ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 川崎フロンターレ☆P-i-B > トピック一覧 > 2019年シーズン展望(1)

川崎フロンターレ☆P-i-Bコミュの2019年シーズン展望(1)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2/16(土)、今シーズンもFUJI XEROX SUPER CUPから幕を開けます。
ふと考えたら、2018年シーズン終了から、トピックとして何の振り返りもしていなかったので、少しくらいは。

・補強と放出

2019年の補強と放出は以下の通り。

GK:藤嶋栄介<山口→川崎レンタル>
DF:マギーニョ<ヴィラ・ノヴァ(ビラノバ)(ブラジル2部)→川崎>
DF:ジェジエウ<パラナ・クルーベ(ブラジル1部) レンタル→川崎レンタル>
MF:山村和也<C大阪→川崎>
DF:馬渡和彰<広島→川崎>
FW:レアンドロ・ダミアン<インテルナシオナル→川崎>
MF:原田虹輝<昌平高→>

DF:板倉滉<仙台レンタル→マンチェスター・シティFC→FCフローニンゲン レンタル>
FW:赤崎秀平<川崎→名古屋レンタル>
DF:エドゥアルド<川崎→松本>
MF:三好康児<札幌レンタル→横浜FMレンタル>
DF:タビナス・ジェファーソン<川崎→FC岐阜レンタル>
GK:ポープ・ウィリアム<川崎→大分レンタル>
MF:森谷賢太郎<川崎→磐田>
MF:田坂祐介<川崎→千葉>
DF:武岡優斗<川崎→甲府>
DF:エウシーニョ<川崎→清水>

まず注目すべきは2点。
「昨年の弱点に対する補強」と「放出した選手に対する補強」。
昨年の弱点については後述しますので、ここでは放出した選手と補強。

一番大きい・・・というか、影響が大きいのはいわずもがなエウソンの放出です。
ちまたで言われている通り、本人にとっては意図しない、代理人の戦略上の事情で清水への移籍となったわけですが・・・ボクはそこまで悲観していません。

反論もあるとは思いますが、それを承知で言えば、昨年のエウソンの活躍には弱点も見え隠れしていたからです。
エウソンの攻撃参加と、守備の献身性は認めるところですが、走らされてからのエウソンの守備の危うさは何度もピンチを作っていました。
カウンターを受けて、必死に戻ってきたエウソンが裏をとられる場面・・・昨年も何度か観ましたね。ただ、攻撃を考えるとエウソンの貢献が上回って、エウソンをスタメンから外すというのは考えづらかった。
そういうところで、ここでエウソンをムリに外して、新しい形を作るのは、決して悪いことではない。
代役であった武岡や田坂も入れ替えて、右サイドを改良する方向にでた。

そこで、マギーニョ、馬渡の補強と、足元と体力に定評がある鈴木のコンバートなわけです。
マギーニョ、馬渡はそれぞれスピードやテクニックに定評があり、川崎へのフィットは未知数ながらも攻撃の形は見える。ただ、守備の貢献がいまいちなので、鈴木をコンバートして、守り切る場合の駒として使いたい。
それと前線の形に合わせる目的で、ダミアンという高さが加わったことで、クロスの質が高い馬渡が生かしやすいというところもあります。
どうしても川崎のSDFというとオーバーラップばかりがクローズアップされますが、今年は前線へのボールの共有パターンも増えてくると思われます。

それ以外には、エドゥの代わりにジェジエウ。森谷の代わりにユーティリティプレーヤーとして山村を加えて、ACLも考えてダミアンを入れた。

2列目は層が厚いですし、ボランチは大島や守田はじめ若手の台頭に期待して、いざとなったら山村も使える。左サイドは車屋とノボリの二枚看板、GKもソンリョンは万全。

十分といえる補強だったんじゃないかと思います。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

川崎フロンターレ☆P-i-B 更新情報

川崎フロンターレ☆P-i-Bのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済