ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ビシエド 中日ドラゴンズ > トピック一覧 > 2019年 今日の活躍(公式戦...

ビシエド 中日ドラゴンズコミュの2019年 今日の活躍(公式戦)・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(13)

ビシエド、今季1号
2019年3月31日 15時34分 中スポ
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201903/CK2019033102100029.html

 中日・ビシエドに待望の今季1号が飛び出した。31日のDeNA戦(横浜)で6回の先頭打者として打席に立ち、2番手エスコバーの1ボールからの2球目直球を低い弾道で左翼席に運んだ。試合を振り出しに戻す一発を放った主砲は「いいスイングができたね」とコメントした。
ビシエド、今季チーム1号 頼れる主砲 11打席目のひと振り
2019年4月1日 中スポ紙面から
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019040102000101.html

 1点を追う6回。先頭のビシエドが弾丸ライナーを左翼席へ突き刺した。この回からマウンドに上がった左腕エスコバーの1ボールからの2球目。真ん中に来た直球を振り抜いた。一時は同点となる今季1号ソロはチーム1号でもあった。「自分の満足いくスイングだった。ゴロがあったりしたけど、あの打席は満足さ」。3試合目、11打席目に飛び出した一発。開幕からの2試合は安打を放ったが、アーチを描くことはできなかった。だからこそ、主砲としての一打に笑みがこぼれた。
 昨シーズンは首位打者と最多安打の打撃2冠。当然、相手の警戒レベルは上がり、DeNAはシフトを敷いてきた。この日の第1打席の深い二ゴロは、センター前かという当たりが網にかかってしまった。自身も「抜けたと思ったから、おおっとビックリしたよ」と目を丸くした。
写真:6回表無死、ビシエドが左中間に1号ソロを放つ。捕手伊藤光(七森祐也撮影)
中日、神宮で一発攻勢
2019年4月5日 20時31分  中スポ
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019040502100039.html

 中日が一発攻勢だ。5日のヤクルト戦で、2回に阿部がバックスクリーンに先制3ラン。「積極的にいった結果がよかったと思う」。2回無死一、三塁の好機で、小川の浮いたスライダーを見逃すことなくフルスイングした。すぐに同点に追い付かれたが、3回無死一塁からビシエドが「うまくタイミングが取れた」と自画自賛の勝ち越し2号2ラン。5回には、2死走者なしから高橋が右翼席に1号ソロを放った。
主砲ビシエド開幕後は別人 2安打3打点 「打撃調子いいよ」
2019年4月6日 中スポ紙面から
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019040602000123.html

 バックスクリーン直撃の豪快な一発に、鮮やかなタイムリー。2度も勝ち越し打を放った。それでも勝てなかった。ビシエドは喜べるはずなどなかった。ただ、主砲としての役目は果たした。
 「ホームランの場面はとにかく打ちたかった。打撃の調子はいいよ」。試合後、淡々と振り返ったビシエド。まずは3点のリードを追い付かれた直後の3回、無死一塁で迎えた第2打席だった。高めに甘く来た真っすぐを渾身(こんしん)のフルスイング。2号2ランをぶち込んだ。
 さらにスコア6−6で迎えた7回の第4打席。1死二塁の好機で、マクガフの外角変化球を気迫で右前へはじき返した。「少し浮いてきて、うまく良いスイングができた」。一塁ベース上で両手を突き上げて喜ぶほど、気持ちが入っていた。
 2安打3打点。気を吐いたが、最後の打席が悔やまれた。1点を追う9回1死一、三塁。5球目には一塁走者の大島が盗塁を決め、さらにチャンスは拡大した。一打出れば再逆転、外野フライでも同点という場面で、石山のボール気味のスライダーにバットが空を切った。
写真:ヤクルト−中日 3回表無死一塁、勝ち越し2ランを放ち、中日ナインに迎えられるビシエド(中央)(七森祐也撮影)
**********
 速 報
**********
ビシエド、パワーさく裂の3号ソロ
2019年4月6日 15時32分 中スポ
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019040602100026.html

 中日の主砲・ビシエドがそのパワーを存分に見せつけた。6日のヤクルト戦。1点を追う4回、先頭で迎えた第2打席だった。ヤクルト先発・石川の外角速球をとらえた打球は当てただけに見えたが、右翼席へ吸い込まれた。「まずは1点早くほしいと思っていたから、自分のバットで点が取ることができてよかったよ。しっかり手が伸びてうまく打てたね」。ビシエドも、一時は同点となる3号ソロに上機嫌。昨季の首位打者は今年も頼れる存在に違いない。
好調ビシエド、2戦連発の3号
2019年4月7日 紙面から 中スポ
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019040702000107.html

 ビシエドが2試合連発となる3号ソロを放った。4回の第2打席、石川の外寄りのボールを逆らわずにはじき返した。右翼席への一発に、「自分のバットで点を取ることができて良かった。しっかり手が伸びてうまく打つことができたよ」と話した。石川とは昨年、12打数4安打の2本塁打と好相性。今年も初対戦で一発を見舞ってみせた。
写真:4回表無死、右越えソロを放ち、奈良原コーチ(右)とタッチするビシエド(中嶋大撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 
**********
 速 報
**********
ビシエドがメッセから2打席連続弾
2019年4月12日 19時1分 中スポ
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019041202100029.html

中日・ビシエドが12日、阪神戦(甲子園)に「4番・一塁」で先発出場。1点リードの4回1死一塁からメッセンジャーの126キロフォークを捉えて左翼席への4号2ランをマークすると、3点リードの6回には1死一塁から2打席連続弾となる5号2ラン。今度はフルカウントからメッセンジャーの外角137キロ直球を右翼ポール際に運んだ。4回の4号2ランを「しっかり自分のスイングで打つことができたよ。久しぶりのいい感覚だった」と振り返ると、6回の5号2ランは「ストレートをうまく押し込んで打つことができた。なんだか今日はボールがよく見える気がするよ」と話した。中日は1回に「2番・右翼」で今季初先発の遠藤の右翼線二塁打から暴投と相手捕手の悪送球で先制していた。
写真:4回表1死一塁、左越えに2ランを放つビシエド=甲子園球場で
ビシ、好相性メッセから連発 「うまくバットが出た」
2019年4月13日 中スポ紙面から
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019041302000115.html

 ビシエドがお得意さまの阪神メッセンジャーをめった打ち。4回と6回に昨年8月26日の広島戦(マツダ)以来となる2打席連続本塁打。4打点をたたき出し、「うまくバットが出たね。たまにはこういう日があっても良いね」と満足げな笑みを浮かべた。
 いずれも、1死からアルモンテが出塁した後の2ランだった。4回に放った4号は1ボールからの2球目。捕手の梅野の要求通りストライクからボールゾーンへのフォークだったが、弾丸ライナーではじき返し左翼スタンドに突き刺した。
 6回の5号は追い込まれてからファウルで2球粘り、フルカウントから外角低めの直球を強振。今度は右翼ポール際に放り込んだ。コントロールされた球を右へ左へスタンドに運び、マウンド上のメッセンジャーを棒立ちに。与田監督も「どちらの本塁打も素晴らしい打球。一発で流れ引き寄せる良い形だった」と舌を巻いた。
写真:阪神−中日 6回表1死一塁、右越えの2ランを放つ=甲子園球場で(今泉慶太撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山
**********
 速 報
**********
ビシエドが先制打「福ちゃんが良く走ってくれた」
2019年4月13日 14時34分 中スポ
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019041302100033.html

 中日・ビシエドが13日、阪神戦(甲子園)で「4番・一塁」で先発出場。1回2死一塁からの第1打席で岩貞の低め142キロ速球を捉えて中越えの適時二塁打をマークした。「低めの球だったけど、しっかり前で打つことができたよ。福ちゃん(福田)が良く走ってくれたね」。この日は福田を2011年以来となる3番で起用。3試合連続打点となった主砲は、直前に四球で出塁して本塁へ激走した同僚をねぎらった。
写真:1回表2死一塁、中越えに先制二塁打を放つビシエド=甲子園球場で
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
ビシ大爆発、痛烈ライナー先制打
2019年4月14日 中スポ紙面から
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019041402000114.html

 2本の満塁弾を含めて今季チーム最多の17安打。大爆発した打線に、火を付けたのがビシエドのバットだった。初回、2死から福田が四球で出塁。ここで特有の弾道が飛び出した。
 「しっかり捉えて先取点が取れて良かったよ。低めだったけど、良いスイングができた」
 1ボールからの低めのボールだった。腕を伸ばし振り切ると、打球は痛烈なライナーでセンターの頭上を越えた。前夜の2発の勢いそのままに放った先制適時二塁打。「打球が伸びたね。それが持ち味だよ。福ちゃん(福田)もよく走ってくれた」と満足げだ。
 3回の第2打席では左前打を放ち、早くも今季5度目のマルチ安打。打率も3割6厘とし、3割台に戻した。昨年、首位打者と最多安打の2冠に輝いた主砲は、今年も健在をしっかりアピールしている。
 この日は主役の座を京田、堂上に譲った。それでも笑みが絶えなかった。「みんなすごく良い感じで戦っている。みんなが力を合わせている」。チームの勝利をなにより重んじる助っ人はご機嫌だった。 (島田明)
写真:1回表2死一塁、中越えに先制二塁打を放つビシエド(今泉慶太撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山
阪神vs中日 2019/04/13 ダイジェスト
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1429155/
ビシエド、特訓実り猛打賞 状態上向き「きっかけにしたい」
2019年4月21日 中スポ紙面から
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019042102000106.html

 悔しい1敗の中にも今後につながる好材料はあった。ビシエドだ。「少し状態が上向いてきたかな。きっかけにしていきたいね」。停滞気味だった主砲のバットに快音が戻ってきた。
 まずは両チーム無得点の初回2死二塁。カウント2−2から先発・石川が投じた内角高めのカットボールを強引に左翼線の内側にねじ込んだ。先制の適時二塁打だ。この試合まで得点圏打率はわずか1割。だがこの打席では、主軸としての役割を果たした。
 さらに6回無死一塁では2番手・マクガフの153キロ内角直球を振り抜いて三遊間を破る左前打。8回1死からはツバメのセットアッパー・近藤から中前打を放ち、一時は同点となる本塁を踏んだ。今季初の猛打賞。打率も3割台に乗せた。
 来日4年目。これまでの蓄積を生かした猛打ショーだった。16、17日のDeNA戦(ナゴヤドーム)。連勝したチームと対照的に2試合で8打数無安打に終わると翌18日の練習日はノックバットを片手にロングティー。単に結果が出なかったからではなく、明確な理由があった。
 「最近、ゴロが多かったんだ」。無安打だった8打席のうち、失策での出塁を含めてゴロは半数の4つ。持ち味の低いライナー性の打球が減っていたからこその突貫工事だった。「スイングの軌道を確認するには一番いいからね」。日本で過ごすうちに身に付けていった不調からの脱却法。効果はてきめんだった。
写真:中日−ヤクルト 1回裏2死二塁、ビシエドが左翼線へ先制適時二塁打を放つ(中嶋大撮影)=ナゴヤドームで
「自分の仕事」ビシエド猛打賞 打率上昇!3割3分3厘
2019年4月22日 中スポ紙面から
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201904/CK2019042202000118.html

 主砲ビシエドの大暴れで、首位のツバメを撃墜した。2日連続の猛打賞に加え、3打点を挙げる大活躍。4番として前日の敗戦の借りをきっちり返し、「これが自分の仕事だと思っているよ」と胸を張った。
 まずは先制点でチームに流れを呼び込んだ。1回、2番京田、3番大島の安打と盗塁で早速1死二、三塁のチャンス。フルカウントからヤクルト先発・高梨のフォークを2球粘り、3球目もフォークで勝負をかけてきた。バットの芯を外し、少し詰まったが、力で持っていくと、遊撃手・西浦のグラブをかすめて左前へ。「走者を置いて2点入れられて勝利に貢献できた。本当にうれしい」と笑みがこぼれた。
 2回には2死二塁で、高梨の内角の直球を左前にはじき返して5点目。先頭打者として迎えた5回には3番手・五十嵐の直球を真芯で捉えて右中間へ二塁打。続くアルモンテの左前打で6点目のホームを踏んだ。相手は何点あっても安心できない強力打線。与田監督も、「最後まであのリードが大きかったと思う」と主導権を握り続けることができた主砲の活躍に感謝した。
 多少の調子の波はありながらも、「1打席1打席落ち着いて、アウトになっても次は落ち着いて入るようにしている」とメンタルをコントロールしながら調子を維持してきたビシエド。そのかいもあって打率も3割3分3厘にまで引き上げた。
写真:中日−ヤクルト 1回裏1死二、三塁、ビシエドが先制の左前2点適時打を放つ(伊藤遼撮影)=ナゴヤドームで
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ビシエド 中日ドラゴンズ 更新情報

ビシエド 中日ドラゴンズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済