ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

Standard Jazz Songコミュのジョージ・ガーシュイン ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

George Gershwin (September 26, 1898 – July 11, 1937)
https://en.wikipedia.org/wiki/George_Gershwin


ジョージ・ガーシュインの作曲リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C70

ジョージ・ガーシュインが手がけたミュージカル(舞台)のリストです。
(彼の死後に作られたものが入っています)
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C70

ジョージ・ガーシュインが手がけた映画音楽のリストです。
(彼の死後に作られたものが入っています)
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C70

ジョージ・ガーシュインの受賞暦です。(活躍した時代が早かったので意外に少ない)
http://songwritershalloffame.org/songs/awards/C70


ジョージ・ガーシュインは15歳でティンパンアレイの仕事を始め、17歳で書いた曲が最初の商品になりました。
彼は1910年代にミュージカル(舞台)の音楽を手がけるようになっています。
彼は1920年代に作詞家のバディ・デ・シルヴァ (Buddy DeSylva) と出会い、コンビを組みミュージカルの曲を書いています。
ジョージの兄アイラとのコンビは1924年に始まっています。
この後、ガーシュイン兄弟の大活躍が続きます。

ジョージ・ガーシュインの代表作「ラプソディ・イン・ブルー」 Rhapsody in Blue は1924年に書かれています。
これはジョージのクラシック音楽の最初の作品になります。
彼は1920年代中ごろに仏に滞在し、クラシック音楽の作曲技法を学ぼうとしています。
このときの体験を元に1928年に「パリのアメリカ人」(An American in Paris) を発表しています。
彼は1929年に、現在の『20世紀フォックス』と契約し、映画音楽を手がけるようになりました。

(何度も同じことを書いていますが、トーキー映画は1927年に出現しています)

ジョージ・ガーシュインのもう一つの代表作、デュボーズ・ヘイワード (DuBose Heyward) の原作を元にしたオペラ(フォーク・オペラ)『ポーギーとベス』 (Porgy and Bess) は1935年に書かれています。
この作品の中からはいくつもの有名曲が生まれました。
「ナマズがジャンプする」という歌詞が出てくるサマータイム("Summertime")はこの作品の中の曲の一つです。

この 『ポーギーとベス』の興行成績が芳しくなかったので、彼は1936年にハリウッドに移り、RKO Picturesと契約し、ミュージカル映画『踊らん哉』 (Shall We Dance) を書いています。この映画はフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの主演で大ヒットしました。

翌1937年に彼は脳腫瘍で亡くなりました。
38歳でした。


ジョージ・ガーシュインの伝記的映画が作られています。
『アメリカ交響楽』(Rhapsody in Blue、1945年 アメリカ)
http://www.imdb.com/title/tt0038026/?ref_=fn_al_tt_1
この映画はリージョン2のDVDが出ています。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD-DVD-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%80/dp/B000VBNJWO/ref=sr_1_3?s=dvd&ie=UTF8&qid=1443975769&sr=1-3&keywords=Rhapsody+in+Blue

TVで放映された番組(らしいもの)が、邦題「ジョージ・ガーシュイン・ストーリー」としてリージョン2のDVDとして出ています。
George Gershwin Remembered (24 Aug. 1987)
http://www.imdb.com/title/tt0289063/?ref_=fn_tt_tt_1
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-DVD-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3/dp/B00005ELNV
ハロルド・アーレンやフレッド・アステアも出ています。


作曲家のソングブック・アルバムの中でも、ジョージ・ガーシュインのソングブック・アルバムは、たくさん作られている方に見えます。


------------- この項は推敲中です -------------



reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************
#224 - Ella Fitzgerald / Ella Sings Gershwin / MCA (DECCA) / 1946, 1947, 1950.
#208 - Bing Crosby / sings songs by George Gershwin / Decca / 1930's - 1950's
#198 - Ella Fitzgerald / Nice Work If You Can Get It / Pablo / 1983.
#161 - Chris Connor / Chris Connor Sings the George Gershwin Almanac of Song / Atrantic / 1956, 1957, 1959, 1961
#100 - Ella Fitzgerald / Sings the George and Ira Gershwin Song Book / Verve / 1959.
#51 - Sarah Vaughan / Sings George Gershwin / Master Jazz Records / 1957
#1 - Cheryl Bentyne / Gershwin Songbook / Artistshare / 2010


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【George Gershwin Songbook】
 André Previn / Gershwin
 André Previn / Porgy & Bess: An Original Soundtrack Recording
 André Previn / Previn plays Gershwin
 André Previn / We Got Rhythm: Gershwin Songbook
 Bill Charlap / Plays George Gershwin - The American Soul / 2005
 Brian Wilson / Reimagines Gershwin / 2010
 Craig Bohmler / Julie Hill / The George Gershwin Songbook
 Eddie Henderson / DREAMS OF GERSHWIN
 George Chakiris / Gershwin Songbook
 Helen Merrill / Chasin' the Bird (Gershwin)
 Herbie Hancock ‎/ Gershwin's World
 James Melton / James Milton Sings George Gershwin and Cole Porter
 Julie Wilson / Sings the George Gershwin Songbook
 Karin Krog / Sings Gershwin
 Kiri Te Kanawa / Kiri Sings Gershwin
 Lyambiko / Sings Gershwin
 Maureen McGovern / Naughty Baby
 Mel Torme & Frances Faye / George Gershwin's Porgy & Bess(ポギーとベス 全曲)
 Michael Feinstein / Michael & George : Feinstein Sings Gershwin
 Michael Feinstein / Nice Work If You Can Get It ● Songs By The Gershwins
 Michael Feinstein / Pure Gershwin
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays George Gershwin
 Pearl Bailey / Sings Porgy & Bess And Other Gershwin Me
 Patti Austin / Avant Gershwin
 Ralph Sharon / The Magic of George Gershwin
 Ran Blake / That Certain Feeling (George Gershwin Songbook)
 Ray Charles / Cleo Laine / Porgy & Bess
 Rita Reys / Rita Reys Sings The George Gershwin Songbook
 Rosemary Clooney / Rosemary Clooney Sings the Songs of Ira Gershwin
 Michael Tilson Thomas / Sarah Vaughan / Gershwin Live!
 Spider Saloff / Memory of All That: A Celebration of Gershwin
 Susannah McCorkle / Someone to Watch Over Me: Songs of George Gershwin
 Tony Bennett / Diana Krall / Love Is Here to Stay
 Zoot Sims / Zoot Sims and the Gershwin Brothers
 The Essential George Gershwin(色々な人の歌唱や演奏を集めた2枚組CD 全41曲)



*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Ambulatory Suite: Promenade (Walking the Dog), March of the Swiss Soldiers, Fidgety Feet" (George Gershwin/????) - (#102)
"Aren't You Kind of Glad We Did?" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#68, 135)
"Bidin' My Time" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#61, 134)
"Blah Blah Blah" (George Gershwin/Ira Gershwin/1931) - (#94, 180)
"Boy Wanted"(George Gershwin/Ira Gershwin/1921) - (#130)
"Boy! What Love Has Done to Me!" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#151)
"But Not for Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#39, 90, 105, 163, 201, 219, 227)
"By Strauss" (George Gershwin/Ira Gershwin/1936) - (#118)
"Cheerful Little Earful" (Harry Warren/Ira Gershwin & Billy Rose/1930) - (#159)
"Clap Yo' Hands"(George Gershwin/Ira Gershwin/1926) - (#127, 182)
"Do It Again" (George Gershwin/Buddy DeSylva/1922) - (#81)
"Embraceable You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#87, 97, 149, 194, 205, 212)
"Fascinating Rhythm" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#3, 93, 152, 187)
"A Foggy Day (in London Town)" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#19, 78, 126, 177, 199)
"For You, for Me, for Evermore"(George Gershwin/Ira Gershwin/1936) - (#128, 173)
"Funny Face" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#153)
"The Half of It, Dearie, Blues" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#137)
"He Loves and She Loves" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#73, 139)
"How Long Has This Been Going on" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#24, 63, 114, 190, 203, 232)
"I Can't Be Bothered Now" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#150, 191)
"I got plenty o' nuttin'" (George Gershwin/Ira Gershwin, DuBose Heyward/1935) - (#216)
"I Got Rhythm" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#3, 157, 170)
"I Love You Porgy" (George Gershwin/DuBose Heyward & Ira Gershwin/1935) - (#178)
"I Was Doing All Right" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#138, 184)
"I Won't Say I Will" (George Gershwin/Buddy DeSylva & Ira Gershwin/1923) - (#75, 85)
"I'll Build a Stairway to Paradise" (Buddy DeSylva & George Gershwin/Ira Gershwin/1922) - (#58)
"I've Got a Crush on You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#38, 66, 133, 166, 205, 231)
"(I've Got) Beginner's Luck" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#108, 171)
"Isn't It a Pity" (George Gershwin/Ira Gershwin/1933) - (#17, 54, 144)
"It ain't necessarily so" (George Gershwin/Ira Gershwin/1935) - (#215)
"Just Another Rhumba" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#112)
" (Oh Sweet and Lovely) Lady Be Good" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#20, 109, 230)
"Let's Call the Whole Thing Off" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#46, 79, 107, 202)
"Let's Kiss and Make Up" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#156)
"Little Jazz Bird" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#183)
"Liza (All the Clouds'll Roll Away)" (George Gershwin/Ira Gershwin & Gus Kahn/1929) - (#168, 222)
"Looking for a Boy" (George Gershwin/Ira Gershwin/1925) - (#72, 122, 169, 228)
"Lorelei" (George Gershwin/Ira Gershwin/1933) - (#65, 154)
"Love Is Here to Stay" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#6, 142, 188)
"Love Is Sweeping the Country" (George Gershwin/Ira Gershwin/1931) - (#140, 174)
"Love Walked In" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#82, 146, 192, 218)
"The Man I Love" (George Gershwin/Ira Gershwin/1924) - (#37, 62, 95, 98, 116, 175)
"Maybe" (George Gershwin/Ira Gershwin/1926) - (#92, 220, 233)
"Mine" (George Gershwin/Ira Gershwin/1933) - (#221)
"My Cousin in Milwaukee" (George Gershwin/Ira Gershwin/1932) - (#124)
"My Man's Gone Now" (George Gershwin/DuBose Heyward/1935) - (#74)
"My One and Only (What Am I Gonna Do?)" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#64, 86, 106, 185, 226)
"Nice Work If You Can Get It" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#48, 96, 110, 179, 200, 229)
"Of Thee I Sing" (George Gershwin/Ira Gershwin/1931) - (#58, 83, 136, 164)
"Oh, So Nice!" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#155)
"The Preludes: Prelude I, Prelude II, Prelude III" (George Gershwin/1926) - (103)
"The Real American Folk Song (Is a Rag)" (George Gershwin/Ira Gershwin/1918) - (#120)
"Sam and Delilah" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#104)
"Shall We Dance?" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#145)
"Slap That Bass" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#143, 172)
"Somebody From Somewhere"(George Gershwin/Ira Gershwin/1931) - (#125)
"Somebody Loves Me" (George Gershwin/Ballard MacDonald & Buddy DeSylva/1924) - (#158, 193, 217)
"Someone to Watch Over Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1926) - (#21, 60, 119, 205, 225)
"Soon" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#91, 132, 167, 234)
"Stiff upper lip"(George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#129)
"Strike Up the Band"(George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#131, 165, 195)
"Summertime" (George Gershwin/DuBose Heyward/1935) - (#18, 67, 84, 178, 196, 214)
"Swanee" (George Gershwin/Irving Caesar/1919) - (#209)
"S'wonderful" (George Gershwin/Ira Gershwin/1927) - (#49, 89, 115, 176)
"That Certain Feeling" (George Gershwin/Ira Gershwin/1925) - (#117, 186)
"There's a Boat That's Leavin' Soon For New York" (George Gershwin/DuBose Heyward & Ira Gershwin/1935) - (#178)
"They All Laughed" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#70, 123, 189)
"They Can't Take That Away From Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#88, 148, 181, 206, 213)
"Things Are Looking Up" (George Gershwin/Ira Gershwin/1937) - (#80, 111)
"Treat Me Rough" (George Gershwin/Ira Gershwin/1930) - (#141)
"Who Cares?" (George Gershwin/Ira Gershwin/1931) - (#121, 204)
"You've Got What Gets Me" (George Gershwin/Ira Gershwin/1932) - (#147)


コメント(234)

"Strike Up the Band"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については>>[131] をご覧ください。

>>[165] とは別の録音です。


"Summertime"

作曲: George Gershwin
作詞: DuBose Heyward
作曲年 1935

曲情報については>>[18] をご覧ください。



これで
Chris Connor / Chris Connor Sings the George Gershwin Almanac of Song
の全トラックが紹介できました。

ジョージ・ガーシュインのソングブックは非常に多く発見できています。

ぼちぼちと続けていきましょう。
次はこれにしましょう。

Ella Fitzgerald / Nice Work If You Can Get It

Label: Pablo

Recorded in New York: May 23, 1983.

1. A Foggy Day (George Gershwin / Ira Gershwin)
2. Nice Work If You Can Get It (George Gershwin / Ira Gershwin)
3. But Not for Me (George Gershwin / Ira Gershwin)
4. Let's Call the Whole Thing Off (George Gershwin / Ira Gershwin)
5. How Long Has This Been Going On? (George Gershwin / Ira Gershwin)
6. Who Cares? (George Gershwin / Ira Gershwin)
7. Medley: I've Got a Crush on You/Someone to Watch Over ... (George Gershwin / Ira Gershwin)
8. They Can't Take That Away from Me (George Gershwin / Ira Gershwin)

Musicians:
Ella Fitzgerald (vo)
André Previn (p)
Niels-Henning Ørsted Pedersen (b)

アルバムの解説はこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Nice_Work_If_You_Can_Get_It_(album)

エラのソングブック・アルバムとしては最後の作品になるようです。
ピアノの名手、アンドレ・プレヴィンとベースの名手ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセンを迎えてのガーシュイン・ソングブックで、全曲ともしっとりと歌い上げています。
エラにとっては
Ella Sings Gershwin / Decca / 1950
Sings the George and Ira Gershwin Song Book / Verve / 1959
に続く3回目のガーシュイン・ソングブックになります。
プロデュースは2回目と同じノーマン・グランツの手になります。

CDなのに8曲しか入っていないのは(やや)疑問なのですが…

アルバム・ジャケットは楽しいイラストになっています。

アルバムのライナーノーツを Benny Green が書いています。
トロンボニストのベニー・グリーンは1977年没、ピアニストのベニー・グリーンは1963年生まれなのでビアにストのベニー・グリーンの方になるのでしょう。
(古くからのジャズファンにとってはこの同名は悩ましいときがあります)


"A Foggy Day (in London Town)"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については >>[19] をご覧ください。

>>[126] のエラと聴き比べてください。
1959年と1983年のエラの声の変化がよくわかります。



"Nice Work If You Can Get It"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[48]をご覧ください。

歌詞をじっくりと聞いてください。
特に性別を表すところを…



"But Not for Me"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1930

曲情報については >>[39] をご覧ください

1983年という円熟したエラの歌唱ですね。


"Let's Call the Whole Thing Off"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[46]をご覧ください。

>>[107] の1959年のエラの録音と聞き比べてみてください。

ここの所はいつも笑わせてくれますね :-)
Vanilla vanella chocolate strawberry
Let's call the whole thing off



"How Long Has This Been Going on"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については >>[24] をご覧ください。



"Who Cares?"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1931

曲情報については>>[121] をご覧ください。
また、>>[121] と聞き比べてみてください。



"Medley: I've Got a Crush on You/Someone to Watch Over Me/Embraceable You"

"I've Got a Crush on You"
作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1928
>>[38]

"Someone to Watch Over Me"
作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1926
>>[21]

"Embraceable You"
作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1928
>>[87]

この3曲をメドレーにした理由は、それぞれの曲の歌詞を眺めて考えてみてください。



"They Can't Take That Away From Me"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[88] をご覧ください。

いいですねぇ…



これで
Ella Fitzgerald / Nice Work If You Can Get It
の全トラックの紹介ができました。

エラの賑やかなライブ・レコーディングと比べて、実にしっとりと、落ち着いた演奏歌唱になっていました。
また、アンドレ・プレヴィン、ニールス=ヘニング・エルステッド・ペデルセンの演奏も素晴らしいものでしたね。

エラにはもう1枚、ジョージ・ガーシュイン・ソングブック・アルバムが残っています。
エリス・ラーキンスと録音した、Ella Sings Gershwin / Decca / 1950 です。
いずれこのトピックで取り上げたいと考えています。


ジョージ・ガーシュインのソングブックは非常に多く発見できています。

ぼちぼちと続けていきましょう。



次はこれにしましょう。

Bing Crosby / sings songs by George Gershwin

Label: Decca

Recorded 1930's - 1950's

1. Swanee
2. Embraceable you
3. They can't take that away from me
4. Summer Time
5. It ain't necessarily so
6. I got plenty o' nuttin'
7. Somebody loves me
8. Love walked in
9. But not for me
10. Maybe
11. Mine
12. Liza

Musicans:
Bing Crosby (vo)
Judy Garland (vo) (11)

このアルバムにはいくつかの種類があり、それぞれ収録曲数が異なるようです。

私の手元にありますのはLPで、日本の Victor が発売したものです。

もともとは Decca Records がLPレコード初期の1949年に発売した8曲に、それまでSP版で出ていた4曲を合わせて編集したものです。
(ライナーノーツにはこうあります)

こんな資料もあります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Bing_Crosby_Sings_Songs_by_George_Gershwin


当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの大スターだったビング・クロスビーがどれだけ素晴らしかったか、じっくりと聴いてみましょう。






"Swanee"

作曲: George Gershwin
作詞: Irving Caesar
作曲年 1919

この曲は、レビュー Demi-Tasse のために書かれた曲で、なんといってもアル・ジョルスンの歌唱でよく知られている曲です。
アル・ジョルスンは1920年にこの曲を録音しています。

1919年頃というのは手回し蓄音機とSPレコードの時代で、それぞれがまだまだ高価で、一般には普及していない時代でした。
これまで何度か書いてきましたが、当時は楽譜を手に入れて、一般家庭でその楽譜を見ながら(何らかの)楽器を演奏しながら歌うというような時代だったようです。
レビューが行われたN.Y.のキャビトル劇場では、この曲の楽譜が売られていたのですが、あんまり売れなかったので、ジョージ・ガーシュインはかなり落胆したそうです。
しかし、アル・ジョルスンが歌って大ヒットし、スタンダード曲となりました。



I've been away from you a long time
I never thought I'd missed you so
Somehow I feel
You love is real
Near you I long to/wanna be

The birds are singin', it is song time
The banjos strummin' soft and low
I know that you
Yearn for me too
Swanee ! You're calling me !

Chorus :
Swanee !
How I love you, how I love !
My dear ol' Swanee
I'd give the world to be
Among the folks in
D-I-X-I-E-ven no[w]My mammy's
Waiting for me
Praying for me
Down by the Swanee
The folks up north will see me no more
When I go to the Swanee Shore !

(bis Chorus)
Swanee, Swanee, I am coming back to Swanee !
Mammy, Mammy, I love the old folks at home !

引用元はここ
https://genius.com/George-gershwin-swanee-lyrics

歌詞の和約があります。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~lyricssongs/TEXT/S689.htm

アル・ジョルスンの動画がありました。
彼は(白人です)顔を黒塗りしてステージに立ちました。



>>[209]

"Swanee"


蛇足ですが…

リンカーンによる奴隷解放宣言が1862年。
第一次世界大戦の収量が1918年。
USの産業構造の変化も相まって、南部の黒人たちが北部へ移住するようになりました。
また、ニューオリンズの紅灯街が政府の命令で営業禁止になったのが1917年です。
南部のミュージシャンたちも北部の都市を目指して移住していきました。

この程度のUSの歴史をかじると、南部のスワニー川への望郷の想いも理解しやすくなりませんでしょうか。

>>[210]

収量 → 終了

ですね(汗)
 
"Embraceable You"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1928

曲情報については>>[87] をご覧ください。



"They Can't Take That Away From Me"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[88] をご覧ください。


"Summertime"

作曲: George Gershwin
作詞: DuBose Heyward
作曲年 1935

曲情報については>>[18] をご覧ください。


"It ain't necessarily so"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1935

この曲は、ミュージカル(舞台)Porgy and Bess (1935) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/11998
https://en.wikipedia.org/wiki/Porgy_and_Bess

ビング・クロスビーのこの録音は、1936年のもののようです。



It ain't necessarily so
It ain't necessarily so
The t'ings dat yo' li'ble
To read in de Bible
It ain't necessarily so

Li'l David was small, but oh my !
Li'l David was small, but oh my !
He fought Big Goliath
Who lay down an' dieth !
Li'l David was small, but oh my !

Wadoo, zim bam boodle-oo
Hoodle ah da wa da
Scatty wah !
Oh yeah !

Oh Jonah, he lived in de whale
Oh Jonah, he lived in de whale
Fo' he made his home in
Dat fish's abdomen
Oh Jonah, he lived in de whale

Li'l Moses was found in a stream
Li'l Moses was found in a stream
He floated on water
Till Ol' Pharaoh's daughter
She fished him, she said, from dat stream

Wadoo, zim bam boodle-oo
Hoodle ah da wa da
Scatty wah !
Oh yeah !

Well, it ain't necessarily so
Well, it ain't necessarily so
Dey tells all you chillun
De debble's a villun
But it ain't necessarily so !

To get into Hebben
Don' snap for a sebben !
Live clean ! Don' have no fault !
Oh, I takes dat gospel
Whenever it's pos'ble
But wid a grain of salt

Methus'lah lived nine hundred years
Methus'lah lived nine hundred years
But who calls dat livin'
When no gal will give in
To no man what's nine hundred years ?

I'm preachin' dis sermon to show
It ain't nessa, ain't nessa
Ain't nessa, ain't nessa
Ain't necessarily so !

引用元はここ
https://genius.com/George-gershwin-it-aint-necessarily-so-lyrics

歌詞の和約があります。
https://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200507250000/


"I got plenty o' nuttin'"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin, DuBose Heyward
作曲年 1935

この曲は、ミュージカル(舞台)Porgy and Bess (1935) で使われました。
http://www.ibdb.com/Production/View/11998
https://en.wikipedia.org/wiki/Porgy_and_Bess

ポーギーとベスのなかでもよく知られている曲の一つです。



[PORGY]
Oh, I got plenty o' nuttin'
An' nuttin's plenty fo' me
I got no car, got no mule, I got no misery
De folks wid plenty o' plenty
Got a lock an dey door
'Fraid somebody's a-goin' to rob 'em
While dey's out a-makin' more
What for?
I got no lock an de door
(Dat's no way to be)
Dey kin steal de rug from de floor
Dat's okeh wid me
'Cause de things dat I prize
Like de stars in de skies
All are free
Oh, I got plenty o' nuttin'
An' nuttin's plenty fo' me
I got my gal, got my song
Got Hebben de whole day long!
No use complainin'!
Got my gal, got my Lawd, got my song

[WOMEN]
Porgy change since dat woman come to live with he

[SERENA]
How he change?

[ALL]
He ain't cross with chillen no more, an' ain't you hear how he an' Bess all de time singin' in their room?

[MARIA]
I tells you dat cripple's happy now

[ALL]
Happy

[PORGY]
I got plenty o' nuttin'
An' nuttin's plenty fo' me
I got de sun, got de moon
Got de deep blue sea
De folks wid plenty o' plenty
Got to pray all de day
Seems wid plenty you sure got to worry
How to keep de debble away
I ain't afrettin' 'bout hell
Till de time arrive
Never worry long as I'm well
Never one to strive
To be good, to be bad
What de hell, I is glad l's alive
Oh, I got plenty o' nuttin'
An' nuttin's plenty fo' me
I got my gal, I got my song
Got Hebben de whole day long
No use complainin'
Got my gal, (got his gal)
Got my Lawd, (got his Lawd)
Got my/his song!

引用元はここ
https://genius.com/George-gershwin-i-got-plenty-o-nuttin-lyrics

歌詞の和約があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song93.html
"Somebody Loves Me"

作曲: George Gershwin
作詞: Ballard MacDonald & Buddy DeSylva
作曲年 1924

曲情報については >>[158] をご覧ください。


"Love Walked In"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1930

曲情報については>>[82] をご覧ください。

いい曲ですねぇ…



"But Not for Me"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1930

曲情報については >>[39] をご覧ください


"Maybe"

作曲 : George Gershwin
作詞 : Ira Gershwin
作曲年 1926

曲情報については>>[92] をご覧ください。


"Mine"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1933

この曲はミュージカル(舞台)Let 'Em Eat Cake (1933) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Let_%27Em_Eat_Cake
https://www.ibdb.com/broadway-production/let-em-eat-cake-11773

ビングと一緒に歌っているのはジュディ・ガーランドです。



[WINTERGREEN]
Mine, love is mine
Whether it rain or storm or shine

[MARY]
Mine, you are mine
Never another valentine

[WINTERGREEN AND MARY]
And I am yours
Tell me that I'm yours
Show me that smile my heart adores
Mine, more than divine
To know that love like yours is mine

[REPORTERS]
The point they're making in the song
Is that they more than get along
And he is not ashamed to say
She made him what he is today
It does a person good to see
Such happy domesticity
The way they're making love, you'd swear
They're not a married pair
He says no matter what occurs
Whatever he may have is hers
The point that she is making is
Whatever she may have is his

[ALL]
Mine, more than divine
To know that love like yours is mine

引用元はここ
https://genius.com/George-gershwin-mine-lyrics

歌詞の和約があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song406.html

"Liza (All the Clouds'll Roll Away)"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin & Gus Kahn
作曲年 1929

曲情報については>>[168] をご覧ください。

ビング・クロスビーはヴァースから歌っています。



ヴァースの歌詞を貼り付けておきます。

Moon shinin' on the river come along, my Liza
Breeze singin' through the treetops come along, my Liza
Somethin' mighty sweet I want to whisper sweet and low
That you ought to know, my Liza

I get lonesome, honey, when I'm alone so long
Don't make me wait, don't hesitate, come and hear my song

引用元はここ
https://genius.com/Al-jolson-liza-all-the-cloudsll-roll-away-lyrics
これで
Bing Crosby / sings songs by George Gershwin
の、全トラックが紹介できました。

ビング・クロスビーはクルーナー唱法の先駆けと言われています。
彼の出現までの大歌手、アル・ジョルスンやビリー・エクスタインとは根本的に違う唱法になります。

また、当時のビング・クロスビーは、歌手としてだけではなく映画俳優としても大活躍し、世界的な人気を博していました。

(昨今の若い人は、12月ごろになると流れてくるホワイトクリスマスあたりでしか耳にすることがないおじさんなのかもしれませんが…)


ジョージ・ガーシュインのソングブックはまだまだ発見できています。
中には手に入りにくいものもありますが、ぼちぼちと続けていきましょう。



次はこれにしましょう。

Ella Fitzgerald / Ella Sings Gershwin

Label: MCA (DECCA)

Recorded in 1946, 1947, 1950.

1. Someone to Watch Over Me
2. My One and Only (What Am I Gonna Do)
3. But Not for Me
4. Looking for a Boy
5. Nice Work If You Can Get It
6. Oh, Lady Be Good
7. I've Got a Crush on You
8. How Long Has This Been Going On?
9. Maybe
10. Soon
11. I'm Just a Lucky So and So
12. I Didn't Mean a Word I Said

Musicians:
Ella Fitzgerald (vo)
Ellis Larkins (p) (1 -5, 7-10) (1950)

Bob Haggarts Orchestra (6) (1947)
Billy Kyle and His Trio (11, 12) (1946)

このアルバムは、DECCA から最初にLPとしてリリースされ、その時の収録曲は次のものです。
(左のアルバムジャケットです)
Someone To Watch Over Me
My One And Only (What Am I Gonna Do)
But Not For Me
Looking For A Boy
I've Got A Crush On You
How Long Has This Been Going On
Maybe
Soon

後にMCAからLPとしてリリースされたときに追加されたトラックがあります。
アルバムジャケットも2種類あるようです。

現時点では、CD化されていないようです。

エラにとって、最初のソングブックアルバムになります。

わたしの手元にあるのはMCAのLPです。

"Someone to Watch Over Me"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1931

曲情報については>>[121] をご覧ください。

音源が youtube にあるか心配だったのですが、見つかりました。



"My One and Only (What Am I Gonna Do?)"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については >>[64] をご覧ください。



>>[106] の Ella Fitzgerald / Sings the George and Ira Gershwin Song Book の動画が消えていますので、改めて貼り付けておきます。
聴き比べてください。



"But Not for Me"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1930

曲情報については >>[39] をご覧ください



"Looking for a Boy"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1925

曲情報については>>[72] をご覧ください。



"Nice Work If You Can Get It"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1937

曲情報については>>[48]をご覧ください。



" (Oh Sweet and Lovely) Lady Be Good"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1924

曲情報については>>[20]をご覧ください。



"I've Got a Crush on You"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1928

曲情報については>>[38] をご覧ください。



"How Long Has This Been Going on"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については >>[24] をご覧ください。



"Maybe"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1926

曲情報については>>[92] をご覧ください。


"Soon"

作曲: George Gershwin
作詞: Ira Gershwin
作曲年 1927

曲情報については>>[91] をご覧ください。


ログインすると、残り194件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。