ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

行方不明者、未解決、不思議コミュの未解決、2000年1月18日福島県郡山市17歳少女殺人事件

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2000年1月18日夕方、郡山市大槻町に住むアルバイトの山岸亜世美さん(17歳)の行方がわからなくなった。
 山岸さんは18日、友人に「知人男性と会う」と話していた。同日の夕方には家族に「知人に会う、ちょっと出かけてくる」などと言い残して、知人男性が運転する車で出かけた。その後帰宅しないため家族が25日に捜索願を出した。また友人には数日前には「10万円ほど必要だ」と話していた。
 行方不明になった翌日の1月19日、山岸さんがアルバイトしているスナック近くの郡山市片柳町の路上に携帯電話が落ちているのを通行人が見つけた。道路に投げつけられたように一部が破損していた。携帯電話を調べると18日夜以降の通話記録はなかった。携帯電話は山岸さんが未成年のため、知人男性が保証人になっていた。
 携帯電話は1月に発見されたあと、家族のもとに戻された。しかし2月に入って家族が福島県の三春町内で紛失。遺体発見後(後述)に警察が紛失したと思われる付近を捜索して再び発見されている。
(遺体発見)
 2000年4月3日午後4時ごろ、郡山市逢瀬町の大久保川で、首と両手足をロープで縛られて死んでいる山岸さんの遺体が渓流釣りにきた男性によって発見された。川幅は約5メートルで水深は約40センチ。水量は少なく、遺体が上流から流れてきた可能性は低いと見られ、発見場所で遺棄されたものとみられた。発見現場では争ったような形跡は見られなかった。
 現場は郡山市中心部から西の猪苗代湖に向かう途中の山間地。市道の行き止まり付近で、周辺に民家は少ない。若いアベックが乗った車が夜に入り込んだりする場所だった。1月中旬まではこの場所へも車が入れたが、2月上旬の大雪で通行が出来なくなり3月下旬ごろまでは通れなくなっていた。発見2日前に渓流釣りが解禁されてイワナを釣る人たちが入ったことで発見につながったと見られる
・・・・・。
 遺体は額に鈍器で殴られたようなあとがあり、体の数か所を殴られるなど暴行を受けたあとがあった。解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死であることがわかった。死後約2か月と推定された。
 両手両足を縛った紐は、ホームセンターなどで購入できる「インシュロック」と呼ばれる特殊なものが使われていた。この紐は合成樹脂製で、電線を束ねるときなどに使われている。幅5ミリ、厚さは1ミリ程度の平らなひも状のもので、階段状の切り込みが入っている。片方の端の穴に、もう一方の端を差し込んで使用するが、ストッパーが階段状の切り込みとかみ合うようになっており、締める方向にしか動かない。一端締めてしまうと人の力ではなかなかはずせないという。
 山岸さんは外出時にはスカートをはいていたが、発見されたときには青色のジャンパーに水色のズボンを身につけ、厚底ブーツを履いていた。財布が残されていたが中に入っていた現金は残されていた。
(山岸さんとは)
 山岸さんは市内中学を卒業後、専門学校に通っていたが「働きたい」として自主退学。人材派遣会社に登録してアルバイトとして同市内のスナックや旅館などで接客業をしていた。中学校の同級生は1月17日に食事をしたときは変わった様子はなかったと話している。髪を染めて厚底ブーツを履いていた。コンビニにタクシーで乗り付けて羽振りが良かったという印象を周りに与えている。知人らによると行方不明になる前年の秋ごろから年上の男性と交際していたという。明るくて人なつっこい性格。中学校時代はソフトボール部に所属していた。
(捜査)
 自宅に数か月前から無言電話が相次いだことがあった。同じ頃男性の声で山岸さんを中傷する電話もあった。事件前年の秋には自宅の電話番号を変更したという。
 山岸さんの広い交友関係で犯行可能性のある対象者が広がり、捜査を難しくしている。仕事柄、携帯の電話番号登録数も数百件と多く、そのほとんどが匿名だったことも交友関係の捜査を難しくさせた。
 遺体を縛った特殊な紐は地元のホームセンターでは一か月に30本ほどしか販売されないもので、購入者の特定なども行われたが犯人の絞り込みにつながるような結果は出ていない。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

行方不明者、未解決、不思議 更新情報

行方不明者、未解決、不思議のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング