ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 国民的な統一と協同の論理 > トピック一覧 > 【永岡浩一さんの通信】 MBS...

国民的な統一と協同の論理コミュの【永岡浩一さんの通信】 MBSラジオ ニュースなラヂオ(2019/2/25)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 徒抗争で大阪はどうなる?森裕之さんのお話、矢野さんの沖縄県民投票報告、福本さんのコメ報告

 永岡です、MBSラジオの、ニュースなラヂオ、第48回、今週も新聞うずみ火代表の矢野宏さんと、フリーアナウンサーの加藤夏海さんの司会で放送されました。矢野さん、沖縄取材を終えて昼過ぎに関西に帰られたところです。ニュースキャスターは上田崇順さんでした。
 安倍政権と官僚の腐敗に関して、報道するラジオの案内であったジャーナリストの平野幸夫さんがブログで指摘されています。
https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12442177806.html
 矢野さん、15時に沖縄から帰られて、22日夜に沖縄入り、晴れて、しかし23日は大雨、投票率に影響、盛り上がっていたかと言うとそうではない、県民投票のチラシは多くても、街宣車は少なく、賛成派=自公与党は運動せず静観であり、その中で反対43万は新基地に沖縄県民がNOを突き付けた。注目点は2つ、投票総数の1/4の29万票を反対が超えるか、どちらでもないは問題、しかし1/4を超えたら、安倍総理とトランプ大統領に通知しないとならない=1/4を超えた&去年の玉城氏の得票数をはるかに超えた。
 2つ目は投票率、50%以下だと賛成派が誹謗中傷するが、これはクリアして、一部で低い、知事選より10%低いが、自公は運動せずの中では50%超えはすごい、リスナーからも、投票率は知事選より低いのに、反対が玉城氏よりなぜ多かったのかと質問があり、矢野さん、これは意味が深い。
 沖縄の未来を担う若者たちが主導して、元山さんたちが頑張り、県民投票のために署名活動、ハンストもされて全県実施、元山さんは多くの人の投票に感謝、政府は民意を受けて埋め立てを辞めろ。
 辺野古は軟弱地盤だと政府は認めて、そもそも完成しない、水深90mに77000本の杭を打つのに2.5兆円以上税金の無駄遣い、元山さん、ウチナンチュは明確な反対をした、ヤマトンチュは動けと言われているのです!

 なお、辺野古埋め立てに15年、2.5兆円かかると野党は指摘していますが、私(永岡)はこれすら甘く、実質無限大、実現不可能と見ます、早い話、太平洋戦争で日本が勝つというのと同じで、安倍政権の連中は最後は神風が吹いて戦争に勝つ、この場合、最後はアメリカ、トランプ大統領が助けてくれると思っていると私は実感します。こういう手合いをサラリーマン時代に無数見ました、この国だと、合理的な思考をするものは出世せず、神風特攻隊のような考えを持つものが出世する恐ろしい現実があります。私は神戸製鋼にいた際に、到底成功しない計画を立てたバカが、批判したら目の前で「何かあったら会社が何とかしてくれる、竹やりでも頑張ればB29と戦える」と抜かしました、これを話してひっくり返らなかった人はいないのですが、安倍総理や菅長官を見たら全く同じで、この国が太平洋戦争直前と全く同じになっている危惧を感じます。

 ニュースピックアップ、上田さんの担当で、沖縄のニュース、一夜明けて、県民投票を終えて、反対>投票総数の7割、玉城知事は政府に辺野古工事を止めろと、対話に応じろと語り、玉城氏は3/1に安倍総理、アメリカ大使館に行く、日本政府とアメリカに対話に応じろとの声、8,9割完成しても反対するという声があり、賛成派も日米両政府は対話に応じろと、賛否よりまず対話、しかしでんでん総理は1+1=サルマタと、日本語にならないことを抜かしています。
 徒抗争のために、松井氏は公明党の選挙区に維新を立てると恫喝して、松井氏は徒抗争のためになりふり構わずであり、公明党は丁寧に議論しろと平行線、松井氏はダブル選挙+党と党の信頼関係破綻で公明党と仁義なき戦いです。

 特集は大阪徒抗争((c)吉富有治さん)、地方財政の専門家、立命館大学の森裕之さんのお話がありました。
 徒抗争のこと、今回は財政額の面から、しかしダブル選挙がある?というもので、徒抗争の住民投票をめぐり維新vs公明党の抗争、2015に僅差で否決、しかし徒抗争はまたぞろゾンビであり、半年後にダブル選挙で松井氏、吉村氏と維新が勝ち、二人は徒抗争の新たな設計図といい、公明党の協力を得て参院選時に住民投票→公明党は拒否、内ゲバ→自爆テロ、松井氏→市長、吉村氏→知事に立候補?で、徒抗争は大阪に何をもたらすか、バクチ場誘致や万博とのことで、森さんは徒抗争をウォッチされて、矢野さん、徒抗争はどんなものだと改めて問われて、森さん、大阪市廃止、単になくなるだけではなく、5つの特別区にバラバラにする、普通は小さな市になるが、これでは特別区、市町村より権限、お金も不利になり、東京23区と同じ特別区、しかしどこが不利か、大阪市の権限は、都市整備など強い+財源、税金も交付金も大きく、大阪市は関西の母なる都市で、関西、住民を支える。
 しかし、特別区になったら、権限、財源はなくなり大阪府のものになり、都にならず、大阪府のままで、仕組みは東京都に似ていても、全く異なり、「メリットは全くない」と森さん説かれて、大阪市は、市民の税金が府のために3/4吸い上げられる、市税の3/4が府の税金になり、市がなくなるというより、特別区の区民税はあってもごく一部、3/4は大阪府に吸い上げられて、かつての大阪市民にはマイナスのみ。
 吸い上げた税金を大阪府に戻すというものの、この額は府議会で決められて、府議会の議員は大阪全体の3割、矢野さん、徒抗争は二重行政廃止と問われて、森さん、二重行政はない、法定協議会の資料を見たら、野党は1億しか浮かないと指摘して、森さんの試算でmax3億、しかし今回は4000万円、大阪市にはゼロであり、大阪市にメリットなし、140億浮くのは、民営化、職員削減と市をなくすなど、効果はない。
 ところが、コストは、システム改修に520億かかる>改革の効果を出すのに520年かかる+ランキングコスト24億=永久に回収不可!特別区を作るものの、庁舎もいて、特別区は自治体で首長もいる、区役所の今のレベルではだめ、520億イニシャルコスト、ランニングコスト24億、維新の公約だからやるで、全く無駄!
 全くメリットなし、維新の実績のみ、リスナーより、徒抗争は前回の投票で終わり、なぜまたやるのかと質問があり、森さん、言った通り(泣)、矢野さん、2015年に30億かかったと説かれて、森さん、維新はラストチャンスと言っていたと説かれて、矢野さん、市の税金→府と確認されて、大阪の未来はどうか、矢野さん、万博誘致と徒抗争は関係あるかと問われて、森さん、関係ない、万博は大阪の政治の取り組みの成果かも知れないが、市を無くすのと関係ない。
 橋下氏、万博誘致で徒抗争は消えたと矢野さん問われて、森さん、大きなイベントを誘致するには、大阪府と市が協力した結果だが、府と市の対立は関係ない、万博は防災で問題で、府と市が対立してかまわない、沖縄と中央政府の対立で、沖縄を中央の直轄にする必要はなく、府と市でも同じ、不幸せではない。
 矢野さん、万博で市の財政を危惧されて、森さん、エライことになる、夢洲でやる案は後付け、花博や吹田でやるのが、新たに埋め立てが必要、土地なし、急速に埋め立て+地下鉄、上下水道に700億、大阪市が負担するが、会場の整備費1250億、国、財界、府と市が1/3ずつ、しかし膨らむ、東京オリンピックは最初7000億→3兆円を見たら明らか。
 矢野さん、需要なしと問われて、それを救うのがバクチと危惧されて、森さん、表向きはIRと言っても、8割バクチ=バクチに負けた人の寺銭であり、それでつけるもので、大阪市に収入は700億、大阪市は350億<地下鉄の株式売却(不透明)、2016年度の地下鉄の利益は400億を超えて、これを売る、他方バクチで350億は、地下鉄民営化しなかったら良かった、バクチは不透明+バクチに国の方針が出ておらず、業者も未定、地下鉄延伸は、万博ではなく、バクチ業者のため。
 リスナーより、徒抗争とバクチの関係性を問い、森さん、万博をする→カジノのと無関係ではなく、矢野さん、大阪の将来を問われて、森さん、財政破綻、有権者は二重行政を無くしてくれ、二重行政はWTCだが、夢洲に地下鉄、高層ビルが、維新の批判していたWTCと同じもの、批判していたものを作る。
 大阪では破綻で、つじつまは合わず、阿倍野再開発で4000億、2000億無駄遣い+夢洲開発=破綻、その上に、90年代は公共事業につかう→今は福祉&借金返済であり、バクチの負けをバクチで返す=財政破綻の危惧、事態はエライことになり、今一番お金のいる福祉を削るしかない、市民生活破綻、矢野さん、無意味な開発を危惧されて、加藤さん、水道管を取り換えるべきと説かれて、矢野さん、大阪市民はどうしたらいいか、森さん、住民投票をするもの、説明はされず市民には愚か議員も分からず、政党の駆け引きでゴリ押し、住民投票の後で、大阪市がなくなると2015年に知っていた人は少ないと、藤井聡さんも研究して、住民の理解なし、その中でスケジュールありきは、大阪市がなくなると決まり、こんなことを許してはいいのか、有権者には納得させるべきと説かれました。

 大阪府立高校の先生が長時間労働で適用障害、時間外労働>200時間で学校を提訴です。
 ベトナムでの、明後日からの米朝首脳会談、韓国は朝鮮戦争終結に期待と聯合ニュースは報じ、アメリカとDPRKのみでも韓国は歓迎する、文大統領は朝鮮戦争終結で経済発展を期待しています。
 大阪府警は地上で、配達の路上駐車を許可、人材不足で運送業界の養成で御堂筋にて集配の規制緩和、京都、兵庫ではあっても、大阪では初です。

 「10分で現代を解説」、福本晋悟さんによる最新コメ事情です。
 福本さん、先日スーパーのコメ売り場で、コシヒカリ、あきたこまちなど売られて、コシヒカリも各地で作り、矢野さんにどうしてお米を買うかと問われて、矢野さん、どれが安いか?(笑)、加藤さんは親戚から作り立てのものをもらい、福本さん、実家が農家で米を作り、農家を実家が辞めるまでコメを買ったことはなく、最新お米事情、毎年数%消費量は減り、パンは増えて、有名なのはコシヒカリ、作付面積で35%、ひとめぼれが2位、コシヒカリはどうやってできたか、大正時代から、東日本で一番おいしいのと、西日本ベストをミックスして、お米の交配によるもので、交配は近年増えて、ブランドコメ、全国で790種類あり、コシヒカリは新潟と富山のものを別にカウントして、美味しいかのランキング、2018年は151のコメをテストして、複数の産地でとれたコシヒカリブレンドを基準に、味、粘りなど6項目で評価して、味の評価は人がやるもので、毎年11〜2月に専門の評価員が試験して、採点して、2017年は151の中43がベスト、近畿のものもあり、2013年デビューの滋賀のみずかがみは特別A、滋賀県のウェブサイトで、確実な需要と書いてあり、これから作ると売れる、新しいブランド=売れる、全国で次々と出来て、宮城の伊達政宗にあやかった伊達正夢(笑)、仙台空港でお土産に売り、全国にヒット、2年連続ベスト、熊本県の熊さんの輝き、森のくまさんがあったが、2年連続ベスト、もっと新しいのは、富山県のふふふ?富富富、名前を覚えてもらうもので、お米はふるさと納税の返礼品になり、加藤さん山形県から買って美味しかったと言われて、福本さん、ベストのコメはホームページで大々的に宣伝される、ランキングは米業界にあり、しかし一人一人に好みがあり、好きなタイプを選ぶ時代であり、2018年のランキングは明日発表、どのお米も魅力的で、コメに込められた願いを(笑)福本さん報告されました。

 今週の特集、徒抗争、大阪はどうなる?であり、リスナーより、徒抗争は東京23区と比較してというものの、森さん、良くならない、東京都はお金持ち、豊かで、しかし23区の中で貧富の差があり、ところが大阪は府も市も財政は大変で、血みどろの争いになると説かれて、またWTCは10年前は何もなし、今は活気、大阪城は活気というものの、森さん、そうはいっても大阪は良くなっていると言われるものは、徒抗争と関係なく、公園を民営化、しかし公園の役割があり、大阪市、大阪府の役目があり、経済繁栄と徒抗争は無関係、今は大阪市があるから福祉などできて、権限、財政がなくなったらエライことだと説かれて、矢野さん、ダブル選挙があるかもと言うが、私物化と問われて、森さん、市長と知事の入れ替えは任期のため、しかし市民、府民のためではない、よほどのことがないとやってはいけないと締めくくられました、矢野さん、大阪市民以外も考えて欲しいと説かれました、以上、今週のニュースなラヂオでした、この内容、例によりいくらでも拡散してください!

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

国民的な統一と協同の論理 更新情報

国民的な統一と協同の論理のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済