ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 2019年 安部政権 対 中国共産党 > トピック一覧 > 韓国人・朝鮮人が必死で隠す歴史...

2019年 安部政権 対 中国共産党コミュの韓国人・朝鮮人が必死で隠す歴史的事実「高句麗と現代韓国朝鮮人も全く別人種」 | penguinのブログ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


韓国人・朝鮮人が必死で隠す歴史的事実「高句麗と現代韓国朝鮮人も全く別人種」 | penguinのブログ

https://www.google.com/amp/s/gamp.ameblo.jp/michiru619/entry-11757498983.html



韓国人・朝鮮人が必死で隠す歴史的事実「高句麗と現代韓国朝鮮人も全く別人種」

テーマ: 朝鮮半島・朝鮮民族の本当の歴史
2014-01-25 14:36.00



【質問】『「我々韓国人は高句麗人(フヨ族)の子孫だ。高句麗は韓国人が建国した国だ」と主張していますが、 これは事実でしょうか?』

【回答】 完全なウソです。韓国人の作り話です。韓国人と高句麗人はまったく別種の民族です。



高句麗人は古代の満州地方に住んでいた 遊牧民族=フヨ族の一派ですが、韓国人=朝鮮人の先祖は、古代半島の東北部、いわゆる中国領・楽浪郡の東部地方(日本海沿岸地方)に 住んでいたユウロウ族です。

狩猟民族=ユウロウ族の子孫が現在の韓国人です。


このユウロウ族はシベリア奥地の山岳部から半島東北部に移住してきた民族です。

満州地方に住んでいた遊牧民である高句麗人(フヨ族)とは何の関係もありません。


強いて関連付けるならば、一時期、フヨ族がワイ族を支配化に置いていたこと、くらいです。

では、高句麗人の子孫にあたる民族とはどのような民族なのか。それは女真族(満州族)です。

高句麗が唐によって滅ぼされた後、高句麗人(フヨ族)は彼らの故郷である『満州』に逃げました。高句麗人はこの地において契丹族や鮮卑族、モンゴル族と混血しました。それによって誕生したのが女真族(満州族)なのです。


この女真族が、1115年に満州地方から中国北部にまで版図を有する『金国』を建国しました。金国が滅びた後、1616年に、 同じく女真族の国である第2次金国=後金国が建てられ、この『後金国』が清国へと発展していきます。



高句麗人(フヨ族)の歴史を図にすると、下記のような流れになります。

〔フヨ国→ 高句麗→ 金国→ 後金国=清国 (高句麗滅亡後に建国された渤海国も『高句麗人の国』という説がある) 〕



見ての通り、高句麗と韓国人は何の関係もありません。高句麗人の末裔と呼ぶべき民族は満州族であり、韓国人=朝鮮人ではないのです。

韓国人は高句麗人の子孫ではないだけでなく、高句麗人の歴史を受け継ぐ満州族(女真族)のことを『オランケ』と呼び、蔑んでいました。

オランケとは韓国語で「野蛮人」の意味です。



韓国人は、
「我々は高句麗人の子孫だ」と自称する一方で、
本物の『高句麗人の子孫』である満州族のことを、野蛮人呼ばわりして 見下しているのです。


 ところが実際、朝鮮人は常に満洲人の格下として従僕し、かの有名な「朝鮮」の称号を満洲人により頂いたのでした。



ところが最近の韓国人は、時と場所によって「満州族と韓国人は兄弟民族だ」と言ったり、「満州族はオランケであり、韓国人と違う民族だ」と、 言ったりしています。

まさに『ご都合主義』です。

自分たちの都合により、歴史を捏造し歪曲しているのです。 『事大主義・ご都合主義』のナレハテです。



自分たちの都合の言いように歴史を捏造し、歪曲し、
日本人は朝鮮人の子孫で朝鮮が文明を伝えたと誇示し、日本の古墳を隠蔽する

そうした朝鮮人こそ、新しい時代に半島に入植してきたユウロウ族や越人(長江渡来人)・旧漢人(黄河系)・ワイ人の子孫である。



一方、日本人は倭人と縄文人の子孫である。

この2つの民族は最初から別種なのだ。





高句麗=扶余系=満州系なんだわな。

高句麗の発祥地は中国の東北地方で、
高句麗の数百年の歴史のうちの最初からの半分以上が中国東北地方にしか版図がなく、朝鮮半島には存在はしてなかった。



そして、彼らが滅亡した後は、ほとんど満州の部族に移行している。

つまり、どう考えても、高句麗は中国東北系の国なんだわな。





※wiki より

高句麗は、夫餘から出た別種である。

(『旧唐書』高麗伝 :「高麗者、出自扶餘之別種也。」)
高句麗は本来夫餘の別種である。(『新唐書』高麗伝 :「高麗、本夫餘別種也。」)という記述にもあるように、高句麗族はその起源伝説の類似点から、ツングース系と考えられる扶余と同じ民族と見られることが多い。


史上でも扶余の流民を受け容れていることが記されているが、民族を同一とするにたる明証はなく、墓制の違いを見る限りは扶余と高句麗との差は歴然としている。

但し、『魏書』百済伝の百済王蓋鹵王の上表文には、「臣と高句麗は源は夫余より出る」(臣與高句麗源出夫餘)とあり、当時の百済人は高句麗人を同種の夫余とみていたことになる。


なお、扶余族は他に、沃沮(東沃沮・北沃沮)・?・百済(王族)など朝鮮半島に広く分布していた。




上記からも、高句麗はツングース系と確定している。
当然、朝鮮民族ではない。

百済→王族は扶余族、倭人と混血 、
民衆は長江文明の遺臣の弥生人(百越人ともいう)

新羅→王族は扶余族、三王家のふたつに倭人出自説あり、民衆は弥生人と、始皇帝から逃げてきた秦人(漢族)




高句麗→ツングース系女真人
高麗→ツングース系女真人
渤海→ツングース系女真人

渤海と高句麗の民族的人種的なつながりは
はっきりとはわからないが、


新羅に滅ぼされた高句麗の遺民が建国した国ではないか、
とは言われている。

何度も日本に朝貢している。



渤海が滅んだのち、
今度はその遺民が高麗を建国した、
というのがだいたいの流れ。

中国東北部にいた人々が

一時期朝鮮半島に国を作ったとも言えるし、
それが朝鮮人であるとも言える。



朝鮮半島は漢族、倭人、中国東北部族、
モンゴル人等々、種々雑多な人種が入り乱れている。
日本と違って、半島というのはどこでもそういうもの。
いわば人種民族の通り道的な存在。




 挹 婁(ゆうろう)

『三国志魏書』挹婁伝
 挹婁は扶余の東北千余里に在り、大海に沿い、南は北沃沮と接し、未だその北の極まる所を知らない。土地には多くの険山がある。姿形は扶余に似ているが、言葉は扶余や高句麗と同じではない。
(中略)
 そこの人々は不潔で、中央に便所を作り、人々がそれを囲んで住んでいる。
(中略)
その国は船で略奪をするので、隣国はこれを患いとしている。東夷は飲食のときに俎豆(そうず=お膳)を使うが、ただ挹婁だけは用いない。法俗は最も綱紀が無い (最悪の無法者)なり。


4世紀頃の東夷諸国と挹婁の位置。


※ Wikipediaより

◆挹婁の衣食住と人尿洗顔

挹婁の生活スタイルは、その東夷諸国のなかでは極めて特異である。

まず、挹婁人は地上に家を建てず、地下に縦穴(竪穴)を掘り生活する。竪穴は深く(梯子の段数が多く)かつ大きいほど尊ばれたという。住居を地中に構えたのは、防寒の為と考えられている。
さらに、部屋の中央に置いた尿を溜めた容器を囲んで暮らし、その人尿で手や顔を洗ったという。これについて『三国志』や『後漢書』では「その人々不潔」、「その人々臭穢不潔」とあらわしている。
また、挹婁人は養豚が盛んで、豚を主食とし、豚の皮を着物にした。夏にはほぼ全裸でわずかな布だけで前後を隠したが、冬には豚の膏(あぶら)を身体に数センチもの厚さに塗って風や寒さを防いだという。

食事をするときに、他の東夷諸国では爼豆と呼ばれる食器(高杯形土器)を常用していたのに対し、挹婁人は爼豆を使う習慣が無く、鼎や瓶や平皿を用いて炊事や食事をし『後漢書』『三国志』では「東夷のなかで習俗が最も無規律な者たち」と記している。

人が少なく、険しい山に住み、衆は規律に服さず、船が巧みでしばしば近隣諸国を寇掠したとも記されている。

また、邑落の大人を一つの血族が継承する習俗は、近隣の扶余や沃沮が合議による選挙で大人を選んだのとは対照的である。










コメント(3)




[mixi] 【分裂】(日本史)本当の歴史〜 | 朝鮮半島情勢

https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6300202&page=46&id=88460447

https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6300202&id=88460447&from=comment_history


[461] ちちん、ぷい、ぷい、
2019年02月19日 04:31


韓国の 国内 問題 なんだろ 、 北朝鮮 (高句麗)が 韓国(しらぎ、百済)を 呑み込むんだか 韓国が 北朝鮮を 踏み台にして STEPあっぷ したいんだか 、 の 、、





[462] ちちん、ぷい、ぷい、
2019年02月19日 05:02

韓国の国内問題レベルにすぎない、ファビョり現象は、かつての日本のそれ、(いまもだが)よく似ている

日本はファビョり、アメリカとの関係が、、韓国がファビョり、日本の現在の関係位置、に置き換えて、みることができんじゃね


日本の右翼団体だ、左翼だ、ってな、福岡県だとか大分県、広島県だとか、、

ちょい、地理的に、朝鮮人との混血が進んでた 地域 って 感じで 、 なんだか 、 な 、、


って のが しょーじきな 感想 やな 、













[mixi] 【分裂】(日本史)本当の歴史〜 | フリー討論

https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6300202&page=36&id=88601719

https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6300202&id=88601719&from=comment_history


[366] ちちん、ぷい、ぷい、
2019年02月19日 05:24


小さな 政府 、 大きな 政府 、、
アメリカの 民主党 的 、 共和党 的 ?

1860年あたりだか、アメリカ南北戦争の、北軍 ≒ 民主党 、 南軍 ≒ 共和党 的


アジアの 歴史的には 階級的 弱者 多数による 反乱 クーデター が いつの場合も ときの 政権を 打倒 、 って のが 中国大陸の 政治風土 の 特色


中東アジア 地中海 地域あたりの歴史風土とは 全然 ちがう




わがくに 日本の 政治 風土 スタイルは わりと 中国大陸 モデルに 近い 、 結局 中世の 時代より 綿々と 流れる 一揆 とか 下剋上 、 打ち壊し って のに 、 いかに 対処 するか って


格差の是正 とか 公平公正な 社会つくり 、 富の 再分配 システム なんだろ






https://lite.blogos.com/article/350009/

韓国「駆逐艦」に「北朝鮮英雄名」の「皮肉」 - 関裕二

新潮社フォーサイト
2019年01月09日 13:59


防衛省が公開した韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦の映像(防衛省HPより)

 平成30(2018)年12月20日、能登半島沖のEEZ(排他的経済水域)で、韓国海軍の駆逐艦から海上自衛隊のP-1哨戒機に向けて、火器管制レーダーが照射され、両国の間で非難の応酬が続いている(12月31日現在)。

 韓国側は、遭難した北朝鮮の漁船をレーダーで探索していたと主張しているが、何やら怪しい。少なくとも今回の事案で、海上自衛隊の哨戒機側に、非はなさそうだ。韓国側の二転三転する苦し紛れの言い訳が、今後どうなっていくか、楽しみではある(意地の悪い見方だが)。


北朝鮮の英雄という不可解

 それよりも、古代史の視点で驚かされたのは、駆逐艦の名前だ。それが「クァンゲトデワン(広開土大王=こうかいどだいおう=)」で、クァンゲト・デワン(広開土大王)級駆逐艦(KDX-1)の一番艦だ。

 クァンゲト・デワン級の駆逐艦は3隻建造されていて、今から約20年前に、就役している。

 二番艦の船名は乙支文徳(ウルチムンドク、いつしぶんとく)、三番艦は楊万春(ヤン・マンチュン、ようばんしゅん)で、これら3隻の駆逐艦は、古代高句麗の王や将軍たちの名にちなむ。

 高句麗は紀元前1世紀〜7世紀にかけて朝鮮半島北部に存在したが、それは、現在の北朝鮮の領域だから、どうにも不可解だ。なぜ韓国軍の軍艦に、北朝鮮の英雄の名があてがわれているのだろう。

しかもクァンゲトデワン(広開土大王)は、倭国(古代の日本)の軍勢と戦い、朝鮮半島南部まで押し寄せてきた人物だ。



 そこで、高句麗の3人の英雄の業績を追ってみよう。

 高句麗は騎馬民族(扶余族)の国だ。戦後すぐ江上波夫が騎馬民族日本征服説を唱えたが、まさにそこで推定された征服者が、高句麗の騎馬民族だった。

 彼らは中国歴代王朝ともしばしば対立したものだ。中国の王朝にとって、北東アジアの騎馬民族や遊牧民は、手強い相手だった。たとえば隋王朝(581〜618)は高句麗遠征にしくじり、短命で終わっている。

 騎馬民族が中国王朝にとって脅威になった明確な理由がある。金属文明が早く起こった中国では、あっという間に樹木を燃料に使い果たしてしまい、これが、防衛上大問題となった。

 樹木に隠れるゲリラ戦も展開できず、比較的起伏に乏しい土地だったことから、ひとたび騎馬軍団に攻め寄せられると、実に脆弱だった。

だから、万里の長城を築いたが、焼け石に水で、しばしば北方から侵略を受けた。

 3世紀後半に晋(しん)は中国を統一したが(その直前が、魏、呉、蜀の『三国志』の時代)、4世紀に一気に衰退する。すると、遊牧民が万里の長城を越えて侵入し、五胡十六国時代が到来した。晋は316年に滅び、晋が半島支配の拠点にしていた楽浪郡と帯方郡を高句麗が奪った。ただし、半島の付け根には、鮮卑族(騎馬民族)の建てた国・前燕(ぜんえん)が進出して高句麗を圧迫し、戦いになった。結果、高句麗は敗れ、前燕に臣従する。これが、西暦342年のことだ。


倭国にすがった百済

 このあと高句麗は、朝鮮半島南部に活路を見出そうとする。ここで活躍したのが、高句麗第19代・好太王(広開土王、374〜412。在位391〜412)だった。

衰退していた高句麗を中興し、領土を広げた偉大な王で、だから「広開土王」と称えられている。

 好太王は、即位の翌年(392)、さっそく南下政策をとりはじめる。だから4世紀末から朝鮮半島は動乱の時代に入った。朝鮮半島東南部の新羅は高句麗と手を組み、西南部の百済は、倭国を引きずり込み、高句麗と対峙した。

 この時代、朝鮮半島南部は悲惨な状況だった。新羅では397年、日照りが続き、イナゴが大発生し凶作となった。新羅だけではなく百済も、民は飢え、苦しんでいた。

 結局百済は、高句麗をはね返すために、ヤマト政権の軍事力をあてにしたのだ。百済王から倭国王に七支刀が贈られたのもこのころだ。


 朝鮮半島から先進の文物が古代の日本列島に流れ込んできたのは、高句麗の南下が大きな原因だった。朝鮮半島南部の国々は狼狽し、背後の憂えのない倭国にすがったのだ。

見返りに、先進の知識や技術、物をさしだしたわけである。

また倭国にとっても、朝鮮半島南部の同盟国・伽耶(任那)でとれる鉄が必要だったから、積極的に遠征軍を派遣したのだ。

 このような背景を知った上で高句麗の旧都にある広開土王碑文(中国吉林省集安県)の文面を読むと、じつにおもしろい。

 

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

2019年 安部政権 対 中国共産党 更新情報

2019年 安部政権 対 中国共産党のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。