ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見 > トピック一覧 > 【孫崎享のつぶやき】 「特別検...

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見コミュの【孫崎享のつぶやき】 「特別検察官の捜査報告書にはトランプ・ロシアの共謀なし」とする発言で、米ロ関係は変化するのか。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

英国ガーディアン紙「ロシア側は米ロ関係の悪化した状況に変化なしとみるのが大勢」の報道。共謀が否定されても、ロシアが悪い奴という評価は継続。改善なし。
2019-03-26 09:59

2016年の米大統領選にロシアがトランプ氏陣営に肩入れした「ロシア疑惑」を巡り、バー司法長官はマラー特別検察官の捜査報告書の「主要な結論」を議会に報告した。マラー氏は、ロシアとトランプ氏陣営との共謀について、「見つからなかったと結論付けた」とした。
現在米ロ関係は極めて悪い状況にあるが、これが変化するのか否か。
A:事実関係:英国ガーディアン紙「マラー報告に対するロシア;我々が知っている事(共謀なし)を捜査報告は証明した(Russia on Mueller report: 'It has proved what we already knew')」
副題「露側高官は捜査報告結果にかかわらず、米国はロシアに圧力圧力をかけていくとみなしている(Officials say they expect US to increase pressure on Russia despite report’s findings)
・ロシアの高官たちは12016年大統領選挙において、トランプ側とロシアに共謀はなかったとするマラー特別検察官の捜査報告書の結果を歓迎している。
 ロシア上院国際問題委員長、コンスタンチン・コサチェフは「我々が知っている事(共謀なし)を捜査報告は証明した」と書いた。
 コサチェフ及び他の高官は米国メディアの偏見と反ロシア感情を非難しつつ、米国はロシアに圧力をかけ続けるであろう、新しい制裁を目指すと述べた。
コサチェフは「ロシアは米国との関係改善への用意があるが、問題は“トランプにそのリスクをとる用意があるか”であり、ボルトン安全保障担当補佐官、ポムピオ国務長官等のタカ派の存在で出来ないであろう」と書いている。
 コサチェフの発言は他の賛同を得ており、プシュコフ上院議員は次のツイートをした。「
マラーはトランプとロシアの共謀の事実を何ら見いだせず。だが民主党員は共謀ありと叫んでいる」
 上院外交委員会委員長は“ロシアの選挙介入というこうした神話全てはロシアに圧力をかけるために作り出されたものでる”と述べている。
 クレムリンは現状ではコメントしていない。ペスコフ・クレムリン副報道官は“報告書自体をみておらず、詳細にコメントする立場にない“と述べている。
 ペスコフは関係改善するかと問われ、それは我々側にかかっているのではないと述べている。
B:評価
・基本構図は、「悪い奴(ロシア)がトランプと共謀したからトランプも罪」であり、共謀の事実が否定されたとしても、ロシアが悪い奴という評価は変わらない。

コメント(4)

まあ、基本的には変化なし・・・ということか。
>>[1]
この頃、判断に即答できぬ外交事態が続きます。
>>[2]

そうですね。まさに流動的、トランプの登場から・・・
>>[3]

トランプは危険ですが、歯止めをしらずぐいぐい追随する安倍晋三はもはや自民党の枠組みさえ超えています。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見 更新情報

孫崎亨・広原盛明・色平哲郎達見のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済