ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 哲学 Φιλοσοφια > トピック一覧 > マルクスについて

哲学 Φιλοσοφιαコミュのマルクスについて

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コトバンク
カール・マルクス
https://kotobank.jp/word/マルクス-137532
ドイツの共産主義思想家,いわゆるマルクス主義の祖。ユダヤ人弁護士の子としてトリールに生まれ,ベルリン大学で哲学・歴史等を学ぶ。ヘーゲル,L.A.フォイエルバハの影響を受け,ヘーゲル左派(ヘーゲル学派)の一員として思想形成する。1841年イェーナ大学で《デモクリトスとエピクロスとの自然哲学の差異》により哲学の学位。1842年急進的ブルジョア新聞《ライン新聞》主筆となり,社会経済問題や民族問題に健筆をふるうが,同紙弾圧後の1843年パリに移住。この間,その思想の根幹をなす《経済学・哲学手稿》を書く。1845年ベルギーに移り共産主義を目指す革命組織活動を開始し,終生の同志エンゲルスとともに翌年にかけて未完の労作《ドイツ・イデオロギー》を執筆して唯物史観を確立,さらに1847年刊の《哲学の貧困》で独自の経済学説を提示した。同年共産主義者同盟を設立し,翌1848年にその綱領として《共産党宣言》を公表。・・
***
私の関心では哲学的にはヘーゲルとの関係、デモクリトスとエピクロスの差異、ドイツイデオロギーあたりが中心かと思います。
テキストは原典と岩波訳かと。
神学的にもバルト、解放の神学、最近ではマクグラスの著書(25周年版「キリスト教神学序説」)に影響を与えてます。

因みに、私はいわゆるマルクス「主義者」ではなく、いわゆる修正主義者に入ると思います。
共産主義自体はそちらのスレに書いてます。

コメント(515)




ふつー に あほ ダラ 教 でしか ない マルクス の 資本論 に 革命 ソビエト連邦 ロシア 帝国 打倒 なんて できる はず が ない 、、



ロシア は ドイツ と フランス に 資金援助 された レーニン らに 倒されて 、 共産党 って 宗教 と ロシア 正教 は 約 70 年、だか 80年、 併存していた


ロシア正教 が ある って ことは ソビエト連邦に なる 前の ロシア 人 が いる って こと で


ゴルバチョフ は ソビエト連邦 人 だが プーチン や その 前任者 だれだっけ か わすれたが ウォッカ 酒乱 アルちゅー の 初代 大統領 は ちがう って こと



いまの ロシア 政権 内は ちょい そんな ジグソーパズル みたい ね 、、















>>[470]
>宗教は厄介
確かに、金儲けに始めたり、権力に利用されたり、協力したりする指導者がいると厄介ですね。戦前の日本と新宗教です。
しかし、信仰も経験上、遭難の時や衝突直前の時、突然の災難(家族の突然の死去とか)もどういうわけか心穏やかに静寂が支配するので役に立つと思います。
科学的には白い発光体?が現れたり、緩衝材になったり、慰めたりと^^;
残念テが、宗教法人の従業員の方は9割9部、経典とか聖書の教団のための屁理屈話をしているだけです。サラリーマンなんです。邪魔はしませんが(-_-;)
マルクスの思想には色濃くエンゲルスが関係してますが、そのあたりはエンゲルスを学ぶ必要があります。
https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshet1963/33/33/33_33_39/_pdf&ved=2ahUKEwj5hMPB_-zgAhUEL6YKHRj6D5gQFjAAegQIARAB&usg=AOvVaw3D3fkke-9RW8k_tIqTkty5
何回か引用しましたが、マルクスとエンゲルスの関係はイエスとパウロの関係と言われます。
>>[475]

「土台・上部構造」はマルクスの用語で、見た感じでわかると思いますが、建築の比喩で社会の構造を示したものです。

「下部構造」はスターリン時代につくられた用語で、マルクス自身の用語は「土台」です。

今は「土台」についてだけ説明しますが。
「土台とは生活の生産である」というのがマルクスの定義です。
この「生産」には二つの意味があって、一つは生活手段であるもろもろの物・財貨の生産です。
もう一つは人間自身の生産で、自分自身や他人を人としてつくることです。ここには子供を産んで育てることを含んでいます。

マルクスの歴史・社会観では、人間が精神的に生活するためには先ず存在していなければならない、と言います。あたりまえですが。そのためには物質的なことを無視できない。かりにも歴史観であるかぎり、「土台」の役割を考えから外してはならない。

マルクスの時代のドイツではヘーゲル哲学の影響が大きく、それは学界のみならずジャーナリズムに至るまで浸透していました。マルクスの唯物論は、精神を偏重するヘーゲル哲学へのアンチの意味があります。
>>[480]

それはイリアに対するお茶目発言だからw
>>[483] |介在させて頂きます!!
|>マルクスの時代のドイツではヘーゲル哲学の影響が大きく、それは学界のみならずジャーナリズムに至るまで浸透していました。マルクスの唯物論は、精神を偏重するヘーゲル哲学へのアンチの意味があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[科学系の1例として]::||
|90年代に読みましたある「数学雑誌」よりの記述からですが。
『数学者は多次元の様子を考える時に、イメージを思い浮かべるのだが、それは正しく「実在」の問題として取り扱う。』という記述を読みました。
|例えば、昔で言う「テレパシー」等という不思議な現象も、取り上げられていた時代もありましたが、そうした未知の謎の問題に対しては、
新しく、何らかの「関数対応」の形式になる様な、そうした多次元式
の様相のような「対応関係」を考える事が必要であり、また、そう
した後には、その新しい要素も「物理学」の視座の範囲の中へと
入って来ることは期待できます!
|現在、物理学においては、例えば「時間と空間」、「質量と電荷」
は、もっと簡単なものには分解出来ない為に、特に基本的な特徴で・・・
あると考えられていますが、しかし、もし「意識」の存在が、現代
の物理学の法則からは導く事が出来ないならば、・・・やはり、
新しき出来事に対しては、新しい「座標軸」等までも、考察して
提出していく程の覚悟は必要かも、しれません。




















>>[482]
しかし、エンゲルスはマルクスに対して主導的だったという立場もあります。
https://kotobank.jp/word/エンゲルス-38104

初期すなわち1848年革命までのエンゲルスについてとくに注目されるのは,唯物史観(史的唯物論)の確立に至るマルクス主義の骨格形成過程における彼の主導的役割である。
>>[486]

マルクスの計量経済学による実証は最近よくされ私も何冊か読んでますが、書かれていることは関係なさそうです。
マルクスの生涯とか「資本論」「共産党宣言」を読んで見てください。
>>[486]
「経済学批判序説」なら下記ですぐ読めます。
この先に、既に紹介の話題の唯物史観の筋があリます。
http://web1.nazca.co.jp/hp/nzkchicagob/DME/KeiHiJ.html
わたくしはブルジョア経済の体制をつぎの順序で考察する。すなわち、資本、土地所有、賃労働、国家、外国貿易、世界市場。はじめの三項目では、わたくしは近代ブルジョア社会がわかれている三大階級の経済的生活諸条件を研究する。あとの三項目の連関は一見してあきらかである。資本をとりあつかう第一巻の第一部は、つぎの諸章からなる。(一)商品、(二)貨幣または単純流通、(三)資本一般。そのはじめの二章が本書の内容をなしている。すべての材料は独立論文のかたちでわたくしの手もとにあるが、それらは、出版するためにではなく、自分自身にはっきりさせるために、それぞれかなりの期間をおいて書きおろされたものである、そしてそれらを右の計画にしたがってまとまったものにしあげられるかどうかは、外部の諸事情によるであろう。」
>>[490] |介在させて頂きます!!
|もしも、貴殿が、ご自身の「論拠」にされていらっしゃいます「座標軸」
に該当しています「内容」が、正しいのか、あるいは「誤謬」だらけなのかを正しく知りたいのならば、お勧めは(数学の)「多様体論」やあるいは、少なくとも、「複素関数論」あたりの「数理的」な「論理の根拠」を、嘘ではなくて、正しく理解なされていらっしゃる時には貴殿の「思想・論理」は、正しく「数式」か「物理式」になるなずです!!そうならないのならば、貴殿の論理は、単なる「論拠」の立たない「コトバロジー」にしか過ぎないのです!!
「thank you so much.」!!!
>>[492]
この分野の学界の進め方だと思いますが。
文系の場合、例えば源氏物語読まずして源氏物置研究はかけないです。学士も受け取らないと思います。
マルクス読まずして、マルクス研究できない。
博士では様々な版の訳出も必要。
>>[492]

こうしたネットで本の購入を勧めても買う人がいないことはわかります。ですからネットで読める「経済学批判」(大内)「共産党宣言」(堺)を紹介している訳です。
マルクスを批判的に継承するなら、既出の「マルクス」や「マルクスの中心」なども必須です。
他分野の否定書はその分野のコミュを勧めます。
私も神学者の書いた否定書は一切触れません。
ネットで読めるマルクスの著書
「資本論」
https://www.marxists.org/nihon/marx-engels/capital/chapter01/index.htm
これもフェビアン主義の解釈があるとは思いますが、無料だし、すぐ読めます。大内先生の訳に近い。
>>[495]
「資本論」に関しては経済学書なので、ここでは読める範囲だけ、例えば商品価値とか哲学的な側面に関してやりたいと思います。
あるいは、ポストモダンの○☓はこう解釈しているでもと思います。
>>[495]
フランスの研究などでチューターがする役割を多少します。

哲学的方向としてはまず、価値とはなにかになるかと思います。
https://www.amazon.co.jp/価値・意味・秩序―もう一つの哲学概論-哲学が考えるべきこと-松永-澄夫/dp/479891195X
基礎としてはコトバンクの宇都宮さんの価値の項目以下が役立つと思います。

https://kotobank.jp/word/価値-45051
>>[498]

https://kotobank.jp/word/%E4%BE%A1%E5%80%A4-45051
一発で飛ぶにはこっちがよいです。
>>[493] |レスをさせて頂きます!!
|私が「共産主義」の大元の様な「マルクス」の書物を「具体的には読まない」理由は、次の理由のためです!
『Who you are is determined by what you are thinking now, and what you always think, by the tendencies of your mind.』
|そうなのです。一旦、「マルクス思想の本」を読んでしまいますと、私の「思考・心」が「マルクス思想」によって染められてしまいます事由は十分に予想されますが故に、私は「マルクス共産思想の本」を読まないのです。
「what you think, which means who you are.」という事です!
|しかし、もちろん「参考意見」としては、多少なりは、かじる程度には読ませて頂きますが、(自身の本心ではない思想に)「染まり切らない為にも」私の場合、どうせ読むならば「数学」「物理学」「英語」と、後は「自分のお気に入りの哲学者」の「思想」を学びます。
|そのメリット性は、先に「ヘーゲル弁証法」を多少、読んでいた為に、「ヘーゲル弁証法」と「(数学)ベクトル外積」と「古典電磁気学」という形式にての「論理の総合性」の成功を得られたのです。(哲学はfavoriteな書のみ読みます。)
|あと、貴殿の記述に『マルクス読まずしてマルクス研究できない』と記されていらっしゃいましたが、私[理学士]から見なさせて頂きますと、「マルクス思想」の「ポイント点」を1〜2カ所程度知ることが出来ましたなら、後は
「マルクス思想」と「相対的」に、例えば「ヘーゲル弁証法」を読めば、ヘーゲル弁証法の「哲学の構造」を「数学」と「物理式」を援用する行為によって、(仮)「ヘーゲル哲学の数理的構造の様な事象」は、知る事ができるようになります!
|以上が貴殿の記述へのご返事です!!「thank you so much.」!!




























>>[500]
>じる程度には読ませて頂きますが、(自身の本心ではない思想に)「染まり切らない為にも」私の

近づかないのが一番じゃないですか?
他の方向からの検討はそのコミュかスレで?
ある意味で、私は唯物論でありながら、神の実在を肯定しているので奇抜かも知れない。神はまやかしでなく、目で見て手に触れられる存在と考える
>>[503]

唯物論と神への信仰は両立しませんよ。

日本共産党は唯物論を放棄しているけれどね。
この場合、哲学的には物とは何かを問わなければならない。
>>[504]
神の示す道は多様で、もちろんNashaさんが神の実在を確認したとは思いません。お話と教理教育ですね。
トマスの信仰がマルクス者と関係有りそうです。
https://blog.goo.ne.jp/maria_theresia/e/ac2919c394eda4be778f0c3e08fcd319
そのへんはマルクスの宗教で
>>[505] |介在させて頂きます!!
|まず、「哲学的」にいう「物」の手前に、「first of all」最初に、では、「物理的」には、「物」とは、どの様な表記になりますかを、一例として記載させて頂きます!!
(例) F(r,t)=α(x)+β(y)+γ(z)+δ(t)=Σ(R):
|このー阿陵佑壁週を行うことが、すぐにイメージし得る要綱が、ある意味
「理学士」的なるセンスではないのかな?と、私は自分で勝手にその様に「I seems so that.」:さて、ところで、「物理の視座」にて表記しました、意味的には「ミンコフスキー空間」に等しいー阿覆里任垢、ここで、「哲学」の視座におきます「物」を、このー阿法崟擬盟」的に反映させて記述してみますと、次の様になるでしょう。
 {哲学における「物」の表記とは}ー阿砲いて、δ(t)=0の場合、すなわち、
  α(x)+β(y)+γ(Z)=Σ(R) ・・・
|つまり、⊆阿陵佑雰措阿砲董崚学」におけます「物」の表記は「物理式」にて記述しますと、⊆阿陵佑砲覆襪任靴腓Αしかし、この時に、よく、注意して鳥瞰して頂きますと分かります様に、⊆阿砲いては「時間」δ(t)は「死んで」います!
|という様な事象が、「物理」を「ミラー」の様に反射板として、その「反射光」として「哲学」におけます「物」を「bring」しますと、上記のようにはなるでしょうという事ですね。ここまでは、今の私にも考えられる事象です!!

「thank you so much.」!!



[add]:多少、付加させて頂きます!!
|「アインシュタインの重力方程式」は、
   R(μν)+λg(μν)=κ{T(μν)ー(1/2)g(μν)T  ・・・・・
|このー阿如◆岷宙項」λg(μν)を無視すれば、重力方程式は、
   R(μν)=0   ・・・・・
|まあ、私も「一般相対論」を、確実には「読んで」はおりませんが、つまりは「テンソル演算」の計算が出来たなら、「重力方程式」は描く事が出来ます様です!!!
|ご参考までに、どうぞ。!!「thank you so much.」!!
>>[504]

確かにその両立は無理でしょうが。

「相容れない」とする理由付けは人によっていろいろ、それこそピンキリなのではないでしょうか。それは論敵の考えをどういうものとして表象するかによってレベルが異なると思います。このことは非常に重要だと思います。

○○論の「論」とは図式でしかありません。どれほど高邁な思想であっても特定の図式によって理解されるものですから、自分の立場と真逆の思想をどういう図式で描くかは、自己の思想の拠って立つありかたを決定しかねないものです。

さて、唯物論嫌いの一般的動機といえば、「カネとモノを蔑む」でしょう。これは貧乏人にはキツい思想ですね。言ってる当人も物質に復讐されるでしょう。

もう少し高等になると、「世界が<原子の偶然の戯れ>なのだとしたら、人生の意味はどこにあるのか」でしょう。これはある程度だれでも共感できそうです。
これはまさにトルストイ『要約福音書』のメインテーマで、哲学者ヴィトゲンシュタインに多大の影響を与えました。


わたしにとって唯一のマルクス主義の師匠はこう言っています。
唯物論における「物質」とは「物体」のことではなく「現実性」を意味する。
>>[511]

私は日本共産党が嫌いでこんなことを言っているのではありません。

むしろ、日本共産党には頑張ってほしいと思っています。

唯物論には、神はありません。

だから「両立しない」と書きました。

しかし、日本共産党は党員に対して『信教の自由』を認めています。

ならば、日本共産党は唯物論を放棄していることになります。

まあ、唯物論を放棄する共産党があったって、マルクス理論からすると問題にならないのでしょう。

これが実際です。

アリアさんがどう考えているのかは分かりませんが、アリアさんの考え方に矛盾を感じています。

アリアさんは、いつも、荒唐無稽なことばかりを言う。

共産主義と唯物論が両立できると言い出したのは、他でもないアリアさんです。

これで説明になっているでしょうかね?
>>[512]

マルクス主義の党と宗教者の関係は、一般論としては答えやすいものですね。

仮に、「党員は唯物論者である必要がある。宗教に影響されるような者は、党員としてふさわしくない」ということを原則化したとしましょう。
そうすると奇妙なことになりますね。
第一に、唯物論でありながら精神的なもの・つまり個人の内面にあるもの・を過大評価することになります。
第二に、そのことはいわゆるブーメランとなって返ってきます。そういういわば「精神汚染」を恐れるということは、党自体が一種の信仰を必要としていることになりますから、党員個々に信仰を強要することになります。
これほど唯物論に反することはありません。
まあ、ソ連や中共やアルバニア党ではそうだったろうけど、ああいうところの理論なんてグダグダなんで論ずるにも値しない。

階級政党は教会じゃないですから。綱領と党員の規範を了承してもらえば、拒む理由はないでしょう。社会科学の理論的シェーマと現実政治とは水準が違うでしょう。政治とは徹底的に世俗を生きることですから。
一方、「無神論者の組織と付き合うような者に信徒の資格は無い、地獄に堕ちろ」とかいうのは宗教さんの勝手だから、論評する必要は無いでしょう。

以上は一般論です。一般論と断る理由は、代々木さんが実際どういう了見なのか知らないからです。あそこに宗教信者の党員というのがどれくらいいるのかも知りません。まあ、興味はあるので、わたしのルートで聞いてみたいとは思いますが。

アリアさんの考えはさらに存じません。如上のことを考えれば、ある意味「両立」ということが言えるのかもしれない。そこは可能性としてはあるでしょう。
>>[513]

アメリカ共産党とかの理論は正しいんで?

ログインすると、残り483件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

哲学 Φιλοσοφια 更新情報

哲学 Φιλοσοφιαのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済