ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 石原莞爾平和思想研究会 > トピック一覧 > 石原莞爾平和思想研究会の歴史

石原莞爾平和思想研究会コミュの石原莞爾平和思想研究会の歴史

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


日本は日露戦争以来、非白人国家として常に名誉ある独立を求め続けたが、遂にアメリカ、イギリス、ソ連の連合軍との戦いに敗れて国土を取られ、憲法を変えられ、民族の精神基盤である歴史教育までもが禁止されて今日に至っています。この事と日本の戦争目的は関係ないと否定する声もあります。

それでも世界史的にみれば後世大きな評価を受けることは間違いないでしょう。まさに日本は戦争に負けても目的は成就したのです。日本が欧米列強を敵にまわして太平洋海域で戦ったことによって、イギリス、オランダは海外植民地のほとんどを失い、アジア・アフリカ諸国は、長年の白人支配からすべて開放され、独立する結果となりました。

第二次世界大戦以前は、白人達には絶対に歯向かえないとあきらめていた有色諸民族の目の前で、日本軍は尊大な白人達の軍隊に白旗をあげさせたのです。そして、支配者であった白人等が不在の間に、現地人に自治を教え、独立を促したのです。しかしそうした大局的な見方ができる日本の政治家や国民がどれだけ居るであろうか。

国会で首相は、何故自分が靖国神社を参拝するかの理由を明確に説明出来ないでいます。その為には今の若者達に偏らない世界史と日本史、とくに国の歴史を根本から学び直し、しっかりした歴史哲学、政治哲学を持つことが必要だと思います。その学び直しの糸口が、石原莞爾平和思想研究会が主張する石原莞爾論を伝える歴史です。

満州についての近現代史の記述は、石原莞爾の「満蒙領有計画」をもとに、関東軍が暴走したとして述べられることが一般的であるが、それは違った歴史認識で石原莞爾は満州の荒野に「五族協和」の旗印のもと、人類平和の理想モデルを建設するとの悲願を立てた壮大な考えがあったのです。

ホームページ掲載の西山の砂浜の、松林の一盛りの土の中に身の回りの世話をした私の父と眠る石原莞爾のその一生は、まさに悲劇以外の何ものでもないかもしれないのだが、豊かさとは何か、文明とは何か、進歩とは何か、平和とは何か、平等とは何か、人間とは何かという、根源的な問い、グローバルな観点から今日に至っているということ自体が、石原莞爾の簡明直裁なる哲学の不滅の証明でしかありません。

崇高なる悲劇の生涯に、石原莞爾の真価が国境を超えた多くの人々の心の中に生き続けているのです。石原莞爾としては、満州の地に五族協和、王道楽土を実現したいと思っていましたが、満州国という国家形態は、殆どが日本の官僚たちが牛耳る体制にでき上がっていったのです。石原莞爾に言わせれば、それは五族協和を裏切るものでした。

石原莞爾のイメージとは全く違っていたので軍部にたてつく訳です。五族協和の満州国を造ろうと努力しているところ、中央の命令により石原莞爾は日本へ帰ることになるのです。石原莞爾は全面的に日本人が支配する満州国を成立させる事には反対でした。だが、満州国の建国と同時に、日本の官僚たちが満州に入ってきました。

また、南満州鉄道が支配力を強め、膨大な利権をめぐって、日本から経済人や野心家が集まってきたのです。日本で食い詰めた浪人も、旧共産主義で、日本にいられないような人も満州に入りました。そして日本人はそれを食い散らしていくのです。

その中には、石原莞爾のようなアジア解放の夢を持った大陸浪人と称される人々も多々いましたが、日本の国家利権の人々に支配され、現地の民衆や中国人たちからも反感を持たれ、ソ連も警戒をかためるような、国際的孤立と危機を招く満州国が出来上がっていくのです。これが石原莞爾の理想からかけ離れて行くという形になるのです。

東条英機が考える満州国と、石原莞爾の崇高な夢として考えていた満州国というものとは全く違うものでした。石原莞爾は、五族協和、王道楽土をつくるために、協和会や東亜連盟(現在、石原莞爾平和思想研究会)という組織をつくろうと考えています。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

石原莞爾平和思想研究会 更新情報

石原莞爾平和思想研究会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済