ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > アート > アート暴落↓ > トピック一覧 > アートの暴落と、危機管理新体制...

アート暴落↓コミュのアートの暴落と、危機管理新体制の創出..

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


http://hikosaka.blog.so-net.ne.jp/_pages/user/m/article?name=2008-11-01
『新美術新聞』という旧画壇の業界新聞で、どなたが、今回の経済危機と、アートバブルの関係を指摘されていたが、確かに、同じ構造をしていただろうとは、考えられます。
日本経済新聞の2008/10/25日では、「金融危機、文化にも波及 しぼむアジアの美術市場」と言う大きな記事が出ていました。リーマンブラザーズが破綻した4日後の9月19日の開催された韓国のアートフェア:KIFAは資金収縮に見舞われ、昨年の8割の売り上げ、それでも14億円となったというのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月4日、5日に開かれた香港のササビーズでは、中国現代美術が、予定入札価格の最低額に届かず、3分の2が不落札となりました。これはすでに、このブログでも、コメントに書き込んで下さっている方が、いました。
それでもアジア現代美術全体の売り上げは、約29億8000万円です。この高額でも、昨年の3割減であったというのです。
もっとも、先日の11月28日に行われたザ・マーケットという日本のオークションでは、売り上げ総額が1億円ちょっとと、噂で聞いています。
日本の現代美術専門のオークションとしては新参ながらトップの売り上げを誇って来ていましたが、規模的には、日本の美術市場の小ささが、実感される数字です。
この今回のザ・マーケットの売り上げは、落札率53%で、高額作品は不落であったと、電話でですが聞きました。サイトで確認しようとしましたが、できませんでした。
もう一人の友人のウオッチャーと、別の打ち合わせのついでにこの話になって、李 禹煥の作品が、全部不落札であったこと、草間弥生の作品が安いので、ショックを受けたと言っていました。
このオークションでは、草間弥生の大コレクターが、膨大な作品を、一挙に投げ売りに入っていたのです。そのために、わざわざ別冊のカタログが作られていました。
昨年の秋から、草間の価格が下落し始めて、1/4くらいになってきたので、投げ売りになったのでしょうか?
オークション開催直前に、草間弥生の作品の予定入札価格の最低額を下げたために、
なおさら、価格が下がったのです。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

アート暴落↓ 更新情報

アート暴落↓のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。