ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見 > トピック一覧 > 【孫崎享のつぶやき】 外国人の...

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見コミュの【孫崎享のつぶやき】 外国人の眼、日本経済の黄昏。日本官僚には未知領域の地図は描けない。サンガー・ニューヨーク・タイムズ紙記者。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ピュリッツァー賞を二度受賞。1990年代どの本も、日本は世界のトップの経済大国たる米国を脅かすと書いた。何故そうならなかったのか。戦略なし。
2019-04-30 09:352


デビット・サンガーは1960年生まれ。ニューヨーク・タイムズ社記者。サンガーは米国人記者にとって最大の栄誉である’ピュリッツァー賞を二度受賞。1992から94年、支局長として東京に滞在した。1995年日米自動車交渉におけるCIAの盗聴をスクープした。

彼は、前掲論評で日本が何故競争力を失ったかを分析している。

彼は東京支局長当時を振り返って、「意気消沈した米国人やヨーロッパ人向けに、日本現象を解説した本も出た。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』、『日本/権力構造の謎』『日米逆転―成功と衰退の軌跡』。どの本も、日本はこのままではおそらく2010年前後には、世界のトップの経済大国たる米国の地位を脅かすことになるだろう、と書いていた」と述懐する。しかしこれら予言は的中せず、日本は停滞の道を進む。

サンガーは「何故日本が停滞の道を歩んだのか」を考察する。

当時サンガーが通産省を訪問すると、通産官僚は得意げに日本の自動車産業が世界にどう展開しているかを、地図で示した。しかし、彼が当時を振り返り何故衰退したかを考えた時、「日本の官僚は、イノベーションという未知の領域の地図を描く術は知らなかった」と気付く。

日本人は地図が与えられた時、上手に歩む。自動車産業は、「自動車」という生産するモデルがある。ソニーが独創性を発揮した時期があったが、1990年台、21世紀で世界が急激なイノベーションを行っている時、日本発の製品はほとんどない。
出典:マッキンゼー・アンド・カンパニー編『日本の未来について話そう』(小学館、2011年中のデビット・サンガー著「「失われた20年からの脱出」 

コメント(3)

アメリカは、日本の野望をくじく位は、為替をいじり、内政干渉(輸入障壁排除)などで、わけなくやれたであろう。
しかし、いまや同じ手法で中国の野望はくじけまい。
>>[1]

ええ。
中国は大陸のどっしりしたしたたかさを持っていますね、
すーちゃんさん

いつも有難うございます。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見 更新情報

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。