ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 二言、三言コメ NHKドラマ 感想 > トピック一覧 > 連続テレビ小説 第100作『な...

二言、三言コメ NHKドラマ 感想コミュの連続テレビ小説 第100作『なつぞら』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

NHK連続テレビ小説100作目の記念作になります。

1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(9)は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。

剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介(やっかい)者と言いながらも内心、不憫(ふびん)に思っていた。子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを懸命に手伝う。なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術(すべ)をとことん叩き込む。なつも天真らんまんな子どもらしさを取り戻していく。

やがて、なつはすてきな馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。天陽から当時、アメリカで流行(はや)っていた漫画映画の魅力を教えられ、 絵が動く 夢のような世界があるのかと感動する。高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。なつに旅立ちの日が近づいていた―。

メインキャスト

広瀬すず、岡田将生、草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔、福地桃子、小林隆、音尾琢真、安田顕、高畑淳子、山田裕貴、吉沢亮、戸次重幸、小林綾子、仙道敦子、平尾菜々花、犬飼貴丈、富田望生、柄本佑、北乃きい、山口智子、比嘉愛未、リリー・フランキー、鈴木杏樹、水谷果穂、工藤阿須加、渡辺麻友 ほか

コメント(2)

なんと!3/29
チコちゃんに叱られる 夜7:30〜
歴代の朝ドラのヒロインが出るぞぉ〜
もちろん広瀬すずちゃんも

その翌日  午前と、午後で
感謝祭なる物を遣るとか・・・

気合入ってるなぁ〜
久々の北海道舞台の朝ドラがすごく楽しみです。
後半は東京に舞台を取られるみたいですが…

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

二言、三言コメ NHKドラマ 感想 更新情報

二言、三言コメ NHKドラマ 感想のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済