ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > オリックス 西野真弘選手 > トピック一覧 > 自分のカラーを前面に 「結果を...

オリックス 西野真弘選手コミュの自分のカラーを前面に 「結果を出して、背番号を自分色に染めて平野さんを超えたい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

勝負のプロ3年目へ目の色を変えている。
ルーキーイヤーの2015年は打率3割をマークするもシーズン途中離脱。フル出場を掲げた昨季は、その目標を達成した一方、打撃の好不調の波が激しく、守備も安定感を欠きチーム最多の17失策。「収穫はない」と、残ったのは悔しさだけだった。背番号を「5」に変更し、挑む17年──。
「つなぐ意識」を胸に、自分の持ち味を発揮してみせる。
「今年(2016年)は昨年(15年)とはまったく違うシーズンでしたね」
16年シーズン終了後、西野真弘に2年目のシーズンについて話を聞くと、こんな答えが返ってきた。
社会人野球・JR東日本から15年ドラフト7位で入団し、春季キャンプから1軍に帯同。視察に訪れた侍ジャパン・小久保裕紀監督が「バットが出る角度にセンスを感じる」と評価して一躍、注目を集めた。
オープン戦も1軍帯同を続けて開幕ロースターの切符をつかみ、4月12日の楽天戦(コボスタ宮城)で「8番・サード」でプロ初スタメン。いきなりプロ初安打を記録したが、定着とはならず、控えとスタメンを行き来する状態が続く中で「プロとして自信を持った日」と振り返る“あの日”を迎える。

《飛躍、挫折、低迷を経て基本を第一に、リセット》
4月29日楽天戦(京セラドーム大阪)。この日は球団初の女性ファン向けイベント『Bsオリ姫デー』が開催されていた。女性客にはピンクを基調としたユニフォームが配布され、選手や監督、コーチも同じユニフォームを着用。「2番・サード」でスタメン起用された西野は、4回に右翼席へプロ初本塁打を放つと、8回には適時三塁打を放ち、1試合4打点と大活躍。思わぬシンデレラボーイの誕場は、大勢の“オリ姫”たちの心をワシづかみにした。
「とにかくつなぐ気持ちを一番にやっています」
当時、口癖のように発していた言葉が「つなぐ」。それを体現するかのように安打を重ね、『オリ姫デー』以降、スタメン起用が続いた。主力にケガ人が続出したことも影響していたが、5月末でチームは自力優勝が消滅、森脇浩司監督(当時)も休養に追い込まれるという壊滅的なチーム状態でありながら、一時、得点圏打率.480をマーク。福良淳一監督代行になった直後には、3番で4試合に起用され、クリーンアップの一角も任された。167センチという小さな体格を感じさせない勝負強さと全力プレーで、チームに“希望”を与えた。
しかし、野球の神様は意地悪だった。スタメンでの連続出場が続いていた7月2日のファイターズ戦(札幌ドーム)の第4打席。空振りをした際に右手首に激痛が走る。翌日に検査を受けると、有こう骨の骨折が判明し、登録抹消──。
「打ちたい」と話していた大谷翔平からヒットを放った直後の出来事だった。
残りのシーズンを治療とリハビリに費やし、出場57試合でルーキーイヤーを終えた。得点圏打率.425に加え、打率も.304の好成績。「このまま行けば新人王」という声も高かったが、「1年目は(体力的にも)それだけの実力だったということですよ。もう痛みはまったくないんで、あとは実戦の感覚だけ取り戻せば大丈夫です」と笑顔で1年目を振り返り、前を向いた。
「今年(16年)は全試合に出場して、1年間レギュラーで勝負しないと」
そう誓った2年目のシーズン。「9番・セカンド」で開幕スタメンの切符を手に入れると、春先はバットが好調で、リーグ打撃ランキングでも上位に名を連ねた。が、日によって好不調の波が激しかったのも事実。5月末から打率は下降線をたどり、6月に入ると打率は2割台へ。以降、3割に達することはなかった。
「状態は昨年(15年)のほうが良かったですね。オリ姫デーから打ち続けることができたけど、今年(16年)は打っても続かない。昨年(15年)は『もっていた』のかなとか思ったりもしますけど、自分の実力がないんでしょうね」
打てなくなると考えてしまいやすい性格。これに対して福良監督や西村徳文ヘッドコーチは「考え過ぎず、見極め方をしっかりしよう」とアドバイスを送るとともに、遠征先でも西野にスランプの気配を感じると、マンツーマンで指導を繰り返した。西野自身は数字を気にすることなく、いかに早く修正できるかをテーマにバットを振り続けた。もがき苦しんだ1年だった。
ただ、その中にも光明を見出した。「長打が少ないんです」と、春先に話していたが、福良監督や西村ヘッドコーチのアドバイスが功を奏し、夏場以降は長打も飛び出した。7本を記録した三塁打は、楽天の茂木栄五郎と並びリーグトップ。全試合出場するために筋力をつけるウエート・トレーニングも積極的に行うことで、掲げた目標「シーズン完走」を果たすことができた。それでも課題は山積みだ。打撃以上に頭を悩ませたのは守備。17失策はリーグワースト2位という不名誉な記録で、16年シーズン開幕前には「人工芝が変わったので警戒」と話していた西武プリンスドームで3失策、6月28日の那覇セルラースタジアム(対楽天)では1試合3失策を犯している。猛打賞を記録してチームが勝利を収めても、失策を犯したがゆえに試合後の表情が暗いことがたびたびあった。
「守備が苦手というわけではないですし、無心で試合に臨んでるんですけど、何か考えてしまうんです」
出場試合数が増えたとはいえ、ルーキーイヤーの15年は失策が1だっただけに、守備への苦手意識がないのも無理はない。
「基本を第一に、リセットすることが大事かなと」
同じミスを繰り返さないためにも、昨シーズンは守備練習に大きく時間を割いた。試合前には打撃練習を終えるとセカンドの守備位置へ。ほかの選手が練習を終えても、時間ギリギリまでボールをさばき続け、試合後には居残り練習も遅くまでやっていたという。その成果は顕著に表れ、シーズン終盤には失策の数も減っていった。
守備に就く際は、「よろしくお願いしますという意味を込めて」と欠かさずグラウンドに手を着く。野球に対して真摯に向き合う姿勢を見せているからこそ、チームメートから厚い信頼を寄せられている。

《チームを一つにさせる「つなぎ」の意識》
印象深い2つの場面がある。
16年から登場曲を『ハジ→』の『our days。〜僕らの日々〜』に変更したが、8月20日の楽天戦(京セラドーム大阪)で打席に向かうと、球場には15年までの使用曲『SEKAI NO OWARI』の『Dragon Night』が流れた。これにスタンドがどよめく。西野は、この試合で先制適時打を含む3安打3打点の大活躍で、チームは11対1で快勝。ヒーローインタビューを終え、ベンチ裏に戻ってくると、笑顔で話した。
「あれはT(-岡田)さんのドッキリです。僕も驚きましたよ。ずっとTさんが前の曲に戻せと言っていて。ベンチに帰ってから『Tさん変えたでしょ』って言いました(笑)。気にかけてくれてうれしいです。打てたということは、こっちの(曲の)ほうが合っているのかもしれないですね」
翌日、曲の変更について、T-岡田に話を聞くと「アイツはアレが一番似合うでしょ」と笑った。15年に西野が故障離脱したときも、T-岡田は「アイツの『つなぐ』という気持ちを僕らも持たなきゃいけない」と話し、西野もT-岡田の登場曲『ベリーグッドマン』の『ライトスタンド』を愛聴するなど、2人の親交と絆は深い。だからこそ、前日にスタメン落ちした西野を鼓舞する意味でも、登場曲の変更に踏み切った。T-岡田ならではの粋なサプライズだったのだ。
以降、西野のバットに快音が戻る。そして、また口癖のように「つなぐ」という言葉を用いて、自身の打撃スタイルを語った。
「自分が塁に出ればクリーンアップにつながるので、何番を打ってもつなごうという気持ちに変わりはないです」
1年目から打順を固定されていないが、「つなぐ」気持ちが揺るがなければ打順は関係ないというのが、西野の考えだ。その思いが最も強く出ていたのが、9月4日のファイターズ戦(ほっともっとフィールド神戸)。7回の攻撃開始時点で、オリックスは1対7と6点のビハインド。球場内も敗戦濃厚なムードだった。それでも8番・若月健矢、1番・糸井嘉男の適時打で2点を返し、2番の西野が打席へ向かう。際どいコースを巧みにカットし、執拗にファウルで粘る。
1球、2球──。
ファウルを打つたび球場内の空気が変わっていく。結果、14球を粘って四球を選び、クリーンアップにつなぎ、同点打を呼び込んだ。
試合は延長戦へもつれ込むも、12回裏に豪雨となり、雨天コールドで勝ち負けつかず。それでも、6点ビハインドを追いついての引き分けと、チームにとっては価値ある1試合となった。良い意味であきらめが悪いのが西野の魅力。“らしさ”を感じさせた試合だった。

《ブレることのない信念「自分のカラーに染める」》
尊敬する平野恵一の番号を継ぎ、17年から背番号を「39」から「5」に変更する。
16年シーズンは143試合にフル出場、うち140試合は二塁手としてスタメン出場を果たした。目標としていた全試合出場を達成し、1年間レギュラーを守り続けたが、「出させていただいただけで、レギュラーだとは思ってません」と満足することはない。打撃の波と守備の乱れは17年シーズンの大きな課題として残る。守備面では、今オフに参加を予定している楽天の名二塁手・藤田一也との自主トレで向上を目指す。
さらに決意を新たにする出来事があった。契約更改の場で背番号を「5」に変更することが発表された。背番号「5」は15年シーズン限りで現役を引退した平野恵一(現・阪神コーチ)が着けていた番号だ。
平野は西野が入団時から「プレースタイルを目指したい」と目標としていた存在。平野は身長169センチと小柄で、守備位置も西野と同じセカンド。平野も西野を最後まで気にかけていた。西野が今でも大切に使っている黄色のリュックは、平野から譲り受けたもの。このリュックに背番号「5」が刻まれている。さらに平野が引退セレモニーで使用したバットには、こんなメッセージが添えられ、平野から西野に手渡された。
『必ず俺を超えろ』
16年の春季キャンプが始まる前、平野の引退に伴い、空き番になった「5」について、次のように話している。
「着けたい気持ちはあります。でも、まずは、みんなから『着けてもいいよ』と言ってもらえるような、信用される選手になりたい」
背番号変更に先駆けて、16年から平野の応援歌を継ぎ、そして17年から背番号を継承する。その「5」を背負うことへの覚悟とともに、ブレることのない1つの信念がある。
「背番号への思いは強いし、重みも感じますが、自分のカラーは捨てたくない。(平野と)全部一緒というのではなくて、自分色に染められる結果を出して平野さんを超えたい。来年(17年)はやります」
ホークスとシーズン終盤まで息詰まる優勝争いを展開した14年シーズンは、平野が経験の浅いチームをけん引した。今度は新たな背番号「5」がナインを鼓舞する番だ。巧打に磨きをかけ、守備力も向上させ攻守でチームを鼓舞し、1996年以来、21年ぶりとなるリーグ優勝へ導いてみせる。

コメント(1)

これどこの記事ですか??
本当期待しています!
藤田さんとの自主トレは期待大です!!

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

オリックス 西野真弘選手 更新情報

オリックス 西野真弘選手のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済