ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 沖縄と福島を根底から考える > トピック一覧 > 共に生きる 独に見た脱原発の道...

沖縄と福島を根底から考えるコミュの共に生きる 独に見た脱原発の道 福島の生業訴訟原告 松本友子さん(24)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2019年1月21日しんぶん赤旗転載【社会】

 「福島の復興にかかわりたい」―。松本友子さん(24)は2年前、大学時代をすごした長野県から福島県に戻ることを決意しました。「生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の原告でもあります。

高校部活中
 2011年3月11日の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故時、福島県立高校の2年生でした。合唱部で歌の練習をしていたときでした。部活は中止に。楢葉町にあった自宅に帰ることができました。

 楢葉町は全町避難となり、家族全員でいわき市内の小学校の体育館に避難。その後、相双民主商工会事務局長の父親を残し、横浜市に避難しました。父は民商会員の安否確認や原発事故の賠償交渉などで避難できませんでした。「お父さんはなぜ一緒に避難してくれないの」。当時は不満に思いました。

 1年後、長野県内の大学に入学しました。母は横浜に、祖父は東京に避難。家族4人バラバラの暮らしになりました。祖父は急激な環境の変化で希望を失い、体調を崩しがちに。15年に85歳で亡くなりました。

 そんな中、「生業を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟の原告に親子で加わりました。

 大学卒業近くになると、多くの級友らは「長野で就職したらいい」と勧めてくれました。でも、「福島の復興にかかわりたい」と17年に、福島に戻りました。

 故郷の楢葉町は今も、除染で出た土などを入れる黒いフレコンバッグが山積みされたまま。同町に戻った人は30%未満です。

 福島が真に復興するためにも日本のエネルギー政策を見直すべきではないか―。松本さんは昨年、生業訴訟の中島孝原告団長らとドイツを訪問しました。

 ドイツは、福島原発事故をきっかけに、エネルギー政策を根本的に転換しました。事故から4カ月後には、22年末までの原発の全廃を法制化したのです。事故前までは、17基の原子炉があったドイツ。1980年以前に運転を始めた7基をただちに停止させ、トラブルで止まっていた1基は廃炉にしました。

 「ドイツで脱原発の人たちと交流できてよかった」と松本さん。「国や東京電力に怒りをぶつけてもいいんだ。青年の要求で社会は変えられる」と確信しました。

未来見つめ
 事故当時、高校生だった松本さん。「子どもを産んでもいい年齢になりました。次の世代のために安心して生きられる地球を残したい」と未来を見つめます。

 民主青年同盟福島県委員会の委員長でもあります。同世代の仲間たちの働かされ方はひどいと強調します。

 「仲間は準社員で月収が8万円とか9万円とかの低賃金。残業代もでません。その上、安倍自公政権は消費税10%への引き上げを狙っています。9条改憲はとめたい」

 こんな政治を変革したいと思っている仲間はたくさんいると、力を込めます。(菅野尚夫)

コメント(6)


ニャンさん

いつもお世話になっております。有難うございます。
どうしてドイツは原発稼働してるんですか?
高くて必要無いなら、停止しておけばOKじゃないですか?
使用済み核燃料も出ませんよ。
結局は原発が安い事の証明なんですよ。
代替電源無くてもEUはEUで国を跨いだ相互融通可能なので、脱原発決めればすぐに可能なのです。
でも、ドイツの電気代が世界一に跳ね上がったので、原発停止できないのです。
再処理もできないし処分場も無いのに使用済み核燃料増えてますよ。
期間決めれば増やしてOKなんて、如何に原発反対が下らないものか解ります。
>>[2]

ドイツは原発やってたけど、福島第一原発爆発で国内が一気に原発反対でついには停止、そう読んでいますが。
確認をこころがけたい。
>>[3]
イイエまだ7基稼働しています。
段階的廃止等説明はありません。
代替電源が無いのなら、EUは他国から購入して、同時同量は可能。
これだけの条件が揃っていて何故、現在も7基稼働しているのか?
非常に疑問ですけど?
かっしゃんさん

重ねてのイイネに厚く感謝もうしあげます。
「転載」ドイツは脱原発を粛々と進め 非炭素化社会の実現へ向かう 熊谷徹 在独ジャーナリスト
櫻井 智志
2019年01月26日 23:39(長文のため後略)
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=5107245&id=88395246
2018年03月20日
https://webronza.asahi.com/journalism/articles/2018031300006.html

 2017年12月31日、ドイツでまた一つ「原子力の火」が消えた。この日の午後、バイエルン州西部のグントレミンゲン原子力発電所の中央管制室で、作業員たちがB号機を停止させ、送電網から切り離した。1984年に運転を開始したB号機は、33年間にわたって同州の企業や家庭に電力を供給した後、その任務を終えた。現在まだ運転中のC号機も、2021年には停止させられる。
 地元の環境団体の関係者は、「運転が止まっても、グントレミンゲン原発の使用済み核燃料は、数万年にわたって放射線を出し続ける。C号機も当分の間運転を続ける。そう考えると、B号機が止まったからといって、シャンペンの栓を抜いて乾杯する気にはなれない」と語った。
あと4年で原発全廃

熊谷徹(くまがい・とおる) 在独ジャーナリスト
1959年、東京都生まれ。82年、早稲田大学政治経済学部卒業後、NHKに入局。ワシントン支局勤務中に、ベルリンの壁崩壊、米ソ首脳会談などを取材。90年からはドイツ・ミュンヘンを拠点にジャーナリストとして活動。著書に『ドイツの憂鬱』『新生ドイツの挑戦』(丸善ライブラリー)、『ドイツ病に学べ』(新潮社)、『なぜメルケルは「転向」したのか』『ドイツ中興の祖 ゲアハルト・シュレーダー』(日経BP 社)など。http://www.tkumagai.de

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

沖縄と福島を根底から考える 更新情報

沖縄と福島を根底から考えるのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。