ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > mixi 政治かわら版 > トピック一覧 > 『事件』【伊藤詩織さんの準強姦...

mixi 政治かわら版コミュの『事件』【伊藤詩織さんの準強姦事件】明らかに成った事

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

この政治かわら版を初め、政治討論会や政治バトル会場でのパート4までの
伊藤詩織さんを準強姦した事件を約2年間も議論を続けて来ました。

その間に、詩織さんは会見や手記【BlackBox】を発刊し、多くの事実が見えてきました。



そして世界的に先進国の大手マスコミもこの事件を詳細に報道し、BBC製作の
「日本の秘められた恥」というドキュメント番組までが世界中に放映されています。

https://www.bbc.com/japanese/video-44646219

被害者を更に苦しめるセカンドレイプを続ける異常な行動も頻繁に起きるのが
情けない日本人の姿だと思います。

そしてそれら全てが世界的に知れ渡る事と、日本のマスコミが報道できない圧力が
この事件の本質なのだと多くの方に理解されるように成りました。

さて、今回は民事裁判での原告側・被告側がそれぞれ提出している陳述書と証拠資料が
閲覧しそれをネットに上げている方によって多くの事実と嘘が明らかに成っています。

まず、双方が認めている事実を掲載します。

2015年6月3日2軒目に行った鮨屋喜一で、詩織さんがトイレで意識不明になって
店員に助け出された。その後、自力で歩けるが駅に放置できないほどの酩酊状態である
事を山口さんも認めていてネット番組で話している。【酩酊状態の証明】

これは都ホテルの動画、タクシードライバーの証言も証拠提出。

∪行為を認めている。二人のメール並び、月間hanadaの手記の提出。

これで準強姦罪の立証要件が揃いました。

そして、裁判に提出されている証拠と陳述書から新たに明らかに成ってきた事。

性行為の時間が午前2時と5時の二回行われた事。

前日の午後11時半にホテルにチェックインした後、連れ込まれた部屋で
数回嘔吐し、その上で熟睡する程の泥酔した人間が僅か2時間で
正常な判断が出来るほどに回復するなど、医学的にも有り得ないと言う事でした。

せ躾イ気鵑、受診した事件当日の医院、傷や膝の怪我の診断書、
強度のPTSDである診断書も証拠として出されています。

テ芦茲凌憑性を高める上で、第三者の意見として動画を確認した旭川医学大学の清水教授

『原告は自立歩行が困難な状態であり、タクシーから引きずり出された後、立居でふらつくのを支えられ
無理やり引っ張られるようにして歩行しているのが見て取れます。歩行の途中で膝が抜けるように崩れ落ちるのを、上半身を引きずり上げられ引っ張られるように歩行している様子が観察されます。

山口大学の藤宮教授

『原告は千鳥足で前後にふらふらして足元がおぼつかない状態で被告が抱えるようにしてホテルに入っていく様子やロビーを歩く様子が認められた』と証言しています。

又、山口さん自身がメール及び手記で話してきた内容が矛盾点が多く
最初の弁護士により提出した陳述書を何度も修正しています。

さて、これらの現実を受け止めた上での議論をお願いいたします。







コメント(218)

内柴の被害者は酩酊状態から短時間で目が覚めて抵抗してるけどな
カラオケからホテルまでたった50メートル
>>[177]

そのアルコールの分解速度をそのままそっくり山口に当てはめてみろよ
伊藤が2合しか飲んでないなら山口は5合以上飲んでることになるわww
>>[178]

>2合しか飲んでないが大前提
伊藤ですら3合以上飲んでないとは言ってない
覚えてないだけ <

成るほどw

では、この表にて計算してみましょう。

http://hangover.hajime123.net/06.html

とよかつでのビール2杯150ml、シソサワー200ml、ワイン一升瓶の三分の一
600ml。

そして日本酒3合。

結果は、強度の酩酊状態でアルコールが抜けるまで20時間・・・だそうです。

もっと飲んでる可能性があるそうですね。
https://macaro-ni.jp/32685
これからご紹介する分解時間の目安は、お酒に弱い体質で、体重が60kgの場合で計算しています。



ふざけんなよてめえこら!
>>[183]

いったい何を問題にしているの?

PTSDに成っている被害者がいます。

それはどうしてなのか?

そこを無視しているのは何故なのか??

それが安倍政権の暴走を隠すためなんでしょうという事ですよ。
新潮によると伊藤はワイン3本空けても平気みたいだな
1本750mlで計算してみたらいいんじゃねえの
で、山口は日本酒5合以上飲んだと
こっちも分解速度計算してみたらいいんじゃね
結局都合の悪い指摘はスルー
:飲酒酩酊はすぐ回復しないと言うが、内柴の被害者は酷い酩酊から短時間で回復して抵抗している
:2軒目の店の証言だと2人で7〜8合の日本酒を飲んだとあるので、伊藤が飲んでないなら山口が飲んだ事になるが、その山口は潰れるどころかほとんど寝てない
:伊藤はドラッグ飲んでトイレで一旦意識を失って倒れるが、何故か意識を取り戻して自分でタクシー乗って山口と会話
:少量の酒とドラッグでなぜか嘔吐


伊藤はとんでもなく酒が強いみたいだから、とよかつで大量に酒を飲んでた方がむしろ辻褄が合う
で、2軒目でも自分は強いから大丈夫だと過信して飲み過ぎて嘔吐酩酊し、ホテルの部屋に入ったあとは内柴の被害者のように回復
とんでもなく強いなら回復だってとんでもなく早いだろう
181で出されてる計算機でも強い弱いで分解までの時間が違うんだからな
>>[187]

>結局都合の悪い指摘はスルー <

安倍応援団って皆 本当にそうですよね。

強度のPTSDに成ってしまったと言う被害の現実を無視して、未だにハニトラだとか言う輩って人として如何なんでしょうか?

誰一人、この診断書が出されている被害者の深刻な状況など
ちゃんと考えられないのでしょうね。

さて、真実を踏まえて お勉強の時間です。

>:飲酒酩酊はすぐ回復しないと言うが、内柴の被害者は酷い酩酊から短時間で回復して抵抗している <

これ、何の根拠で話していますか?

被害者女性は詩織さんと同じで酩酊し、記憶が戻った時に性行為をされたと
主張しています。勿論酩酊状態での性行為で、その痛み等で気がつく事は
有りますが、回復したとは言いません。

どの位の時間経過で、どれだけ回復したと誰が言ってるんでしょうか?
まさか、加害者の一方的な言い訳ではないですよね。

それに告訴を取りやめた、別人の強姦での会話と勘違いしてませんかね?

>:2軒目の店の証言だと2人で7〜8合の日本酒を飲んだとあるので、伊藤が飲んでないなら山口が飲んだ事になるが、その山口は潰れるどころかほとんど寝てない <

飲んだ量も本当の事なのか?

領収書も無ければレシートも有りません。
顔見知りの店で多く飲んだことにしてくれなんて言える間柄の店ですよね。

まあ可能性として、バイアグラを飲んででも性欲を満たしたかったのかもしれませんが・・・

では明らかに成ってて、応援団がスルーしている問題点を見ていきます。

◎仕事の話があるなんて酩酊状態の女性に言う。(タクシー運転手の証言)

◎恵比寿から自宅が近いことを知りながら神奈川県だと嘘をつく。(動画)

◎やらなければなら無い仕事があると言いながら、実際に裁判に提出した
陳述書では、メールなどの確認であって締め切り時間が有るような事ではなかった。

自宅に送る事が時間的にも十分可能だったんですよ。

◎泥酔状態で嘔吐している被害者とした中で、僅か2時間後に性行為を
した事を陳述書で書いている。

医学的にもそれほどの時間で、性行為の合意を出来るはずが無く
この時点でこの性行為は無意識の中での準強姦行為と成る。

>:伊藤はドラッグ飲んでトイレで一旦意識を失って倒れるが、何故か意識を取り戻して自分でタクシー乗って山口と会話 <

詩織さんは既に記憶を無くしている状態。
ドラックを飲まされて出る状態と言うほうが納得できる。

>:少量の酒とドラッグでなぜか嘔吐 <

何故って???

お酒に混入された場合は即効性と効果が各段に上がり、嘔吐を繰り返し
死に至る危険性も指摘されている。

何処が不思議なんですかね?

>伊藤はとんでもなく酒が強いみたいだから、とよかつで大量に酒を飲んでた方がむしろ辻褄が合う <

其れは根拠の無い主観です。

>で、2軒目でも自分は強いから大丈夫だと過信して飲み過ぎて嘔吐酩酊し、ホテルの部屋に入ったあとは内柴の被害者のように回復
とんでもなく強いなら回復だってとんでもなく早いだろう <

そんな人間は存在しませんよ。
いたら、アベンジャーズにスカウトされますw
>>[192]
https://www.suntory.co.jp/arp/drunk/

酩酊期
千鳥足になる。
呼吸が早くなる。
吐き気嘔吐を繰り返す。

泥酔期
まともに立てない。
意識がはっきりしない。
言語がめちゃめちゃになる。

タクシードライバーや動画などから、しおりは酩酊期にあたる。

結局、安倍応援団は人として間違ってるという事を証明してくれました。

強度のPTSDにまで苦しめられている現実に関してはスルーで
論破された無意味なコメントばかりを繰り返す。

現実離れしたコメント、無意味なコメントばかりが続いています。

いつ、現実を受け止める方がまともなコメントをしてくるのか??

そんなに難しい話なんでしょうかね?
>>[195]
まず誹謗中傷やめてもらえませんか?(笑)
PTSDイコールレイプとはならない。
>>[197]

>誹謗中傷やめてもらえませんか<

それを止めなかった貴方がどうして人のことを言えるの?
セカンドレイプを繰り返してきた非人道的行為。

猛省して下さいね。

>PTSDイコールレイプとはならない。<

その性行為を境に強度のPTSDと成ったのですから
レイプ以外に無いのですよ。

他に成る理由が有れば聞かせてください。
予想通りのセカンドレイプ…

Sさんにおいては、このトピに書き込みは禁止します。
>>[187]
> :飲酒酩酊はすぐ回復しないと言うが、内柴の被害者は酷い酩酊から短時間で回復して抵抗している

抵抗されたからこそ
「テレビの音量を上げ、被害者の口を塞いだ」わけですからね。
それなのに残念ながら悲鳴も聞かれた上に、ドアノックもされちゃったとw
ホテルはホテルでも「合宿の宿泊先」でしょうからね。
ラブホにでも連れ込んだと思ってる人も居るかもしれませんがね。

> :2軒目の店の証言だと2人で7〜8合の日本酒を飲んだとあるので

「高輪署の聞き取り結果」ですから事実でないとは考えにくいですね。
あの御用新聞の産経が、性犯罪について記事を書いています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000549-san-soci

【「裁判所は私を守ってくれない」。裁判所が容疑者や被告の身柄拘束を解く基準を緩和する傾向を強めていることで、被害者の間では、報復に対する恐怖や不安を訴える声が上がっている。特に女性の心身に重いダメージを与える性犯罪では、被害者が裁判所への不信感から被害届を取り下げ、事件が潰れるなどの深刻な事態も起きている。(大竹直樹、入澤亮輔、北野裕子)

大阪府内に住む20代女性は昨秋、自宅マンションの通路で見知らぬ男に背後から口をふさがれるなどの被害に遭った。約1カ月後、男は強制わいせつ未遂容疑で府警に逮捕された。大阪地検は勾留請求したが、大阪地裁は却下。「逃亡や証拠隠滅の恐れは否定できないが、被害者と接触しないことを誓約していることなどから勾留の必要性はない」として地検の準抗告は棄却された。逮捕から2日後、男は釈放された(その後、在宅起訴)。

 「私の被害って大したことないんだなと思った」

 女性は釈放を聞かされ、そう感じた。それと同時に男に逆恨みされないかとの恐怖が急にこみ上げてきた。それ以降、家族に駅までの送り迎えを頼み、外から自室の様子が見えないよう厚手のカーテンに替えた。釈放される際、男が裁判所に提出した誓約書には「女性の最寄り駅を利用しない」と記されていたが、最寄り駅はターミナル駅で、男は隣接する市に住んでいた。女性は「裁判所は私を守ってくれない」と感じ、一時は被害届の取り下げも考えたという。

 証拠が少ないケースが多い性犯罪では、被害者の証言が立証の大きなウエートを占める。ある地検幹部は「勾留が却下されたことで心を痛め、証言を拒否したり、被害届を取り下げたりする被害者は少なくない」と話す。

■複数前科あっても

 再犯率の高い性犯罪。複数の前科があったり、否認したりしていても、痴漢や盗撮といった迷惑防止条例違反事件では近年、勾留されることはほとんどないという。

 昨年10月、大阪府内に住む女子高生は、駅のエスカレーターで、3日連続で男(38)にスカート内を盗撮された。府警が防犯カメラを解析したところ、男は約3カ月間、この生徒を追い回していた。

 女子高生の母親は「娘は事件後、髪形を変え、男性に対する嫌悪感が残っている」と被害の「後遺症」を訴える。男は同様の事件で2度罰金刑を受けていたが、勾留請求は地裁に却下され、逮捕から2日で釈放された。母親は「犯人の人権が守られすぎているのでは」と苦言を呈した。

 女子高生の長女が電車内で痴漢被害に遭ったという父親(51)は「裁判所も釈放するなら犯人を管理することをしてほしい」と話す。長女は事件後、通学路を変え、家族も自宅から徒歩10分の距離に住む犯人の動向に気をもむ日々が続く。父親は「被害者保護の観点に立った施策が必要ではないか」と指摘する。

■「新居に住めない」

 東京都内に住む中学生の女子生徒は小学校低学年のころ、近所に住む20代の大学生の男に何度も自宅に連れ込まれ、性的暴行を受けた。男は数年後、強姦(ごうかん)未遂容疑で逮捕されたが、処分保留で釈放された。女子生徒は被害後、しばらく誰にも打ち明けられず、被害を訴えた時には日時を特定することが難しくなっていたためだ。

 男は在宅起訴され、東京地裁で昨年、強制わいせつ罪で懲役2年の実刑判決を受けたが、東京高裁に控訴し、今も裁判が続いている。いったん釈放されたため、実刑判決を受けながら今も同じ自宅に住んでいるという。

 事件後、女子生徒と母親は心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症した。加害者宅に近い購入したばかりのマイホームには住めなくなり、今もローンを払い続けながら、自宅から離れた場所にアパートを借りて住んでいる。加害者が恐ろしく、大好きだった自宅に戻ることができない女子生徒は声を振り絞るように言う。「ずっと刑務所に入っていてほしい。せめて東京から出て行ってほしい」

 母親は「私の子供に怖い思いをさせた性犯罪者を野放しにした。加害者の人権ばかりを守る日本の裁判所は明らかに間違っている」と憤る。】・・・・長い 引用終了。

ただでさえ性犯罪は証拠が少なく訴えることが難しいし、証拠が有っても隠したい事件として
警察に行くのを躊躇う事が圧倒的に多いため、日本は性犯罪天国のような犯罪者が野放し状態です。

それなのに、このように簡単に釈放すると被害者家族がさらに追いつめられる・・
なんなんでしょうね?この国の司法って?

理不尽さだけが大きく感じられます。


>>[203]

>それなのに、このように簡単に釈放すると被害者家族がさらに追いつめられる・・
なんなんでしょうね?この国の司法って?

その点はもっともなのだが、一方、逆のケースも存在する。
たとえば、以下にそういう一例が書かれている。

 http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col1345.htm

こういうように物的証拠が存在せず被害者側の「主張」のみが存在するようなケースにおいて、「被害者と名乗る者の証言が一方的に信用されていいのだろうか?」という問題が存在する。
結局、被害者への配慮と加害者への配慮のトレードオフにならざるを得ない。

ついでに言わせてもらうと、記事に出てくるケースはかなり重いものであるが、それでも勾留されていない。
それに比べて、伊藤詩織のケースは「藪の中」的要素が強いのに、あなたたちは「逮捕・勾留して調べろ」と言っているのだが…。
>>[204]

>それに比べて、伊藤詩織のケースは「藪の中」的要素が強いのに、あなたたちは「逮捕・勾留して調べろ」と言っているのだが…。<

将棋で言えば、この事件は詰んでいるのです。

準強姦罪と言う犯罪要綱が揃っている。

闇の中であると言うのは密室においての合意が争われる強姦罪であれば
まだ筋が悪いが争える要素が残ります。

準強姦罪では、加害者が必ず言う合意があったという言い訳が
自白として性行為を行った証拠に成るんです。

そして酩酊状態の証明が証人、動画、そして山口さん自らが
認めちゃってる。

それ以上の証拠は有りません。

逮捕して家宅捜査として調べるのは、ホテルの性行為を行ってる際に
不自然に棚に置かれ、そのカメラの向きがベットに向いていた。

そのっどうがの確認と、余罪として性犯罪者が集めている可能性のある
他の被害者の下着などのお土産等が有るのか??

そして直接事情徴収をし、何度も主張を変えてきた矛盾点を
追求し自白させる事でしょう。

メールと、HANADAの手記、そして動画でのコメント。
多くの矛盾をこれまで多々上げて来ました。

羅列すれば10できかない矛盾した話ばかりです。
其れを何故、応援団の皆さんは無視するんでしょうか?

履歴書を渡してる相手だから詩織さんの住所を知ってるはずです。
それなのに神奈川県だから・・と嘘を言っています。

住所を知らないと言うならまだ判るんですがね。

どうして技と近くに住んでいる詩織さんの住所を神奈川県だと
発言する必要が有るんでしょうか?

酩酊して駅に降ろせば鬼だと言われるからホテルに連れて行った。
午後11時までにしなければ成らない仕事があって神奈川県にまで
遅れないといった。

でも仕事のことも、締め切りの無いメールの確認。
住所は2駅程度の原宿の近く。

乗り込んだ際には喋れてたのですから、タクシーで送れたんですよ。

この現実を如何考えますか?
準強姦事件のPTSD発症で苦しむ中、其れにも負けずに頑張って仕事をしている
詩織さんらしいニュースが飛び込んで来ました。

https://www.danro.bar/article/12349951

【ジャーナリストの伊藤詩織さんが、新作ドキュメンタリー映画『ユーパロのミチ』を撮影中です。舞台は、北海道の夕張。日本一の高齢化・財政破綻・人口減少で知られる街です。性被害の告発で多くの人に知られることになった伊藤さんですが、じつは2015年から夕張を取材してきました。

美容院を切り盛りする女性や元炭鉱夫、前夕張市長などとの交流を主軸に、短いニュース報道だけは知ることのできない夕張の実像を描いています。撮影は、今年の秋まで続けられる予定で、今、追い込み作業中です。】・・・引用終了。

もう直ぐ民事裁判の判決も出て行きます。
真っ当な仕事をしている姿に安心できた良いニュースでした。

>>[206]

もうすぐ判決が出る、と報道されてますか?

7月に口頭弁論の予定はあるが、
反訴状を読み上げるだけかも知れません。
>>[205]

>そして酩酊状態の証明が証人、動画、そして山口さん自らが
認めちゃってる。

山口はそう認めていない。

しかも、「酩酊状態」と説明しても理解できないようだから、簡単に申し上げる。

  酔っていても「歩けていた」のであれば、意識のある可能性がある。
  そして、意識があったのであれば準強姦罪は成り立たない(そういう
  可能性がある)。

タクシー運転手はまさに「歩いて動いていた」と証言している。
これは、伊藤側の藪医者の証言など全部を跳ねのける力を持っていて、「歩いて動けていたのならば意識があった可能性があった」ということを証明していることになる。
伊藤側の証言自身が「伊藤に意識があったこと」を証明していることなる。

さらに、意識がなかった場合でさえ、酔っぱらいが昨日のことを覚えていないのに普通に行動していたというように、酔った伊藤の側から誘ったり伊藤の側がOKを出したりしたことを伊藤自身が覚えていない可能性もある。

あなたたちは、運転手の余計な証言たった一つについて考察しただけでも、二重に苦しい状態にある。
なぜ、ごねられるのだろうか?
>>[207]

>もうすぐ判決が出る、と報道されてますか? <

「もう直ぐ民事裁判の判決も出て行きます」というのは
長い5年間の告訴から考えての数か月後という意味でその言葉を使いました。

実際にはまだ数か月は判決は出ないでしょう。

>7月に口頭弁論の予定はあるが、
反訴状を読み上げるだけかも知れません。 <

詩織さん側は恐らく、証人を呼んで証言してもらうと思います。

傍聴人が入れる事に成るので、そこでホテルでの動画も
流されるんじゃないかと期待しています。
>>[192]に関しては、流石の改さんでも、まともな反論は出来ないようですね。

◎仕事の話があるなんて酩酊状態の女性に言う。(タクシー運転手の証言)

◎恵比寿から自宅が近いことを知りながら神奈川県だと嘘をつく。(動画)

◎やらなければなら無い仕事があると言いながら、実際に裁判に提出した
陳述書では、メールなどの確認であって締め切り時間が有るような事ではなかった。

自宅に送る事が時間的にも十分可能だった。

◎泥酔状態で嘔吐している被害者とした中で、僅か2時間後に性行為を
した事を陳述書で書いている。

これだけの事実が有って、嘘ばかりの供述をしている。擁護のしようが無いですね。

さて、性犯罪に対しての司法の判断が可笑しくなっていることを
専門家の皆さんがシンポジウムを開き4つの事件の異常性を説明しています。

https://mainichi.jp/articles/20190510/k00/00m/040/173000c

この司法の判断が、詩織さん事件の不起訴と結びつくとは思えませんが
行政である検察の判断と、司法の判断共に性犯罪に対して加害者の事
を重視してしまっている事。

そんな性犯罪天国に役所が後押しいている現状だと言われても
仕方が無いような状況に成っています。
昨日も又、性犯罪事件の報道がありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190513-00000022-ann-soci

【東京・豊島区のカラオケ店で女性に睡眠薬を入れた酒を飲ませ、ホテルに連れ込んで乱暴したとして無職の50歳の男が逮捕されました。

 今田孝司容疑者は3月、豊島区のカラオケ店で知人の20代の女性に睡眠薬を入れた酒を飲ませて意識を失わせたうえ、ホテルに連れ込んで乱暴した疑いが持たれています。警視庁によりますと、今田容疑者は女性が席を外した隙に酒に睡眠薬を入れたとみられています。

女性が目を覚ましてホテルから逃げ出した後も、今田容疑者は数日間にわたってSNSで「無視していると動画を売るぞ」などと脅迫し続けたということです。取り調べに対して「間違いありません」などと容疑を認めています。 】

何が決めてなのか?薬物検査を直ぐにしたのか?
詳細はわかりませんが・・・

脅しに使った動画の存在なのでしょう。

この方法しか無かったと・・・50代の男性が20代の女性を襲う。
酷い性犯罪が起きる国に成っています。
東京新聞でもデートレイプドラックを使用したとみられる
被害者女性の記事が掲載されています。

これも応援団の人たちから見ればハニトラ!?に映るのか?
安倍様に関係ないから、被害者の言い分をちゃんと聞けるのかは
伺ってみたいところですね。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201905/CK2019051302000114.html


【 「電話をください」。今年一月、女性のもとにメールが突然届いた。送り主は、十年以上前に職場で知り合った同業種の六十代男性。二人だけで会ったことはなく、最後に顔を合わせたのは五年も前だった。電話すると、「起業する意思があれば顧客を紹介する」と言われ、数日後、飲食店で落ち合った。

 男性の話は女性にメリットが多く、打ち合わせをしながら二軒目のバーへ。酒には強い方だったが、ビール二杯を飲んだ後、記憶がぷっつりと途絶えた。

 翌朝に気付くと、男性と裸で一緒にホテルのベッドに寝ていた。硬直していた体は次第に動くようになり、急いで服を着てタクシーに飛び乗った。

 最初は動転し、何があったかも分からなかったが、どう考えてもおかしい。席を立ったすきに、飲み物に何か薬を入れられたのでは−。「私は性被害に遭ったんだ」。そう気付いたという。

 警察や病院に行くことも考えたが、男性警察官から根掘り葉掘り聞かれた性被害者の報道を思い出し、足がすくんだ。あいまいな記憶を説明しても立証は難しいように感じられ、とにかく「忘れたい」と普段通りに出勤し、忙しさで不安を埋めた。

 だが、心に刻まれた傷は深い。背後に男性がいると恐怖を覚える。突然気持ちが落ち込んで「死にたい」と思う。「人生を汚されてしまった自分」と友人の間には壁ができた。被害者の自分を責めては「私は悪くない」と必死に思い直す。

 性犯罪が報じられると、被害者がネットなどで批判される二次被害もある。「警察などに訴えるべきだけど、性犯罪の被害者だと、人から思われたくない。忘れる方が楽だと思ってしまう」と殻に閉じこもった。

 それでも女性は「なかったことにできない」と本紙にメールを送った。勇気を振り絞って証言したのは、「次の被害を防げるかもしれない。性犯罪を助長したくない」との願いからだった。】・・・引用終了。

これも詩織さん事件とほとんど同じような事件です。
ただ、証拠や動画が詩織さんほど揃うことは無いでしょう。

【レイプドラッグに詳しい旭川医科大の清水恵子教授は、アルコールと一緒に飲むと効果が増強し、「ビール一杯と睡眠薬一錠でも記憶を失う」と指摘する。「記憶がない体験は、薬物を投与された可能性を示す。被害者は一刻も早く、警察などの外部機関に相談を」】

もし被害にあった場合は、一刻も早く誰かに相談し、医師の診察を受ける。
それが詩織さん事件以降の教訓なんですが、現実には難しいのですね。



明日、16日午後10時からのNHKクローズアップ現代では

『性暴力 無罪判決の波紋』と銘打って安倍政権下での司法が
異常な判決を出し続けて居る状況を捉えて、放送する予定です。

余り安倍様のNHKには過度の期待はしていませんが・・・・

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4281/index.html?1557740834

詩織さんの事件も取り上げているのですが、加害者のことは全く
触れなかった実績もあります。

「魂の殺人」と言われる性暴力被害者の声を伝える。と言うからには
どこまでこの異常さを報道できるのか?

確認しなければ成りません。
>>[213]

>余り安倍様のNHKには過度の期待はしていませんが・・・・
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4281/index.html?1557740834

犯罪についての見方が一方的過ぎると思う。

基準を緩めると、以下のような冤罪事件が多発するようになることを忘れているようだ。

 https://digital.asahi.com/articles/ASM184FS0M18PTIL019.html
 >「友人も仕事も失った、戻れない」強姦冤罪の男性の失望

上の事件にも「藪の中」的な複雑な背景があり(以下参照)、どちらの言っていることが本当の真実なのかは神仏のみぞ知りえることだ(PTSDの発症原因などについても)。
それなのに、裁判官や検察官が一方的に女性の言うことを信じたことが冤罪の一因となっている。

 https://bunshun.jp/articles/-/10454



「桃園」の下で固い誓いを立てた漢同士の約束のようなものがあるのでここには書かないつもりだったのだが(笑)、一方的なあなたの意見を見てつい指摘してしまった。(すまない、同士諸君よ_O_。)
>>[214]

>犯罪についての見方が一方的過ぎると思う。<

そう思うのは勝手ですが、私ほど冷静に分析してコメントしているのが
現実なんですよ。

>基準を緩めると、以下のような冤罪事件が多発するようになることを忘れているようだ。<

勿論、冤罪を起こすようないい加減な捜査と証拠で、起訴をし
裁判で有罪にしてはいけません。

 >上の事件にも「藪の中」的な複雑な背景があり(以下参照)、どちらの言っていることが本当の真実なのかは神仏のみぞ知りえることだ(PTSDの発症原因などについても)。<

PTSDが、一つの事件に因って起こされていると言う現実が有れば
その日に起きた事件が要因だと分析されます。

其れが途方も無い被害者の苦しみを引き起こす事件であり
到底合意などが有っての行為に成りえませんよね。

>それなのに、裁判官や検察官が一方的に女性の言うことを信じたことが冤罪の一因となっている。

 https://bunshun.jp/articles/-/10454<

痴漢行為も含め、その被害者の主張だけでは犯罪としてはいけないのですよ。

証拠と証人の証言、それらをすべて含めた上で、行政の検察が起訴し
司法の裁判官が真っ当な忖度の無い判断で判決を行う。

>「桃園」の下で固い誓いを立てた漢同士の約束のようなものがあるのでここには書かないつもりだったのだが(笑)、一方的なあなたの意見を見てつい指摘してしまった。(すまない、同士諸君よ_O_。)<

なるほどねw

完全論破されて、ここでは書いても無駄だという安倍応援団の同士が
今度はコメントを干して書かないように誓い合ったw

それこそ、論戦においての惨めな負けっぷりでしょうね。

勿論、詩織さんへの誹謗中傷を目的としたセカンドレイプしか出来ないのなら
その方が、私としては助かります。

これから、裁判で真実がより一層見えていきます。

安倍応援団の嘘が明らかに成っていく以上、尚更ですが
出鱈目を書けないと思いますよ。

私はこれからも、真相を書き続けていきます。
>>[215]

>https://bunshun.jp/articles/-/10454
>>PTSDが、一つの事件に因って起こされていると言う現実が有れば
その日に起きた事件が要因だと分析されます。

上記URLからは、「『強姦された』と嘘の訴えを起こしたことの後ろめたさから精神に異常をきたした」ということになるはずだ。
同様に、伊藤詩織も嘘の告発をして世間に叩かれたために、精神に異常をきたしたのだろう。
伊藤の側のPTSDを主張するのであれば、犯人と名指しされた山口をポリグラフにかけた結果が「白」であったという報道があるが、それを無視することが出来なくなるはずだ。



>基準を緩めると、以下のような冤罪事件が多発するようになることを忘れているようだ。
>>勿論、冤罪を起こすようないい加減な捜査と証拠で、起訴をし
裁判で有罪にしてはいけません。

上記URLの事件は伊藤の事件よりも証拠があるが、それでも冤罪になっている。

 1)証人の数が、本人、兄弟、伯母というように3人もいた。
  (伊藤の事件の直接の証人は伊藤だけと言える。)
 2)証人たちの言葉から、「前科(もどき)」が存在した。
  (伊藤の事件の場合は、前科はない)

伊藤の場合は、普通の日本人女性の場合ならば警察に相手にされないケースだ。
あなたたちがこの事件だけを「ごり押し」をしているのは、非常にうさんくさい。
>>[216]

>上記URLからは、「『強姦された』と嘘の訴えを起こしたことの後ろめたさから精神に異常をきたした」ということになるはずだ。<

成りませんよ。

後ろめたいのは加害者である山口さんだと思いますが、
彼がPTSDに成ってるとは思いません。

>同様に、伊藤詩織も嘘の告発をして世間に叩かれたために、精神に異常をきたしたのだろう。<

嘘をついてるのが山口さんである事を、何度も示していますが
何故、貴方は認めることが出来ないんですか?

もう一度ききますが、答えれないでしょう。

◎仕事の話があるなんて酩酊状態の女性に言う。(タクシー運転手の証言)

◎恵比寿から自宅が近いことを知りながら神奈川県だと嘘をつく。(動画)

◎やらなければなら無い仕事があると言いながら、実際に裁判に提出した
陳述書では、メールなどの確認であって締め切り時間が有るような事ではなかった。

自宅に送る事が時間的にも十分可能だった。

◎泥酔状態で嘔吐している被害者とした中で、僅か2時間後に性行為を
した事を陳述書で書いている。

これら全てが準強姦事件として嘘をついてる現実があるんですよ。


>伊藤の側のPTSDを主張するのであれば、犯人と名指しされた山口をポリグラフにかけた結果が「白」であったという報道があるが、それを無視することが出来なくなるはずだ。<

其れ、デマでは無いですか?

ちゃんとした警察が捜査して発表していると言うソースを
提示してみてください。

>上記URLの事件は伊藤の事件よりも証拠があるが、それでも冤罪になっている。<

何処がこの事件で詩織さんの事件お証拠よりも多いと言う
事がいえるんです?

> 1)証人の数が、本人、兄弟、伯母というように3人もいた。
  (伊藤の事件の直接の証人は伊藤だけと言える。)<

身内で、様々な私事情が有る人たちの証言でしかない。

証拠がこれ程度の証言だけであれば、山口さんのような著名人では
逮捕も起訴もされなかったでしょう。

詩織さんの場合、全く関係のない第三者の証言と其れを補強する動画
そして、山口さん自分自らが墓穴を彫るようなメールや手記などが
決定的な証拠となっている。

>伊藤の場合は、普通の日本人女性の場合ならば警察に相手にされないケースだ。
あなたたちがこの事件だけを「ごり押し」をしているのは、非常にうさんくさい。 <

これだけ胡散臭い、権力の介入が有る事件も無いですね。
>>[217]

>https://bunshun.jp/articles/-/10454
>>身内で、様々な私事情が有る人たちの証言でしかない。

普通、身内は犯人を庇うから証人とされないのだが、この場合は逆に身内が犯人を有罪にする側に証言している。
こういう逆方向の証言は証拠の価値が高い。

 1)上記URLのケースについては証人が、本人、兄弟、伯母というように
   3人もいた。(伊藤の事件の直接の証人は伊藤だけと言える。)
 2)証人たちの言葉から、「前科(もどき)」が存在した。
  (伊藤の事件の場合は、前科はない。)

伊藤の事件の方が証拠能力は低いことになる。

あなたは知らないようだから教えておいてあげるが、検察側・被告人側の双方が証人一人ずつの場合、片方の証人の証言を特別に優遇することは行われない。
そういうことは、例えば交通事犯についての裁判を見れば「一人の警官と一人の違反者が言い争った場合」などで確認することができる。
ところが、痴漢冤罪裁判などにおいては、そうは言ってもそれならばほとんどの痴漢が有罪を免れてしまうことになるから、そういう裁判だけ特別に反対尋問を経た上で被害者側の証言に重みを置く傾向が強い。
しかし、それさえも冤罪事件を多量に産んだために、判決の出し方が反省されるようになって来ている。
「そういう特殊な裁判のやり方を他の犯罪類型にも広げて適用せよ」と主張すること自体が、まずは、無理なのだが。



>上記URLからは、「『強姦された』と嘘の訴えを起こしたことの後ろめたさから精神に異常をきたした」ということになるはずだ。
>>成りませんよ。

証拠をお願いする。
伊藤が嘘をついていないという証拠がない。
あなたには、冒頭URLのケースと同じような「被害者伊藤の言っていることは正しいはずだ」という予断しか存在していない。

伊藤の事件の場合は、自宅にいるところを無理に襲われたのではなく、酒と料理を奢られた後、タクシーでホテルに入って行くところを見られて証言されている。
つまり、「男女に普通に起こりえることが起こっただけと推定される可能性が高く」また「歩いていたのだから、同意できるだけの意識があった可能性がある」と証言されているのと同じだ。



>◎仕事の話があるなんて酩酊状態の女性に言う。(タクシー運転手の証言)

伊藤は「駅で降りる」などと話していたのだから、意識がない状態ではない。
別に、山口がそう話しかけてもおかしくはないはずだ。

>◎恵比寿から自宅が近いことを知りながら神奈川県だと嘘をつく。(動画)

山口には、都内の遠い場所まで伊藤をタクシーで送る義務があったのだろうか?
タクシー運転手に言えば「送ったらどうか」だのなんだの言われ、余計な時間と余計な料金が発生する。
断るやり取りも面倒くさい。
故に、運転手には「遠くだから」と適当に答えておけばいいだろう。

>◎泥酔状態で嘔吐している被害者とした中で、僅か2時間後に性行為を
した事を陳述書で書いている。

タクシー運転手のいう酩酊状態程度であれば、2,3時間で目が覚めることなどいくらでもある。
酔って前日のことを覚えていないときと、酔っていても前日の行動を思い出せるときがあることは、自分の体験からでも分かる。
だから、証明すべきは「酔いつぶれていて、肩を貸しても自分の足では立てなかった(本当にウンともスンとも言えない状態であった)」というレベルのことを証明しなくてはならないはずだ。



他の日本人女性が訴えた場合、警察は「藪の中」的として手を出さないケースのはずだ。
あなたたちは、なぜ、特別扱いを望むのだろうか?


P.S.
ポリグラフの話については、ネットに転がっているガセネタだったようだ。
(その点は、お詫びしよう)

ログインすると、残り186件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

mixi 政治かわら版 更新情報