ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

Standard Jazz Songコミュの現代の歌姫たち【クレア・マーティン】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

スタンダード・ジャズ・ソングを掘り起こすのにうってつけの素材はジャズ・ヴォーカルのアルバムでしょう。

現代の歌姫たちのアルバムなら、いまも歌われ続けているスタンダード・ソングが多く入っているでしょうし、比較的最近の、いく人かの歌手によって取り上げられるようになった曲も入っていることでしょう。

このような視点から、現代の歌姫たち一人一人を取り上げて、彼女たちのアルバムの紹介、レビュー、収録曲の解説をしながら、スタンダード・ジャズ・ソングの掘り起こしを試みましょう。

アルバム枚数の多い人や、まだあまりアルバムが多くない人がいますが、原則として1人1トピックとしてみます。
このことで、アーティスト毎のアルバムの整理にもなることも狙いの一つです。

--------------------------------------------------------------

クレア・マーティン (Claire Martin) を取り上げます。

ご本人のサイト
http://www.clairemartinjazz.co.uk/

twitter
https://twitter.com/CMartinjazz

Facebook
https://www.facebook.com/pages/Claire-Martin-British-Jazz-Artist/124238127591300

Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Claire_Martin_(singer)

amazon
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss_1?url=search-alias%3Dpopular&field-keywords=claire+martin


UKのよく知られた歌手です。
既にヴェテランの域に達していて、彼女の音楽活動に対して、大英帝国勲章(OBE)を受勲しています。
(シャーリー・バッシーは1ランク上のDameを受勲しています)

彼女の声はスモーキー・ヴォイス (smoky voice)と呼ばれています。
ハスキー・ヴォイスを通り越したスモーキー・ヴォイスですね。
このあまりにも魅力的な声と、その表現力はすばらしいものがあります。

アルバムもたくさん出していて、それぞれのアルバムの選曲が非常にすばらしく、粋ともいえる選曲になっています。
その選曲は、大作曲家の曲の中でも比較的地味ながらなかなかの佳曲であったり、ポップスのそれほどのヒットではなかったけれども美しい曲でジャズにするとすばらしさが判る曲であったり、ジョニ・ミッチェルの(意味不明な?)曲であったりと、さまざまな佳曲を選び出しています。
おいおいアルバムを紹介していく中で、この選曲のセンスがわかってくるだろうと思っています。

音楽とは直接関係はないのですが、美人でカッコいい人です :-)

(2015年2月19日)


NYの Dizzy's Club でのライブ動画です。1時間23分あります。
ライブで取り上げる曲のセンスを見てください。




*********************************************************
アルバムリスト(登場降順)
*********************************************************

#56 - Callum Au, Claire Martin ‎/ Songs And Stories / Stunt Records / 2019
#40 - Claire Martin ‎/ Devil May Care / Linn Records / 1993
#22 - Claire Martin / Believin’ It / Linn Records / 2018
#1 - Too Much In Love To Care : Claire Martin Sings With Kenny Barron / Linn Records / 2012

  

*********************************************************
reserved (Chronological order)
*********************************************************

1994 / Claire Martin / Old Boyfriends
1995 / Claire Martin / Offbeat: Live at Ronnie Scott's Club
1995 / Claire Martin / The Waiting Game
1997 / Claire Martin / Make This City Ours
1999 / Claire Martin / Take My Heart
2000 / Claire Martin / Perfect Alibi
2002 / Claire Martin / Too Darn Hot!
2004 / Claire Martin / Secret Love
2005 / Richard Rodney Bennett / Claire Martin / When Lights Are Low
2006 / Barb Jungr / Claire Martin / Mari Wilson / Girl Talk
2007 / Claire Martin / He Never Mentioned Love
2009 / Claire Martin / A Modern Art
2009 / Richard Rodney Bennett / Claire Martin / Witchcraft サイ・コールマン ソングブック参照)
2013 / Richard Rodney Bennett / Claire Martin / Say It Isn't So アーヴィング・バーリン ソングブック参照)
2014 / Claire Martin / The Montpellier Cello Quartet / Time and Place
2016 / Claire Martin / We've Got A World That Swings
2016 / Ray Gelato / Claire Martin / David Newton / We've Got a World That Swings
2019 / Claire Martin, Jim Mullen ‎/ Bumpin'

  

*********************************************************
登場曲 (alphabetical) Composer/Lyricist/year - (comment No.)
*********************************************************
"Believin' It" (Charles Davis & Gary Fears-Jordan (additional lyrics Imogen Ryall)/1998) - (#25)
"Broken Wings" (Richard Page/Steve George, John Lang/1985) - (#27, 50)
"By Myself" (Arthur Schwartz/Howard Dietz/1937) - (#46)
"Can't Give Enough" (Claire Martin, Dave Richie, Rick Taylor, Steve Howlett/????) - (#48, 49)
"Cherry Tree Song" (Karin Krog & John Surman/2013) - (#34, 50)
"Close Enough for Love" (Johnny Mandel/Paul Williams/1979) - (#47, 49)
"Come Runnin'" (Roc Hillman/????) - (#23, 50)
"Crazy He Calls Me" (Carl Sigman/Bob Russell/1949) - (#9)
"Devil's Gonna Get You" (Rick Taylor/Claire Martin/1993) - (#45, 49)
"Devil May Care" (Bob Dorough, Terrell Kirk/1955) - (#41, 49)
"Embraceable You" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#4)
"The Great City" (Curtis Reginald Lewis/1960) - (#35, 50)
"How Long has This Been Going On?" (George Gershwin/Ira Gershwin/1928) - (#11)
"I Get Along Without You Very Well" (Hoagy Carmichael/Jane Brown Thompson/1939) - (#59)
"I Told You So" (Duncan Lamont/????) - (#38, 50)
"I Only Have Eyes for You" (Harry Warren/Al Dubin/1934) - (#15)
"I'm Glad There is You" (Jimmy Dorsey/Paul Madeira/1941) - (#16)
"I'm Not In Love" (Graham Gouldman, Eric Stewart/1975) - (#26, 50)
"If Love Were All" (Noël Coward/1929) - (#43)
"Lazy Afternoon" (Jerome Moross/John La Touche/1954) - (#12)
"Let's Get Lost" (Jimmy McHugh/Frank Loesser/1943) - (#58)
"A Little More Each Day" (for Bobby Hutcherson) (Joe Locke/2017) - (#30, 50)
"Love dance" (Ivan Lins/Vitor Martins,Paul Williams/1980) - (#37, 50)
"On Thin Ice" (Claire Martin/1993) - (#53)
"October Thoughts" (Jonathan Gee/Claire Martin/1993) - (#52)
"P.S. I Love You" (Gordon Jenkins/Johnny Mercer/1934) - (#36)
"Pure Imagination" (Anthony Newley, Leslie Bricusse/1971) - (#57)
"Rainy Night in Tokyo" (Michael Franks/1983) - (#24)
"Save Your Love For Me" (Buddy Johnson/1955) - (#54)
"The Sun Was Falling From The Sky" (Jonathan Blair/????) - (#51)
"Time After Time" (Jule Styne/Sammy Cahn/1947) - (#13)
"A Time for Love" (Johnny Mandel/Paul Francis Webster/1966) - (#14)
"Timeline" (Pat Metheny/Claire Martin/1999) - (#28, 50)
"Too Late Now" (Burton Lane/Alan Jay Lerner/1951) - (#18)
"Too Much in Love to Care" (Carroll Coates/James J. Kriegsmann/????) - (#2)
"Victim Of Circumstance" (David Newton/Claire Martin/1990) - (#42, 49)
"Wonder Why" (Nicholas Brodszky/Sammy Cahn/1951) - (#17)
"Weaver of Dreams" (Victor Young/Jack Elliott/????) - (#8)
"You Dream Flat Tires" (Joni Mitchell/1982) - (#31, 50)
"You Turned the Tables on Me" (Louis Alter/Sidney D. Mitchell/1936) - (#10)




コメント(59)

2016年3月、クレア・マーティンの新アルバムが出ました。

Claire Martin / We've Got A World That Swings

http://www.linnrecords.com/recording-swings.aspx

視聴できる仕掛けが用意されているのですが、なぜか、わたしの環境では聴くことができません(涙)

amazonにはまだ出てきていないようです。

EPKもyoutubeには出ていません ^^;
2019年、クレア・マーティンがギタリストのジム・ミューレンとともにウエス・モンゴメリーのトリビュート・アルバムを出しています。
これまでの Linn Records ではなく、デンマークの Stunt Records からリリースされています。

Claire Martin, Jim Mullen ‎– Bumpin'

https://www.discogs.com/ja/Claire-Martin-Jim-Mullen-Bumpin/release/12973899

01. Road Song
02. Polka Dots And Moonbeams
03. Willow Weep For Me
04. 'Round Midnight
05. If You Could See Me Now
06. Goin' Out Of My Head
07. I Could Get Used To This (Bumpin')
08. West Coast Blues
09. Back In The Room (Bock To Bock)
10. Born To Blue
11. The End Of A Love Affair (vocal & guitar duo)

Claire Martin (vocal)
Jim Mullen (guitar)
Mads Bærentzen (piano except 11)
Thomas Ovesen (bass except 11)
Kristian Leth (drums except 11)

2018年7月2日-3日英国ロンドンの"The Bunker"レコーディング・スタジオ録音

レーベル:Stunt

収録曲を眺めて、ウエス・モンゴメリーを思い浮かべることができる人は、かなりの通でいらっしゃるでしょう。

"I Could Get Used to This"



もう一枚、クレア・マーティンが、2019年、いつもの Linn Records から Believin' It というアルバムを出しています。

Claire Martin / Believin’ It

https://www.allmusic.com/album/believin-it-mw0003315025

Recording Date: November 7, 2018 & November 8, 2018


1 Come Runnin'
2 Tokyo
3 Believin' It
4 I'm Not In Love
5 Broken Wings
6 Timeline
7 A Little More Each Day
8 You Dream Flat Tires
9 Cherry Tree Song
10 The Great City
11 P.S I Love You
12 Love Dance
13 I Told You So

スウェーデン出身ミュージシャンとの共演盤です。

https://www.linnrecords.com/review-claire-martin-believin-it-jazzwise

収録曲目を眺めると、いかにもクレア・マーティンらしさがあふれていますね。

アルバムのEPKがありました。



UKの歌姫、クレア・マーティンをもう少し紹介したいので、わたしのトピック・ローテイションに入れてみます。

彼女の多くのアルバムでは、彼女独特の、特異な(?)選曲が多く、曲情報を調べるのが手間取りそうなのですが…

>>[22] Claire Martin / Believin’ It から展開してみます。

"Come Runnin' "

作曲・作詞: Roc Hillman
作曲年 ????

作曲者の Roc Hillman については、十分な情報が出てこないのですが…このあたりをご覧ください。

https://secondhandsongs.com/artist/114830/all#nav-entity

Roscoe Vanos Hillman
https://www.discogs.com/ja/artist/870777-Roc-Hillman
US guitarist from the swing-era, also vocalist & songwriter (13 July 1910 - 31 May 2011)

Roscoe VanOs Hillman (Roc) was a top songwriter/guitarist for the big bands that composed the number one song "My Devotion". Some of his other hit songs include "Cumana", "Pushin Sand", ", "Long May We Love", "Just Lately", "I Bought a Wooden Whistle", "My Serenade", "A Gal in Nogales", "It Began in Havana", "The New Look", and "Timbales".

この曲は、レナ・ホーンとジョニー・マティスが録音したものが知られています。

クレアは彼女独特の嗅覚(?)聴覚(?)でこの手のマイナーな曲を掘り出して、自身のスタイルで料理してしまうというのが得意なのです。

この二人と、クレアが歌っている歌詞にドンピシャのものが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。



レナ・ホーンの録音も聴いておきましょう。



ジョニー・マティスの録音も聴いておきましょう。



"Rainy Night in Tokyo"

作曲: Michael Franks
作曲年 1983

この曲は、マイケル・フランクスの1983年のアルバム Passionfruit が初録音になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Passionfruit_(album)
彼は大変な親日家だそうで、自身の結婚式も1980年に日本で挙げたそうです。
この曲はその時の新婚旅行の印象とされています。
台風が来ていたのでしょう。
しかし結婚式でポール・デスモンドの演奏が流れるとは!
bullet train というのは新幹線のことなのでしょうね。

わたしはこの曲を全く知りませんでした(汗)

クレアはこういう曲を探し出してくるんですね :-)

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



Seventh of September
Remember when
We met at the shrine
Your kimono looked so fine
Temple dancers swaying
Flutes playing then
I was yours and you were mine
Paul Desmond on the stereo
We sipped the sake very slow
Kissing in the candleglow
That rainy night in Tokyo
We both got so hungry on the bullet train
Lugging our luggage through the station
Finding a taxi in the pouring rain
We must have made quite a sight
In love on a rainy night
And due for a little celebration
Safe from stormy weather
Together we
Stayed inside our room
Just admiring the typhoon
Heard the cats arrive
Nearly five but we
Were still making love in tune

引用元はここ
https://genius.com/Michael-franks-rainy-night-in-tokyo-lyrics

マイケル・フランクスの音源も聴いておきましょう。



"Believin' It"

作曲・作詞: Charles Davis & Gary Fears-Jordan (additional lyrics Imogen Ryall)
作曲年 1998

この曲の初収録は Andy Bey ‎– Shades Of Bey (1998) になるようです。
https://www.discogs.com/ja/Andy-Bey-Shades-Of-Bey/release/3893040

作曲家の Charles Davis は、USのトランぺッターだったひとと、サックス奏者の人がいるのですが、アンディ・ベイがこの曲を録音した年から考えると、サックス奏者のチャールス・ディヴィスの可能性が高そうです。

Charles Davis (May 20, 1933 – July 15, 2016)
https://en.wikipedia.org/wiki/Charles_Davis_(saxophonist)

Gary Fears-Jordan についてはこの程度しかわかりませんでした。
https://www.discogs.com/artist/2933969-Gary-Fears-Jordan

アンディ・ベイはこの人です。
Andrew W. Bey (born October 28, 1939)
https://en.wikipedia.org/wiki/Andy_Bey

クレア・マーティンは、こういう曲を掘り出してくるので、曲情報を調べるのに難儀します(汗)

歌詞が載っているサイトが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。



アンディ・ベイの音源です。



"I'm Not In Love"

作曲・作詞: Graham Gouldman, Eric Stewart
作曲年 1975

この曲はUKのロックグループ 10cc の1975年のヒット曲です。

これをクレア・マーティンが自分のスタイルで歌っています。
元の曲が 10cc の曲というのが、なかなか気が付かないような歌唱になっています。



[Verse 1]
I'm not in love
So don't forget it
It's just a silly phase I'm going through
And just because
I call you up
Don't get me wrong, don't think you've got it made

[Chorus]
I'm not in love, no no, it's because..

[Verse 2]
I like to see you
But then again
That doesn't mean you mean that much to me
So if I call you
Don't make a fuss
Don't tell your friends about the two of us

[Chorus]
I'm not in love, no no, it's because..

[Interlude]
Be quiet, big boys don't cry
Big boys don't cry
Big boys don't cry
Big boys don't cry

Big boys don't cry
Big boys don't cry

[Verse 3]
I keep your picture
Upon the wall
It hides a nasty stain that's lying there
So don't you ask me
To give it back
I know you know it doesn't mean that much to me

[Chorus]
I'm not in love, no no, it's because..

[Bridge]
Ooh you'll wait a long time for me
Ooh you'll wait a long time
Ooh you'll wait a long time for me
Ooh you'll wait a long time

[Verse 1]
I'm not in love
So don't forget it
It's just a silly phase I'm going through
And just because I call you up
Don't get me wrong, don't think you've got it made

[Chorus/Outro]
I'm not in love
I'm not in love

引用元はここ
https://genius.com/10cc-im-not-in-love-lyrics

歌詞の和約があります。
http://neverendingmusic.blog.jp/archives/14366042.html

10cc の音源です。



"Broken Wings"

作曲: Richard Page
作詞: Steve George, John Lang
作曲年 1985

この曲はUSのロックグループ、Mr. Mister の1985年の大ヒット曲です。
作曲者たちは同グループのメンバーです。

どれだけの方がこのグループを覚えていらっしゃるか…
https://en.wikipedia.org/wiki/Mr._Mister

クレア・マーティンがこのアルバムを録音した2018年から見ると、1985年は33年昔のことになります。
1967年生まれのクレアにとっては、彼女の青春時代(?)に耳にしたヒット曲になるのでしょう。
この時代もある意味では古典になってくるのかもしれません。



[Verse 1]
Baby, don't understand
Why we can't just hold on to each other's hands?
This time might be the last if fear unless
I make it all too clear I need you so, ohh

[Chorus]
Take these broken wings
And learn to fly again, learn to live so free
When we hear the voices sing
The book of love will open up and let us in
Take these broken wings

[Verse 2]
Baby, I think tonight
We can take what was wrong and make it right
Baby, it's all I know that you're half of the flesh
And blood that makes me whole, I need you so

[Chorus]
So take these broken wings
And learn to fly again, learn to live so free
When we hear the voices sing
The book of love will open up and let us in
Take these broken wings
You've got to learn to fly, learn to live, love so free
When we hear the voices sing
The book of love will open up and let us in
Yeah, yeah
Let us in
Let us in

[Bridge]
Baby, it's all I know that you're half of the flesh
And blood that makes me whole
Yeah, yeah, yeah, yeah, yeah

[Chorus]
So take these broken wings
And learn to fly again, learn to live so free
And when we hear the voices sing
The book of love will open up and let us in
Take these broken wings
You got to learn to fly, learn to live and love so free
When we hear the voices sing
The book of love will open up for us and let us in
Yeah, yeah, yeah, yeah, ooh

引用元はここ
https://genius.com/Mr-mister-broken-wings-lyrics

歌詞の和約があります。
http://musiclyrics.blog.jp/archives/8786174.html

Mr. Mister の音源です。



"Timeline"

作曲: Pat Metheny
作詞: Claire Martin
作曲年 1999

パット・メセニーが書いた曲に、クレア自身が歌詞をつけて歌っています。

ライナーノーツにも歌詞は載っていませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。




この曲の最初の録音は、マイケル・ブレッカー、Time Is of the Essence (1999) になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Time_Is_of_the_Essence



クレア・マーティンが2020年6月26日に新しいアルバム Songs and Stories をリリースするという情報が流れてきたのですが、まだウエブ上にはアルバムの詳細情報が上がっていません。
判り次第、続報を流します。

アルバムの収録風景のようです。



"A Little More Each Day" (for Bobby Hutcherson)

作曲・作詞: Joe Locke
作曲年 2017

作曲者についてはこちらをご覧ください。
Joseph Paul Locke (born March 18, 1959)
https://en.wikipedia.org/wiki/Joe_Locke

この曲はヴァイブ奏者のジョー・ロックが、2016年に亡くなったヴァイブ奏者のボビー・ハッチャーソンを悼んで書いた曲のようです。
それをクレアが2018年録音のこのアルバムに素早く取り込んだという流れになるようです。
https://www.allmusic.com/album/subtle-disguise-mw0003214702

クレアがこの曲に惹かれたのは、その旋律よりも歌詞の方にあるのではないかと考えて、歌詞が載っているサイトを探したのですが、残念ながら見当たりませんでした。
ライナーノーツにも歌詞は載っていません。
じっくりとヒアリングしてください。




ジョー・ロック自身の録音です。





"You Dream Flat Tires"

作曲・作詞: Joni Mitchell
作曲年 1982

この曲はジョニ・ミッチェルのアルバム Wild Things Run Fast (1982) が初収録になります。
https://en.wikipedia.org/wiki/Wild_Things_Run_Fast

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



It came to pass
Like lightning striking from above
Electric flash
Just like lightening striking from above
Struck by precious love
Precious precious love
So hopeless and so inspired
Why do you dream flat tires
When you dream flat tires?
You dream flat tires

With a jack and a spare you're there
Trying to get to where love is
Coming in on a wing and a prayer
Trying to get to where love is
'Cause love is precious love
You said it was precious
When first you felt my fire
Before you dreamed flat tires
You dreamed flat tires
You dream flat tires

"Woman she bounce back easy
But a man could break both his legs"
Are you telling me this to tease me?
Or just to hear me beg
"Please don't go!"

Cause I know that you love me
But when are you going to let love be
Just a vague flirtation
Or extra special company?
'Cause love is precious love
Everybody knows it's precious
When first they feel that fire
Before they dream flat tires
They dream flat tires
They dream flat tires

"Woman she bounce back easy
But a man could break both his legs"
Do you tell me that to tease me
Or just to hear me beg
"Please don't be cold"

I know that you love me
But what are you going to let love do?
(Flat tires love love is precious flat tires
love love is precious flat tires love
love is precious)

引用元はここ
https://jonimitchell.com/music/song.cfm?id=76

ジョニ・ミッチェルの音源です。



>>[26]

>クレア・マーティンが2020年6月26日に新しいアルバム Songs and Stories をリリースする

Callum Au & Claire Martin / Songs and Stories

Callum Au (カラム・オー)はこの人です。
https://callumaumusic.com/

Callum Au is a British composer, arranger, orchestrator, and trombonist. He writes music across a wide range of genres, with a particular passion for big band and large jazz ensemble music. He is highly regarded for his stylistic awareness and versatility, and has worked with some of the world’s biggest artists, including Quincy Jones, Jamie Cullum, and the Royal Philharmonic Orchestra.


1 Hello, Young Lovers!
2 Pure Imagination
3 I Concentrate on You
4 You and the Night and the Music
5 The Night We Called It a Day
6 Don't Like Goodbyes
7 I Never Went Away
8 The Folk Who Live on the Hill
9 I Get Along Without You Very Well
10 Let's Get Lost
11 Stars Fell on Alabama

"You and the Night and the Music"



"I Get Along Without You Very Well" (Teaser)




すぐにでも欲しいアルバムですね。
UKではLP, CD, mp3 同時発売なんですね。
このあたりが日本と少し異なる点かもしれません。



>クレア・マーティンが2020年6月26日に新しいアルバム Songs and Stories をリリースする

アンカーを間違えていますね(汗)

>>[29]

の説明になります。
"Cherry Tree Song"

作曲・作詞: Karin Krog & John Surman
作曲年 2013

この曲はノルウェーの歌姫、カァリン・クログの2013年のアルバム Songs About This And That が初収録になるようです。
ジョン・サーマンは、カァリン・クログとよくコンビを組んでいるUKのサックス奏者です。
https://www.discogs.com/ja/Karin-Krog-John-Surman-Songs-About-This-And-That/release/5201882
https://en.wikipedia.org/wiki/Songs_About_This_and_That

歌詞が載っているサイトが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングをしてください。





Karin Krog の音源です。


"The Great City"

作曲・作詞 : Curtis Reginald Lewis
作曲年 1960

曲情報については【シャーリー・ホーン ソングブック】#14 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=82168110

この曲を初録音したのは、ナンシー・ウィルソン、1960年です。

クレアは、人口を1.1千万人と歌っていますね。
時代に合わせている(笑)

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。



If ever you're restless and feelin' low,
Don't think that the city is the place to go!
Well, I'll tell you one thing worth thinkin' about,
If you come in be sure you can get back out!

The great city's playboys, they're always around,
To help build your hopes up, then help drag you down!
They'll leave you with nothing worth singin' about,
'Cause when you're in it's so hard to get back out!

The great city, cold cruel stone!
Ten million people, and each one standin' alone!

You're caught in a whirlpool of east side cafes,
Where life is a cocktail of beads and berets!
And blues are the main things you're drinkin' about,
'Cause now you're in and now, now you won't back out!

The great city, cold cruel stone!
Ten million people, and each one standin' alone!

You're caught in a whirlpool of east side cafes,
Where life is a cocktail of beads and berets!
And blues are the main things you're drinkin' about,
'Cause now you're in and now, now you won't back out!
'Cause now you're in and now, now you won't back out!
'Cause now you're in and now, now you won't back out!

引用元はここ
https://lyricsplayground.com/alpha/songs/g/greatcitythe.html

ナンシー・ウィルソンの音源も聴いておきましょう。
https://www.discogs.com/ja/Nancy-Wilson-Something-Wonderful/master/256120



"P.S I Love You"

"P.S. I Love You"

作曲: Gordon Jenkins
作詞: Johnny Mercer
作曲年 1934

曲情報については【ジョニー・マーサー ソングブック】#9 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=78960498

ジョニー・マーサーが旅先から奥方に手紙を送るときに、(特に書くことがなくて)末尾に P.S I love you と書いたというのは有名な話ですね。

すてきな曲ですね :-)



Dear, I thought I'd drop a line
The weather's cool, the folks are fine
I'm in bed each night at nine
PS I love you

Yesterday we had some rain
But all in all, I can't complain
Was it dusty on the train?
PS I love you

Write to the Browns
Just as soon as you're able
They came around to call
I burned a hole in the dining room table
Now let me see, I guess that's all

Nothing else for me to say
And so I'll close now but, by the way
Everybody's thinking of you
PS I love you

Write to the Browns
Just as soon as you're able
They came around to call
Oh yes, I burned a hole in the dining room table
Now let me see, I guess that's all

Nothing else for me to say
And so I'll close but darling, by the way
Everybody's thinking of you
PS I love you

引用元はここ
https://www.lyrics.com/lyric/29796452

歌詞の和約があります。
https://plaza.rakuten.co.jp/xxjazz/diary/200511050000/

この曲の最初の録音になる Rudy Vallee (1934) の音源です。
楽団を指揮しているのも、歌っているのもルディー・ヴァリーです。



"Love dance"

作曲: Ivan Lins
作詞: Vitor Martins (Portuguese) / Paul Williams (English)
作曲年 1980

曲情報については【愛しちゃったのよ!】#45 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=1&id=74179506

少し調べた範囲では、ジョージ・ベンソンが1980年に録音しているのが、この曲の一番早い録音になるようです。
作曲者のイヴァン・リンス自身は1989年に録音しています。

MPBの曲をジャズの人たちが手掛け、ジャズのスタンダード曲になるものが増えていますが、この曲もMPBの人の歌唱よりもジャズの人が手掛ける方が曲の良さが引き立つと思っているのは私だけでしょうか?



From too much talk to silent touches
Sweet touches
We turned our hearts to love then tried it
First time romance
There in the quiet
Love learns to dance

We loved, we slept, we left the light on
The night's gone
And morning finds us caught in life's most
Sensible trance
Turn up the quiet
Love wants to dance

Old souls find new life
In hearts that are listening like ours
And old dreams find young wings
In silence, in silence

From too much talk to loving touches
Love touches
When pure emotion takes the moment
We take the chance
Turn up the quiet
Love wants to dance
Love wants to dance

引用元はここ
http://www.songlyrics.com/ivan-lins/love-dance-lyrics/

歌詞の和約があります。
http://tommyloves.blog.shinobi.jp/l_21/love%20dance

イヴァン・リンス、1989年の録音です。



"I Told You So"

作曲・作詞: Duncan Lamont
作曲年 ????

作曲者はUKのサックス奏者、作曲家です。
http://duncanlamont.com/
上記の中から、このような情報が出てきました。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLoONvBveWUR1kt44QWAg9o5KjV-_e6T4t

クレア・マーティンのバラードの上手さが凝縮されたようなトラックです。
しかし、彼女はよくこういう曲を掘り出してきますね ^^;



I heard it on the grapevine
Straight from the horses mouth
They're saying on the grapevine
That he's heading north
And you're going south

I hate to say it
But I told you so
Before the curtain fell
I told you so
I've known for a long time
It couldn't last
Now you're just a memory
In his long and distant past

How can you tell someone
Who is starry eyed
Her Dr. Jeckyl's really Mr. Hyde
I know I've seen it all before
I loved him once
But that was long ago
Well I told you so

I tried to warn you
I tried to let you know
I hoped I wouldn't have to say that I told you so
But he's losing interest
And you feel like a bore
Then one day you wake inside
To hear a closing door

How can you tell someone
Who's mystified
The vintage champagne's really cyanide
I know I've seen it all before
I loved him once
But now the skies don't show
Well I told you so

引用元はここ
https://vvlyrics.com/artist/natalie-cole/i-told-you-so

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。

これで
Claire Martin / Believin’ It
の全トラックが紹介できました。

クレア・マーティンのスモーキー・ヴォイスをたっぷりと味わっていただけましたでしょうか。


彼女にはまだまだたくさんのアルバムがありますので、ぼちぼちと続けていきましょう。




次はこれにしましょう。

Claire Martin ‎– Devil May Care

Label: Linn Records

Recorded at Townhouse 3, London 8/9/10 February 1993

1. Devil May Care (Bob Dorough, Tp Kirk)
2. Victim Of Circumstance (Claire Martin, David Newton)
3. If Love Were All (Noel Coward)
4. Devil's Gonna Get You (Claire Martin, Rick Taylor)
5. By Myself (Arthur Schwartz, Howard Dietz)
6. Close Enough For Love (John Mandel, Paul H Williams)
7. Can't Give Enough (Claire Martin, Dave Richie, Rick Taylor, Steve Howlett)
8. The Sun Was Falling From The Sky (Jonathan Blair)
9. October Thoughts (Claire Martin, Jonathan Gee)
10. On Thin Ice (Claire Martin)
11. Save Your Love For Me (Buddy Johnson)


Musicians:
Claire Martin (vo)
Jim Mullen (g)
Jonathan Gee (p)
Arnie Somogyi (b)
Clark Tracey (ds, tabla, african drum)

Nigel Hitchcock (as)
Iain Ballathy (ts, ss)
Rick Tayler (tb, percussion)

backing vocals: Rick Taylor, Jonathan Gee, Arnie Somogyi, Clark Tracey, Claire Martin

クレア・マーティンのあの魅惑的なスモーキー・ヴォイスは、いつからなのだろうかということを知りたくて、デビュー・アルバムを探しました。

Wikipedia によりますとThe Waiting Game (Linn, 1992) が最初のアルバムとなっているのですが、All Music によりますと Devil May Care (Linn, 1993) が最初のアルバムになっています。

いずれにしろ彼女は (born 6 September 1967) なので、25 - 26 歳のころになります。
(The Waiting Game のライナー・ノーツでは、1991年録音となっています)

今回は Devil May Care (Linn, 1993) を取り上げます。

収録曲リストを眺めますと、彼女は作詞・作曲にも才を発揮しています。

もう一つは、Jim Mullen (g) が参加しています。
彼は彼女の多くのアルバムに参加しています。

クレア・マーティンが初期のころからスモーキー・ヴォイスであったこと、最近のアルバムのスモーキー・ヴォイスと比べてどの程度の変化があるか、しっかりと聴いてください。

また、彼女の選曲のセンス(ポリシー)が、初期のころから現在まで続いていることが見えてきます。

"Devil May Care"

作曲・作詞: Bob Dorough, Terrell Kirk
作曲年 1955

作曲者のボブ・ドローについては次をご覧ください。
https://en.wikipedia.org/wiki/Bob_Dorough

もう一人の Terrell Kirk については、この程度しか調べられませんでした。
https://secondhandsongs.com/artist/7716

この曲の初収録は Les Elgart & His Orch. (1995) になるようです。
(YTには音源が見当たりませんでした)

ボブ・ドロー自身のアルバム Bob Dorough ‎– Devil May Care (1956) に収録されています。
https://www.discogs.com/ja/Bob-Dorough-Devil-May-Care/release/2638125
ボブ・ドローを代表する曲の一つになるでしょう。


何とも粋な曲名ですね。
日本語では「鬼も笑うわ」と表現する人もいますが、
devil may care (悪魔だったら気にしてくれるかも)は、「誰も気にしていない」、 「無頓着な」 というイディオムになります。



No cares for me I'm happy as I can be
I've learned to love and to live
Devil may care
No blues or woes whatever comes later goes
That's how I'll take and I'll give
Devil may care

When the day is through I suffer no regrets
I know that he who frets loses the night
For only a fool dreams he can hold back the dawn
He who is wise never tries to revise whats past and gone

Live, love today, let come tomorrow what may
Don't even stop for a sigh it doesn't help when you cry
That's how I'll live and I'll die
Devil may care

When the day is through I suffer no regrets
I know that he who frets loses the night
For only a fool dreams he can hold back the dawn
He who is wise never tries to revise whats past and gone

Live, love today, let come tomorrow what may
Don't even stop for a sigh it doesn't help when you cry
That's how I'll live and I'll die
Devil may care
Devil may care
Devil may care
Devil may care

引用元はここ
http://www.songlyrics.com/bob-dorough/devil-may-care-lyrics/

歌詞の和約があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song150.html

ボブ・ドローの音源も聴いておきましょう。



"Victim Of Circumstance"

作曲: David Newton
作詞: Claire Martin
作曲年 1990

作曲者についてはこちらをご覧ください。
David Newton (born 2 February 1958)
https://en.wikipedia.org/wiki/David_Newton_(pianist)

彼の1990年のアルバム David Newton - Victim Of Circumstance にこの曲が収録されています。
https://www.discogs.com/ja/David-Newton-Victim-Of-Circumstance/release/5689393

なかなかいい曲ですね。



歌詞が載っているサイトが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。


David Newton - Victim Of Circumstance から



"If Love Were All"

作曲・作詞: Noël Coward
作曲年 1929

この曲はオペレッタ(舞台)Bitter Sweet (1929) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Bitter_Sweet

また、1940年に映画化されています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Bitter_Sweet_(1940_film)
この作品はアカデミー賞にノミネートされています。
Best Cinematography and the Best Art Direction

作曲者ノエル・カワードについてはこちらをご覧ください。
Sir Noël Peirce Coward (16 December 1899 – 26 March 1973)
https://en.wikipedia.org/wiki/No%C3%ABl_Coward
UKの有名な脚本家、作曲家、指揮者、俳優、歌手でした。

彼の名前に ë (e ウムラウト)が入っているのは、フランス語、オランダ語、アルバニア語、ハンガリー語、ルクセンブルク語等で使われる文字なのですが、Wikipedia の記事からは読み取れませんでした。

また、彼のソングブック・アルバムを、カーメン・マクレイが作っています。



(Verse 1)
Life is a very rough and tumble
For a humble
Diseuse
One can betray one's troubles never
Whatever
Occurs
Night after night
Have to look bright
Whether you're well or ill
People must laugh their fill
You mustn't sleep
Till dawn comes creep-
Ing. Though I never really grumble
Life's a jumble
Indeed
And in my efforts to succeed
I've had to formulate a creed

(Chorus)
I believe in doing what I can
In crying when I must
In laughing when I choose
Hey ho, if love were all
I should be lonely
I believe the more you love a man
The more you give your trust
The more you're bound to lose
Although when shadows fall
I think if only
Somebody splendid really needed me
Someone affectionate and dear
Cares would be ended if I knew that he
Wanted to have me near
But I believe that since my life began
The most I've had is just
A talent to amuse
Hey ho, if love were all

(Verse 2)
Though life buffets me obscenely
It serenely
Goes on
Although I question its conclusion
Illusion
Is gone
Frequently I
Put a bit by
Safe for a rainy day
Nobody here can say
To what, indeed
The years are lead-
Ing. Fate may often treat me meanly
But I keenly
Pursue
A little mirage in the blue
Determination helps me through

引用元はここ
https://genius.com/Noel-coward-if-love-were-all-lyrics

歌詞の和約(部分訳)があります。
http://atelierbebe.net/bebe/marilyn/psb/review/very/iflove.html

>>[43]

"If Love Were All"

映画の音源がありました。
歌っているのは Jeanette MacDonald です。

https://www.youtube.com/watch?v=qd2gupAmfTs

"Devil's Gonna Get You"

作曲: Rick Taylor
作詞: Claire Martin
作曲年 1993

このアルバムのために書かれた曲ではないかと思われます。

Rick Taylor は、このアルバムのアレンジも担当しているのですが、この程度の情報しか見当たりませんでした。
https://www.discogs.com/ja/artist/1763637-Rick-Taylor-5

同名異曲があり、そちらは旧い曲で、ベッシー・スミスが歌っています。



歌詞の載っているサイトが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。

"By Myself"

作曲: Arthur Schwartz
作詞: Howard Dietz
作曲年 1937

曲情報については『現代の歌姫たち【カラブリア・フォティ】』#41 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=76564412

同名異曲や類似曲名がいくつかあります。

なかなかいい曲ですね。



The party's over, the game is ended,
the dreams I dreamed went up in smoke.
They didn't pan out as I had intended;
I should know how to take a joke.

I'll go my way by myself, this is the end of romance.
I'll go my way by myself, love is only a dance.
I'll try to apply myself and teach my heart to sing.
I'll go my way by myself like a bird on the wing,
I'll face the unknown, I'll build a world of my own;
No one knows better than I, myself, I'm by myself alone.
I'll go my way by myself, here's how the comedy ends.
I'll have to deny myself love and laughter and friends.
Grey clouds in sky above have put a blot on my fun.
I'll try to fly high above for a place in the sun.
I'll face the unknown, I'll build a world of my own;
No one knows better than I, myself, I'm by myself alone

引用元はここ
https://www.lyricsbox.com/arthur-schwartz-feat.-helen-merrill-by-myself-lyrics-hc3d574.html

歌詞の和約は見当たりませんでしたので、英詞をじっくりと眺めてください。


"Close Enough for Love"

作曲 : Johnny Mandel
作詞 : Paul Williams
作曲年 1979

曲情報については【ジョニー・マンデル ソングブック】#3 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=81178641

ジョニー・マンデルが書いた名曲の一つです。
クレアはしっとりと歌って聴かせてくれます。



You and I, an unmatched pair
Took the time to touch, to share
Worlds apart the night we met
We braved the odds and won the bet
Not perfect yet
But close enough for love

How old-fashioned, pure romance
We shared a kiss, we shared the dance
We shared the body and bouquet
And we'll taste the wine another day
When you and I
Are close enough for love

Not just lovers, more than friends
Who knows where one starts and one ends
Tracing lights through sleepless nights
That I'll remember always, always
Long goodbyes and tearful looks
Hold up well in poems and in books
But you and I have life to hold
The greatest story never told
Not perfect yet
But close enough for love

引用元はここ
https://genius.com/Johnny-mandel-close-enough-for-love-lyrics

歌詞の和約があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song167.html

"Can't Give Enough"

作曲・作詞: Claire Martin, Dave Richie, Rick Taylor, Steve Howlett
作曲年 ????

曲情報が全く調べられませんでした。



現時点でこのアルバムの動画が6つ消えてしまっています。
YTはこのようにデータとしては非常に不安定なところがあります。

代わりの動画を貼り付けておきます。

>>[41] "Devil May Care"






>>[42] "Victim Of Circumstance"






>>45] "Devil's Gonna Get You"




>>[47] "Close Enough for Love"




>>[48] "Can't Give Enough"



>>[22] Claire Martin / Believin’ It の動画もかなり消えています。

代わりの動画を貼り付けておきます。

>>[23] "Come Runnin' "




>>[26] "I'm Not In Love"




>>[27] "Broken Wings"




>>[28] "Timeline"




>>[30' "A Little More Each Day"




>>[31] "You Dream Flat Tires"




>>[34] "Cherry Tree Song"




>>[35] "The Great City"




>>[37] "Love dance"




>>[38] "I Told You So"





"The Sun Was Falling From The Sky"

作曲・作詞: Jonathan Blair
作曲年 ????

少し調べても曲情報が出てきませんでした。
作曲者はこの人かもしれませんが、自信がありません。
https://jonathanblaircomposer.com/



歌詞も見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。

"October Thoughts"

作曲: Jonathan Gee
作詞: Claire Martin
作曲年 1993

このアルバムに参加している Jonathan Gee (p) の作曲で、このアルバムのために書いた曲ではないかと思われます。



歌詞の載っているサイトが見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。

"On Thin Ice"

作曲・作詞: Claire Martin
作曲年 1993

クレア・マーティンがこのアルバムのために書いた曲だろうと思われます。
彼女のソングライターとしての才能を見てください。
実に彼女らしい雰囲気とスタイルの曲です。

Nigel Hitchcock (as) がいいですね。



歌詞の載っているサイトは見当たりませんでしたので、じっくりとヒアリングしてください。

"Save Your Love For Me"

作曲・作詞: Buddy Johnson
作曲年 1955

作曲者についてはこちらをご覧ください。
Woodrow Wilson "Buddy" Johnson (January 10, 1915 – February 9, 1977)
https://en.wikipedia.org/wiki/Buddy_Johnson

素晴らしいブルースの曲なのですが、ものすごーく聴きこんできたように思えたのはアルバム Nancy Wilson/Cannonball Adderley (1962) に収録されていて繰り返し繰り返し何度も何度も聴いてきたからかもしれません。
https://en.wikipedia.org/wiki/Nancy_Wilson/Cannonball_Adderley

クレア・マーティンのこのトラックの出だしのところも、上記の編曲を応用しています。




[Verse 1]
Wish I knew
Why I'm so in love with you
No one else in this world will do
Darling please save your love for me

[Verse 2]
Run away
If I were wise I'd run away
But like a fool in love I stay
And pray you'll save your love for me

[Bridge]
I can feel it
Even when you're not here
Can't conceal it
I really love you, my dear
And though I know no good
Can come from loving you
I can't do a thing, I'm so in love with you

[Verse 3]
So darling help me please
Have mercy on a fool like me
I know I'm lost but still I plead
Darling please save your love for me
[Outro]
You can have fun with the crowd
But for crying out loud
Darling please save your love for me

引用元はここ
https://genius.com/Nancy-wilson-save-your-love-for-me-lyrics

歌詞の和約があります。
https://tomoxsings.blog.ss-blog.jp/2010-09-22-1

ナンシー・ウィルソン、1987年のライブ動画がありました。
ピアノはハンク・ジョーンズです。



これで
Claire Martin ‎– Devil May Care
の全トラックが紹介できました。

まだまだ続けましょう。
次はこれにしましょう。

Callum Au, Claire Martin ‎/ Songs And Stories

Label: Stunt Records

Recorded in 2019

1. Pure Imagination
2. Let's Get Lost
3. I Get Along Without You Very Well
4. The Folks Who Live on the Hill
5. Hello, Young Lovers!
6. I Concentrate on You
7. I Never Went Away
8. The Night We Called It a Day
9. Stars Fell on Alabama
10. Don't Like Goodbyes
11. You And The Night And The Music

Musicians:
Claire Martin (vo)
Callum Au (arrangements)

Soloists:
Freddie Gavita (tp, 1)
Andy Martin (tp, 2)
Andy Wood (tb, 3)
Sam Mayne (as, 5)
Nadim Teimoori (ts, 6, 8)
Ryan Quigley (tp, 11)


このアルバムは、これまでの Linn Records ではなく、デンマークの Stunt Records からリリースされています。
彼女の最近のアルバム Bumpin' と同じレコード会社です。

このアルバムは、アレンジャー&コンポーザーであるUKのトロンボーン奏者:カラム・オーの仕切りによるビッグ・バンド&オーケストラと組んだ、スタンダード曲集になっています。

カラム・オー (Callum Au) については、ご本人のサイトをご覧ください。
https://callumaumusic.com/

このコラムを書いている時点では最新の録音になります。

このアルバムは、彼女の若いころからのアルバムの特徴だったユニークな選曲ではなく、スタンダード曲を、円熟した彼女が歌うアルバムになっています。

彼女の現在のスモーキー・ヴォイスと円熟を楽しんでください。

"Pure Imagination"

作曲・作詞: Anthony Newley, Leslie Bricusse
作曲年 1971

この曲は映画 Willy Wonka & the Chocolate Factory 邦題『夢のチョコレート工場』(1971) で使われました。
https://en.wikipedia.org/wiki/Willy_Wonka_%26_the_Chocolate_Factory

作曲者についてはこちらをご覧ください。

Anthony Newley (24 September 1931 – 14 April 1999)
https://en.wikipedia.org/wiki/Anthony_Newley

Leslie Bricusse (born 29 January 1931)
https://en.wikipedia.org/wiki/Leslie_Bricusse

なかなかいい曲ですね。



[Spoken]
Hold your breath, make a wish
Count to three

[Verse 1]
Come with me and you'll be
In a world of pure imagination
Take a look and you'll see
Into your imagination
We'll begin with a spin
Traveling in the world of my creation
What we'll see will defy explanation

[Chorus]
If you want to view paradise
Simply look around and view it
Anything you want to, do it
Want to change the world?
There's nothing to it

[Verse 2]
There is no life I know
To compare with pure imagination
Living there, you'll be free, if you truly wish to be

[Chorus]
If you want to view paradise
Simply look around and view it
Anything you want to, do it
Want to change the world?
There's nothing to it

[Verse 3]
There is no life I know
To compare with pure imagination
Living there, you'll be free, if you truly wish to be


引用元はここ
https://genius.com/Gene-wilder-pure-imagination-lyrics

歌詞の和約があります。
https://artstone.hatenablog.com/entry/2017/05/09/140610

映画の1シーンです。



"Let's Get Lost"

作曲: Jimmy McHugh
作詞: Frank Loesser
作曲年 1943


曲情報については【フランク・レッサー ソングブック】#28 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=79567345

トロンボーン・ソロはカラム・オーが吹いています。



Let's get lost
Lost in each other's arms
Let's get lost
Let them send out alarms

And though they'll think us rather rude
Let's tell the world we're in that crazy mood
Let's defrost in a romantic mist
Let's get crossed off everybody's list
To celebrate this night we've found each other
Mm, let's get lost

Let's defrost in a romantic mist
Let's get crossed off everybody's list
To celebrate this night we've found each other
Mm, let's get lost
Oh, let's get lost

引用元はここ
https://songmeanings.com/songs/view/3530822107858572578/

歌詞の和約があります。
http://jazzsong.la.coocan.jp/Song44.html



"I Get Along Without You Very Well"

作曲: Hoagy Carmichael
作詞: Jane Brown Thompson
作曲年 1939

曲情報については【ビリー・ホリデイ ソングブック】#136 をご覧ください。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&page=3&id=78639354

【巷に雨の降るごとく】#26 でも取り上げています。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6028752&id=94071931

クレア・マーティンの凄い表現力を聴いてください。



[Verse 1]
I get along without you very well
Of course I do
Except when soft rains fall
And drip from leaves that I recall
The thrill of being sheltered in your arms
Of course I do
But I get along without you very well

[Verse 2]
I've forgotten you just like I should
Of course I have
Except to hear your name
Or someone's laugh that is the same
But I've forgotten you just like I should

[Bridge]
What a guy
What a fool am I
To think my breaking heart could kid the moon
What's in store?
Should I fall once more?
No it's best that I stick to my tune

[Verse 3]
I get along without you very well
Of course I do
Except perhaps in spring
But I should never think of spring
For that would surely break my heart in two

引用元はここ
https://genius.com/Chet-baker-i-get-along-without-you-very-well-except-sometimes-lyrics

歌詞の和約があります。
https://blog.goo.ne.jp/keyagu575/e/52ae6a4fd37ee0fbb8fb5f4dbb16c3e0


ログインすると、残り19件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Standard Jazz Song 更新情報

Standard Jazz Songのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。