ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

キスにまつわる物語〜Kiss me~コミュの優しいキス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ココロが癒されるような、
そんな優しいキスのエピソードを教えてください。

コメント(39)


いつものように、夜勤明けのおまえを拾って、二人だけの部屋へと急ぐ。
疲れて化粧っ気もないおまえは、ナチュラルでとても綺麗だ。

シワになりそうな服だけさっさと脱いでベッドに入り、おまえを腕の中に入れてやる。

おまえは嬉しそうに、子猫みたいに丸まって、オレの匂いを胸いっぱいにかいでたね。

そしておまえは話し出す。

嬉しかったこと、悲しかったこと。
驚いたことや可笑しかったこと。
ドキドキしたこと、悔しかったこと。
そして、楽しかったこと…

おまえは時々見上げるようにオレの顔をみて、またずっと喋り続ける。
まるで小ちゃな子供が一生懸命お話ししてるみたい…

そんなおまえが可愛くて、愛おしくて、うれしくて…
オレは意味もなく抱き締めて…
そしてまたおまえか、なに話してたっけ?って言って話し続ける。

おまえは少し早く大人にさせられてしまったもんね...
だからいいんだよ。
オレの中でいるときは、小ちゃな子供になるといいよ。
二人のときは、オレ、ふるさとになる。

ひとしきり喋り疲れたおまえは、オレにトントンされながら、安心しきって眠りにつく。

小ちゃな女の子の顔をして…

その顔を確認して、額に優しいキスをする。

そしてオレも眠るんだ。
おまえをトントンしながら…


実はな・・・

実は、だいぶ練習したんやで。

kiss・・・

おまえが好きやって言ってたから・・

あ!!  言っとくけどな、

誰かとじゃないよ!、独りでやで・・(汗)

舌の筋肉鍛えたり、複雑な動き出来るよう練習したり・・

・・・あはは。。

笑けるやろ?   だっておまえ、

・・おまえがとろけるkissがしたいって言うたから・・

自分なりにな・・(汗) ・・あはは・・

でもな、  途中でやめてん!

途中で違うこと考えてな、、そっちの練習ってか、そっち伸ばしてこう思てな。。

オレみたいなんが付け焼き刃でkissがんばったとこで小賢しいだけやん?

おまえみたいなイイのんとろかすなんかまず無理やん?

オレ、おまえのことかんがえたんや。。ずっとな。。

いっつもオレみたいなしょーもない男のわがままばっか振り回されて・・

それどころかおまえ、まわりのみんなのわがままやら愚痴やら泣き言やらみんな受け入れて。。

しんどないんかなって・・・な?

自己満足なベロ鍛えて、おまえのかわいいのんつっこんでみても、

きっとおまえに寄り添うことはできんと思てなぁ。。

オレは、やわらかく、柔軟な唇を用意してな、

おまえのん、どんなときでもどんな感じのんでも受け入れられるようにしたろと思てな!

中身も変えよう思てるんや!

おまえ、いつも周りの人のことばっか気にかけてるやん?

この世の中、良おしていくんには、

オレらがごちゃごちゃ騒ぐより、おまえを受け止め受け入れ、

そんんで守っていくことのがいいんちゃうかなって!

だからな・・まずはkissから。。

いつも歯磨きして、おまえのどんなkissでも待ってるからな。

遠慮すなや。。 幾つになってもな。。

入れ歯んなっても

ずっとおまえだけのkiss待っとくから。
貴方がくれる
目覚めのキスは

その日いちにちキラキラで
わたしを無敵にしてくれる


全てをさらした
ご褒美キスは

おどろくくらいに丁寧で
かたくななわたしを解きほぐしてくれる


いい夢切符の
おやすみキスは

ココロとカラダを鎮めさせ
深い眠りに誘ってくれる。



早くあしたがこないかな
朝まで たくさんキスをしよ

今までしてきた全てのキスを超えるくらい

たくさんたくさん キスをしよ

少しくらい唇が腫れたってかまわない

ボクのキスで嫌な過去を上書きしてあげる

ボクしか残らないくらいに

たくさんたくさん キスをしよ
恋をした…

貴方のことをもっと知りたい…
会いたい…触れたい…

キスして抱きしめてほしい…

ひとまず落ち着こ…
貴方に近づきたくて余裕なくなってるかな…私


この恋が実ったら…
私から…貴方に優しくキスするね…
とりとめのない

ほんのたわいもない。

そんな会話を

言葉を使わすにしよう。

言葉よりも明確に、

お互いを知るために
このモノクロの世界に

色をくれたのは

あなたのKissでした

すべてが変わった

この世界に生きる価値をみせてくれて

ほんとうにありがとう

これからも

すっとね


急な土砂降りに、二人で逃げ込んだ電話ボックス

互いに雫を払いながら近ずいちゃった顔

雨のカーテンに護られながら  あなたがくれたもの

この日以来、雨が嫌いじゃなくなったよ。。








『今年も良くがんばったね!ご苦労様』
そう言っていっぱいチューしてくれた。

毎年、仕事納めの一番のご褒美は、あなたのチュー💕

ほんとに優しい人

自分は大晦日の夜まで仕事なくせに…

あと3日!
あなたらしくしっかりがんばって!
大晦日、うんと美味しいもの作って待っています。

そして、ほんとにがんばったあなたに、kissの嵐をおみまいしちゃうのだ!💕



寝顔のアナタに

くちびるを…重ねる


ドウシタ…?


少し笑いながら

そう…呟いたあと


私を優しく…抱き寄せて

また…眠りにつく


このままずっと

いられたらと

願う瞬間




〜七夕〜

一年ぶりのキスって、どんなんだろう。

探り合うよう恐る恐る、軽くふれるキスからはじまるのかなぁ。

あれ?唇ってこんなに柔らかかったっけ?なんて思ったり。

そんなキスを重ねてると、もっと相手のこと知りたくなってくるよね。

綴じられた唇は徐々に緩み、お互いを受け入れようとする。

柔らかい唇を吸い、軽く歯を当ててみたり、吐息を嗅ぎ唾液を吸い合う2人。

まるで別の生き物のような舌がゆっくりとねっとりと絡み合い、お互いの口中を出入りする。

やがて存分に果てた2人。

呼吸を整えながらもその唇は、互いの肌を捉えて離さない。

満たされた心と顔を寄せ合い、また小鳥のようなキスを重ね合う。

すでに唇は腫れかけている。

明日はまた離れ離れとなる2人にとって、大切な余韻となるよね。

織姫、彦星、どうぞ素敵なキスをね。



かくいう私、もう何年もキスから離れてしまって、、、

もうやり方も覚えて無いなぁ。

ログインすると、残り28件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

キスにまつわる物語〜Kiss me~ 更新情報

キスにまつわる物語〜Kiss me~のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング