ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 発掘アーカイブ2 > トピック一覧 > すけきよ

発掘アーカイブ2コミュのすけきよ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

唯一神青沼静馬が言う「よきこときくを持って死ぬべき」の殺害とは、犬神家への復讐の精神である。唯一神青沼静馬が言う「お・・・俺だよ・・・俺が・・・青沼・・・静馬だよ・・・。」とは相続権を示す犬神家の家宝“斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)”の三つを野々宮珠世に与えるという遺言そのものだと言う事に他ならない。なぜならば遺産は珠世が佐清(すけきよ・長女松子の息子)、佐武(すけたけ・次女竹子の息子)、佐智(すけとも・三女梅子の息子)の3人の中から婿に選んだ者に与える事になっているからである。過去、佐兵衛の遺言状は古舘弁護士によって金田一耕助の立ち会いのもと公開されている。つまり実際相続に関するイニシアチブは野々宮大弐(ののみやだいに)の孫娘で佐兵衛もかわいがっていた珠世(たまよ)に他ならないからである。それぞれ母親の違う娘が3人は皆、遺言状のことばかりを気にしており地獄の業火によって焼かれるべきである。何故なら唯一、佐兵衛の死を悼んでいたのは、彼の恩人野々宮大弐(ののみやだいに)の孫娘で佐兵衛もかわいがっていた珠世(たまよ)だからである。その遺言の本質を遂行し犬神家への復讐の本懐を遂げる事ができるのはのは唯一神青沼静馬しかいない。唯一神青沼静馬の手形と佐清の奉納手形に「昭和18年 23歳、酉年の男」と書き記しており、この一致を部分こそが致命的トリックだからである。犬神家への復讐は青沼静馬によって次々と遂行されなければならない。従って、唯一神青沼静馬の復讐の邪魔・妨害をする者は、述べている静馬の母親をイビリ出した三人の母親同様に死んでいる命を殺す者である。つまり犬神家の唯一神青沼静馬に敵対する金田一耕助・古舘恭三・若林豊一郎・猿蔵その外の者達である。よって、金田一耕助・古舘恭三・若林豊一郎・猿蔵その外の者達その外の者達は責任をとって、日本人であるなら腹を切って死ぬべきである。よしわかったを連発する警部・旅館の主人・寺の現住職の外の者達も当然死ぬべきである。また、彼らはただ死んで終わるものではない。唯一神青沼静馬が地獄の火の中に投げ込むものである。彼らを支持する有権者も同様である。この事実とけじめを知るべきである。詳しくはホームページ等で熟知すべし。

検索用ターム:静馬 シズマ 唯一神 唯一ネ申 青沼静馬 アオヌマシズマ 選挙公報 選挙ポスター 政見放送 犬神家 金田一耕助 那須湖畔 斧琴菊 


注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。免責事項もお読みください。


コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

発掘アーカイブ2 更新情報

発掘アーカイブ2のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済