことが無いようにしているのですね。まぁ実際の現場では想定外の事が多いのでそれに対応するために時間に余裕をもって仕事を進めるという農家の意識と違うものが求められているようです。

というわけで昼から納入予定のドローンの納入には私は立ち会えなかったのですが息子が対応したようです。

昼から玉ねぎの講習がありましていろいろな分野の人の話を聞くことが出来て面白かったです。工学系の元大学の先生が単純に気温と生長の関係をグラフ化して越冬、成長を止める気温5℃を基準に越冬する期間の長さと春先の5℃を超える時期から積算気温を追って収穫期の肥大を予想するグラフは視点が玉ねぎの研究者と違うので新鮮でした。

常識と思われていることの中には検証せずに有名な先生が言っているから文献に書かれているからのことが多いことが改めて知ることになりました。
 もりさん ドローンの納品に立ち会えませんでしたか。

 こちらでも集落営農法人の方で出荷が始まりました。今年は作柄がいいそうで今度は価格が心配になりますね。九州の玉ねぎ産地である佐賀でも作柄がいいようですよ。

 昨年植えたスモモの苗木の花が開花いたしました。一昨日は軽く霜があったようで結実に影響しますがまだ実を成らせるものではありませんのでまだ気にする必要はありません。

 今年植えた桜やスモモ類も活着しまして元気を出してきましてほんと春を感じるところとなりましたね。外の仕事ということで麦の中に出ている牧草などを草取りを始めています。これまで頑張って減らしてきましたが最後は手取りに頼ることになりますね。

 さてさて今日はおみさんに今年導入するドローンの見積もりをお願いしました。16リットルタイプの半自動タイプで電池3セットに発電機をセットでお願いしました。もう何回かデモフライトしてもらい安定した飛びを確認していますので問題なく行けると思いますね。
 天気が続きませんので出来る時にということで大麦若葉後の耕起を始めました。今年は6haほどが早く次作の準備が出来ますね。一部はハトムギの5月播きに対応する予定です。この自由さがありがたい作物ではありましたね。

 刈り取った後でもけなげに次の穂を出しているところもありまして緑肥としての効果もありそうで有機物の補給になりますね。

 もりさんはハイゼットの整備も組み上げ段階のようで参考になります。私がやることは無いと思いますがそれでもありがたい情報です。

 しかしもう何回もエンジンを分解しているとかで凄いですね。そこで疑問が湧いてくるのですが最近のエンジンはもう農機メカニックでも分解するのが出来なくなると言っていることです。これは何のエンジンなのか、またこれは本当のことなのかですね。専門の機器が揃っていないとということかも。

 はてさて熊本駅がリニューアルされたことが地元新聞に大きく載っておりました。熊本駅は中心街が大きく外れたところにあり、再開発が進まなかったことで線路の高架化が遅れまるで場末の駅感が漂っていましたがやっとのことで高架と駅舎が新築となりましたね。

 

 
今日から畦補強のためユンボを入れるので機械の移動、下準備をしていました。

隣との境界畦は隣の田んぼから畦塗機を入れて塗れば早く綺麗に仕上がるのですが何せ畦塗機は田んぼがある程度乾かないと作業が出来ないので自分の田んぼからユンボを使い畦を整形、補強します。

自走式畦草刈り機を使うようになってからこの畦塗作業は毎年すべき作業となってしまい農作業を楽にしているはずが新たな仕事を作っているような感じでこんなものでしょう。ちなみに刈払機で草を刈っていればこんなに頻繁に畦塗作業をしなくても良いと思います。

ハイゼットの整備をして今の軽自動車が高速道路で普通車と同じ速度で巡行出来ることは良く理解出来ますね。昔で言うレース用ピストンが組み込まれているわけですから、ただ残念なことに昔から排気量の割に馬力のあるエンジンはことごとく耐久性を落としているのは変わらないようですね。

ディーゼルエンジンは分解したことが無いのですがたぶん最近の排気量を小さくしたエンジンも同じ傾向かと思われます。

昨日、何気に外した燃料パイプを見たら急激に日中の気温が上がり燃料タンクの圧力が高まりガソリンが漏れたようで外した燃料パイプに過冷却の霜が付いていました。

プロパンガスのタンクなどは過冷却の霜つきが起こるのですがガソリンでも似た現象が起きるのかと新発見でした。日本各地にある「風穴」「ふうけつ」が涼しいメカニズムが充分に解明できないようですがこれがヒントになるような感じです。
 今日も午後からフォードで耕起作業をしておりました。ほんと気持ちのいいシーズンとなったのを感じる一日となりましたね。

 午前中は区役所に行ってドローン申請について打ち合わせをしておりました。出来るだけいい申請をしてポイントを稼ぎたいと思います。アハハ

 もりさん ユンボの出番は畦の補強でしたか。平バケットを最初から用意されてましたがこれでしたね。補強用の土は補充でしょうか、現地調達?ですかね。

 さてクボタがついに170馬力を超える大型トラクターを作ることになりました。エンジンですでに200馬力クラスを開発してましたのでやるなと思ってはいましたが内容を聞いて少し驚き。

 なんと開発を委託するのです。委託先はカナダのビューラー社。ノウハウ豊かな現地企業にクボタの技術を反映させるとか。ビューラー社と言えばINDYさんが製粉機ネタの時に紹介してくれましたがトラクターまで設計出来るメーカーだったとはでした。

 さらに最近ゲノム編集作物が今までの遺伝子組み換え作物に変わって登場してきました。ピンポイントで遺伝子を操作するかしないかの差しかない技術でありながら日本では簡単に普及させる方針とか。アメリカと同じでいつの間にか方針が変わったのかと思ったところですね。

 品種改良、開発が劇的に変わる訳でこの技術が商品化されそうで年寄りとしては大丈夫かいなと思った次第。はてさて。
アルバイトにユンボ操作を任せて軽トラックのエンジン組み上げをしています。

ドローンは、どうもオペレーター3名確保で効率的な作業が出来ることが判りましたのでアルバイトは6月過ぎに私は時間を見て資格取得をしたいと思います。ドローンの保険の開始日を試運転予定の金曜日にしましたのでその契約を今日します。ちなみに年間約10万円だそうでラジコンヘリが40万円と言われていますのでその点では良いのかな?です。

暗渠の申請書類にミスがあったということでその訂正に昼から出掛けましてエンジン組み上げには集中して臨まなければならずちょっと残念でした。ついでに注文していた軽トラックが金曜日納車になるそうで保険の準備をします。

夜にエンジン組み上げをしてしまおうと思えば最近、また気温が低く寒さで気持ちが盛り上がらないので今日に持ち越しをしています。

畦補正は早目に行えば工事はとても簡単です。プラウ耕をしていると田んぼの土の容積重が重くなりますので表土を薄く剥がす程度で土の確保が出来ます。ロータリー耕ではこのように表土を削って畦に補充すると凹状になった箇所を戻すにはロータリー、代かきハローの逆転あるいは作業機の整地板を上げたり外したりしてのトラクターバックでの作業が加わりますのでちょっと大変です。
 今日も日中は見事に晴れ上がるのですが夜になって雨。何とも作物にとっては最高?の天気ではないですかね。収穫が始まった集落営農法人の玉ねぎも生育旺盛で見事だなと感心しています。昨年は栽培失敗で大変だったのですが今年は起死回生になって欲しいところです。

 こちらは大麦ダイシモチの草取りや畦切りなどをしております。今年は問題の牧草の発生が少なく初期除草剤が効いている感じで良かったです。まぁ、作付けが以前の半分になっているのも気分的に楽になっていることもありますね。

 さてフランスで開催されたSIMA2019から帰ってきた視察団メンバーのレポート、前回は私も書いたものですがスペインの200ha水稲農家の様子が書かれていました。

 世界の中ではさほど大きくも無い規模の水稲農家がどんな乾燥システムを使っているのか?というテーマで見た時に今の日本でやられている縦型乾燥機を並べている方式をどう評価するかということですね。

 今は貯留瓶方式の乾燥調製が当たり前の状況になっていてもう日本でもこちらに目を向けるべきではなかろうかという意見でした。報告者が山形県のあのお馴染みの会社の人でしてこれからどう動くか興味あるところですね。

 ちなみにこの方式は倉庫を必要としないで増設が出来ますし、満杯になるまで入れる量を気にしなくていいというのもあります。
田んぼの高低直しをしていました。

ユンボとキャリアの組み合わせは高低直しにはベストな感じですね。トラクターの3点リンクに付ける整地キャリアではもう少し乾いてくれないと使えないです。

今日の天気は昼から雨の予報なのでそれまで作業を進めます。
一日雨模様、午後は上がったかに見えましたが今にも降りそうな一日でした。葬儀や選挙の報告会などで仕事はしませんでした。農作業に影響が出てくるかもしれませんね。

 この天気で自分で建てる予定の車庫は余裕が無くなり業者に委託いたしました。パイプ倉庫も材料を揃えているのですが赤信号ですね。

 もりさん ユンボで高低差補正になりましたか。レーザー補正よりもこちらでしょうか。アハハ
やはりきちんと土を移動させるのはこれなんでしょうかね。

 土の掘り取りは普通バケットではなく細いタイプを揃えておられたと思いますが写真では平バケットのようですが。

 はてさて日本が国際的な存在感を落としめていることに自然再生エネルギー導入の遅れというか、今だに原子力や石炭火力などの輸出を目指す意識改革の遅れが諸外国から指摘されています。

 これで東芝が左前になり、さらには日立はイギリスでの原発の新設事業から撤退させました。莫大な損失を伴ってですね。

 太陽光発電に対して買い取り価格を下げてしまいこちらも下火になってきましてもう業者もその意欲を失い蓄電池が次の戦略とばかり何とも行き当たりばったりをやっています。日本の政策が基本戦略で原子力などを捨てきれないことで事業者、消費者の意識改革が遅れていくということだと思いましたね。

 捨てきれないのが献金している事業者の方かも知れず何とも自分で存在感を落としていることを理解すべきなんですが。


 
土取は表土を薄く広く採るのがバケットに土の付着が少なくなることと積み込みキャリアから土を降ろす時に乾きが良い表土のみなのでトラクターに付ける整地キャリアより確実な作業となりますね。

トラクターに付ける整地キャリアは田んぼの乾きが良ければこちらの方が作業が早いですが何せ乾きを待つとなかなか計画通りの作業にはならないです。

このユンボを使って初めて気がついた作業の特性です。もちろんこの機体重量3トンクラスのレンコン仕様の足回りが最大のポイントのようで近所で見ていた農家が真似をして標準幅の4トンクラスで同じことをしようと試みましたがユンボで踏まれた箇所を法面バケットではうまく薄く採れないようでした。
 麦の手入れをしています。今日は乾いた晴天で草刈りも苦になりませんでした。

 今日で学校の授業も終わりで孫達が通知表を見せに来ましたが女の子だけに図工や音楽はいい成績でした。アハハ 良く頑張りましたと褒めたところです。4月から5年生になります。

 明日は九州青年の船の同船会で宮崎県の青島に行くことにしています。今年で45回となります。これほど続いているのは珍しいことでもあります。

 当時はまだなじみの無かった外国旅行を青年たちに体験させることも目的だった青年の船でしたが乗った船が今もある日本丸の先代で初代はブラジル移民船のアルゼンチナ丸でしたね。

 第一回九州青年の船で訪問したのが香港、マニラ、そして当時外国だった那覇でしたね。
その時の青年たちもすっかりいい歳になりまして一人だけですがガンで亡くなった人がいるのですが今はその子供達が参加してくれています。

 我が家も今回は息子嫁と孫達2人を連れていくことにしています。我々の付き合いが孫達まで広がっているのも驚異ではないでしょうかね。アハハ

 もりさん 今のユンボは同じ深さで溝を掘るなんてことが自動で出来るなんて聞いたことがあるのですが本当なんですかね。わが家のような古いのはかなり熟練技になりますが。
 我が家から250キロほど走って無事青島のホテルに着きゆっくりしています。九州山脈を横断しましたか半分ほど高速道路になってましてかなり楽になっています。

 メンバー13名中10名家族28名と45周年を盛大に祝うことが出来ますね。

 もり
途切れてしまいました。

  もりさん 試運転に修理と御苦労様です。イベントも多すぎるとストレスが大きいですね。上手くいかない時は休養いたしましょう。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

コンバイン3 更新情報

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済