ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

Standard Jazz Songコミュのコール・ポーター ソングブック

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Cole Porter (June 9, 1891 – October 15, 1964)
https://en.wikipedia.org/wiki/Cole_Porter


コール・ポーターの作曲リストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/C19

コール・ポーターが手がけたミュージカル(舞台)のリストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/stage/C19

コール・ポーターが音楽を手がけた映画のリストです。
http://songwritershalloffame.org/songs/film_scores/C19

コール・ポーターは、ごく一部の例外を除いて、自身で作詞作曲を手がけています。


tamaeさんはコール・ポーターについて、いくつものすばらしいエッセイを書かれています。
ほのめかしの美学 < It's All Right with Me > 対訳ノート(21)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2009/10/-its-all-right-with-me-21.html
寺井珠重の対訳ノート(17) Just One of Those Things (Cole Porter)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2009/07/17-just-one-of-those-things-co.html
淑女の一分:Miss Otis Regrets (Cole Porter)
http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/2008/02/post-18.html

コール・ポーターの半生を描いた伝記的映画が作られています。
De-Lovely (2004) 邦題 : 『五線譜のラブレター』
http://www.imdb.com/title/tt0352277/
この映画は、リージョン2のDVDが出ています。

もう一つ、コール・ポーターの伝記的映画がありました。
Night and Day (1946) 邦題『夜も昼も』
http://www.imdb.com/title/tt0038776/?ref_=fn_al_tt_3
この映画は、リージョン2のDVDが出ています。




コール・ポーターの曲は「都会的」とも言える特長があって、"Love for sale"のように、日本の学校では紹介がためらわれそうな曲や "I Get a Kick Out of You"の歌詞の中に「コカイン」というフレーズが出てきて、後年は歌手によってその部分を変えて歌われたり、"It's All Right With Me"という「浮気の歌」があったり(粋な曲ですね)"Too Darn Hot"では「暑うてその気にもならんわなぁ」という曲があったりと、ニヤリとさせる曲がたくさんあります。




----------- この項は推敲中です --------------



reserved にありますのは、このトピックで未登場のアルバムです。
リソースをお持ちの方がいらっしゃいましたら、このトピックで詳しく取り上げていただけませんでしょうか

*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************

#234 - Salena Jones / I Love Paris: Salena Jones Sings Cole Porter / JVC / 1992
#220 - Illinois Jacquet / Bosses of the Ballad: Illinois Jacquet and Strings Play Cole Porter / Argo / 1964
#206 - Susannah McCorkle ‎/ Easy To Love - The Songs Of Cole Porter / Concord Records / 1996
#204 - Calabria Foti ‎/ In The Still Of The Night / MoCo / 2017
#185 - Charlie Parker ‎/ Charlie Parker Plays Cole Porter / Verve Records / 1950 - 1954
#165 - Anita O'Day / Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May / Verve / 1959
#147 - Ella Fitzgerald / Dream Dancing / Pablo Records / 1978 and 1972.
#135 - Rosemary Clooney / Rosemary Clooney Sings the Music of Cole Porter / Concord Records / 1982.
#96 - Mabel Mercer ‎/ Mabel Mercer Sings Cole Porter / RHINO(Atrantic) / 1951 - 1969.
#77 - Dionne Warwick ‎/ Sings Cole Porter / Arista / 1990
#60 - Patricia Barber / The Cole Porter Mix / Blue Note / 2007
#1 - Ella Fitzgerald / Sings the Cole Porter Song Book / Verve / 1956


*********************************************************
reserved (alphabetical)
*********************************************************
【Cole Porter Songbook】
 Benny Carter ‎/ Plays Cole Porter's Can-Can And Anything Goes
 Bing Crosby Sings Cole Porter Songs
 Bobby Short / Bobby Short Loves Cole Porter / Guess Who's in
 Cheryl Bentyne / Cole Porter Songbook
 Cybill Shepherd / Cybill Does It...To Cole Porter
 Daryl Sherman / Mississippi Belle: Cole Porter In The Quarter
 Dave Brubeck Quartet / Anything Goes: The Dave Brubeck Quartet Plays Cole Porter
 Eri Ohno & the Great Jazz Trio / Easy to Love
 Ethel Merman / Something for the Boys
 George Shearing / Barry Tuckwell / Play the Music of Cole Porter
 Harry Allen / Cole Porter Songs
 Helen Merrill / Helen Merrill Sings Cole Porter
 James Melton / James Milton Sings George Gershwin and Cole Porter
 Janet Seidel / DeLovely: Live at the Woodfire
 Janet Seidel / Sweetest Live
 Jeri Southern ‎– Jeri Southern Meets Cole Porter
 Julie London / All Through The Night
 Julie Wilson / Sings the Cole Porter Songbook
 Kiri Te Kanawa / Kiri Sings Porter
 Lee Konitz & Franco D'Andrea / Inside Cole Porter
 Lee Konitz & Red Mitchell ‎/ I Concentrate On You - A Tribute To Cole Porter
 Leslie Hutchinson / Hutch sings Cole Porter
 New York Swing / New York Swing: Cole Porter
 Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays Cole Porter
 PEARL BAILEY / SINGS THE COLE PORTER SONGBOOK
 Randy Porter / Porter Plays Porter (feat. Nancy King)  
 Rebecca Luker / Anything Goes: Rebecca Luker Sings Cole Porter
 Salena Jones / I Love Paris ● Salena Jones Sings Cole Porter
 Spider Saloff / Cole Porter Live at Maxim's
 Stéphane Grappelli ‎– Stéphane Grappelli Plays Cole Porter
 Stevie Holland / Love Linda: The Life of Mrs. Cole Porter
 

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Ace in the Hole" (Cole Porter/1942) - (#48, 128)
"After You" (Cole Porter/1932) - (#101, 156)
"All of You" (Cole Porter/1954) - (#23, 90, 132, 159, 171)
"All Through the Night" (Cole Porter/1934) - (#5, 228)
"Anything Goes" (Cole Porter/1934) - (#12, 87, 145, 160, 208)
"At Long Last Love" (Cole Porter/1938) - (#161)
"Begin the Beguine" (Cole Porter/1935) - (#24, 85, 196, 229)
"C'est Magnifique" (Cole Porter/1953) - (#68, 162)
"Do I Love You?" (Cole Porter/1939) - (#18, 231)
"Don't Fence Me In" (Cole Porter/Robert Fletcher & Cole Porter/1934) - (#52)
"Down In The Depth"(Cole Porter/1936) - (#133, 154)
"Dream Dancing" (Cole Porter/1941) - (#148)
"(You'd Be So) Easy to Love" (Cole Porter/1934) - (#31, 61, 169, 195, 216)
"Ev'ry Time We Say Goodbye" (Cole Porter/1944) - (#22, 98, 218, 226)
"Experiment" (Cole Porter/1933) - (#99)
"From This Moment On" (Cole Porter/1950) - (#27, 131, 181, 212, 237)
"Get Out of Town" (Cole Porter/1938) - (#25, 70, 139, 172, 222)
"I Am Ashamed That Women Are So Simple" (Cole Porter/1948) - (#126)
"I Am in Love" (Cole Porter/1953) - (#26)
"I Concentrate on You" (Cole Porter/1940) - (#51, 56, 71, 91, 140, 150, 224)
"I Get a Kick Out of You" (Cole Porter/1934) - (#17, 63, 80, 138, 158, 170, 186, 187)
"I Love Paris" (Cole Porter/1953) - (#28, 79, 193, 194)
"I Love You" (Cole Porter/1944) - (#176, 221)
"I Wait for Late Afternoon and You" (Patricia Barber/2007) - (#62)
"I'm Always True to You in My Fashion" (Cole Porter/1948) - (#19)
"I've Got You Under My Skin" (Cole Porter/1936) - (#50, 83, 142, 149, 173, 190, 232)
"In the Still of the Night" (Cole Porter/1937) - (#16, 72, 137, 199)
"It's All Right With Me" (Cole Porter/1953) - (#32, 86, 103, 210, 230)
"It's De-Lovely" (Cole Porter/1936) 1936 - (#39, 97, 143, 175)
"Just One of Those Things" (Cole Porter/1935) - (#21, 66, 92, 130, 141, 157, 166, 183, 188, 205, 209)
"Let's Do It (Let's Fall in Love)" (Cole Porter/1928) - (#20, 58, 217)
"Looking at you" (Cole Porter/1928) - (#124)
"Love for Sale" (Cole Porter/1930) - (#38, 152, 167, 182, 191, 192, 201)
"Miss Otis Regrets" (Cole Porter/1934) - (#13, 74)
"My Heart Belongs to Daddy"(Cole Porter/1938) - (#137, 151, 179, 189)
"The New Year's Eve Song" (Patricia Barber/2007) - (#75)
"Night and Day" (Cole Porter/1932) - (#47, 78, 94, 174, 197, 207)
"Ours" (Cole Porter/1936) - (#100)
"Ridin' High" (Cole Porter/1936) - (#30)
"Snow" (Patricia Barber/2007) - (#67)
"So in Love" (Cole Porter/1948) - (#49, 81, 104, 223)
"So Near and Yet So Far" (Cole Porter/1941) - (#153)
"Too Darn Hot" (Cole Porter/1948) - (#14)
"Use Your Imagination" (Cole Porter/1950) - (#127, 227)
"What Is This Thing Called Love?" (Cole Porter/1929) - (#34, 73, 81, 177, 198, 200)
"When Love Comes Your Way" (Cole Porter/1933 - (#125)
"Where Oh Where" (Cole Porter/1950) - (#102)
"Weren't We Fools? " (Cole Porter/1927) - (#211)
"Who Wants To Be A Millionaire?" (Cole Porter/1956) - (#213)
"Why Can't You Behave?" (Cole Porter/1948) - (#33)
"Why Don't We Try Staying Home?" (Cole Porter/1929) - (#214)
"Why Shouldn't I?" (Cole Porter/1935) - (#180)
"Without Love" (Cole Porter/1954) - (#163)
"You Do Something to Me" (Cole Porter/1929) - (#29, 215, 225, 236)
"You'd Be So Nice to Come Home To" (Cole Porter/1943) - (#93, 168)
"You're the Top" (Cole Porter/1934) - (#35, 53, 57, 64, 82, 144, 178)


コメント(237)

"What Is This Thing Called Love?"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1929

曲情報については >>[34] をご覧ください。



"In the Still of the Night"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1937

曲情報については >>[16] をご覧ください。

元の音源はSP盤としてリリースされたもののようです。
https://www.discogs.com/Charlie-Parker-And-His-Orchestra-In-The-Still-Of-The-Night-Old-Folks/release/10347795



"What Is This Thing Called Love? (Jam Session)"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1929

曲情報については >>[34] をご覧ください。

冒頭からの(P)は誰か、すぐに判りますね :-)
他のソロイストも何となく判ってしまうでしょう。


"Love For Sale (Alternate Take #2) "

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1930

曲情報については>>[38] をご覧ください。

>>[191], >>[192] のさらに別テイクです。


これで
Charlie Parker ‎/ Charlie Parker Plays Cole Porter
の全トラックが紹介できました。

コール・ポーターのソングブックはまだまだ発見できています。

ぼちぼちと続けていきましょう。

ミュージカル映画 Kiss Me Kate (1953) 邦題『キス・ミー・ケイト』を観ました。

https://www.imdb.com/title/tt0045963/?ref_=nv_sr_1?ref_=nv_sr_1
https://en.wikipedia.org/wiki/Kiss_Me_Kate_(film)

たぶん、昔に見たはずなのですが…

皆さんご存知のように、シェイクスピアの戯曲『じゃじゃ馬ならし』を原作とするミュージカルで、音楽をコール・ポーターが担当しています。
おなじみのスタンダード曲がいくつも出てきます。

主演はハワード・キール、キャスリン・グレイソン、アン・ミラーです。



"Too Darn Hot", 歌詞の "According to the Kinsey report, Every average man you know" の 'man' が 'girl' になっています。




さらに映画公開時あたりにはダンサーとして活動していたボブ・フォッシーが出てきます。
彼のダンスシーンの一つは、この映画公開時点の1953年ではありえないような斬新なもので、後年彼が振付師として活躍した映画に通じるダンスを見せてくれます。

タイツが橙色で、半分が橙色で半分が黄色のシャツで踊っているのがボブ・フォッシーのようです。





DVDには Special Feature があって、このDVD作成時点で存命の出演者たちが登場し当時の思い出を語る映像があります。

映画の中ではあれだけ若くて生き生きしていた人たちが、こんなに年を取った姿を見せてくれるというのも驚きでした。

改めてダンサーたちの運動機能とミュージカル俳優の『歌って踊ってお芝居をして』の凄さを感じさせてくれる作品でした。

また時間を作って見直してみたい映画です。

このアルバムに少しだけ触れておきましょう。

Calabria Foti ‎/ In The Still Of The Night

Label: MoCo

Recorded in 2017

1 Just One Of Those Things
2 Miss Otis Regrets
3 Anything Goes
4 What Is This Thing Called Love?
5 Night And Day
6 I Concentrate On You
7 Ev'ry Time We Say Goodbye
8 Get Out Of Town
9 It's Alright With Me
10 So In Love
11 In The Still Of The Night


Musicians:
Calabria Foti (vo)
Ike Sturm (b)
Richard Locker (cello)
Eddie Daniels (cl)
Jared Schonig (ds)
Gene Bertoncini (g)
Michael Patterson (p)
Bob McChesney (tb)


カラブリア・フォティは現代を代表する素晴らしい歌姫の一人です。

Youtubeで検索すると判るのですが、彼女のアルバムはほとんど出てきません。
これは彼女のこれまでのレコード会社 Moco Records とyoutube の折り合いの関係、あるいはレコード会社のポリシーと思われるのですが、youtubeで検索するだけでは彼女にどれだけのアルバムがあるのかわからないという、いわばビジネス用語でいうところの『機会損』の状態にあると思っています。

彼女のアルバムから動画を作ってyoutubeに上げると、Moco records がyoutubeに動画を削除するように申し入れます。

これは Moco Records の他のアーティストのアルバムについても同じことが起こります。

というようなことがあるので、このアルバムは説明用のデータだけにしておきます。

強調しておきたいのは、アルバム自体は素晴らしい出来です。


"Just One of Those Things"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1935

曲情報については>>[21] をご覧ください。

現時点で一つだけこのアルバムの動画を見つけました。
誰が上げたのか、いつまで残っているかは判りません。


次はこれにしましょう。

Susannah McCorkle ‎/ Easy To Love - The Songs Of Cole Porter

Label: Concord Records

Recorded in 1996

1 Night & Day
2 Anything Goes

The "Spilt Milk" Medley
3 Just One Of Those Things
4 It's All Right With Me
-
5 Weren't We Fools?
6 From This Moment On
7 Who Wants To Be A Millionaire?
8 Why Don't We Try Staying Home?
9 You Do Something To Me
10 Easy To Love
11 Goodbye Little Dream, Goodbye
12 You'd Be So Nice To Come Home To
13 Let's Do It
14 Ev'rytime We Say Goodbye


Musicians:
Susannah McCorkle (vo)
Allen Franham (p, except on 3, 8 & 11)
Steve Gilmore (b, except on 3, 5, 8, & 11)
Rich De Rosa (ds, except on 3, 5, 8, & 11)
Randy Sandke (tp, on 1, 4, 7, 9, 10 & 12)
(flugelhorn, 2 & 14)

with special guests (on tracks 1, 2, 4, 7, 9, 13)
Chris Potter (as)
Robert Trowers (tb)
Ken Peplowski (ts, cl on 7)


スザンナ・マッコークルは既に他のトピでも登場しているのですが、彼女についての情報は Wikipedia をご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Susannah_McCorkle
早逝したのが惜しまれる人です。

これまで登場していない曲がいくつか含まれています。

アルバムジャケットには、彼女が "THE COMPLETE LYRICS OF COLE PORTER" と背表紙に書いてある本を手にしていますが、本当にこの本は存在するのでしょうか?


"Night and Day"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1932

曲情報については >>[47] をご覧ください。



"Anything Goes"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1934

曲情報については >>[12] をご覧ください

Chris Potter (as) のソロが入っています。


"Just One of Those Things"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1935

曲情報については>>[21] をご覧ください。



"It's All Right With Me"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1953

曲情報については >>[32] をご覧ください。

何回聞いても、粋な歌ですね :-)

(tp)は Randy Sandke, (as)は Chris Potter です。


"Weren't We Fools? "

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1927

この曲は、Fanny Brice が出演するヴォードヴィルのために書かれた曲だそうです。
Fanny Brice についてはこちらをご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Fanny_Brice

Fanny Brice は、ミュージカル(舞台)Funny Girl (1964) のモデルになった人です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Funny_Girl_(musical)
このミュージカルに主演したのがバーブラ・ストライザンドで、彼女はこのミュージカルの成功により、スターになりました。

曲情報や歌詞については、ほとんど情報が出てきません(汗)
歌詞はじっくりとヒアリングしてください。

ライナーノーツにはスザンナ・マッコークルの言葉として、次のものがあります。

Weren't We Fools is the earliest, and one of the most (undeservedly) obscure songs here, written for one of McCorkle's favorite early singers, Fanny Brice.
"If people know her, it's only for her ethnic comedy stuff," Susannah says, "but she had great feeling on sad songs. It's a wonderful song of reiminiscence and regret. I'm deeply moved by it every time I sing it."




Fanny Brice, 1930年の映像がありました。
(この曲ではありません)



"From This Moment On"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1950

曲情報については>>[27] をご覧ください。


"Who Wants To Be A Millionaire?"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1956

この曲は映画 High Society (1956) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/High_Society_(1956_film)
https://www.imdb.com/title/tt0049314/?ref_=nv_sr_srsg_0
主演は、ビング・クロスビー、グレイス・ケリー、フランク・シナトラです。

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Who wants to be a millionaire?
I don't
Have flashy flunkies everywhere?
I don't
Who wants the bother of a country estate?
A country estate is something I'd hate
Who wants to wallow in champagne?
I don't
Who wants a supersonic plane?
I don't
And I don't, 'cause all I want is you

Who wants to be a millionaire?
I don't
Who wants uranium to spare?
I don't
Who wants to journey on a gigantic yacht?
Do I want a yacht?
Oh, how I do not
Who wants a fancy foreign car?
I don't
Who wants to tire of caviar?
I don't
Who wants a marble swimming pool too?
I don't
And I don't 'cause all I want is you

Who wants to be a millionaire?
I don't
And go to every swell affair?
I don't
Who wants to ride behind a liveried chauffeur?
A liveried chauffeur, do I want?
No sir!

Who wants an opera box, I'll bet?
I don't
And sleep through Wagner at the Met
I don't
Who wants to corner Cartiers too?
I don't
And I don't 'cause all I want is you

引用元はここ
https://www.lyrics.com/lyric/17463199/Frank+Sinatra/Who+Wants+to+Be+a+Millionaire%3F



"Why Don't We Try Staying Home?"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1929

この曲は映画 Fifty Million Frenchmen のために書かれたのですが、使われなかった曲です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Fifty_Million_Frenchmen

しかし、Youtube にはいくつか音源が出てきますので、知られている曲なのでしょうね ^^;



歌詞が載っているサイトが、これしか見当たりませんでした。
https://www.sheetmusicnow.com/products/why-dont-we-try-staying-home-p320995


"You Do Something to Me"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1929

曲情報については>>29 をご覧ください。


"(You'd Be So) Easy to Love"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 : 1934

曲情報については >>[31] をご覧ください。

ヴァースからの歌詞を張り付けておきます。
スザンナはかなり歌詞を変えて歌っています。



I know too well that I'm just wasting precious time
In thinking such a thing could be
That you could ever care for me
I'm sure you hate to hear
That I adore you, dear
But grant me

Just the same
I'm not entirely to blame
For love
You'd be so easy to love
So easy to idolize
All others above
So worth the yearning for
So swell to keep every home fire burning for

We'd be so grand at the game
So carefree together
That it does seem a shame
That you can't see
Your future with me
Cause you'd be oh, so easy to love

引用元はここ
https://www.lyrics.com/lyric/1332451/Susannah+McCorkle

"Let's Do It (Let's Fall in Love)"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1928

曲情報については>>[20] をご覧ください。

スザンナが歌っているヴァース部の歌詞を添付しておきます。
他の部分は、元の歌詞から少しずつ変化したものになっているようです。



When the little bluebird
Who has never said a word
Starts to sing "Spring, spring"
When the little bluebell
At the bottom of the dell
Starts to ring, ding ding
When the little blue clerk
In the middle of his work
Starts a tune to the moon up above
It is nature, that's all
Simply telling us to fall in love

引用元はここ
https://genius.com/Cole-porter-lets-do-it-lets-fall-in-love-lyrics
"Ev'ry Time We Say Goodbye"

作曲・作詞 : Cole Porter
作曲年 1944

曲情報については >>[22] をご覧ください。



これで
Susannah McCorkle ‎/ Easy To Love - The Songs Of Cole Porter
の全トラックが紹介できました。


このアルバムを聴いて(わたしが)感じたことは、アルバム丸ごとを通して聞く場合と、その中の1つのトラックを取り出して、それだけ聞く場合と、感じ方が違うときがあるなぁというものです。
もっとも、注意力が集中しているか散漫になっているかの違いなのかもしれませんが…


コール・ポーターのソングブックはまだまだ発見できています。
それらの中には、ぜひとも聞いてみたいアルバムもあります。
また、入手困難なアルバムや、LPしか残っていない(CD化されていない)アルバムもあります。


ぼちぼちと続けていきましょう。


次はこれにしましょう。

Illinois Jacquet / Bosses of the Ballad: Illinois Jacquet and Strings Play Cole Porter

Label: Argo

Recorded by Regent Sound Studios, New York City, on October 29 and 30, 1964

1. "I Love You"
2. "Get Out of Town"
3. "So in Love"
4. "I Concentrate on You"
5. "You Do Something to Me"
6. "Ev'ry Time We Say Goodbye"
7. "Use Your Imagination"
8. "All Through the Night"
9. "Begin the Beguine"
10. "It's All Right with Me"
11. "Do I Love You?"
12. "I've Got You Under My Skin"

Musicians:
Illinois Jacquet (ts)
19-piece orchestra with arrangements by Tom McIntosh and Benny Golson


イリノイ・ジャケーについてはこちらをご覧ください
Jean-Baptiste "Illinois" Jacquet (October 30, 1922 – July 22, 2004)
https://en.wikipedia.org/wiki/Illinois_Jacquet

テキサス・テナーの一人として知られるイリノイ・ジャケーはライオネル・ハンプトン楽団でのロックンロール・サックスともいわれたブロー・スタイルで有名になりました。
しかし、彼の残した録音には、バラードやムード音楽的な演奏もかなりあり、かれのバラード奏法はその後のムードミュージックでのサックス奏法に大きな影響を与えたともいわれています。

そのイリノイ・ジャケーがストリングスをバックに、コール・ポーターのおなじみの曲を演奏したアルバムです。
気持ちよく聞けるアルバムに仕上がっています。


"I Love You"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1944

曲情報については>>[176] をご覧ください。



"Get Out of Town"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1938

曲情報については >>[25] をご覧ください



"So in Love"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 : 1948

曲情報については >>[49] をご覧ください。

何度聴いても、すてきな曲ですね(こればっかり──しつこい?)



"I Concentrate on You"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1940

曲情報については >>[51] をご覧ください。



"You Do Something to Me"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1929

曲情報については>>29 をご覧ください。


"Ev'ry Time We Say Goodbye"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1944

曲情報については >>[22] をご覧ください。


"Use Your Imagination"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 : 1950

曲情報については>>[127] をご覧ください。



"All Through the Night"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1934

曲情報については>>[5] をご覧ください。




"Begin the Beguine"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1935

曲情報については >>[24] をご覧ください。

なんとなく耳に煩わしく感じる編曲ですね。


"It's All Right With Me"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1953

曲情報については >>[32] をご覧ください。



"Do I Love You?"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1939

曲情報については>>[18] をご覧ください。


"I've Got You Under My Skin"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1936

曲情報については >>[50] をご覧ください。


これで
Illinois Jacquet / Bosses of the Ballad: Illinois Jacquet and Strings Play Cole Porter
の全トラックが紹介できました。

気持ちよく聞けるウイズ・ストリング・アルバムでしたね。


コール・ポーターのソングブック・アルバムはまだまだたくさん発見できています。
ぼちぼちと続けていきましょう。


次はこれにしましょう

Salena Jones / I Love Paris: Salena Jones Sings Cole Porter

Label: JVC

Recorded in May 22 - June 3, 1992 at Studio Davout, Paris

1. I Love Paris
2. You Do Something to Me
3. From This Moment On
4. Easy to Love
5. Night and Day
6. I Get a Kick out of You
7. It's Alright with Me
8. I Concentrate on You
9. What Is This Thing Called Love
10. Just One of Those Things
11. Get out of Town
12. Begin the Beguine
13. All of You
14. Anything Goes
15. So in Love

Musicians:
Salena Jones (vo)
Maurice Vander (p)
Pierre Michelot (b)
Francis Lassus (ds)
Gilles Perrin (percussions)
Francis Sylvestre (g)
Alain Hatoto (as, fl)
Sylvain Boeuf (ts)
Gilles Miton (bs)
Eric Lelann (tp, flugel)
Bernard Camoin (tb)
Toots Thielmans (harmonica)


サリナ・ジョーンズは非常に長い音楽経歴を持つ人で、日本で名前が知られるようになったのは1970年代半ばごろになるでしょうか。
彼女が初来日したのは1978年で、この時は私もコンサートを聴きに行きました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Salena_Jones

彼女はこれまで世界各地で音楽活動を展開しており、このアルバムも仏で仏の著名ミュージシャンを集めて行われています。

コール・ポーターのおなじみの曲を集めた、心地よく聞けるアルバムになっています。

"I Love Paris"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1953

曲情報については >>[28] をご覧ください。

と、ここまで書いてきて、動画をYTにアップロードしたところ『世界中でブロックされています』となりました。
やれやれ、このアルバムを取り上げるのはかなり混乱するかもしれません(汗)
"You Do Something to Me"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1929

曲情報については>>29 をご覧ください。

この動画は、先に上がったものがありました。
このあたりのYTとレコード会社の関係はよく判らないところがあります。


"From This Moment On"

作曲・作詞: Cole Porter
作曲年 1950

曲情報については>>[27] をご覧ください。


ログインすると、残り197件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。