ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

考えるヒント(常勝競馬コミュ)コミュの★管理人の競馬コラム(平日)★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

◇常勝競馬初心者の方はブログのトリセツ記事からご覧下さい
http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/1824917.html

※当トピは管理人以外書き込みをご遠慮頂いておりますので、私への質問や意見がある場合は「管理人へトピ」に書き込みをお願い致します
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53378742&comm_id=5049238

コメント(813)

【毎日王冠の有力馬診断(後篇)〜リスクばかり3歳凱旋門賞挑戦の失敗パターン=成長期を別のコトに捧げて成長案外+中途半端な欧州仕様化の成れの果て=3歳春とは別馬マカヒキ〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽マカヒキ 牡4 内田博 57 栗東 友道
近年の3歳馬の凱旋門賞挑戦はキズナとハープスターの2頭だが、ハープスターは不調に陥っていつの間にか引退で、キズナも成長案外で早々に引退してしまった。

3歳時の凱旋門賞遠征については、『例えば並のダービー馬が居たとして、その馬がダービーを制した3歳春時点で一見とっても強い馬に見えるかも知れませんが、実はその時点でも古馬に混じればOP級なのです。2歳G1馬なら、その時点では古馬の1000万下級なのです。つまりは、古馬になって以降も活躍する為には、誰しもが“大きく成長しなければならない”というのがお分かりになるかと思います』というワケですので、もしも凱旋門賞遠征による成長の阻害があるとすれば、それが成長期3歳時点であればその影響は決しては小さくは見積もれない代物になるのではないか。

杓子定規に測れるモノではないでしょうが、一番の成長期を別の身を削るコトに費やすワケですから…現に素質馬こそ無理をしないでジックリと育てるというのが競馬界の常識として横たわっている以上、その真反対を施すコトによる後への影響が無いってコトは無いでしょう。

今春のG2三着とG1四着という結果については、道悪京都記念3着だけなら情状酌量できましたが、それなりに条件揃っていた大阪杯でもパフォーマンスを上げられなかったとなれば成長問題が槍玉に挙げるのは当然。
欧州での調教やレース経験によって当時は「馬がパワーアップ」したなんて良い話風に言われていましたが、それへの適合(欧州仕様育成)は逆に日本競馬適性を損ねるコトにも繋がるのは当然だろう(というのは、丁度凱旋門賞が終わったタイミング=サトノダイヤモンドが主に馬場問題により全く通用しなかったタイミングではシックリいく話ではないでしょうか)。
欧州経験の影響か又は母系の血が出てきた影響もあるかも知れないが、3歳春当時のキレキレのマカヒキは今は昔で、大阪杯にてルメールJから「反応が鈍い馬」だと認識されているのはもはや別馬であるというコトではないか。

過去最長の休養=頼みの綱の成長期4歳夏を挟んだ今回は変身=復活できる最後のチャンスになるだろうが、少なくとも昨秋から今春の当馬を見る限りでは3歳春当時の輝きを取り戻すのは難しそうに見えたし、鞍上内田博Jというのも本当に期待されている馬への鞍上配置ではない点で過度な期待は禁物だろう。


△サトノアラジン 牡6 川田 58 栗東 池江寿
前々走京王杯SCについては、まず大きく跳ぶ様に走る馬だけに雨馬場不得手だったのと、スローペースだったので道中は折り合いに苦労したのと、不器用外差しタイプなのだが外に持ち出せずに馬群突く形で最後まで本気追いの態勢に持ち込めなかったのと…ご覧の通りで敗因しかない様な完全に止む無しと言える敗戦。

前走安田記念については、いつもの大外ブン回しという戦略が大いに有利となる稀有な局面…(それ以前のG1では恵まれず凡走多かったのに対して)そういう好機にG1としては初めて出くわしたのが全てという初戴冠。

これまでの戦績は、力が違うG2では大胆な競馬で勝ち切っていたのが、G1となると小細工しようとして失敗のみというモノだったが、春シーズンは前哨戦G2で失敗→本番G1で成功という形に。
両者の違いは単純な戦法面と共に、後者ではこれまで経験ないようなHペースによって課題であり折り合い面も気にする必要もなく何から何まで恵まれたレース振りが叶った故であった。

そんな他力本願型のコノ馬にとって、果たして今回はどちらの状況に出くわすのかというのが何よりの取捨材料になるだろう…まずHペースマイル→Sペース1800は確実に条件悪化と言えるだろうし、少頭数立てなので大きな間違いまではなくとも基本先行有利レースでの後方一手の脚質が嵌まるという可能性も低いはずで…それでも小細工不要の力任せの競馬をすれば好走圏内までは地力で届く器だろうが、そうはならない諸々のリスク秘めているだけに・・・。


▽ヒストリカル 牡8 田中勝 56 栗東 音無
直近5度の好走歴は全て間隔が空いたローテ。
硬い走りをする馬で、また既に8歳馬でもあるので、あまり間隔が詰まったローテでも連続して頑張れというのは難しい馬だろう。

本年初戦小倉大賞典2着後には『外差しが決まる展開なら確実に上位に食い込んでくるし、その逆ならやはり好走できないという近況。その後者が近走多かったので馬柱が汚れているが、常に一定以上のパフォーマンスを自身は続けていた。そんな中でド嵌まりしたのが毎日王冠であり、そして3走振りに今回が当て嵌まっただけの話。』と書きましたが、カンパニーの下の成長力ある血統背景馬で、この高齢でも常に一定に近いパフォーマンスで衰えがある風には捉えられません。
連戦3走前は凡走、間隔空き2走前は4着善戦、連戦前走は大敗・・・再び休み初戦&昨年と同ローテで挑むココはある程度やれてもおかしくはない。
ただし、その昨年は展開ドハマリで3着でしたが、本年も仮に展開嵌まるとしてもその時には人気上位馬も軒並み走ってくるはずなので…紐穴狙いなら可能ですが、他での激走馬を探すとなればこの脚質の馬では採算取れ無さそう。


△アストラエンブレム 牡4 戸崎 56 美南 小島茂
デビューから3走前までは9走連続でマイル戦を使われたが、そこでの好走歴はスローペースのヌルいレースばかりで、本格的にマイル適性を求められるレースになると常に一歩及ばずの結果になっていた。
馬体的にもダイワメジャー産駒の割には脚長でスラリとした距離持ちそうな構造の持ち主だけに、今期の中距離路線転向は恐らく正解だったはずで、現に距離条件変更後にパフォーマンスをワンランク以上上げてきている近況だ。

それでも近3走連続で2着と勝ち切れない結果については、能力不足というよりも、馬の気難しさに起因するモノである。
前走新潟記念にしても、またまたまたゴール前で気難しさを出して自ら前を抜かなかった様な2着止まり。

小島茂調教師は「ラスト甘くなるから早めに抜け出して力勝負を」⇔デムーロJ「抜け出すと気を抜くからラスト一差し狙い」という戦法綱引きを何走も連続でしており、前走にしてもデムーロJはレース後に「もう少し溜めた方が良い」に対して小島茂師は「決してブレーキかけてるのではなく、まだ重賞を勝ち切るだけの体力が付いていないから」と真っ向から見解対立していた。
それはデムーロJだからこそ小島茂師の要望に丸々従わずに自身の信念貫く騎乗に寄る面もあって、個人的にはそれはプラスに作用していた印象も(デムーロJの方の肩を持ちたい)(ただし完全にそういうワケもないせいで、中途半端な騎乗で中途半端な結果が続いている側面も)。

今回については先約の都合でデムーロから戸崎へ乗り替わりとなるが、現時点では鞍上交代以外に馬具工夫などの調教師サイドからの新味等は特に無い模様。
デムーロの信念の騎乗でも勝ち切れなかった馬が、テン乗りで調教師サイドの意を汲んだ騎乗に傾きそうな戸崎J起用で一変というのは少々考え辛い話。
ザ・相手ナリ馬としてOP特別G3よりもG2で相対的にパフォーマンスを上げて来られそうなだけに馬券に組み込むのは必須と見るが、それ以上の劇的な結果までは望み辛いのではないだろうか。


★グレーターロンドン
前走は惜しくも馬券外止まりとなったが・・・
『結果的に位置取りが後ろであるほど最後まで伸び続けられたというレースだけに、出負け後からのやや積極的な競馬は逆に作用してしまった感。
極めてタフな〇〇記念だけに、歴戦の古馬・大型馬というのがこなし易いレースなのだが、それを全馬の中で2番目に軽量でキャリア浅のコノ馬があわやまで行ったというのは称賛に値する結果でもないだろうか。
また、直前まで出否未定だった通り、仕上がりの面でも決して万全でも無かったという中でもある。』
・・・と回顧した通り、数々の逆境を跳ね返しての健闘評価をしたい。

その前走でも直前まで出否未定の状態での健闘だったワケで、どうも今回も状態不安で案外人気しない事態も有り得そうだが、その時には同様かそれ以上に申告だった“前走ですら…”との見方をするべきではないだろうか。

脚質面だけは少々不安あるが、それ以外では能力的にも状態的(悪ければその分だけオッズ上昇)にも重い評価をすべき一頭と見る。
【秋華賞の有力馬診断(前篇)〜念の為に夏場稼働ディアドラ・小島太師ラストイヤー仕上げカリビアンGとは対照的に“所詮叩き台”の余裕かまし姿勢で紫苑S好走ポールヴァンドル〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
〜紫苑S組〜
▽ディアドラ 牝3 ルメール 55 栗東 橋田
紫苑Sは重賞昇格した昨年からハイレベル化しており、本年は昨年程ではなかったが数年前と比較すればそれなりに相手関係が揃っていた方だと言えそう。
それを力の違いで勝ち切ったオークス4着馬となれば秋華賞でもと思わせられるが、他の春G1(桜花賞・オークス)実績馬とは事情が異なり秋華賞権利獲りにメイチをかけざるを得なかった過程は確実にマイナス。
それも単に前哨戦から仕上げただけではなく、わざわざ夏場に自己条件戦から始動という念の入れ様で、それで[馬体重減→馬体回復重点]の2戦を経たという消耗は通常のそれ以上である。
前哨戦1着馬でルメールJ騎乗という見栄え要素の裏には、能力的にも絶対的ではないし状態的にも相対的に上は見込めないし…重い評価まではできない。
ただし、雨馬場は得意そうなので、本番馬場悪化ならば紐には入れたい。


―カリビアンゴールド 牝3 田中勝 55 美北 小島太
一応は前走1000万勝ちで秋華賞出走確定的にしていたディアドラに対して、コチラは2勝馬で紫苑Sでの権利獲得が至上命題だった馬。
小島太調教師ラストイヤーだけに、やはり目先のG1秋華賞は何が何でもゲートラインに立ちたいとの思惑もあった模様。
レース内容としては典型的な小回り向きのステゴ産駒で、上手く内で掛かるのを抑えつつの短い直線で脚を爆発させる好騎乗もあって好走結果へと至った。
秋華賞が地元競馬になる1着馬ディアドラ・余裕残しだった3着馬に対して、前哨戦段階への熱量も大きくて尚且つその時点でも細い体付きに映る様な馬体重コントロールに課題ある気性難ステゴ産駒だけに最も本番では難しそうな印象はある。


△ポールヴァンドル 牝3 三浦 55 美北 上原
紫苑S組で出走前時点で既に秋華賞出走賞金を積んでいたのはサロニカとライジングリーズンとディアドラとこのポールヴァンドルだった(その内のディアドラはつい1ヶ月内に賞金積み上げしたので同じ扱いまではできない)。
中でもポールヴァンドルについては陣営は秋華賞に向けて余裕残しでの出走を明言しており、またレースではこれまでのキレぬバテぬを生かす先行策と対極にある戦法を試して…それでキチンと権利獲得の3着好走ならば秋華賞に向けて最も理想的な前哨戦とできたのはコノ馬だと言えるかも知れない。
一線級相手に通用する瞬発力には欠けるタイプなので本番も同戦法だったり速い上がり競馬になると足りないだろうが、幸運にも今週末の京都は雨予報…まともに馬場が渋った時には大穴候補の目はありそう。


〜別路線組〜
▽アエロリット 牝3 横山典 55 美南 菊沢
前走クイーンSは小回りや右回りなど予ねてからの課題山積という舞台条件で、そこで1着目指すならばノーマークからの逃げ持ち込みが一番確率が高い選択なのでしょうが…と言うよりも、調教でも掛かり気味の姿は見受けられたし、次どうこうではなく逃げなきゃ無理との感触からの積極策だったという面も無きにしも非ずという気もする。
鞍上は「いつも通り馬の気分を底わないような騎乗」と振り返っているが、その通りの馬の気のままの一本調子な逃げで…これは割り切った勝利としか言いようがない。
今回の中間調教過程でも1週前追い切りでは半ば暴走の猛時計駆けであった。

そんな経緯で挑む今回秋華賞は果たして…(逃げの手ならば)この秋華賞は基本逃げ切り至難レースであるし、前走の一件で逃げ警戒が他馬からされるならば尚更そうなるし、前哨戦Hペース逃げ打った同型の存在もあるし…(逃げの手を捨てるならば)右回り小回りを上手く競馬できるのかと言えば怪しさは小さくないし、今のタイミングで距離延長で上記の通りの非教育傾斜過程から非逃げがまともに遂行できるとも考え辛いし・・・。
【秋華賞の有力馬診断(後篇)〜春実績馬(直行馬)ほぼ全滅⇔前走条件戦馬(夏稼働馬)ほぼ上位独占の読み解き方(ローズS激走上がり馬・唯一真面目に好走リスグラシューよりも…)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
〜ローズS組〜
△リスグラシュー 牝3 武豊 55 栗東 矢作
本年のローズSは春実績馬(直行馬)が軒並み撃沈して、前走条件戦好走馬(夏場稼働馬)が軒並み激走というやや異例とも言える決着に。
そんな中で春実績馬(直行馬)の中で、唯一体面を保つ好走を果たしたと言えるのがリスグラシューだった。
それは他の同系馬は軒並み馬体重増の甘い仕上げだったのに対して、コノ馬の場合には逆に馬体を増やすのにも苦労して自ずと仕上がり早の状態になったという側面もありそう。
決して調教積んで仕上げたのではなく、調教を加減しなければならなかった過程は今回に於いても歓迎される材料ではなかったが、それよりもこの先に於いてももっと深刻な懸念材料になりかねない。

春は桜花賞メイチで3着好走で、回復し切れなかったオークスでは5着止まりだった経緯。
一夏越しても桜花賞と同馬体重というのは成長力の点で残念で、(有力馬にとってローズSというのは負けても大丈夫な一戦であるコトから言っても)今回ローズS3着というのは好発進というよりも寧ろ後は抜かされるだけになっても…ローズS好走を盲目に歓迎材料と見るのは期待値に反するかも知れない。


▽ラビットラン 牝3 和田竜 55 栗東 角居
ローズSまでの芝でのキャリアは1戦のみだったが、その前々走勝利はHレベル戦で降級馬3頭を下してのモノで素質の片鱗は大いに見せていた。
そうとは言えどもタレント揃いの3歳牝馬一線級相手で通用の計算までは難しかったが、結果的には春実績馬が軒並み沈没して、前走条件戦好走馬4頭が掲示板入りという特殊事例にも助けられたか。
見た目には圧巻の大外一気激走ではあるが、まず流れたペースによる恩恵と、直線追い風(逃げ不利=外差し有利)の恩恵は差し引いて考えなければならない。その上で、次走秋華賞に向けては、コノ戦法以外は難しいだろう点が大きなポイントになってきそう。
というのも、まずタピット産駒という時点で大箱向きで、折り合い面や馬群内競馬にも難点を秘めているだけに、果たして小回り条件での器用な立ち回りというのは現時点では求められないはず。
その同様競馬も嵌まり得るのが秋華賞ですが、激走で人気急上昇ならば寧ろそのリスク面に目を向けたくなるので。


▽カワキタエンカ 牝3 北村友 55 栗東 浜田
ラビットランとは対照的に逃げ競馬での激走だったコノ馬。
それもペース的にも風向き的にも決して楽な状況ではなかった点で間違いなく強い競馬だと言えるのだが、ただしコレが次走秋華賞に直結する競馬だったとは言い難いのもまた事実で。
ローズSでの逃げ馬激走の歴史は幾度となくあって、近3年連続でも逃げ馬の健闘が起きているのだが、2年前レッツゴードンキが典型でココで厳しい競馬をしている程に秋華賞でモロさを出す傾向が認められる。
大箱での気分良くHペース逃げした直後に、緩急問われる小回りコースでの後続が楽をさせてくれない逃げ系競馬というのは大分対応が難しい様で…。
まして、本年の場合には同様に折り合い難の逃げ脚質且つ前哨戦でぶっ放す競馬をしたアエロリットの存在もあって、あくまでも確率論になりますが常識的には2頭共に秋華賞では難しい競馬を強いられるコトが濃厚で…。


▽ファンディーナ 牝3 岩田 55 栗東 高野
△モズカッチャン 牝3 Mデムー 55 栗東 鮫島
春実績馬の中でローズSに真面目に取り組んで唯一好走したリスグラシューに対して、秋初戦ローズSを大幅馬体重増で迎えて形的には捨てレースにして凡走となった2頭。
既にG1通用可の能力とG1参戦可の賞金を持ち合わせている実績馬の、ローズS凡走→秋華賞激走の歴史は少なからずある話である。
それは主に「先行策で差し決着にしてやられる」パターンなのだが、見事にそのイメージができる負け方(上記した通りペース的にも向かい風強風的にも外差し競馬に分があった状況を、内先行の競馬で伸びそうで伸び切れずという如何にもな負け方)だった。

ファンディーナはローズSに臨むにあたって全く調教負荷掛けずに大幅馬体重増という好走させる気は皆無にも見えた過程であった…そこから秋華賞へ向けて上昇カーブを描いての参戦ならば見え見えの狙い目となるべきトコロでしたが・・・。
どうも前走ローズSの仕上げについては「させる気は皆無」というよりも「体質等の問題で不可能」だった模様で、この秋華賞中間でも1週前調教で坂路4F55.7の時計止まり…調教師曰く「予定よりも2秒遅くなった」との話でしたが、単純な調教失敗でそこまでなるはずがなくてそれだけ馬が自ずと動かないという状況なのでしょう。
最終追い切りと調教後馬体重発表でその懸念を一気に希望に変えてくれるまで持って行くのであれば買いたい一頭なのですが…。

3歳牡馬と違って3歳牝馬は春実績馬が夏を境に別馬へと落ちぶれるケースは少なからずあります…そのリスクはあるので最後まで半信半疑にはなりますが、逆に言えば半分は一変あってもと思わせられるのがモズカッチャン。
前走はレース振り的にも仕上げ的にも休み明け初戦でのイレ込み振り的にも落として止む無しの前哨戦…何事も無かったかの様にココで走っても驚けません。
オークスでは激推しした通り、あのフローラSは決して東京二千最内枠が恵まれた競馬ではありませんし、オークスも3着馬に0.4秒差というのは歴史的にもレアな着差なので。


―ハローユニコーン 牝3 田辺 55 栗東 鮫島
中山系の差し馬場での田辺Jは達人的な領域にあると言っても過言ではなくて、コノ馬の2勝《3走前黄菊賞(中山)・2走前忘れな草賞(阪神内回りの外有利馬場)》は半分は田辺Jの十八番騎乗で=田辺Jの腕で持ってきたと言っても過言ではなくて…。
ココは田辺Jの特殊能力が通用しない=騎乗馬能力底上げはない関西圏の内有利馬場での一戦で…戦績も評価できない上に今回鞍上期待もできないという。


★ヴゼットジョリー
コノ馬については2歳時から『父ローエングリンの現役時代のイメージで、当産駒=スピード勝ったマイラーというイメージがされるかも知れないが、必ずしもそれは色濃くなくて、少なくとも当馬は距離1400デビュー馬ながらも適距離はマイル超だろうタイプ。適性としては距離マイル〜2000までは大丈夫そうで、キレる脚はないが持続力に秀でている。今後も、この距離適性(距離長めでもOKの牝馬)を武器にすればソコソコはやれそうだが…。』・『スラッとした馬体で軽い馬場で長い距離が合っている。東京2000のフローラSなんかはピッタリだと思うし、そういう条件替わりでの3歳以降の期待ができる馬。』と書いてきた通り、これまでのマイル路線よりも距離長め路線でこそ輝く馬だと見ています。

イメージとしては一昨年3着マキシマムドパリパターン…恐らくHペース寄りの展開になるはずですが、その時に前で粘り込めるイメージが湧きます。

馬体回復で状態良化…距離適性高…前走古馬OP健闘で能力見劣らない…全く別路線からの参戦で全くの盲点となりそうですがココでこそ感が強い“隠し玉”とでも言いましょうか。
【菊花賞の有力馬診断(前篇)〜関西主場では開業以来45戦0連対の菊沢厩舎…先週秋華賞では“攻め過ぎ”のアエロリット1人気惨敗→“守り過ぎ”のミッキースワローは果たして…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ミッキースワロー 牡3 横山典 57 美南 菊沢
先週秋華賞ではアエロリットで1人気を裏切った美浦菊沢厩舎×横山典J…それと同じコンビで、同じ様に大人気に推される模様のコノ馬。

アエロリットについては、まず前走クイーンSでの気ままの一本調子逃げ戦法が秋華賞に臨むに当たって明らかにマイナスの過程だったのと、更には1週前追い切りでも同様に半ば暴走の猛時計という調教過程が果たしてどうだったのか…(と、有力馬診断で軽視方向の見解を書きました)。

対してミッキースワローについてだが、そのアエロリットとは異なり前哨戦セントライト記念では初タッグ横山典Jと息合う好感度高いレース振りだった点ではマルだが、調教過程についてはアエロリットが“攻め”過ぎならばミッキースワローは“守り”過ぎの様な…。
1週前の調教時計は軽いモノだったし、その上で日曜に時計を出さず、更には最終追い切りは単走を示唆…どれを取っても過去の調整過程とは異なる=守りに入り過ぎている印象です。
コレが一流厩舎ならばそれが最善だと見るべきかも知れませんが、何と言っても関西主場(京都阪神)の平地競走では開業以来45戦0連対(上位人気馬含む)の菊沢厩舎…まして関東馬にとって鬼門とも言える菊花賞ですから尚更疑って掛かるべきかなと。

一定の水準に達していない菊沢Jから一流横山典Jでまるで別馬へと化した馬は相当の評価をしたいですが、それを引き出せる状況でゲートラインに立てるかについては信任票は入れられません。

▽サトノアーサー 牡3 川田 57 栗東 池江寿
まだまだ本格化前だったという春は後方折り合い専念競馬に徹せられていたが、(この手の馬は時間が経過しても固定観念から同脚質競馬に拘られるケースは多々あると思うが)コノ馬の場合には一流池江厩舎所属馬だけあって秋初戦のタイミングで果敢にモデルチェンジを仕掛けてきた。
毎年の様な素質若駒が最も揃うと言っても過言ではない厩舎だけあって、行き当たりばったりではなく点と点が線で繋がる様な育成方針は褒められるモノだろう。
もちろんそれは一発満点回答までは求められない話だと思うので、距離2400スローペースという難しい状況の中で多少折り合いを欠くシーンはあったものの、十分許容内で3着好走結果を掴み取ったならばやはり順調な成長過程を歩んでいると見做すコトができるか。
そういう意味では将来的な期待は懸けたい一頭ではあるが、それより手前の目先菊花賞については流石に条件悪化(距離3F延長)分が上回りそうなカンジは否めない。

それに追い打ちをかけるのが雨予報…(人気薄ならば)14年◎サトノアラジンのイメージで激走の線も描ける馬ではあるのですが、これまで散々苦にしていた雨馬場ではその薄い線も消えてしまいそうです。

▽ダンビュライト 牡3 武豊 57 栗東 音無
神戸新聞杯レース前からダンビュライトの賞金(1050万)ならばセーフと見られていたが、陣営は危うしと見て何が何でも権利獲得の意図でいて「1着じゃなくて3着内狙い」という際どいコメントも発せられていた通り…それでの正攻法騎乗で上位馬の末脚に屈した形の痛恨4着止まりはハッキリと言えば力負けだ。

ただし、この菊花賞は(特に雨馬場によって)決して能力云々が勝ち負けを左右する最重要要素にはならないだろうという点で活路は見出せるか。
その一つ目としては、例えば最有力前哨戦神戸新聞杯上位入線馬からの菊花賞出走有力馬キセキ・サトノアーサー・アドマイヤウイナーは全て折り合い不安馬で、そこで名人鞍上込みで上手い競馬が期待できそうなのはコノ馬だろうという点。
そして二つ目としては、神戸新聞杯で最もスタミナを示した馬、安易に言えば最も前で粘る競馬で好走した馬が菊花賞で穴をあけるという歴史から…その論理は今年のヌルいペースの神戸新聞杯ではそう通用しない可能性が高いですが…。
【菊花賞の有力馬診断(後篇)〜秋華賞は3歳牝馬Hレベルに基づく春実績馬重視予想⇔菊花賞は3歳牡馬低レベル(古馬相手の好走数が近年最悪)に基づく適性重視or上がり馬重視予想〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★アドマイヤウイナー 牡3 秋山 57 栗東 須貝尚
これまでの2勝は洋芝函館での上がり37秒級レースと、中京二二という3歳限定戦の中では屈指のスタミナレースで記録している。
その他にも持続戦青葉賞3着激走や、前々走は札幌二六で古馬混合1000万下3着健闘などキャラは明確。
前々走モレイラでも苦労していた通りの折り合い難馬だけに、前走神戸新聞杯では2走続けての大外枠で理想よりも位置取り下がる競馬も結果に悪影響を与えただろうし、それで自身最速の上がり脚を使っても前が止まらない流れが不運だったという話。
まずは抽選通過が難関になるが、その上で道悪且つ内枠条件を引ければ如何にもな一昔前の菊花賞激走馬の出来上がり…(本年は低レベル世代且つ道悪馬場により、近年傾向よりも一昔前傾向が通用するのではないかとの読み)。


▽ベストアプローチ 牡3 岩田 57 栗東 藤原英
神戸新聞杯5着アドマイヤウイナーと6着ベストアプローチは似た様な敗因。
共に持続戦青葉賞激走馬で、例年通りの同質神戸新聞杯ならば激走狙えたキャラだったはずだが…近年の中では最もスタミナ比重薄いレースになった分でキレずに位置取り守るだけの入線に。更には、これで一体何度目かというカンジですが、直線では狭い所に押し込められてコノ馬の真骨頂であるバテぬ脚すら最後まで繰り出すコトもできずの不完全燃焼敗戦だった。
そういう言葉を並べて見ると菊花賞での巻き返しありそうに聞こえるかも知れないが、近年傾向としては神戸新聞杯よりも菊花賞の方が立ち回りが問われ&持続力が問われずなので無暗に飛び付くワケには行かない。
それを覆す材料(後押しする材料)としての降雨があるが、だとしてもこの血統だと決してステイヤー方向の適性馬でもないだろうから…それなら条件好転幅が大きく見積もれるアドマイヤウイナーの方を選択したい。

△キセキ 牡3 Mデムー 57 栗東 角居
デムーロの春の相棒アドミラルとやや被る様な面がある馬。
それは同様に渋とさを活かしたいタイプというのと、ただし折り合い不安から後出し的なレース振りしかできないだろうというのと。
アドミラルの場合には青葉賞が正に上記適性合致のレースだったのでそこで激走となりましたが、キセキの神戸新聞杯は青葉賞よりもダービー寄りの適性レースになった分でアドミラルダービーのデジャヴの様な差し遅れ競馬に。

なので、その神戸新聞杯やダービーのデジャブが見える近年の高速菊花賞ならば二の舞結果が既定路線だったでしょうが、馬場が渋るという点では相対的には不利性質の軽減に作用するかも。

ただし、夏7月から[500万下→1000万下→神戸新聞杯]と連戦を続けて、必ずしも当初の予定ではなかった(空き巣相手関係を見て決めた?)菊花賞参戦というのはやや引っ掛かる…。
飛ぶ鳥を落とす勢いのデムーロJも長丁場では周囲の期待未満の結果になりがちで…。
△ポポカテペトル 牡3 和田竜 57 栗東 友道
★マイネルヴンシュ
秋華賞予想ではローズSの上がり馬下克上結果を追い風参考記録の“まやかし”として、春実績馬重視を何よりの前提に据えた予想展開をしました。
その背景の一つとしては、桜花賞・オークスがレベルが低かったなんて有り得ないとの春実績馬への信頼からでした。

それが3歳牝馬路線に対する私の見解根幹ですが、3歳牡馬路線については全く反対の説をとります。
毎日王冠有力馬診断でも『9月終了時点での3歳古馬混合・上級条件戦に於ける3歳牡馬活躍数は近年最悪レベル(⇔3歳牝馬は水準超レベル)』を表題にした通りです。

つまり、3歳牡馬路線=ラスト一冠の秋G1菊花賞に於いては、そんな“ヤワ”だった春実績馬を上回る上がり馬の一頭や二頭は表れて然るべき土壌にあると考えます(大したコトがない春実績馬よりか、上がり馬狙いの有効性)。
または、ココは菊花賞=距離三千という特殊舞台条件で、それに雨という更に特殊さを強調する材料まであるのですから…近年菊花賞よりは適性が幅を利かすのではないでしょうか(大して強くない春実績馬よりか、適性偏重馬狙いの有効性)。

結論としては、近年では存在感が薄れている、前走古馬混合1000万下勝利馬にも目を向けるべき年だと思います。
その中でも中長距離路線を歩んできた適性的にも強みを見出せる上記2頭はどちらも捨てがたい存在。

ポポカテペトルは1000万下勝ち上がるまで3戦要しましたが、3走前木曽川特別も2走前シンガポールTC賞も考え得る最高レベルに近いHレベル戦での小差競馬なので実質的には3走前時点で勝ち上がれるパフォーマンスは示していました…それだけ強い相手に揉まれてきた経緯を強みにできれば侮れません。

そして大穴◎候補〇〇〇〇〇は初勝利を挙げるまでに苦労ありましたが、それは主に馬が本気で走らない・集中力を欠く精神面の問題でもありました…3走前勝利も前走勝利もクビ差の地味な内容でしたがそれは相手ナリにしか走らないからというだけ…少頭数戦からフルゲート多頭数戦に替わって相手強化された分だけパフォーマンスを上げてきても驚けない性質の馬であります。


★トリコロールブルー 牡3 戸崎 57 栗東 友道
そして、前走古馬混合1000万勝ち上がり馬で大将格に位置付けなければならないのがコノ馬。

まずは青葉賞2人7着後の次走チェック馬見解を参照↓
『初戦から3戦目までは全て間隔を空けたローテで使われていた馬。
今期はクラシック権利獲得の為に春3戦のローテで、レースを使う度に馬体重を落として、権利獲りメイチ且つ3連続長距離輸送の今回は精神的に限界値に達してしまっていた印象。
イレ込みもキツかったし、長距離輸送での馬体重二桁減でノーチャンスの馬体シルエットにも見えた…それでレースでの踏ん張り利かずの結果は完全に度外視で良いと思う。
ここまで煮詰まってしまっては少し時間が要りそうだが、そもそもが晩成のステゴ牡駒…夏秋の再上昇に期待したい。』
・・・
それからジックリと4ヶ月空けての復帰戦となった前走日高特別…馬体減に悩まされていた春シーズンとはまるで別馬の馬体重32キロ増でレース本番でも一発回答パフォーマンスというのは高く評価したい…春の件もあるのでゆったり中6週ローテも好感度高い…素質ステゴ産駒の急上昇は侮るべからずで順張りで買うべき。
【天皇賞秋の有力馬診断(前篇)〜[ネオリアリズム]一流騎手なら国内全好走(戸崎××→ルメ◎◎→Cデム×→ムーア◎→戸崎×→ティータン×→デム◎)→中山限定神シュタルケでは…〜】
▽ネオリアリズム 牡6 シュタル 58 美北 堀
古馬になってからは「戸崎Jで連続凡走→ルメールJで連勝→CデムーロJで凡走→ムーアJで勝利→戸崎Jで凡走→ティータンJで凡走→ルメールJで勝利→ムーアで好走…デムーロで勝利」で、かなり乗り難しい馬なので騎手の腕が大きく問われる馬だ。
つまり、外国人一流騎手騎乗時には“国内全戦好走”という戦績の持ち主である。

その点で今回のシュタルケJ起用というのは・・・
(自慢挟んでスミマセンが)シュタルケJは本年の最大倍率ヒットであるニュージーランドT◎ジョーストリクトリ(単51倍)で恩があるジョッキーで、当時は『先週ダービー卿CTの再現を…近1ヶ月・中山芝・マイル以下[12戦10好走]の当地マイスター=シュタルケ騎手の導き&相性抜群で一発』のタイトル通り、武豊J→シュタルケJの乗り替わりもプラス要素としました。
ただし、シュタルケJは上記の通り今春中山芝では神的な数字を残しましたが、逆に言えば日本ではそこだけの様な…。
東京コースは彼の得意領域ではありませんし、来日直後のタイミングも同様に不得手な印象で、その上でネオリアリズムほどの超癖馬を操れる程の超に近い一流騎手という評価は海外でも日本でもされていない騎手ですので…今回は“一流騎手騎乗時には国内全戦好走”に該当しないその逆の結果の方が近い場面と見ます。

△ステファノス 牡6 戸崎 58 栗東 藤原英
一昨年秋は[毎日王冠7着→秋天2着]・昨年秋は[毎日王冠5着→秋天3着]・今春は[金鯱賞6着→大阪杯2着]と言った具合に、これまでG1レースを大目標に据えて前哨戦レースは半ば捨てレース的な使い方をさせてきた藤原英厩舎らしさ満載の馬。
前走オールカマーもその例に違わずの仕上がり具合でのレース出走に見えたし、現に調教過程も今春金鯱賞と被る様な叩き一杯好時計調教はその時点での仕上がり足らずを意味するとも解釈できるか。

この藤原英厩舎のG1云々の話は(ステファノス前哨戦凡走→本番激走の第一歩目と言える)15年毎日王冠有力馬診断時から書いていて、その15年は[毎日王冠凡走→天皇賞人気落ち激走]と妙味に繋がりましたが、どうやら完全に広まった今となっては前哨戦結果の如何に関わらずの本番人気が形成されるカンジに。


―サクラアンプルール 牡6 蛯名 58
前々走函館記念では大外枠からなし崩し的に脚を使わされての凡走だったが、それに対して前走札幌記念では馬場状態も状態面も鞍上2戦目面でも枠順面でも何から何まで条件が好転…それを全て生かし切るようなロス無いイン立ち回りからの上位馬の隙を突くような一差しだった。
それは格下ナリタハリケーンですらサクラアンプルールをなぞる(尾行する)様な競馬をしたら2着に来るコトができてしまったという事実が解釈を難しくさせる(激走の価値を認めるのを難しくさせる)。

使える脚が長くないタイプで、そんなステップレース的な位置付けのG2レースだからこその両激走という感は否めなくて、これをG1のそれもタフな東京コースの舞台条件でも再現できるのかと言えば大いに疑問。


▽サトノアラジン 牡6 川田 58
3走前京王杯SCについては、まず大きく跳ぶ様に走る馬だけに雨馬場不得手だったのと、スローペースだったので道中は折り合いに苦労したのと、不器用外差しタイプなのだが外に持ち出せずに馬群突く形で最後まで本気追いの態勢に持ち込めなかったのと…ご覧の通りで敗因しかない様な完全に止む無しと言える敗戦。

前々走安田記念については、いつもの大外ブン回しという戦略が大いに有利となる稀有な局面…(それ以前のG1では恵まれず凡走多かったのに対して)そういう好機にG1としては初めて出くわしたのが全てという初戴冠。

これまでの戦績を振り返ると…力が違うG2では大胆な競馬で勝ち切るパターンなのに対して、G1となると小細工しようとして失敗のみというケースが多くを占めている。
それが今春シーズンに限りは“前哨戦G2で失敗→本番G1で成功”という逆パターンになっていた。

今秋初戦毎日王冠はその正に大胆競馬で成功パターンの方になっていた…それは上記の通りG2というのと、少頭数立て・大外枠の条件も好作用したモノである。

果たして今回秋天はどちらに転ぶかだが…確率的には成功の後の失敗の方ではないでしょうか。
まず、頭数的にも枠順的にも前走以上に条件好転はしませんし、G1成功勝利を収めた前々走安田記念については馬場やペースなどこれ以上無いという有利シチュエーションでしたので。
【天皇賞秋の有力馬診断(中篇)〜現役最多秋天5勝の秋天ハンター藤沢和雄厩舎の十八番パターン“前哨戦1人気裏切り→人気落ち秋天激走”〜】

―カデナ 牡3 福永 56 栗東 中竹
もう飽きたと言われそうですが…現3歳世代牡馬の「対古馬重賞好走数&OP連対数」がゼロというのは異例の数字で、その下の「対古馬1000万下〜準OP」に於いても好走数はここ数年で最悪の数字になっています。
つまりは、現3歳世代牡馬については、総じてレベルが低い集まりと言うしか無いだろうという簡単な話です。

先の菊花賞に於いても、半分は極悪馬場の影響もあったでしょうが、もう半分は春実績馬のだらしなさ故の上がり馬激走結果だったと考えます。

そんな軽視すべき3歳春以前の重賞が唯一のセールスポイントと言えるカデナは全く以て弱い馬というコトになります。
言い方は悪いですが、結果的にはこの程度の馬だったカデナの絶対的主戦騎手の座を守る為に躍起になっていた福永Jは見る目が無かったというコトになりますか(本来なら秋天での古馬有力馬騎乗のチャンスは大いにあったはずなのに、容易にはカデナをポイ捨てできないですよね…)。


★ソウルスターリング 牝3 ルメール 54 美北 藤沢和
そんな低調3歳牡馬に対して、3歳牝馬については一定以上のレベルある集まりだと見ています。
先の秋華賞予想ではローズSの上がり馬下克上結果を追い風参考記録の“まやかし”として、春実績馬重視を何よりの前提に据えた予想展開をしましたが、その最たる背景としては“桜花賞・オークスがレベルが低かったなんて有り得ない”との春実績馬への信頼からでした。
結果的にはその秋華賞はオークス上位入線馬が横滑りで上位入線という決着に。
そんなオークスの完勝馬であり、3歳春時点では3歳牝馬世代横綱級の評価ができたコノ馬が弱いはずがありません。


前走毎日王冠凡走については巷では「古馬・牡馬の壁」や「キレ負け」とも言われましたが…
まず前者については現代競馬に於いてはそんなモノは無いですって…強い牝馬なら斤量差込みで牡馬に通用するのが当たり前の時代です(古馬の壁・牡馬の壁…こう言っておけば簡単に丸く収まるから多用されているだけで、こういう安易なコトを言う人が真に深い所まで考察して言っているとは到底思えません)。

後者については、コレも上記と同じくで一言で解決させたい時の安易な言葉です。
仮にキレ負けだとして、そんな“キレ”の部分だけで上位馬と上がり1秒以上(6馬身以上)も差が付くなんて尋常じゃない話になりますよ。
(有り得ない仮定ですが)ソウルスターリングとリアルスティールを並行でゆったりと走らせて、同時にスパートさせてラスト3Fの瞬発力勝負させたとして…キレるキレないの差だけで1秒差も開くとか有り得るでしょうかね?

(毎日王冠時の東京芝ならば)ペースさえ遅ければ条件クラス馬でも未勝利馬でも上がり32秒台は出せるんですよ…そこでソウルスターリングも上がり33秒出して32秒台前半の馬に差されたとかなら文字通りのキレ負けですが、上がり3Fブービーの上がり34秒しか出していない馬はキレ負けの次元じゃないでしょう
…単純にソウルスターリングが弱いパフォーマンスしか出せなかったからです。

何故弱いパフォーマンスだったのか…やはり突発逃げで自分の持っているパフォーマンスの何割かしか発揮できなかったからでしょう…最内に閉じ込められる逃げの形はソウルスターリングにとっては地味にシンドイ競馬にも見えました。。
キレ負け云々では何馬身も負けたらおかしいですが、不慣れ競馬なら極論を言えば100が0にもなり得るのが馬の競走の競馬なので。

あとは、秋天は目標ではなく秋G1始動戦という位置付けの馬も少なくない馬で、コノ馬は当初からココが大目標という馬でした…それも秋天目標と言いつつ続戦するのが一般的ですが、コノ馬の場合には続戦の線も決して濃くは無いという。
そんな見え見えの秋天メイチだからこそ、前哨戦毎日王冠の結果は仮に悪くても情状酌量すべきとも思います。

しかも、現役調教師の中で天皇賞秋最多勝という秋天を知り尽くすと言っても過言ではない藤沢和師ですが、その多くは当然の様に毎日王冠をステップにして挑んでいるワケですが実は意外な程に毎日王冠の戦績はそこまで振るわない数字になっています。
そんな、“ステップ戦では1人気を裏切る好走未満→人気落ちの天皇賞秋激走”は厩舎の十八番パターンであるとも…そんな[毎日王冠では課題を露呈の非好走]→[人気落ちで本番秋天]という理に適った歩みを見せるソウルスターリングはココで何事も無かったかの様に一変あっても驚けぬ一頭になるのではないでしょうか。
【天皇賞秋の有力馬診断(後篇)〜リスクばかり3歳凱旋門賞挑戦の失敗パターン=成長期を別のコトに捧げて成長案外+中途半端な欧州仕様化の成れの果て=3歳春とは別馬マカヒキ〜
△キタサンブラック 牡5 武豊 58 栗東 清水久
まずは前走宝塚記念時の有力馬診断(抜粋)を参照↓
『もしも不安点があるとすれば…余力の面だけか。
これまではシーズン初戦は叩き台としてヌルい競馬ができていたが、本年から大阪杯のG1昇格によって春初戦から本気を出す必要があった。
実際にも、大阪杯前には坂路3本追いもクローズアップされていた様な熱のこもった調教が施されており、馬体的にも長距離仕様のスラッとした姿から過去最高馬体重の筋肉量増のスピードを追求した仕上がりだったなど。そして、2戦目天皇賞春では、大阪杯と毛色が違う舞台条件であるからに、そこでも大阪杯時とは異なる長距離仕様に作り変えて、レース本番ではレコード時計での一大パフォーマンス。
最近の感覚で言えば「宝塚記念はもういいよ」と言いたくなる様な、相当濃ゆい春2戦を消化してきている。』
・・・
宝塚記念では余力重視でVMで走らなかったミッキークイーン本命で、3番手には春天凡走ゴールドアクターで、但し2番手にキタサンブラックを置きに行ったせいで不的中という下手な予想を…。


その宝塚記念前には露わになっていなかったが、宝塚記念結果も含めてやはりと言って良いのか春天中上位馬は激闘反動故か次走不振傾向にある。
その上位6頭を振り返ると…キタサンブラック・シュヴァルグランのワンツー2頭が宝塚記念凡走、サトノダイヤモンドは欧州で連敗、アルバートも秋初戦凡走、アドマイヤデウスとディーマジェスティは復帰できず。
その内のシュヴァルグランについては、夏場休養を経て秋初戦で復活走を果たしたので、現時点では[春天直後は×]で[春天後の休養明けなら△]くらいの傾向が読み取れるか。

キタサンブラックの宝塚記念敗因も恐らくはソレでしょう…宝塚記念までの調教質量や気配が春天時には及ばなかったのは事実だし、その上で物足りないパドック気配と、武豊Jの自信なさげなエスコートはそういうコトなのかと…。

現役最強馬なのですから、そのマイナス状態から復調・復活を遂げられるのか否かが唯一最大の取捨判断ポイントになると思います。
結論から言えば、何事も無かったかの様に走れる可能性が高いのではないかと見ています。
それは異例の夏休み早期切り上げての長期在厩調整と、宝塚記念時とは違う一連の攻め過程…少しでも反動や疲労の不安あればそれはできないはずなので(前走も陣営は目に見えない疲れとは言いつつ、現に調教ペースを落としていた事実から逆算すれば)。

確かに秋G1三連戦(大目標有馬記念)を見据えた仕上げというのは否めないですが、仕上がり8分が理由で取りこぼしはあっても凡走まで至るコトはない横綱ですので。
(追記:最終追い切りを踏まえてやや評価下方修正します…1週前追い切り後の時点に見込んだよりは仕上がり甘いので。。)

▽ヤマカツエース 牡5 池添 58 栗東 池添兼
どうやら札幌記念3着で株を落としている模様だが、その札幌記念記念は最内枠を生かして人気薄大駆けした馬がワンツーという一方で、横綱競馬の力勝負を挑んで及ばなかったという1人気2人気馬という構図。
その片割れのエアスピネルは先週富士Sで一変結果を残しました。
同様にヤマカツエースも決してG1戦線に於いても見限れぬ一頭と見ますが、ただし昨秋有馬記念みたいな内を突いての一瞬の脚勝負で本領発揮という馬で、秋天・JCで好走期待視できる程の総合力優れた馬ではないのが…。
前走時は調教緩めていた中でも(これまで不振だった夏競馬での)例年通りの馬体減でもあり、例年通りに冬場に向けて馬体重増加してパフォーマンスを上げていく過程を踏めれば秋3冠の中で最も合いそうな有馬記念は結構楽しみだが。



―グレーターロンドン 牡5 田辺 58 美南 大竹
コノ馬は虚弱体質で、これまでも休み休みのレース起用で、前々走安田記念時にも直前まで回避可能性を示唆していた程…それにも関わらず初G1挑戦で4着激走の様に持っている素質は相当高いレベルにあるというのは言わずもがな。
ただし、それを今回秋天で見込んで良いのかと言えば疑問の方が大きそう…本来ならば目標G1にはキッチリ間隔を取って挑みたいクチだが、賞金不足不安の為にローテ詰まる毎日王冠に出走せざるを得なかった経緯…そして最近では経験無かった中2週ハードローテのせいで「馬房で横になっている時間が多くなった」「カイ食いが細くなった」という状態ネガティブ情報…叩いた上積み2割:反動8割くらいに見るべきだと思います。
▽リアルスティール 牡5 シュミノ 58 栗東 矢作
秋天の最有力=王道前哨戦である毎日王冠の1着馬。
ただし、それが秋天に直結するかと言えば話は別で、例えば昨年にしても圧倒的なパフォーマンスをした上位2頭ルージュバック・アンビシャスは秋天で好走できなかった。
その好走できなかったのは、決して力負けではなく別の敗因があったからじゃないかと言われそうですが、要はそういう敗因は激化条件替わりによって幾つかは生まれるのが必然というコト(G2・少頭数・スロー→G1・多頭数・非スロー)…そんな“たるい”毎日王冠1着激走結果は秋天に於いては特に重く扱いたい戦績にはならない。

昨年秋天については以下の通り回顧しました
『リアルスティールはモーリスを捕まえるよりも、後ろのルージュバックを抑える方を優先する様な競馬。または、デムーロJの「前に馬を置いている時は一生懸命走るけど、パス(交わす)すると少しフワフワする時があります。そういった面があるのは一緒に何回も競馬していたのでわかっている」という週中コメントから、意図的に遅らせた可能性もありそう。』
・・・
結果的にはコノ馬で真の意味で結果を出したのはデムーロとムーアのみ…デムーロJが読み取る通りの癖馬だとしたら初見シュミノーJで大丈夫だろうかという不安も少々。

―マカヒキ 牡4 内田博 58 栗東 友道
前走毎日王冠時の有力馬診断を参照↓
『近年の3歳馬の凱旋門賞挑戦はキズナとハープスターの2頭だが、ハープスターは不調に陥っていつの間にか引退で、キズナも成長案外で早々に引退してしまった。

3歳時の凱旋門賞遠征については、「例えば並のダービー馬が居たとして、その馬がダービーを制した3歳春時点で一見とっても強い馬に見えるかも知れませんが、実はその時点でも古馬に混じればOP級なのです。2歳G1馬なら、その時点では古馬の1000万下級なのです。つまりは、古馬になって以降も活躍する為には、誰しもが“大きく成長しなければならない”というのがお分かりになるかと思います」というワケですので、
もしも凱旋門賞遠征による成長の阻害があるとすれば、それが成長期3歳時点であればその影響は決しては小さくは見積もれない代物になるのではないか。

杓子定規に測れるモノではないでしょうが、一番の成長期を別の身を削るコトに費やすワケですから…現に素質馬こそ無理をしないでジックリと育てるというのが競馬界の常識として横たわっている以上、その真反対を施すコトによる後への影響が無いってコトは無いでしょう。

今春のG2三着とG1四着という結果については、道悪京都記念3着だけなら情状酌量できましたが、それなりに条件揃っていた大阪杯でもパフォーマンスを上げられなかったとなれば成長問題が槍玉に挙げるのは当然。
欧州での調教やレース経験によって当時は「馬がパワーアップ」したなんて良い話風に言われていましたが、それへの適合(欧州仕様育成)は逆に日本競馬適性を損ねるコトにも繋がるのは当然だろう(というのは、丁度凱旋門賞が終わったタイミング=サトノダイヤモンドが主に馬場問題により全く通用しなかったタイミングではシックリいく話ではないでしょうか)。
欧州経験の影響か又は母系の血が出てきた影響もあるかも知れないが、3歳春当時のキレキレのマカヒキは今は昔で、大阪杯にてルメールJから「反応が鈍い馬」だと認識されているのはもはや別馬であるというコトではないか。

過去最長の休養=頼みの綱の成長期4歳夏を挟んだ今回は変身=復活できる最後のチャンスになるだろうが、少なくとも昨秋から今春の当馬を見る限りでは3歳春当時の輝きを取り戻すのは難しそうに見えたし、鞍上内田博Jというのも本当に期待されている馬への鞍上配置ではない点で過度な期待は禁物だろう。』
・・・
個人的には一貫して3歳時の凱旋門賞挑戦は大嫌いという立場…マカヒキの帰国後のレース参戦時には毎回上記の凱旋門賞参戦批判じみたコトを書いてきましたが…本当に日本競馬界の大きな過ち=損失ではないかと思うのです。
ただ、私も1年以上前から大いに期待していた“サトノダイヤモンドの円熟4歳時挑戦”がああなってしまっては、果たして何が正解なのかも分かりませんが(そりゃ本年サトノダイヤモンドの場合にはあの馬場では無理問だろうというのはレース前に予想できましたが、ただ昨年程の乱ペースも今年程の雨馬場も共に一般的な凱旋門賞傾向とは言えないので、だからディープ産駒には無理とこれ以降の挑戦を閉ざすのも違うでしょうし…)。

【アルゼンチン共和国杯の有力馬診断(前篇)〜[アルバート]休み明け初戦不振(来日初週不振)でも叩き良化型(週を重ねる毎に適応して成績向上)のシュタルケ騎手〜】
〇アルバート 牡6 シュタル 美北 堀
まずは前走オールカマー時の有力馬診断見解を参照↓
『長距離路線では一線級馬に違いないが、距離二二まで短い距離ならば大した馬ではない可能性が高い。
前々走ダイヤモンドS勝利時にしても4走前ステイヤーズS勝利時にしても超長距離を自ずとゆったりと競馬するのが身に付いており、その上で少し距離が短くなった3走前有馬記念を見て貰えれば分かると思うが[10-12-15-16]の通過順の通り後半のスピードアップに対応できない不器用な取り口になっている。
これ見せられてしまうと、今となっては本物の長距離戦以外では手を出し辛い。』
・・・
その前走オールカマーは直接的には4コーナーで致命的な不利を受けたのが敗因…ただし、元はと言えば距離2200で極端内枠で上記の通りの追走力不足故の不器用な取り口しか選択肢が無かったというのが根本になるだろう。
今回は距離延長2500と、東京コース替わりと、連週雨開催後の荒れ馬場と条件好転が多数…コノ馬にとっては一転して理想的な舞台条件となりそう。

秋天診断では“中山芝限定神騎手”シュタルケJと書いたが、その通り京都&東京での騎乗で[0-0-1-9]と振るわなかったが、叩き良化型(週を重ねる毎に適応して成績を上げる)騎手なので東京コースでも来日2週目5日目なら…。



―カレンミロティック セン9 池添
一昨年秋シーズンは始動戦京都大賞典好走→秋天&JC惨敗だったが、後者の敗因の一つとして[元来から言われていた環境の変化への弱さ=輸送競馬での弱さ]も響いていた説も有力と見ている。
昨秋3走前オールカマーはその関東輸送競馬で、前々走メルボルンCはその比ではない長距離海外遠征競馬で、共に凡走パターンのシチュエーションだった。4走前宝塚記念も不得手とする雨馬場であったし、これら前シーズンは敗因のオンパレードで情状酌量できる戦績。
なので、古豪でも若い馬と対等に争えるステイヤー条件ならばまだ見限りたくはないが、復帰戦前走オールカマーでも今回アル共の中間でも全く調教で動けていないのが…復活・復調はもう少し時間が掛かりそうで…。


▽セダブリランテス 牡3 戸崎
ラジオNIKKEI賞は少々難があると言わざるを得ない3歳夏ハンデ重賞で、コノ馬の場合には当時2戦2勝の最小限実績ローテで(実力の割に)有利なハンデに収まった出走ができたのも見逃せぬ勝因の一つだろう(その逆が同じく2勝馬ながらも無駄に戦績重ねていたせいで酷量57背負わされたサトノクロニクル)。
それでもレース振りを見る限りでは小回り千八条件では鈍くてどうかなと思うシーンもありつつも能力で勝ち切ったパフォーマンスは無下にはできないが、それはあくまでもそれは3歳世代内での話…現3歳牡馬世代は例年以上に古馬の壁というのを意識すべき(というのは、ここ何週にも渡って話してきているので詳細は割愛しますが)。



―マイネルサージュ 牡5 柴田大
条件戦を6連続好走=2連勝で突破して鳴り物入りでOP戦線殴り込みも期待外れの連続という経緯。
初戦万葉Sは長丁場で掛かった度外視負けで、3戦目メトロポリタンSも同様に掛かりHペ先行チグハグの度外視負けで、前走オールカマーは致命的不利受けた度外視負け。
それに対してまともに競馬した2戦目日経賞&4戦目目黒記念はG2でバイアス不利の競馬して約1秒差なら悪いとまでは言えない結果で、まあまともに折り合い難出さずに走れば前々走丹頂S4着くらいの実力はあると言えそう。
でも、丹頂Sは自身上がり37秒台で追い込んできたというモノで、中央場所の良馬場でG2戦では足り得る根拠は一つも見出せない。


―サラトガスピリット 牡5 内田博
重賞OPレース以外ではほぼ凡走歴無く相手ナリ戦績でOPクラス昇級を果たした。
そんな素質としては当クラスでも通用しても良いはずの馬だが、反応が遅い面とソラを使う面があって乗り難しさあって…4走前3走前の連続好走も武豊Jの連続騎乗で着順を上げて勝ち切ったというモノで、昇級後はそれまで経験乏しい多頭数戦になって何もかも勝手が違う様なで何もできずの連続凡走。
ここもフルゲート近くまで頭数が揃う見込みで、鞍上も武豊Jではなく不調内田博Jで…一変は厳しそうだ。
【アルゼンチン共和国杯の有力馬診断(後篇)〜前走ティータンリターン炸裂のプレストウィックなど〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します



△プレストウィック 牡6 シュミノ 美北 武藤
まずは前々走札幌日経OP後の次走チェック馬見解を参照↓
『ボウマン・ルメール起用で一気に素質開花の連勝でOP昇級した通り、OP昇級後は石川J起用時に大敗でその後はリーディングジョッキー戸崎Jに任せられていた通り、見た目以上に相当乗り難しい馬である。
道中は折り合い面の課題が大きいし、終いはすぐ気を抜くし、それで最後まで馬群の中で進めるのが理想の手とされている。
今回はテン乗り且つ不良外国人騎手ティータンJ起用という時点で好走の前提条件となる好騎乗はハナから望めない場面だったが、実際にも道中はティータンJの平常運転であるカックンカックン騎乗で終いは安易に外に出して例の如く伸び切れずという残念な結果に。
(一つ騎手を擁護すると…ティータンJも「最後に気を抜いたのが勿体無かった」とコメントしているが、果たして陣営からそのいつもの馬の悪癖がキチンと伝えられていたの疑問はある。
短期免許外国人騎手にありがちなのだが、言葉が通じないという些細な理由(通訳を介して意思疎通する機会が限られているという理由)でそれを蔑ろにするケースは案外少なくないので(話が違ったという事後発表は割と散見されるので)。)

今回はシルク有力馬3頭出しで、もちろん全ての馬がココを獲りに来ていたワケでもないだろう。その3頭の中で次走予定が丹頂S(同じ舞台条件のOP特別)というのはコノ馬だけなので、コノ馬は今回よりもソッチが本番だったのではという邪推も可能…そこで一流騎手騎乗ならば注目だ。
(同レース2着シルクドリーマーは本来ならば手頃ハンデで出られる丹頂Sに出走すべき馬だが、それを回避して次走はオールカマーの予定…両馬にとってモロ被りする適鞍丹頂Sは上の意向によってプレストウィックに譲られたかの様に思える。シルクドリーマーはこのような適鞍スルーしての不適鞍が宛がわれるケースがあまりに多過ぎるので…七夕賞で捨て身戦法したフェイマスエンドではないですが旧体制時代の非NF生産の募集馬で地位が低いんだろうなと…。)』
・・・
前走丹頂Sは既報通りシルク1頭出しで、そして鞍上ルメール確保という本気度の証拠も出してきた…乗り難しい馬に対して最低から最高への鞍上強化の効果、太りがち馬という点で上記の通りの本気度窺える連戦ローテも好感大で…そんな当たり前のティータンリターン巻き返し成功の2人気1着好走でした。

そして今回はルメールJはみやこSエピカリス騎乗で代打シュミノーJを確保。
シュミノーJはノーザンF内ではランクが高い外国人騎手なので、少なくともリターンでお馴染みのティータンJと同じ扱いはできません。
ただ、本当に乗り難しい馬なので…ティータンJの折り合い失敗での自滅騎乗は無いとしても、リアルスティールみたいにシュミノー騎手にお任せの騎乗をさせたら悪癖の分だけ1着からは遠ざかるというのは結構現実味だと思います。
前走丹頂Sは弱メン相手の辛勝ですが、あれもソラを使った分でアレなので…相手強化でも食い下がれる地力はあると思いますが、かと言って勝ち切るのはシュミノー騎手と厩舎陣営の完璧な意思疎通が無い限りは難題となります。

★レコンダイト
コノ馬の16年以降から前走までの5度の掲示板内善戦歴は全て左回り戦で、内4度は東京コース戦であった…もっと突き詰めて言うと、出走しては毎度必ず見せ場を作る東京2500重賞(アルゼンチン共和国杯・目黒記念)で概ねシーズンベストパフォーマンスを発揮という近況である。
それだけに陣営としても今期(今秋)の最大目標は今回アルゼンチン共和国杯に据えているコトは間違いなくて、にも関わらずアル共への理想的なローテーションの中にある中長距離重賞という叩き台位置付けだった前走京都大賞典での健闘結果は褒められるモノだ。
この東京2500重賞では掲示板付近に留まる善戦止まりが続いているが、ここ最近の中では一番の滑り出しとなった今期なら馬券内の1席を窺える立ち位置にあると見做して良いだろう。
―トルークマクト 牡7 江田照 美南 尾関
7走前大阪城Sは外回りコースで大渋滞が起きて、直線で脚を伸ばせた者勝ちの展開が嵌まって2着激走。
6走前福島民報杯は一転して小回りコースの忙しい展開で先団追走に脚を使って凡走。
5走前新潟記念は上がり2位の末脚を使うも6着止まり…中外枠からスンナリとした競馬の方が向くタイプで、最内枠から直線でも馬群を突く形になった分でのモタ付きも少々あったのは敗因の一つ。
その後の4走前目黒記念ではそれまでの連戦ローテでの無理が祟った模様での大敗…そこから使いつつ立て直す戦略で3走前2走前は連続大敗だったが、戦略通りに[TMS×→TMS◎]と一変気配見せていた前走オクトーバーSはあわやの人気薄4着プチ激走。
その4走前3走前2走前は全く走れる状態ではなかったので、それを除いて見れば絶対的に足りない馬ではない。
ただし、コノ馬は揉まれ弱くて前走オクトーバーSは少頭数立ての道悪隊列バラける展開が向いた激走なので、良馬場で多頭数となると…現実的には間に合わせてくる想像は難しいのが…。


―カムフィー 牡8 勝浦 美南 池上和
本質的にはステイヤーだが、精神的には距離を保たせるのは難しいという難儀な馬。
直近の激走歴である一昨年ステイヤーズS2着は、本質的な長距離適性を極端内枠と鞍上横山典によって引き出せたモノ。
同じ舞台条件でも昨年ステイヤーズSでは大外枠と鞍上横山典ではなくテン乗り騎手で、終始外々を回る形で課題の折り合い面でも苦労しつつで本来の能力を引き出せず。
コノ馬の激走時は長距離で折り合いピタリとなる場面で、引き続き長距離二五起用はプラス材料でも、前走丹頂Sでも御せてしなかった勝浦J騎乗では万が一の可能性も無いだろう。
【エリザベス女王杯の有力馬診断(前篇)〜昨G1戦線でも劇薬・代打ムーア起用で副作用発症ぶっ飛び馬は多数(タッチングS・ノンコ等)→ルージュバックのスパルタ騎乗耐性は…?〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽ルージュバック 牝5 ムーア 56 美南 大竹
昨秋チャレンジカップの有力馬診断表題→『今秋G1戦線でムーア起用が劇薬毒薬となり副作用を起こした馬…JCリアルスティール・チャンピオンズCノンコノユメ・そしてエリ女タッチングスピーチ』
本年フェブラリーS有力馬診断の表題→『※劇薬※ダート戦でのテン乗りムーア起用の副作用をモロに食らったチャンピオンズCノンコノユメ…それは今回はモーニンの番!?』
・・・
ムーア騎乗でリアルスティールはJC2人気5着、タッチングスピーチは4人気8着、ノンコノユメ4人6着、モーニンは3人気12着でした。
一見するとG1でムーア騎乗=鞍上最大強化と見られるでしょうが、ムーアJだからと言って全てが全てプラスに転ぶというワケではなく、上記で名前を挙げた馬の様にムーアJの常に勝ちに行く騎乗に応えられない様なタイプの馬だと寧ろ逆効果になるというコトもままあります。

条件クラス馬で言えばアバオアクー(http://db.netkeiba.com/horse/2012104329/)やラインフェルス(http://db.netkeiba.com/horse/2012101317/)なんかは、それまでは美浦の非一流主戦騎手の意思疎通を大事にした継続騎乗で勝ち切れないまでも常に安定成績を積み重ねていたのが、乗り替わりムーアの劇薬騎乗で馬が嫌気を差して大敗してその後成績不振に陥ったり…。あとは、単純にムーア騎乗馬の次走戦績は結構悪いんですよ(ムーア騎乗の反動が抜けた次々走に巻き返すのもよくあるパターン)。それだけムーアJの騎乗は良い意味でも悪い意味でも効果が大きいのだと思います。

今回のルージュバックの場合に果たしてムーア起用が功を奏するかですが、もう失うモノが無い(もう引退間近で目先だけ考えるべき)ならば劇薬でも一発チャレンジするのは否定はしませんが(もし普通の好走が欲しいなら北村宏J継続騎乗の方が可能性高いはずですが、ココまで来たら1着しか意味無いですから)…でも、これだけストライクゾーンが狭い競走結果・精神的に脆さ出してきたルージュバックはムーアJの剛腕騎乗に応えられない方に位置する馬だと言うのは否めないと思います。
前走オールカマーがそれまでとは一皮むけた競走結果・競走内容なので、アレが本当にコノ馬の成長によるモノだとしたら今ならムーア騎乗を味方に付けられる線もあるっちゃあるのですが…その一つだけのサンプル数では確証は言えないトコロです。無題qtearh

―タッチングスピーチ 牝5 松山 56 栗東 石坂
新馬戦を除いた好走歴は全て距離2000以上で、それも馬場が渋った方が良いという鈍足ディープ牝駒…それは古馬になるに連れて顕著になっており、結局はOP戦線で間に合ったのは下り坂京都且つ渋化馬場の2戦だけ。
荒療治とも言える洋芝北海道2600起用した前走丹頂Sでも7着というのは完全に終わった馬と見るべきだろうし、相変わらず揉まれ弱い挙動(精神的欠点)を見せていたのもフルゲート頭数増える一戦になって困るだろうなと。
余程の道悪馬場にならない限りは…いや、それでも足りる根拠は見出せない現状です。
(もしかしたら、コノ馬も昨年エリ女(4人8着)でのムーア起用(スパルタ騎乗)の被害者の会の一員なのかも知れません。)

▽エテルナミノル 牝4 四位 56 栗東 本田
本年1走目阪神牝馬Sは馬券外という結果だったが、先着を許した相手は今春のG1激走馬のみ。決して楽なペースでも楽な馬場(バイアス)でも無かった中なので強さを認めたい所だ。
2走目福島牝馬Sは小回りコースで窮屈な形を強いられて全く力を発揮できずの凡走。
3走目準OP2着は1着シルバーステート・3着タツゴウゲキという並びが全てです…。
4走目クイーンS5着は内有利馬場の完全内枠決着を蛯名大外枠枠ナリ競馬は如何にも厳しい競馬だった。
5走目準OP1着は0.7秒差圧勝。
・・・
これら5走を振り返ると…外回りコースで伸び伸びと走れた時はやはり強いパフォーマンスをしているし、逆に小回りコースとなると不器用さが仇となり能力半減結果になりがちだと言える。
ココも外回りコースというのは力出せる舞台条件と言えそうだが、直近激走歴の前走&3走前はそれに加えて8~9頭少頭数立てという共通点もあった…さすがにこの未知距離では積極的な競馬は難しいはずで、フルゲート多頭数戦での好走絶対条件であるスンナリが高確率で見込めるとまでは言えないか。
バテないタイプなので京都良馬場競馬だと決め手ある馬に優位に転ぶだろうし、かと言って得意道悪競馬だとしても本質的なスタミナ面で強調まではできない。


―トーセンビクトリー 牝5 アッゼニ 56 栗東 角居
トゥザグローリー・トゥザワールドの下という中山巧者を多数輩出の血筋。この血統らしく小回り中山コースでパワーと機動力を存分に生かしたのが、今春中山牝馬Sでの激走であり、そして今夏クイーンSでの激走であった。
その後の前走府中牝馬S5着止まりの通り、その小回り系コースでないと大した馬ではないと言わねばならない。
また、6走前アンドロメダSでも1人気裏切る8着凡走している通り気性面の若さによるポカは昔から多い馬で、直近の好走歴は全て間隔を空けたタイミングで、以前から随分結果出せていない続戦ローテもマイナス材料だと見られる。


―クロコスミア 牝4 和田竜 56 栗東 西浦
前走府中牝馬Sでは実績馬(G1実績ある斤量56キロ馬)3頭をギリギリで凌ぐ逃げ切り勝利。
クロコスミア自身も決して逃げを主張する姿勢ではなかったが、前哨戦位置付けで有力馬ほど後方に位置を下げる形の完全スローペース展開で、更には他先行勢が誰も逃げたくないとの強い意思を見せて序盤1Fが極端に遅い流れに…番手以降の手綱引っ張り合いはその後も続いて単騎逃げクロコスミアにとってはこれ以上ない楽な逃げ展開に。最後にクロコスミアに詰め寄った2着馬3着馬は共に詰まって仕掛け遅れており、自身の力というよりも周囲がどうぞ逃げ切って下さいとのお膳立てが完全に整っていた故のこの結果だった様にも見える。

3走前クイーンSみたく同型が居れば簡単に逃げ譲る陣営の姿勢で、となると途端に大したコトない馬へと成り下がる…テン乗り和田Jになるが果たしてそういう逃げ拘りを持って臨むだろうか…。

また、根性で走る小型ステゴ牝駒で、コノ馬の激走回は休み明け初戦時に集中している…そう間隔空かない今回はタイミングではないかも。
【エリザベス女王杯の有力馬診断(中篇)】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―クインズミラーグロ 牝5 藤岡康 56 美北 和田道
距離2200適性も外回りコース適性も低い。
前走府中牝馬Sでは外回り1800舞台条件で、ラスト1F過ぎ辺りでは勝利まで有り得そうな脚色だったが、ラスト100mで急失速で12着という凡着順に。
OP昇級後のキャリアはほぼ極端内枠を引いて使える脚が短いという欠点を覆い隠す好立ち回りで好走結果を実現させてきた経緯で、唯一の非内枠だった福島牝馬Sでも展開ド嵌まりの幸運あったモノだった。
仮に枠順好転しても、今回の距離延長・外回りコースを乗り越えるコトは至難と言わざるを得ない。


▽ジュールポレール 牝4 幸 56 栗東 西園
まずは前々走ヴィクトリアマイル◎推奨見解を参照↓
『ポイントとしては「現4歳のクラシック路線馬の低レベル」と「古馬の上級路線馬の地盤沈下」という状況。
それらに該当する馬は思いのほか強くない可能性が割りとあって、ならばVM前哨戦の中で最もレベル高かった阪神牝馬Sで確かな急上昇を見せ付けたコノ馬が難なく突き破れる薄い壁しか存在していないのだと。

ソラを使う面があるので3走前までは派手な結果は無かったが、2走前は直線で抜け出してソラを使いながらのアノ結果で一皮むけた感があって、そして前走でも1頭で抜け出す様な難しい競馬になったのも響いた印象。逆に言えば大雑把な話ですが横綱ミッキークイーンよりもスピード感は見せていたくらいでした。
前走はレースの流れと直線での駆け引きで相手に分がありましたが、今回はよりスピードという要素が問われてくる条件且つ中上位馬が揃っていますので得意の競り合いの形になるはずのレースで…このいきなりのG1挑戦でも好勝負は十分に視野に入ると見ます。』
・・・
その後に降級して降級初戦勝利からまたも一気にG1挑戦となる今回。
その前走準OP戦では0.0秒差の辛勝でしたが、それは上記の通り着差を付け辛い自身性質による小着差なので、少なくともソレで大したコト無い馬だとは見るべきではありません。
なので能力的にはココでも決して見劣らない馬だと見たいですが、不安要素としては距離面(中長距離)が挙がります。
VMでもスピード能力を評価して阪神牝馬Sからのノビシロを見込んだ評価をしましたが、それだけに今度はVM当時ほどは走れないという見方をしなければなりません。
昨年エリ女は非距離適性馬クイーンズリングが勝利しましたが、それは枠順と鞍上と展開が全てピタリと嵌まったモノなので…その上で相手関係も昨年以上に揃っているので完全マイラー適性馬の出番はあまり見込めないと見ます。


★マキシマムドパリ
エリ女の穴パターンの一つは、牡馬混合G2京都大賞典での凡走馬狙い…そもそもコノ馬は本年の古馬牝馬距離二千重賞をダブル制覇しているだけに、距離適性的には最もエリ女向きの馬だと言える一頭です。

前々走はレース3週前にフレグモーネで4日間お休みという順調さを欠いた調整過程。「休んだのは1日だけだから大丈夫」みたいな談話はよく耳にすると思いますが、その感覚で言えば(実際にもそのはずですが)4日間ってのは大きいに決まっています。まして、それが栗東ではなく(調教施設整っていない)函館滞在時なので、通常以上に尾を引く事象だったはず。そういう状態面での瑕疵か、そもそも小回り1800が距離不足だったのもその通りだと思いますが、前半からの追走力不足露呈で最後も全く上位に迫るような脚を見せずの敗走でした。

前走は牝馬は負けて良いレースなので9着でも悪くないですが、その上で「落ち着きすぎ」「これまでで一番緩い」など状態面でネガティブな話がわんさか出ていた出走過程でもありました。

明らかに近2走は走れる状況になかったというのが全てなので、予ねてからの大目標であるエリ女に向けての叩き2戦目の確かな上昇話があれば飛び付きたいエリ女穴パターン馬なのですが…そこから先は最終追い切りまで踏まえなければ何とも言えないのですが、素材としては予ねてからエリ女(特に道悪なら尚良し)でこそと見ていた一頭なので候補として見ています。
【エリザベス女王杯の有力馬診断(後篇)〜実は東京競馬場への輸送競馬が大苦手…その負担大きい府中牝馬ではなく地元京都大賞典ステップのローテ工夫で今年は違うスマートレイアー〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
〇ヴィブロス 牝4 ルメール 56 栗東 友道
前走府中牝馬Sは超楽逃げクロコスミアだけを前哨戦故の悠長差し競馬をした分だけ捉えられなかったという2着。
少しでもレース展開が転べば容易に逆転できる1着馬との後先(あとさき)でしたので悲観は一切不要。また、(後続を見ても)上がり最速こそ3着アドマイヤリードに譲ったものの、向こうはそもそもが一瞬の脚のみの馬でスローペース後方競馬ならば上がり最速は必然とも言える馬なので、向こうの土俵ながらヴィブロスが完勝を収めた点で不動の2着結果と言えるでしょう。
ヴィブロスの能力・操縦性の高さについては前々走ドバイG1制覇のレース振りを見ても明らかで…府中牝馬Sでは馬群密集競馬で詰まりましたが、今の荒れ馬場のエリ女では同様の不利を受ける可能性もかなり縮小するはずです。
余程のコトが無い限りは府中牝馬Sで戦った相手関係に先着を許すコトは無い=堅軸に近い評価はすべきでしょう。


―ウキヨノカゼ 牝7 横山典 56 美南 菊沢
秋華賞&菊花賞で大人気馬を飛ばした横山典×菊沢厩舎のコンビ。
もしケチを付けるとしたら一流横山典Jではなく菊沢厩舎の方になるのは当然で、菊花賞有力馬診断でも『…調教過程についてはアエロリットが“攻め”過ぎならばミッキースワローは“守り”過ぎの様な…。1週前の調教時計は軽いモノだったし、その上で日曜に時計を出さず、更には最終追い切りは単走を示唆…どれを取っても過去の調整過程とは異なる=守りに入り過ぎている印象です…何と言っても関西主場(京都阪神)の平地競走では開業以来45戦0連対の菊沢厩舎…まして関東馬にとって鬼門とも言える菊花賞ですから尚更疑って掛かるべき』と厩舎仕上げに疑問を呈しました。

気性的に枯れてきた分で(一時のスプリント路線馬から)距離長め馬にシフトしてきている近況で、スピード不足に陥っている近走マイル戦よりも距離延長はベターに転ぶ可能性は十分。
ただ、もう早い段階から12月ターコイズSを引退レースとして予定されており、だからこそ夏休み返上での[関屋記念→京成杯AH]ローテを敷いていたり駆け込みレース出走という印象もあって…ココも決して本気度窺えるエリ女参戦(いきなりの距離二二参戦)というのは買い辛い。


▽クイーンズリング 牝5 Cデムー 56 栗東 吉村
春2戦は良い所ナシでしたが、それについては以下のVM有力馬診断で触れた通りの明確な敗因がありました
『前走阪神牝馬S15着は陣営曰く道悪と落鉄(右前)が敗因との話だが、その前には寧ろ道悪は得意という戦績だったし、落鉄云々ではない前半からリズム悪い追走だったのだからもっと深刻な敗因がありそう。
また、その前走で落鉄起こした蹄に、今回からエクイロックス処理となっているのはダメージがあったという証にならないか(それについては詳しくないので…ただの事実の並列しかできませんが…)。』
・・・
前走府中牝馬Sでは夏場休養を挟んで蹄問題をクリアしての復調を示すパフォーマンス…出遅れ外回し早仕掛けでの4着はG1前哨戦としては得るモノが大きいレース内容とも言えるはず。

本質的には距離二二は長いのでペースや乗り方に左右されるでしょうが…なので昨年エリ女1着は正にMデムーロ好騎乗が嵌まったという側面は否めないのですが、本年もMデムーロ乗り替わりとは言えども現状では同程度に高額賞金レースで勝てる騎乗を見せているCデムーロ騎乗ならの魅力も大きい…前哨戦制覇後で勢いに乗っていた昨年程の出来過ぎ結果までとは言わずも、同様に内枠好枠ゲットならば軽視はできない。


〇スマートレイアー 牝7 武豊 56 栗東 大久龍
過去年は秋初戦府中牝馬Sを使われており、そこでは3年連続で勝ち切れずの結果で、年々使える脚が鈍くなっていた。
そんな距離が短い所での爆発力については陰りが見えつつある近況だが、その代わりに母父ホワイトマズルの血が出てきてより距離長めに適性シフト…距離適性・内有利馬場・相対的なキレ味の全てが噛み合った前走京都大賞典勝利だったか。

そんな当距離路線での才能開花と共に、京都大賞典からのローテというも大きな買い材料になってくるのではないかと考える。
上記した通りこれまでは[府中牝馬S→エリ女]のローテで本番パフォーマンスを落としていた形になっていたが、その要因の一つとしては苦手東京輸送を挟む府中牝馬Sを使う弊害&激走した反動も無きにしも非ずだった様に思える(どうしても府中牝馬S前後で気を遣う調整過程を強いられてしまう)…その点で地元前哨戦使いで地元に留まっての調整過程を続けられるというのは地味に大きな好影響を与えるのではないかと睨んでいましたが…1週前に(例年以上)やれている猛調教が答えではないでしょうか。


・ディアドラ 牝3 岩田 54 栗東 橋田
・モズカッチャン 牝3 Mデムー 54 栗東 鮫島
・リスグラシュー 牝3 福永 54 栗東 矢作
秋華賞ワンツースリーがエリ女に揃って参戦という近年では無かったケース。
まず、コノ3頭の力量差についてですが、互角に近いと見ます。
前走秋華賞ではHペース且つ内有利馬場を最も利する競馬をできたのが勝ち馬ディアドラ…それも必然というよりはルメールJの進路取りは相当リスクあるモノで幸運あってのスムーズな立ち回り。それに対してリスク取らず90点競馬の無難外差し敢行したのがリスグラシューで、モズカッチャンは落鉄云々の影響は計れませんが先行ポジションも早めに先頭に立たされる競馬も割りを食らう形だったのは間違いなく。
オークスでは余力の差でモズカッチャンに軍配が挙がり、秋華賞では騎乗の差でディアドラに軍配が挙がり…これからも3頭の後先はレース毎に入れ替わってもおかしくない程度の差だと思います。

また、秋華賞メイチ過程だからエリ女では余力云々を言われそうですが、歴史的にエリ女への調整過程で緩めた馬でも強い秋華賞激走馬なら足りる傾向になっています(通用有無はデキ云々ではなく能力云々が左右している)。
つまりは最たる取捨要素は世代レベルなのだと…昨年や一昨年については世代レベル酷評して3歳馬軽視見解を出したと思いますが、今年世代ならば3歳馬重視の戦略まで有効になってくると思います。
【マイルCSの有力馬診断(前篇)〜[ガリバルディ]社台本隊馬でのG1騎乗は約3年振りの岩田騎手(12年10→13年6→14年1→15~17年0)と、それを強行起用できる藤原英師の政治力〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―ガリバルディ 牡6 岩田 57 栗東 藤原英
3走前ダービー卿CTは中枠スローペース前残りで後方で掛かり何もできずで、前々走京成杯AHでは同コースでも枠順好転とペース好転と差し展開の条件総好転によって一変結果となった経緯。
4走前までも馬柱汚れていましたが、その凡走局面はは距離二二挑戦やG1挑戦や正月京都内有利大外枠など明らかな条件不適レースばかりでした。
前走富士Sも外有利馬場での内枠競馬が堪えたとすれば情状酌量できるモノです。

OP昇級後の3好走は中京記念・大阪城S・京成杯AHで全て差し比べというレース…中々それに巡り合えないせいで結果不安定となっているが、逆に言えば無欲の追い込み脚は常に一定あるので計算はしやすい馬である…それが京都G1で嵌まるコトがあるのかと言えば・・・だが。

岩田騎手は12年までは社台グループから主戦待遇だったのが、ジェンティルドンナでの連敗から完全に干されていた近況(干されたから不振なのか、不振だから干されたのかは何とも言えないが)…数多の短期免許騎手が揃っているにも関わらず、そんな優先順位の低い騎手を約3年振りに起用するというコトは…つまりは優先順位の低い馬という意味にもなるでしょう。
(外国人騎手起用しない藤原英師の意向でもありそうですが…とすれば、社台言いなりが蔓延している中での松田博師を彷彿とさせる藤原英師の政治力の高さに目を付けるべきかも知れません)

無題ut
(近3年における岩田Jの馬主別G1騎乗歴)

―クルーガー 牡5 ○○ 57 栗東 高野
富士3着で復活気配を示していますが、当時の4〜8着馬は馬番1〜5で馬場の良い外目に持ち出せなかった馬達が馬場内目で苦しみながらひしめく展開で、それを外枠追い込み競馬の利での一蹴結果でした。
また、走法的にも血統的にも道悪は相当得意なタイプに見えて、そこでのアドバンテージも大きかったはず。
つまりは、フロック色が強い結果だったので、前走とは違う舞台条件での再激走はどうでしょうか。


▽サトノアラジン 牡6 川田 57 栗東 池江寿
前走秋天については不得手雨馬場で何もできず&何もせずの大敗だったので完全に無かったモノと考えて良いだろう。

4走前京王杯SCについては、まず大きく跳ぶ様に走る馬だけに雨馬場不得手だったのと、スローペースだったので道中は折り合いに苦労したのと、不器用外差しタイプなのだが外に持ち出せずに馬群突く形で最後まで本気追いの態勢に持ち込めなかったのと…ご覧の通りで敗因しかない様な完全に止む無しと言える敗戦。

3走前安田記念については、いつもの大外ブン回しという戦略が大いに有利となる稀有な局面…(それ以前のG1では恵まれず凡走多かったのに対して)そういう好機にG1としては初めて出くわしたのが全てという初戴冠。

これまでの戦績を振り返ると…力が違うG2では大胆な競馬で勝ち切るパターンなのに対して、G1となると小細工しようとして失敗のみというケースが多くを占めている。
それが今春シーズンに限りは“前哨戦G2で失敗→本番G1で成功”という逆パターンになっていた。

今秋初戦毎日王冠はその正に大胆競馬で成功パターンの方になっていた…それは上記の通りG2というのと、少頭数立て・大外枠の条件も好作用したモノである。

果たして今回マイルCSはどちらに転ぶかだが…やはり成功の確率が高いとは言えないと思います。

まず、頭数的にも枠順的にも前々走毎日王冠以上に条件好転はしませんし、G1成功勝利を収めた3走前安田記念については馬場やペースなどこれ以上無いという有利シチュエーションでしたので。
頭数はどうにもならないとして、枠順と展開…それが完璧に向けば好走濃厚で、完璧でなければ非好走濃厚で…普通に考えれば前者に期待するのはハイリスクと見ますが。


―アメリカズカップ 牡3 松山 56 栗東 音無
基本的に掛かるし、かと言って他馬を気にする面もあるので馬群内競馬にも難があって…結果的には上級条件での3勝は全て少頭数外枠条件で、その内の近2つは極悪馬場で弱点が覆い隠される絶好条件でのモノであった。

まず距離マイルに適応するスピードは無さそうだし、その上で頭数増となれば皐月賞みたく後手に回ってチグハグなレース振りになる想像しかできなくて…。


―ヤングマンパワー 牡5 石橋脩 57 美北 手塚
不器用さと気難しさがあって、スンナリと先行する形が理想。
逆に言えば昨年マイルCSがそうであった様に馬群内で揉まれる競馬では最悪だし、本年安田記念がそうであった様に先行する形でも急かして行かないといけない様なペースだとどうかという面もあるし、あまり速い上がり勝負にも向いていない。
前々走関屋記念ではH過ぎでもないS過ぎでもない得意範疇のラップレースで、同じくだった前年関屋記念に引き続いての外枠スンナリ先行競馬で善戦結果に至った。それでも昨年1着に対して本年4着で、毎日王冠にしても完敗5着でダイワキャグニーにも力負けで、やや前年比で劣化は否めないという近況。
近2走でぬるま湯競馬している分で序盤からある程度流れそうなココでのスンナリ先行できるか怪しさもあるし、良績の暑い時季が終わった後でのパフォーマンス低下もあるだろうし…。
【マイルCSの有力馬診断(中篇)】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
△エアスピネル 牡4 武豊 57 栗東 笹田
前走富士Sの激走については、過去の唯一の雨馬場競走だった2歳時デイリー杯2歳Sでも圧勝した通りの雨馬場巧者だったのと、更に極悪馬場になって各馬が相当バラける隊列が大きく味方した印象。

それは京都金杯回顧で『この距離短縮ローテにも関わらず、道中は強烈に掛かったかの様なシーンがあったが、逆に外に持ち出した途端に収まったコトからも、単に狭い所に入って物理的に窮屈な仕草を出しただけに見える。又は、馬群の中での競馬は得意ではないという可能性もゼロではないと見るべきかも知れないが…。流石にこの距離でも折り合い不安を露呈というレース振りでは決して無かった。』と書いた通り。
そして、その次走の本番安田記念では、大人気背負っているにも関わらずの半後方ポツン騎乗はそういう伏線からなのだろうと。

その安田記念でも詰まらなければ好走級だったし、前走札幌記念は距離二千の重いレース質が敗因で、実質的には当距離路線では底を見せていない馬とも言えるのですが…必ずしも常に本領発揮を期待できる性質の馬ではないだろうと。

雨に祟られる開催続いて密集が起きない馬場ならばリスク軽減になりますが、内前有利状況ではどうしても出し抜けされてしまう性質はあると思います(ex,マイラーズCで内から来たイスラボニータに進路譲って2着)。


▽グァンチャーレ 牡5 古川吉 57 栗東 北出
使える脚が長くないタイプで、ラスト1Fが失速しないラップ戦で良績と、又は内枠から距離損ない競馬できた場面で良績を残している馬(前走は常識外の極悪馬場なので例外と捉えて良いと思う)。

3歳秋以降の重賞OPレースでは[内枠時にはほぼ全戦好走⇔外枠時にはほぼ全戦凡走]という両極端な戦績になっている。
ただ、陣営もそれを掴んでいるのか、(それ以前は外回し凡走がデフォだったのが)枠順を問わずに外は回さない競馬に拘って好走確率を上げている近況でもある。

前々走中京記念は不得手急坂コースの内有利馬場の外枠条件なのでぶっ飛んで当然で、それ以外の内中枠では3連続好走の計算が立つ戦績。

さすがにココは相手関係が厳しいと見るべきだが、万が一があるとしたら極端内枠を引いた時で、中外枠ではタイトなフルゲートG1競走では理想的な形は困難と見て消しで。

危サングレーザー
3歳春までは中距離克服の教育で出世が遅れた経緯で、折り合い面を気にしなくて済む距離マイル“以下”転向後から快進撃。
ただ、それが一気にG1戦、それもマイルG1戦で通じてくるかと言えば懐疑的に見たい。

コノ馬はディープ産駒ながらも距離マイルを捨てて1400一本になっている通り折り合い難は解消されておらず…故に距離マイル戻り克服は安心できる話ではないでしょうし、これまでは間隔を空けてのゆったりローテを組んでいたのがいやがおうにもG1出走を強いられる立場になって詰まったローテで挑むコトになるココは潮時だとは見られません。
【マイルCSの有力馬診断(後篇)〜[マルターズアポジー]3走前は同オーナー1人気馬援護にシルク(社台)の…前走は同オーナー夏王者資格馬援護へラフィアンの鉄砲玉のせいで・・〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽グランシルク 牡5 田辺 57 美南 戸田
前々走京成杯AHについては、これまで散々勝ち切れなさを見せたいたのが嘘の様な鮮やかな勝ちっぷり。
それは馬と騎手の双方に勝因がありそうで…馬について言えば少し前まではスタートの出が悪いレースが多くて尚且つ掛かる馬なので騎手は恐る恐る乗らざるを得ずに取りこぼす様なシーンが多かったのが、ようやくスタートが安定してきたのと(寧ろ好発となったのと)Hペース内枠競馬で自在な立ち回りができたのはやや幸運ありきだったとも言えるか。
そして見逃せないのが鞍上田辺で、このエアレーション中山芝では誇張ではなく何馬身も伸び違う印象まであって、その十八番騎乗が炸裂した側面もある。

但し田辺Jというのは決して万能ではなくて、中山以外コースでは当地程の特殊能力は無いので…特に完全に専門外の京都コースとなれば大した期待はできないか。

また、コノ馬については3歳時から『父ステイゴールド×母父父ロベルトの血統面&ニュージーランドTでの弾けっぷり&NHKマイルCでのイマイチっぷりから、明らかに「中山>東京」の適性の持ち主と考える。 前々走富士Sも直線に向いてから手応え抜群だった割に、直線の最後で伸び切れなかった辺りはそういうコトだろう。』と中山巧者としていましたが、京成杯AHのパフォーマンスも昨年覇者ロードクエストと被る様な捲り適性を前面に出せた故のモノだと思える。
そのロードクエストも次走以降大箱マイルでは苦戦中ですが、コチラも外回りマイル戦は一つの壁になってもおかしくないはず。

▽ウインガニオン 牡5 津村 57 栗東 西園
まずは前々走中京記念時の有力馬診断見解を参照↓
『コノ馬は一昨年も昨年も夏場だけ連続激走している生粋の夏馬。
昨年夏以降は4連続凡走していたのが、今期初戦の季節替わりのタイミングで文字通り一変して見せた。
前走は最終週馬場で寧ろ逃げ馬残り傾向顕著な日になっていたので、そこでの有利な競馬をしての好走はややフロック視される面もあるだろう…但し、コノ馬の場合には過去年でも恵まれたと思われつつも夏場はパフォーマンスを上げ続けて結局連続激走し続けてきた経緯で…その今の時季にはレースを走る度に(ファンの予想を上回る)伸びシロを見せてくれるという上昇余地を踏まえればココでも決して侮れぬ一頭と見る。』
・・・
その中京記念では見解通り更にパフォーマンスを伸ばしたという完勝劇。
そして、中京記念と同じく[夏場][左回り][スンナリ番手]の得意条件競馬ができた前走関屋記念でも勢い持続しての4連続好走を収めた。

それが今回も続くのか否かであるが、コノ馬の特徴からして上記とは逆にココはマイナス材料のオンパレードになります。
一昨年も昨年も夏場連勝以外はカラッキシという季節の問題、右回りには大いに難を抱えている面、そして逃げか番手でないと精神的なモロさを出してしまう面…その一つでも発動してしまえば一気に凡走に至るワケなので…。


―アメリカズカップ 牡3 松山 56 栗東 音無
基本的に掛かるし、かと言って他馬を気にする面もあるので馬群内競馬にも難があって…結果的には上級条件での3勝は全て少頭数外枠条件で、その内の近2つは極悪馬場で弱点が覆い隠される絶好条件でのモノであった。
まず距離マイルに適応するスピードは無さそうだし、その上で頭数増となれば皐月賞みたく後手に回ってチグハグなレース振りになる想像しかできなくて…。


★マルターズアポジー 牡5 武士沢 57 美南 堀井
前々走関屋記念回顧では『前走で極端な一件があった反動と、前走によって人気急降下していた通り騎手内でもマークが薄くなっていた面もあるだろうし、そして新潟マイルという一見差し脚有利で実は逃げようと思えば難なく逃げに持ち込める利点も大きいコース…今度は単騎逃げで本領発揮の場面になった。それどころか事実上の2番手宣言のウインガニオンは、ただの2番手ではなく(中京記念同様に)逃げ馬とは差が離れた2番手が理想というだけあって、マルターズアポジーにとっては単騎逃げどころか単騎大逃げが(自分が飛ばさなくても)相手の都合で叶ってしまうという格好の状況。』と書いたが、それが丸っきり逆のシチュエーションであったのが前走京成杯AH。

激走後で周囲の目が向けられる立場、ペース流れる中山マイルコース、そして結果的にはウインガニオンサマーマイルシリーズ王者を守る為という思惑もあった様なウインフルブルームの捨て身競馬。ウインフルブルームは恐らく自身が好走できるならば無理はしないはずだったが、自身の勝ちが無いと見るやマルターズアポジー潰しに動いた様な…?それらを撥ね退けての、しかもトップハンデ58キロを背負っての、更には関屋記念好走後の疲労残るコンディションの中での4着踏ん張りは地力強化を認めるしかない。

果たして今回は前者と後者のどちらになるのかですが、3走前みたく予期せぬ鉄砲玉の発生も有り得るのですが、もしもそれが無ければ番手にはウインガニオン濃厚というのはとっても好都合な話…彼は右回りに難があるのでコーナーで攻めた騎乗はできないですし、気性面にも難があるので2番手なら先頭から離れて競馬したいクチですから…それはコノ馬にとって激走に向けての最高のお膳立てになりますから。


▽サングレーザー 牡3 福永 56 栗東 浅見
3歳春までは中距離克服の教育で出世が遅れた経緯で、折り合い面を気にしなくて済む距離マイル“以下”転向後から快進撃。
ただ、それが一気にG1戦、それもマイルG1戦で通じてくるかと言えば懐疑的に見たい。

コノ馬はディープ産駒ながらも距離マイルを捨てて1400一本になっている通り折り合い難は解消されておらず…故に距離マイル戻り克服は安心できる話ではないでしょうし、これまでは間隔を空けてのゆったりローテを組んでいたのがいやがおうにもG1出走を強いられる立場になって詰まったローテで挑むコトになるココは潮時だとは見られません。
【ジャパンカップの有力馬診断(前篇)〜G1連続好走記録中デムーロJの選馬眼…早々にスワーヴR相手に&土壇場でサトノC相手に非選択通告され真の評価露わにシュヴァルグラン〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽シュヴァルグラン 牡5 デムーロ→未定 57 栗東 友道
デムーロJは主戦を務めているはずのサトノクラウンには堀厩舎ムーア優先によりジャパンCで騎乗するコトができないので、やや格下感ある余り物シュヴァルグランに騎乗する運びだったのですが…その後に専属騎手契約の問題でムーアJがサトノクラウンに騎乗できないというコト=デムーロJがサトノクラウンに騎乗したいというコトでフラれてしまったという経緯。

その新情報が入る前に『G1連続好走記録中のデムーロJの騎乗馬選択ならば勝算があると読み取るべきかも知れませんが、早くも有馬記念での騎乗馬はアルゼンチン共和国杯馬スワーヴリチャードに内定しているというコトは…つまりはデムーロJの心の内は「スワーヴリチャード>シュヴァルグラン」なのでしょう…となれば果たしてシュヴァルグランが高評価だから騎乗するのかよく分からないですね』と書いていたのですが、スワーヴリチャードにもサトノクラウンにも二重で且つ強引に非優先扱いされたというコトは…つまりはその程度の馬だと言えてしまいます。

前走京都大賞典では内有利馬場で内を立ち回った1着馬2着馬に対して、自身ステイヤー適性故に高速二四では必然の後手競馬&スタートゴチャ付きもあって大外競馬を強いられたながらの3着は当然価値が高いパフォーマンスである。
前々走宝塚記念は春天激闘激走後の止む無しの息切れ結果で、その前はステイヤー戦で相手が悪かっただけの連続2着好走。
昨秋G1二戦(JC&有馬)では共に馬体絞れず、というか馬体肥え続けてスピード負けの3着6着だった。
距離二四級だと京都大賞典みたく後手競馬で間に合わないキャラだが、今の充実度で且つG1神騎手デムーロの手綱で尚且つ昨年の敗因の二の舞(馬体増か)を防げればそれなりの走りは計算できる…逆に言えば太り易いタイプだけに冬場の馬体増加を食い止めるのは言うほど簡単なコトではないはずでそこに死角生まれると取捨し易くなりますが…。


―ディサイファ 牡8 ○○ 57 美北 小島太
例の浜中事件が起きた昨秋マイルCS。
(この手の話については陣営から「問題ない」とのポジティブコメントが出るのが常なのですが)その後遺症(精神的なダメージ)はやはり問題になっている雰囲気は最初からあって、大阪杯では包まれない様にとの指示での大外回し競馬でしたし、安田記念では距離マイルのHペースでもあそこまで出して行く競馬というのは何かの裏返しなのかも知れないともココで書きましたが、ついに札幌記念後に陣営は後遺症の存在(後遺症が主な敗因)を認めてきました。
その後のオールカマーはスンナリ2番手追走というノーストレス競馬で、天皇賞秋では前には行けなかったものの極悪馬場・ガラ空き馬場が功を奏してノーストレスのイン突きが叶うという何たる幸運…その上で強烈な外不利バイアスあったせいで逆噴射馬が多数の中で7着という着順を拾えたというモノでした。
今回もノーストレス競馬でないと善戦すら無理でしょうが、オールカマーは超スロー・秋天は極端馬場だからできましたが、今回ばかりはその善戦叶う手掛かりは無さそうです。


▽ヤマカツエース 牡5 池添 57 栗東 池添兼
コノ馬は昨年有馬記念後に来年有馬記念の穴◎候補馬に指定しました。
それは2つの意味があって「◎馬」であり「穴馬」であるというコト…つまりは有馬記念の前哨戦段階では結果を残し切れず、非上位人気での出走になるだろうとの読みの上です…どうやら本当にそうなりそうですね(全てはジャパンCの結果次第で全然変わりますが)。

昨年有馬記念ではもし内を上手く捌けていれば3着まで肉薄できただろうラストの脚色で良く詰めてきた内容…最終コーナーでは内を突けずに外を回って、そこから内に切り返したロスが少し残念でした。
そういうインで脚を溜めて一瞬の脚で差してくる形はかなり合う印象で、なので近3年連続でスローになっている有馬記念ならば…内枠からのイン差しで嵌まるか嵌まらないかのギリギリの走りをしてくれるイメージです。
(秋天前にも書きましたが、東京G1でも好走期待視できる程の総合力優れた馬ではないので…今回も適度な走りをして頂けると有馬記念が楽しみになりますが…)。



―ラストインパクト 牡7 ○○ 57 栗東 角居
3走前鳴尾記念凡走によって、社台は面目を保ったなと…。
昨年ジャパンC10着後に本来ならば適鞍有馬記念に向かうべきトコロを急転直下のダート転向だったのだが、それは社台内(シルク内)での使い分けとも邪推されていた(cf.シルクドリーマー)。
それを2戦も使ってようやく見切りを付けて芝戻りとなった3走前鳴尾記念。
もしそこで芝で普通に重賞級で走れるならばこの半年間は一体何だったのかとなるトコロでしたが、そこは社台の目が正しかった様で確かに芝では戦力外の馬だったというコトでした。
前々走新潟記念では完全に終わった馬かの様な負けっぷりで、前走京都大賞典の内有利馬場での絶好逃げで6着止まりでは進境を示したとは言えないパフォーマンス…もう無理な馬と言う他にない。

△レイデオロ 牡3 ルメール 55 美北 藤沢和
神戸新聞杯というのは例年だと権利獲りに躍起の格下馬が展開を掻き乱すケースがままあるのだが、本年の場合には格下馬はレースに関与しない軒並み後方追走ままで、好位追走組は全て春実績馬=人気馬の構成となった。それもあってラスト1Fでもラップの落ち込みが無い、神戸新聞杯・阪神二四コースとしてはやや肩透かしという軽めのレース質に…それはダービーのデジャブの様な…。

レイデオロはダービー回顧で『勝因は超スローペースを見越して早い段階で前目に取り付く騎乗をルメールができたコトで、逆にアドミラブルの敗因は対照的にデムーロがノーチャンスの位置取りに留まったまま直線を迎えてしまったコトである・・・というのが世間一般的な見方だと思うが、もちろんそれは騎手の問題でもあるのですが、半分は馬の問題でもあります。そういう競馬が難なくできてしまう操縦性高いのがレイデオロ』と書きましたが、ダービーの場合にはアドミラブル・神戸新聞杯の場合にはキセキという差し遅れ系馬を軽く往なす勝利でした。

そのダービー・神戸新聞杯の2走は共に同レース質での同競馬での激走で(新味を見せずの連勝で)、果たして本質的な力量はどの程度なのかという点での疑問は残る。
共に機動力あるスピード馬との適性が優位に転ぶレースだったのが大いに向いており、本質的には距離適性2000前後の馬だと思うので、古馬対戦でこれまで経験無い様なスタミナ要求レースになっての地力不足露呈は普通に有り得ると思う。
ですが…このジャパンCは近年ほぼ牝馬しか勝っていない様に軽斤量・軽さが大事という傾向になっているので…となれば近2走のままで乗り切れてしまうパターンもありそうですが…。
【ジャパンカップの有力馬診断(中篇)〜秋天では激走馬を…JCでは危険人気馬を量産する藤沢和雄厩舎(3人気以内9頭で1連対)〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽レインボーライン 牡4 ○○ 57 栗東 浅見
秋天当日後半の東京芝のレースは大外を回された馬の異常にバテが激しくて、秋天の決着が典型的だった通り比較内を通った馬の方が雪崩れ込みが叶うバイアスだった(逆に外枠外目競馬で好走圏内に留まったのは1人気級馬のみだった)。
ただ、そういうバイアスは俯瞰して見られる外野からは分かるとしても、当事者の立場で掴むのは至難みたいで…だからそういう「きちんと馬場を読んで乗れ」と文句を言いたくなる様な変な内有利決着が9→10→11と3レースも続きました。

秋天での好走馬3頭は全て決して相対的に馬場が悪いとは言えない内目競馬に徹して、(外回し馬がババを引いた分もあって)自ずとスンナリと位置取りを上げる形ができた馬でした…モチロン馬の力あってこその好走結果ではあるのですが、少なくとも最内競馬をしただけでそれなりの着順に残ったと言える落ち目ディサイファ7着よりも走れていない馬は、騎手誘導のせいで過剰に走れていないのは明らかなので。

サトノクラウン・キタサンブラックからは離された3着入線のレインボーライン…少なくともこのパフォーマンスを評価するワケには行きません。
3歳アーリントンC1着後にも『一見、展開に恵まれた勝利にも見えるが、この淀みないペースを大外に持ち出しながら脚を使い続けて、脚が止まるかと思いきや根性で最後の一伸び。前々走千両賞1着も同じくラストの競り合いで馬の根性で頭一つ出たという内容だった。ステゴ牡駒らしい勝負根性の持ち主で、コレは更に強い相手関係になっても武器になりそう』と書きましたが、そういう根性で走るステゴ牡駒で尚且つ母系道悪巧者血統だけに…秋天は一世一代の走りが叶う様なシチュエーションだったとも見られます。
前走は極悪馬場・ガラ空き馬場でしたのでスルスル競馬になりましたが、もしも良馬場ならば意外と大外回ししかできないキャラという点でも前走秋天との落差あるパフォーマンスが予想されます。


△ソウルスターリング 牝3 Cデムー 53 美北 藤沢和
上記の通り内有利・大外超不利バイアスだった秋天に於いて、外の競馬をしながらも唯一まともな着順で走り切ったのがソウルスターリングでした…当時予想でHレベル3歳牝馬横綱馬として高評価していたからではありませんが、それは十分に強い競馬だったと見るべきだと思います…レース振りの有利不利が秒単位で作用する局面でしたのでまともならば好走の目もあった一頭だと言いたいです。

ジャパンカップというのは近8年中6年で牝馬が1位入線しています…そんな牝馬有利のレースと言って良いと思います。
そこに唯一の牝馬、それも3歳牝馬世代横綱且つ前走秋天で古馬牡馬通用能力示した牝馬が参戦となれば十分一発ある存在だと言えるでしょう。

ただし…藤沢和雄厩舎馬は秋天に本腰を入れる厩舎のせいか、過去を遡って見てみると「秋天前哨戦1人気裏切り→秋天激走→JC人気裏切り凡走」が典型的なパターンになっており、秋天よりもJCでパフォーマンスを上げた例はほぼありません。
藤沢和雄厩舎の2000年代のJC好走歴はシンボリクリスエス・ゼンノロブロイ・スピルバーグの3例ですが、全て秋天以下の着順で、1人気馬は4頭&上位人気馬は二桁頭数いながらも過去1連対のみと見れば寂しい結果になっています。

ましてレイデオロがJC本線でしたので、鞍上も被ってしまうソウルスターリングのJC参戦がメイチではないのは当たり前として既定路線であったのかすら怪しいので。

危マカヒキ
上記の流れで言えば、秋天で外枠からの唯一健闘馬だったコノ馬は評価する向きもあるでしょうが(それで穴人気模様ですが)、結論から言えばそれには賛同できません。
…それこそ『凱旋門賞挑戦による中途半端な欧州化の成れの果て』の通りの半欧州馬だからこその善戦とも言えないでしょうか。
コノ馬の3歳時と言えばキレキレの馬でしたが、毎日王冠でも鈍さを指摘されて、秋天はその鈍さが相対的に武器になる舞台条件での激走…欧州挑戦により中途半端な欧州化を手に入れた分で極悪秋天では結果を残せたとなれば、それとは逆の良馬場ジャパンカップでは結果を残せない方向に作用するのではないでしょうか?
また、コノ馬は外枠からの好走ですが、決して外に振られずの着拾い競馬でしたので、やっぱり本当に外を回したソウルスターリングよりは全然価値が低いと見ます。
【ジャパンカップの有力馬診断(後篇)〜『3歳凱旋門賞挑戦の失敗パターン=成長期を別のコトに捧げて成長案外+半欧州仕様化』の成果を極悪馬場秋天で発揮=健闘果たしたマカヒキ〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―サウンズオブアース 牡6 田辺 57 栗東 藤岡健
まずは3走前有馬記念8着後の回顧文を参照↓
『これは完全に状態落ちが主因だったと見て良さそう。
昨年と同ローテながら1本少ない追い切り過程だった事実や、デムーロJの「前走JCで走り過ぎちゃった」というコメントもそれを裏付けるモノ。
去年も今年も天皇賞春の後には大きなダメージが残ってしまい、そこから結構な間隔が空く秋復帰戦の京都大賞典でも調整遅れで万全の状態で挑めていない様に、疲労面での体質の弱さが付きまとう馬でもある。
古馬になってから連戦での連続好走歴はゼロ。
これまでの経緯からすると、春初戦も完全にリフレッシュできて万全のデキで出てこられるかも少し怪しいので注意が必要。
疲労面を重視して1シーズン1度の激走タイミングを見極めたい。』
・・・
今期初戦札幌記念では4着好走…2戦目京都大賞典では横山典ヤラズ=馬自身の状態に問題有りでの大敗劇。
昨年でも有馬記念で息切れしていたワケで、もしも秋G1(JC&有馬)を本気で見据えているならばその前にG2を2戦もさせるとも思えない…つまりは流石にG1云々言える場合でも無くなってきたので、目先のG2勝利への本気を費やしたかったのが今期だったのではないか。
にも関わらず、札幌記念で4着しただけで、次走京都大賞典で反動負けを起こすというのも結構末期である証ではないだろうか。
そんな中途半端な勝負度で、中途半端なローテで…ココで復活や復調パフォーマンスというのはナシではないだろうか。


▽サトノクラウン 牡5 ムーア→未定→デムーロ強奪 57 美北 堀
コノ馬の主戦はデムーロJと思われるかも知れませんが、堀厩舎所属馬なのでデムーロJよりもムーア・モレイラなどの海外一流騎手の方が優先されるという過去と未来…つまりは前走秋天はデムーロJの後先考えずの一戦入魂の場面でした(※結果的にはムーアJ専属騎手契約の問題で再びデムーロ騎乗となりましたが、その時点ではそうでした)。

最近で言えばリアルスティールの毎日王冠なんかが典型かと思いますが、そういう場面でのデムーロJはある意味で無敵…秋天での強気騎乗・鬼気迫る追い方は正にソレでした。

となれば、今回JCの取捨の最大要素はその秋天反動の有無でしょう…その点で言えばサトノクラウンは若駒の頃からすぐ馬が硬くなり易い弱さがあって、故に休み明け初戦など間隔空きローテでこそ本領発揮傾向がありました。
前々走大阪杯でも当時の馬の状態からして、その前の京都記念激走から回復し切れなかったのも大きかったのではないかと見ています。
その大阪杯は言うても中6週ローテでした…コノ馬にとってはほぼ未知と言える中3週ローテでのG1連戦でもう一丁は結構危うい気がします。


▽キタサンブラック 牡5 武豊 57 栗東 清水久
前走秋天ではそのサトノクラウンの決して諦めぬ迫り方によって、ラストまでビッシリと追いながらもラスト1F14.0というバテバテラップで凌いだキタサンブラックについても前走激走反動というのは真剣に考えねばならないと思います。
春も春天レコード激走後の宝塚記念でドボンしましたが、今回はそれに匹敵以上に値するだろう逆レコード激走後というコトになります。
サトノクラウンよりも疲労耐性ある頑丈な馬だとしても…です。

また、秋天ではまさかの出遅れからのド派手な勝利でしたが、この手の荒い競馬での激走は次走に尾を引く印象があります。
例えば世界最強馬だったアロゲートも、それまではHラップ先行の王道競馬での激走続きだったのが、ドバイワールドカップではスタート不利から大捲りのド派手競馬での激走…それは選択肢が広がったかの様な言われ方もしましたが、結果的にはそれを境にスタートから出て行かないコトを覚えてしまったのか、スタート出が悪くなる一方の気持ち切れた様に別馬へと成り下がって引退の運びとなりました。

だからキタサンブラックもそうなるだなんて短絡的なコトは言いませんが、ああいう特殊状況での特殊競馬の後ってのはやはり怖いです…。
もし出遅れが癖になっていたら、前走は極悪馬場のガラ空き馬場なので問題なかったですが、良馬場じゃ全く勝手の異なる半ば未知な競馬になるワケですから…。

▽マカヒキ 牡4 内田博 57 栗東 友道
まずは前々走毎日王冠時の有力馬診断を参照↓
『近年の3歳馬の凱旋門賞挑戦はキズナとハープスターの2頭だが、ハープスターは不調に陥っていつの間にか引退で、キズナも成長案外で早々に引退してしまった。

3歳時の凱旋門賞遠征については、「例えば並のダービー馬が居たとして、その馬がダービーを制した3歳春時点で一見とっても強い馬に見えるかも知れませんが、実はその時点でも古馬に混じればOP級なのです。2歳G1馬なら、その時点では古馬の1000万下級なのです。つまりは、古馬になって以降も活躍する為には、誰しもが“大きく成長しなければならない”というのがお分かりになるかと思います」というワケですので、
もしも凱旋門賞遠征による成長の阻害があるとすれば、それが成長期3歳時点であればその影響は決しては小さくは見積もれない代物になるのではないか。

杓子定規に測れるモノではないでしょうが、一番の成長期を別の身を削るコトに費やすワケですから…現に素質馬こそ無理をしないでジックリと育てるというのが競馬界の常識として横たわっている以上、その真反対を施すコトによる後への影響が無いってコトは無いでしょう。

今春のG2三着とG1四着という結果については、道悪京都記念3着だけなら情状酌量できましたが、それなりに条件揃っていた大阪杯でもパフォーマンスを上げられなかったとなれば成長問題が槍玉に挙げるのは当然。
欧州での調教やレース経験によって当時は「馬がパワーアップ」したなんて良い話風に言われていましたが、それへの適合(欧州仕様育成)は逆に日本競馬適性を損ねるコトにも繋がるのは当然だろう(というのは、丁度凱旋門賞が終わったタイミング=サトノダイヤモンドが主に馬場問題により全く通用しなかったタイミングではシックリいく話ではないでしょうか)。
欧州経験の影響か又は母系の血が出てきた影響もあるかも知れないが、3歳春当時のキレキレのマカヒキは今は昔で、大阪杯にてルメールJから「反応が鈍い馬」だと認識されているのはもはや別馬であるというコトではないか。

過去最長の休養=頼みの綱の成長期4歳夏を挟んだ今回は変身=復活できる最後のチャンスになるだろうが、少なくとも昨秋から今春の当馬を見る限りでは3歳春当時の輝きを取り戻すのは難しそうに見えたし、鞍上内田博Jというのも本当に期待されている馬への鞍上配置ではない点で過度な期待は禁物だろう。』
・・・
個人的には一貫して3歳時の凱旋門賞挑戦は大嫌いという立場…マカヒキの帰国後のレース参戦時には毎回上記の凱旋門賞参戦批判じみたコトを書いてきましたが…本当に日本競馬界の大きな過ち=損失ではないかと思うのです。
ただ、私も1年以上前から大いに期待していた“サトノダイヤモンドの円熟4歳時挑戦”がああなってしまっては、果たして何が正解なのかも分かりませんが(そりゃ本年サトノダイヤモンドの場合にはあの馬場では無理問だろうというのはレース前に予想できましたが、ただ昨年程の乱ペースも今年程の雨馬場も共に一般的な凱旋門賞傾向とは言えないので、だからディープ産駒には無理とこれ以降の挑戦を閉ざすのも違うでしょうし…)。

上記のコトは事ある毎に書いてきた話なのでもう終わりにしようと思ったのですが、今回に関してはマカヒキの取捨と絡んでくるのでまたまた書いてしまいました。

前走秋天については例の外枠からの唯一健闘馬として評価されている風潮の様ですが、それには賛同できません…それこそ『凱旋門賞挑戦による中途半端な欧州化の成れの果て』の通りの半欧州馬だからこその善戦とも言えないでしょうか。
3歳時のマカヒキと言えばキレキレの馬でしたが、毎日王冠でも鈍さを指摘されて、秋天はその鈍さが相対的に武器になる舞台条件での激走…ならば良馬場JCでは用無しってコトではないでしょうか?。
また、コノ馬は外枠からの好走ですが、決して外に振られずの着拾い競馬でしたので、やっぱり本当に外を回したソウルスターリングよりは全然価値が低いと見ます。
(一つだけ怖いのが、極悪馬場レース後にも関わらず、秋天時よりも大幅調教強化されている点です…)
【チャンピオンズカップ2017の有力馬診断(前篇)〜G1連続好走記録デムーロの選馬眼…エリ女勝利で本格的に記録注目の直後にモルトベーネ騎乗予定変更(騎乗馬無し選択)が意味するコトは…〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★前提
中京ダートは基本内有利傾向で、特に今夏開催はそれが顕著であった。
近2年のチャンピオンズCはHペースにも関わらず内枠馬ばかりが好走する決着だったが、それらの年よりもペースが流れる可能性の低い本年はより色濃い内優勢決着があっても驚けない(それは土曜開催でのバイアスを踏まえた上で結論出したいですが)

△テイエムジンソク 牡5 古川吉 57 栗東 木原
竹之下J騎乗時代は有り余るスピードを押さえ付ける騎乗で本領発揮せずの惜敗続き。
古川J乗り替わり後は一転して脚を出し切る騎乗で一気に本格化戦績となったのだが、前々走エルムSについては当時回顧文で『…甘やかしたドリームキラリは最後まで捉えられずに首の上げ下げの運で数センチ先着で、情けないコトに後続にも差されてしまうという競馬・・・古川吉Jは過信した面が絶対にあるのと、重賞での断然1番人気の経験値不足もあったのか、良く言えば馬の為にも楽に勝とう(=無駄に勝ち過ぎないように)と、悪く言えば舐めているような騎乗…小回りダート競馬でラスト1Fからの追い出しでは伏兵馬に差されても文句は言えないですし、逆にあわや前も残してしまう所でしたから騎手の馬への理解不足と責められて仕方ないと思います。じゃあ早めに追い出していれば確実に勝てたのかと言えば、今回のレースの異常な着差を見ての通り、こういうレースでは仕掛け所や展開で全然違うタイムでの入線になるので勝っていたと思います。』と書いた通りの竹之下J騎乗時台を思い起こす様な油断騎乗での取りこぼし。
ただ、古川Jはこれで騎乗5戦4勝となったワケですが、1度くらいの失敗はあるものと見るべきでしょうし、その失敗故にコノ馬の競馬というものを確固たるモノとできたのならば十分に負けたコトに価値は見出せてきます。
前走みやこSはそんなHペースにも関わらずのスピード押し殺さずの圧巻の走りで、これを見れば前走は溜め殺しで決して力負けではない2着だと納得してもらえるはず。

今回チャンピオンズCに於いては、さすがに同じ戦法が通用するとまではどうだろうか。
近2年のチャンピオンズカップは必然の前崩れ展開になっていたが、コノ馬のスピードを以てすれば同様の早仕掛け競馬を選択するコトになるはず…ここまでの圧勝劇の2着馬は全てOP特別級の馬だったワケで、果たしてG1級の相手関係に最も厳しい競馬をしても尚も絶対とも言える能力があるかと言えばそう簡単な話でもないはずで(鞍上当人も相手関係や他馬との力量差を掴めずの騎乗になるはずで、やはり圧倒的な力差が無いと容易ではない局面になるでしょう)。


―キングズガード 牡6 藤岡康 57 栗東 寺島
前走みやこSはテイエムジンソクが先行馬を一蹴したせいというのもあるが、4着以下は馬場差もそれほど無い前々日の1000万下(牝馬限定戦)よりも全く劣る入線時計。
キングズガードはテイエムジンソクが強過ぎた故の勝てずの結果で、後続を突き放している強い結果だと捉えられるかも知れないが、コチラが強かったと言うよりも後続があまりにだらしなさ過ぎたというのが真理だろう。
前走みやこSは距離不安故の後方一気が嵌まった側面も強い激走で、今回チャンピオンズCでも引き続き距離不安と折り合い不安と左回り不安あって勝負はできなさそうですので、余程追い込み一手の形が嵌まらない限りはナシだろう。


▽アポロケンタッキー 牡5 内田博 57 栗東 山内
4走前は海外ダート戦なので凡走止む無し、3走前帝王賞は海外遠征明けでの仕上がり途上の敗因があった。
前々走日本テレビ盃では新境地を開拓したかの様な距離千八正攻法での勝利だったが、今期2戦目JBCクラシックでは一転して全く走らず地方馬にも先着を許す大敗。
暗雲が漂ってきたとも言えるのだが、実は叩き2戦目での人気大敗という前例はつい1年前にもあった話で、昨秋OP特別ブラジルCでは単勝1.7倍背負って8着でその次走では相手強化の重賞みやこSで4人1着と即巻き返しをして見せている。
そのブラジルCと前走JBCクラシックの共通項としては、同様の復帰後2戦目ローテという点と、久しく馬群内を突き進む形でまともに砂を被る競馬をしていた点がある…揉まれ弱さは予ねてから指摘されていた馬ですし、また大型馬らしく怖がりな面もあるらしくソレが主な敗因として全て解決できる可能性は全然あります。

ただし、前提で示した通り、外枠からの外競馬がベターというタイプは、中京ダート・特に非Hペースになりそうな本年チャンピオンズCでは嵌まり辛い性質の馬と見る必要があるかも知れません。


―モルトベーネ 牡5 秋山 57 栗東 松永昌
コノ馬の主戦騎手は今を時めく・G1レースでの騎乗馬選択を失敗しない男デムーロ
今回チャンピオンズCでは一時デムーロ騎乗で参戦との情報が流れた後に、秋山J騎乗と打ち消されたのは…つまりはデムーロJ側からフラれたのではないかと邪推できます。
しかも、その[秋山→デムーロ]情報が出たのは、エリザベス女王杯をモズカッチャンで勝利して連続好走記録が本格的にクローズアップされたタイミングでした…好走期待できない馬への騎乗を嫌ったんですかね?
(デムーロJが他に乗り馬居ないにも関わらず見捨てたのならば…それは最も端的にコノ馬への期待値が推し量れます)


―グレンツェント 牡4 ボウマン 57 美北 加藤征
本年1月 東海S勝利後に『馬体重470キロ程度の大人しい馬体で、それは過去の数多のダートのチャンピオンとは違うんですよ…例えばチャンピオンコースの大井2000でも凌ぎ切れる様な頑強さというのに一枚及ばない印象はある。中央ダートだとソツなく準一流の戦績を残せると思いますが、そこから先まではどうだろうか…。』と書きましたが、結局は軽斤量で軽いレース質の時代までは好成績を挙げられたものの、それ以降の古馬斤量背負っての重いレース質に入れば良い所ナシという戦績に。
基本的にダート王道距離路線とは素質では乗り越えられなくて鍛錬によって乗り越えられる場ですから、結局はほぼ3歳時代しか好結果残していない馬にいきなりチャンピオンズCという高いハードルでの好走期待は無理な注文なのではないでしょうか。
【チャンピオンズカップ2017の有力馬診断(後篇)〜※劇薬※ダートG1戦でテン乗りムーア起用の副作用で自滅した昨秋ノンコノユメ・今春モーニン…それは今回はゴールドドリームの番!?〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★前提
中京ダートは基本内有利傾向で、特に今夏開催はそれが顕著であった。
近2年のチャンピオンズCはHペースにも関わらず内枠馬ばかりが好走する決着だったが、それらの年よりもペースが流れる可能性の低い本年はより色濃い内優勢決着があっても驚けない(それは土曜開催でのバイアスを踏まえた上で結論出したいですが)

▽アウォーディー 牡7 武豊 57 栗東 松永幹
昨年チャンピオンズCで断然人気2着止まりの以降は、海外除いて全て1人気に推されながらもそれに応えられる走りはできていない経緯。
海外ドバイ以外は全て大井での3戦で、陣営からは大井苦手説・武豊Jからは右回り苦手説が主な敗因として語られているが、それだけでは到底納得のできないパフォーマンス低下傾向が認められる。

昨年チャンピオンズCでも得意という触れ込みだった左回りコーナリングも第一コーナーでは曲がるのに苦労(逸走間近)だったワケで、その他にも昨年は砂を被るのを嫌がったりソラを使う悪癖を出したりもしていましたが、純粋に体力勝負挑める実質少頭数立ての大井レースよりもフルゲート多頭数揃うチャンピオンズCの方が気を遣う要素は増えるのは歓迎ではないでしょう。

故障明けで復調途上(復帰2週目時点でも決して万全では無かった)の武豊Jの手綱というのも、より騎手の扶助が必要だろうダート戦では心許なさもあります。


―ゴールドドリーム 牡4 ムーア 57 栗東 平田
まずは本年フェブラリーS1着後の回顧文を参照↓
『前走チャンピオンズCは無茶苦茶な競馬での大敗で、その前には同舞台の武蔵野Sで勝ちに等しい競馬をしていた。

その前走の敗因の大元には中2週ローテでのテンション高があって、それもあって今回は休み明けでG1挑戦の異例ローテを敷いて。
それも嵌まって、あと比較得意とする芝スタートも合っていて、置かれるコトなく追走できて、それどころかデムーロJの手腕で不利内枠を覆す外目進出のコース取りが叶った。
デムーロJが言うのは馬群内だとジリジリの脚しか使えない(馬群内での競馬に懸念)模様で、その馬の特徴と当日の馬場バイアス的には、逆にそれができなければ大きく着順を落とす可能性もあったキーポイント。

そういう諸々嵌まった要素が集結したのは確かだが、それでも上手く競馬できさえすれば一蹴できる位の能力馬だったのは確かなので。

ただし今後もチャンピオンとして頂点に立ち続けるのは少し難しそうで、サウンドトゥルーはチャンピオンズC1年1回のチャンピオンと書いたが、コチラはフェブラリーSが1年1回の場面で…。

例えば、上記のテンション問題は深刻そうで、再び間隔詰まったローテだとどうかだし、スタンド前発走など刺激ある場面だと不安残る。
また、不器用さから地方競馬場にも課題があるし、ダートスタートでの極端な出遅れ癖にも課題があるし、今回にしても最後の直線で手前替えでミスステップあって2着馬に差を詰められたが不得手右回りだと余計に不安だし…。
ちょっと安定して頂点を行く馬にしては現状では課題が多過ぎる…それも克服できる代物ではない類のモノも多分に含まれている。』
・・・
1年に1回フェブラリーSでのみ輝ける馬…その後は「海外14着・帝王賞7着・南部杯5着」と正にその通りの戦績となっています。
その回顧文で記した通り、今回チャンピオンズCに向けての臨戦過程や舞台条件には不安要素は数多ありますので、今回も輝けない可能性が高いと言わざるを得ません。

また、ムーア起用についても、フェブラリーSでは『※劇薬※ダート戦でのテン乗りムーア起用の副作用をモロに食らったチャンピオンズCノンコノユメ…それは今回はモーニンの番!?』と書きましたが、その流れで言えば『ゴールドドリームの番』ですね。
(昨年チャンピオンズCでは継続騎乗デムーロでも失敗した様な馬です…苦手が多い馬で繊細に乗って何とかという馬なので、ムーアJの勝ち気騎乗に応えられる様な馬には思えません)


—コパノリッキー 牡7 田辺 57 栗東 村山
戦績を見れば一目瞭然…(本格化以降)中央戦では基本凡走(7戦2好走)で、地方戦では基本好走(15戦12好走)というのがコノ馬の本質である。

一昨年チャンピオンズCでは横綱ホッコータルマエ幸騎手からマーク(潰し策)を受けて、まんまと沈んだという経緯。それでまんまと沈むのは、そこまで強い馬ではないというのと、やはり脆さも同居する馬だというコト。故にマーク受けがち多頭数中央戦では沈没例多数で、逆に少頭数地方戦では本領発揮例が大きく上回っているというコト。
そして、そんな15戦12好走という圧倒的な戦績誇る地方戦に於いての3凡走が、何れも距離二千級のレースというのもコノ馬の本質…そこでは決して厳しくないレースでも沈んだ例があった通り、コレがコパノリッキーの距離適性の限界を示しているとも言えるはず。

前走JBCでクラシックではなくスプリントを選択した通り、全盛期は過ぎて他馬との力量差が縮まった今となってはそう簡単にマイル超は乗り越えられないのは陣営も承知というコト。

中央場(テイエムジンソクというポストホッコータルマエの存在)、距離千八、ライバル陣営に知れ渡っている弱点…それらを全てココでカバーする走りができる可能性は低いと言わざる得ない。


△サウンドトゥルー セン7 大野 57 美北 高木登
昨年チャンピオンズC後に『チャンピオンズCならば来年も勝ち負けできる1頭だろうが、フェブラリーSの舞台はコノ馬には致命的な芝スタートで、そして主戦場の地方交流レースには前走の川崎コースなど追い込み馬に無理な舞台も割りとあったりするワケ。能力は認めたいトコロだが、チャンピオンらしい戦績を今後残し続けるのは容易いコトではない』と書いた馬です…その通りに本年もフェブラリーSと川崎コースでは残念な戦績となりましたが、それ以外は例年並かそれ以上での近況で3年連続の出走になりました。
近2年は前崩れの展開恩恵があったのは事実ですが、少なくとも癖の無い差し追い込み馬として内有利中京にも対応し得る手段は持っている馬です…差し勢の中では有力視できる一頭と見ます。

★ケイティブレイブ 牡4 福永 57 栗東 目野
グレンツェントと同じ4歳馬ですが、レース数のキャリアはコチラの方が倍近く…それだけレースを使われてジワジワと力を付けてきた過程は当路線に於いては価値あるモノだと見たいです。

5走前名古屋大賞典は斤量58を背負って、斤量54の古馬重賞級馬を完封する勝利。
4走前平安Sは超Hペースを早め先頭の積極策での粘れず結果は止む無し…寧ろ斤量58背負って5着ならば十分に強い内容です。
3走前帝王賞1着、2走前日本テレビ盃3着、前走JBCクラシックと最も強豪が揃った路線で連続で勝ち負けしてきた近況はやはり評価できるモノです。
それら近3走で競った相手に対して、中央場・多頭数・中京コースへの条件替わりが最も好転として作用するのはコノ馬ではないでしょうか…普通に素直に◎に近い印を打ちたい一頭です。

危カフジテイク
アポロケンタッキー・アウォーディーも同じくですが、どうもドバイ遠征をした馬のその後は芳しくない傾向が認められる。

その前の全盛時代のG1健闘歴2つは「昨秋チャンピオンズCはHペース前崩れ展開での追い込み競馬」と「今春フェブラリーSは外有利馬場での外枠追い込み競馬」で、本年が前者程に展開恵まれる可能性は低いし、また後者程に適性舞台では無いワケで…つまりは当時よりも成績を上げるのは至難ではないだろうか。

まして、冒頭で記した通りのパフォーマンス低下傾向…前々走も前走も展開不利が敗因として挙がっていましたが、何れにしても他馬と同程度の末脚しか発揮できていないのはコノ馬にして見れば明らかに物足りないパフォーマンスですので。。
【阪神ジュベナイルフィリーズの有力馬診断(前篇)〜新馬戦詐欺コロナシオンの全妹ソシアルクラブ(能力未知)・新馬戦詐欺ラルクの半妹ラッキーライラック(気性未知)など〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
▽トーセンアンバー 牝2 横山和 54 美南 菊沢
前々走サフラン賞は内有利馬場のスローペース前残り展開で、それを最後方追い込み上がり最速好走結果はそれなりに評価できるモノ。当時も若手騎手騎乗で外枠スローペースで折り合い難の競馬で、それ以前も若手騎手と教育重視騎手起用で本領発揮とは言い難い面もあった。
前走京王杯2歳SではCデムーロ確保もあっての急遽の参戦で、本来は距離マイル以上路線を予定されていた経緯。結局距離1400でも折り合えないのならば距離短縮の意味は無くて、上がりは使えていたものの距離不足もあってどうにもならずの競馬。
割と素質ある方なので距離マイル超路線ならば面白いと思うのですが、今回の横山和J起用ではミラクルも期待薄で…この厩舎で本気ならば横山典J起用もできたはずだけに今回は様子見が妥当か。


―トーセンブレス 牝2 柴田善 54 美北 加藤征
前走アルテミスSでは新馬戦での派手な勝ち方と、鞍上ルメール起用もあってか1番人気に推された馬。
結果的には人気を裏切るコトになったワケだが、初戦の中山マイルでの後方一気競馬を見ても小回り向きの脚の使い方の馬に見えて、前走の東京コース外回しでは脚が続かない適性違いの敗戦に見えた…後者に近いだろう今回も大きな期待は難しい。


▽サウンドキアラ 牝2 池添 54 栗東 安達
母サウンドバリアーはフィリーズレビュー1着馬で、ただその後の桜花賞ではビリ負けを喫したという馬。
その母に限らず、この母系は短距離志向強い血統である。

コノ馬の前走新馬戦勝利は中々パフォーマンス高いモノだったが、やはり当時の内回り1400条件から今回のタフな阪神マイル条件への距離コース条件替わりを乗り越えるのは容易くはないはずで。


▽スカーレットカラー 牝2 太宰 54 栗東 高橋亮
前々走アルテミスSは休み明け初戦にも関わらず手控えた調教過程と、またレースでは掛かり気味の追走になっていながらの5着健闘で中々能力秘めた馬だと思った。
ただし、その後も中3週で使って勝ち切れず、もし出走となれば3連戦・中1週という結構厳しいローテとなってしまうのは、特に母父ウォーエンブレムの血と小柄で攻められない過程からは大きなマイナスポイントと言わざるを得ない。


▽ソシアルクラブ 牝2 福永 54 栗東 池添学
ソシアルクラブ以上の前評判だった全姉コロナシオンも新馬戦では圧巻勝利から、2戦目自己条件戦では断然人気を裏切る4着止まりでその後もパッとしない戦績を続けている…それを思うと新馬勝ちの時点での確信の評価は下せない。
また、新馬戦では怖がる形があったとの騎手談話で、それもキャリア2戦目でのタフG1挑戦では無視できぬ懸念材料に。


危ラッキーライラック
上のソシアルクラブ同様に良血馬で、姉は高額取引馬で人気騎手主戦で当初注目を集めた馬でした。
その姉は結果的には急失速して未だ条件クラス止まりになっているが、その一つの要因としては怖がりな気性面が出世を阻んでいる面もある…そして、その妹であるコノ馬も同じく怖がりな面がある話が出ている。
初戦も前走でも中外枠から好位スンナリ先行競馬だから何の問題も表面上には出していないが、それは姉が新馬戦逃げ切り圧勝したのと同じ話…レース振り次第では姉同様に一転苦しむ結果に陥っても何ら不思議ではなくて、まずは枠順発表に注目したい。
?ラッキーライラック 牝2 石橋脩 54 栗東 松永幹
上のソシアルクラブ同様に良血馬で、姉は高額取引馬で人気騎手主戦で当初注目を集めた馬でした。
その姉は結果的には急失速して未だ条件クラス止まりになっているが、その一つの要因としては怖がりな気性面が出世を阻んでいる面もある…そして、その妹であるコノ馬も同じく怖がりな面がある話が出ている。
初戦も前走でも中外枠から好位スンナリ先行競馬だから何の問題も表面上には出していないが、それは姉が新馬戦逃げ切り圧勝したのと同じ話…レース振り次第では姉同様に一転苦しむ結果に陥っても何ら不思議ではなくて、まずは枠順発表に注目したい。

△ロックディスタウン 牝2 ルメール 54 美北 二ノ宮
まずは前走後の回顧文(抜粋)を参照↓
『オルフェーヴルの父ステイゴールドの牝駒と言えば、こういう2歳早期に大きな期待を見せてその後に尻すぼむというのがあるあるで、それを孫世代でも受け継いでいて何らおかしくない。
少なくとも晩成オルフェーヴル産駒にも関わらず2歳重賞激走という文脈で高評価するよりも、現に晩成ステゴ産駒でも牝馬ならば早熟傾向あるという点を重視して捉えるべきではなかろうか。
父系だけでなく、コノ馬の場合には姉に早熟ステゴ牝駒の代表例であるキャットコインもいる血筋で、まあ間違いなく2歳早期にこそ活躍できる馬だと見做して良いと思う。
問題はそれが阪神JFまで持続できるか、何とか桜花賞まで持続できるか…それ以降の活躍云々については現時点では白紙評価しかできないと思う。』
・・・
ある意味でこの阪神JFに於いて頼りになる血統馬であり、また別の側面ではそんな信頼してはならない血統馬であるとも。
今回は十分に間隔を空けたローテですが、だからこそ何とかなっている様ですがやはり気性面や馬体重維持面での課題は垣間見える…輸送も課題になりそうなだけにまずは木曜に余裕ある馬体重を見せて欲しい。

―モズスーパーフレア 牝2 松若 54 栗東 音無
―モルトアレグロ 牝2 吉田隼 54 美南 武井
スペイツタウン産駒の短距離・ダート志向馬。
共に前走は距離千四で格好を付けているが、番組(目標)が他に無いからココに参戦してくるというだけで本質的には距離千二を走りたいタイプだろう…距離千四でも長いカンジがしたのにそれ以上克服は難しい。

★ラテュロス
正直、今回の出走メンバーの中で迷いなく△印以上を打てる馬は全然居ないです…能力不足か適性不足か、又は能力適性足りている実績馬も全幅の信頼は置けぬタイプばかりで。
そんな中で“ザ・無難”的な評価を下せるのがコノ馬です…まず当レースで一目置けるディープ産駒であり、当地での好走歴もありますし、前走重賞での渋とい走りならタフな阪神JFでも格好は付けてくれそうなイメージもできますし、その前走よりも攻め強化で挑めそうなのはプラス材料…それなりには走れるはずで他馬自滅での好走圏内も見える一頭と見ます。
【阪神ジュベナイルフィリーズの有力馬診断(後篇)〜(近1年)距離12~14で21勝⇔距離16で0勝のキンシャサ牝駒、ほぼ新馬戦でピークアウトのノヴェリスト牝駒など〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
★ラテュロス 牝2 北村友 54 栗東 高野
正直、今回の出走メンバーの中で迷いなく△印以上を打てる馬は全然居ないです…能力不足か適性不足か、又は能力適性足りている実績馬も全幅の信頼は置けぬタイプばかりで。
そんな中で“ザ・無難”的な評価を下せるのがコノ馬です…まず当レースで一目置けるディープ産駒であり、当地での好走歴もありますし、前走重賞での渋とい走りならタフな阪神JFでも格好は付けてくれそうなイメージもできますし、その前走よりも攻め強化で挑めそうなのはプラス材料…それなりには走れるはずで他馬自滅での好走圏内も見える一頭と見ます

▽コーディエライト 牝2 和田竜 54 栗東 佐々晶
新馬戦を取りこぼした後は、全て逃げ戦法で未勝利→重賞→重賞と3連続連対という戦績。

まだこの時期の2歳上級戦となると逃げの手を嫌う馬が多くて、故に逃げの選択肢を有している馬は相当有利な状況に巡り合えるコトがままある。
ファンタシーSで言えば昨年2着馬ショーウェイも怖がり故に逃げなければという馬だったが、コーディライトも同じ様な背景から逃げなければという馬で…そんな弱点があるからこその迷わずの逃げが功を奏したという激走あった。

そのショーウェイもそれ以降はHペース巻き込まればかりで結果出せずだったが、その潮目が変わるのが正に阪神JFのタイミングだったりする。
右回りにも距離マイルにも限界がありそうで、その上でこれまでの逃げ恵まれがひっくり返るだろうココ(以降)では手を出し辛い存在。


回避ベルーガ 牝2 川田→Cデムーロ 54 栗東 中内田
これまでの連勝は距離千二と距離千四でのモノ。
キンシャサ牝駒は距離マイルに明確な壁があって、例えば近1年の同牝駒データでも「距離千二14勝利・距離千四7勝・距離千六0勝」だったりします。
前走ファンタジーSでもCデムーロJが何とか宥めながらの勝利で、そこから距離適性的にも折り合い面でも苦しくなる今回舞台条件だとどうでしょうか…一時情報流れた川田JではなくCデムーロJ継続騎乗は歓迎でも嵌まり待ちは強いられそうです。


―ナディア 牝2 四位 54 栗東 笹田
前走秋明菊賞は外有利馬場も向いた外追い込み2着好走。
ノヴェリスト牝駒は現状では距離千四に適性を示す馬が多く、また新馬戦での活躍傾向とは対照的に2戦目3戦目が鬼門という戦績傾向になっている…コノ馬の場合にも距離千六は一つの壁になりそうですし、また3戦目での更なる躍進というのも期待し辛いかと。


―ハイヒール 牝2 藤岡康 54 栗東 清水久
父トーセンホマレボシ×母父エルコンドルパサー
初戦は洋芝重馬場での勝利で、2戦目アルテミスSは渋化馬場且つ荒れ馬場を割と踏ん張った方の7着だった…ただラストに速い脚を問われた前走白菊賞では走力不足露呈の結果に。
まともな高速馬場条件では如何にも苦しそうで。


▽サヤカチャン 牝2 松岡 54 栗東 田所秀
種牡馬リーチザクラウンは産駒デビュー当初に新馬戦でのプチ快進撃で注目を集めたが、それら新馬戦活躍馬のその後や、その一時を過ぎると勢い急失速で、ブームはその一瞬だけだった。
それはリーチザクラウン産駒の気性の荒さから、初戦だったり早期に燃え尽きる様なパフォーマンスを出してしまう背景からで、故に二番が利かなかったり成長力を見せる産駒は少数派となっている。
現3歳馬で言えば出世頭はキョウヘイだが、それも難しい気性を極端な戦法によって走力へ転化している結果である。
サヤカチャンの前走アルテミスSでの渋化馬場・逃げ戦法激走というのは、そのキョウヘイの道悪追い込み戦法激走と通じるモノがある(逃げと追い込みは表裏一体)…また、コーディエライトの欄で書いた通りにこの時期の2歳重賞は逃げ馬が結構な確率で残るモノですし、それら自身と外野の状況が完璧に噛み合った故の激走とすればもう一丁の期待はどうだろうか。

★マウレア
下手に目立つ重賞OPで好結果の履歴ない分で妙味もあり、尚且つ下手な重賞での好走よりも価値ある赤松賞での勝利実績ある分で十分可能性も見出せる…馬個体では評価したい一頭です。
ただ、中2週での関西輸送競馬なので致し方無いかも知れませんが、どうもまともな調教は課さないでの参戦となりそうで…まずは中間馬体重発表の数字次第で本腰を挙げて検討したいですが。。

【朝日杯フューチュリティSの有力馬診断(前篇)〜実は短距離千二以下では現時点で好走数0の本格派ロードカナロア牡駒(短距離ダノンスマッシュよりも中距離馬ステルヴィオの方が主流馬)〜】
▽ダノンスマッシュ 牡2 福永 55 栗東 安田隆
ロードカナロア牡駒は、父のイメージの短距離タイプというよりも、寧ろ中距離まで保つ馬の方が主流とも言える位(実は距離千二では好走数0⇔距離千四から二千までほぼ均一の好走率)。
なのだが、コノ馬については母父ハードスパンの血もあるのか、距離マイルよりもそれ以下の方に適性がありそうな。
この時期のOP特別は大抵そうなのだが、前走もみじSはレースレベルE〜DEの超低レベル戦で、並の500万下を勝った以上の評価は禁物。また0.5秒差圧勝については渋った馬場がプラスに働いた面も否めない。
距離延長マイル良馬場でも良さが出せるかは結構微妙。


★ダノンプレミアム 牡2 川田 55 栗東 中内田
本年のサウジアラビアロイヤルC(旧いちょうS)は、異例とも言える多頭数揃う一戦でした。
それによって従来のレース傾向は引き継がれずに、それよりも同舞台の2歳牝馬重賞アルテミスSや3歳牝馬重賞クイーンCと毛色が似ていた印象です。

その両レース共にデビュー間もない牝馬にはタフな東京マイル戦というコトで少しでもペースが流れると差し決着へと傾くのだが、本年サウジアラビアRCでもよりペース耐性ある牡馬とは言えども前半3F34秒台前半はオーバーペースに近いモノで。
その上で、馬場は稍重で非高速水準であったし、また馬場も強いて言えば外目の方が伸びる状態だったので、1着馬を除けば主に外枠差し馬が上位に走った。

そんな中で“除けば”という例外的な走りをしたのがダノンプレミアム。
例えるならばメジャーエンブレムのクイーンCのパフォーマンス…あれも先行勢を潰しての完勝でしたが、正にそれと被る様な力強い番手抜け出し競馬。
そのメジャーエンブレムも消極策に転じた桜花賞で唯一不覚を取ったが、その敗因の轍を踏むコトさえ無ければ同格ダノンプレミアムも横綱競馬を見せられるだけの馬だと見ます。


▽ステルヴィオ 牡2 Cデムー 55 美北 木村
そんなダノンプレミアムとは対照的な大外枠追い込み競馬で2着したステルヴィオも、これはこれで展開は向いた方としても十分強い競馬をしていると評価すべきか。
ただし、サウジアラビアRCのレース全体が差し決着でなければ届かなくてもおかしくない序盤でのレース振りであったし、東京だからマイルに対応できたものの本質的にはもっと距離を延ばしてこその馬に見えます…それこそダノンスマッシュよりもステルヴィオの距離適性の方が主流ロードカナロア牡駒なのだと。

2歳戦で言えば東京マイルと相関関係ある阪神マイルなのでココならば同様に距離マイルこなせる可能性もありますが、あくまでも守備範囲という話であって高い次元の話で言えばココで激走する生粋マイラーは別に居ると思います。

―アイアンクロー 牡2 ○○ 55 栗東 斉藤崇
ここまでの良績は距離1200という馬。
前々走小倉2歳S(1200)ですら折り合い難しかった馬で、初距離1400挑戦の前走ききょうSでは展開も厳しかったが距離の壁があったという直線失速の敗戦内容だった。
更なる距離延長マイルでの浮上は考え辛い。




―ナムラアッパレ 牡2 ○○ 55 栗東 目野
好走歴は芝短距離とダート短距離…にも関わらず近2走は得意条件レースではなく芝中距離重賞に出走しているのは、少頭数重賞戦での着賞金目当てとしか考えられず。
本来の路線に戻せばそこまで無下にできない馬と思いますが、ここまでの本気で好走狙っていない経緯ではとても買える馬にはできません。


★ダブルシャープ
3走前には相手との距離適性の差だったとは言えども、後の重賞激走馬を下す激走を果たしている馬。

前々走は相手関係が軽かったとは言えども、距離延長と小回りコースでの一団隊列で、折り合い気にして無茶な後方大外ブン回し競馬を強いられながらも好走。

前走は(それ以前のレースでもイレ込み目立っていましたが)そこから東京への長距離輸送もあってか通常以上のイレ込み状態でした。
更にはレース本番では一旦落ち着きかけた所でボウルズからの接触不利を受けて、その後は終始掛かり気味の追走となったのは地味に響いたはず。
そんな苦しい過程で、厳しいペースで、決して良いとは言えない内目のコース取りで3着まで0.1秒差の走りは負けて強しとも言えるだろう。

今回は長距離輸送もなく、近2走が下手な競馬が主な敗因だったならば鞍上強化も大きなプラス材料と見られます…夏場激走時からの成長力が鍵になりますが十分に魅力秘めている一頭と見ます。
【朝日杯フューチュリティSの有力馬診断(後篇)〜当初ルメールJは『第二のロードカナロア』と評していた通りのガチ短距離適性隠せぬタワーオブロンドンなど〜】
※印は[★激走候補〜△やや有力〜▽やや軽視〜―無印」を表します
―アサクサゲンキ 牡2 武豊 55 栗東 音無
これもここまでの良績は距離1200…寧ろ芝短距離よりもダート短距離で良さが出そうな位の突進系の馬である。
前走京王杯2歳Sでは初距離1400挑戦も武豊Jの技術によって無難な競馬が無難な着順に入線となったが、そんな武豊Jの口からも(希望を持たせる為になのかありがちな)次走朝日杯FSの距離マイルへの展望コメントよりも「本来距離1200がベスト」とのコメントが発せられていた。
その京王杯2歳Sは軽い展開になって同じく2歳スプリント重賞馬カシアスも2着に残れる様なレースだったのも大きく寄与したはずで、やはり距離延長マイルとなると乗り越えるのは難しい印象は否めない。


―カシアス 牡2 浜中 55 栗東 清水久
これまた距離1200路線からの参戦馬。
繰り返しになるが、京王杯2歳Sは上位馬の顔触れを見てもスプリント質馬でも乗り越えられたレース、そしてスプリント質馬以外はまともな馬が出走していなかったレースであったワケで。

先週、キンシャサ牝駒は(近1年)距離12~14で21勝⇔距離16で0勝(距離マイルの壁)とのデータも紹介したが、牡駒の場合には距離16までは並の好走率あって距離千八の壁というデータになっている。
ただし、コノ馬の場合には前々走函館2歳Sでも前走京王杯2歳Sでも折り合いに苦労してもいましたし、体型的にも距離千四以下ベストの方の馬だと思います。
これも距離延長マイルはやや厳しい印象です。

▽タワーオブロンドン 牡2 ルメール 55 美北 藤沢和
上のカシアス・アサクサゲンキを下しての京王杯2歳S勝ち馬。
どれもこれも距離適性に不安ある馬同士で、その中で格上能力の持ち主だったのが全てという勝利と言うべきだろう。


その京王杯2歳S後にもルメールJは「マイルも挑戦したい」とのニュアンスのコメントで、以前にも距離1200で走っていないにも関わらず「次のロードカナロア」という短距離資質を読み取ったコメントなどこれまで一貫して距離不安を口に出されていた。
実際に馬体を見てもとても距離が保つとは思えないスプリント体型をしています。

それだからこその距離1500クローバー賞でのラスト急失速レース振りでもありましたし、この手のタイプでもアリだった中山マイル時代の朝日杯FSならまだしも、従来以上に距離マイル(以上)適性が問われる様になっている阪神マイルでの朝日杯FSにて人気で手を出すべき存在ではないか。


▽ケイティクレバー 牡2 小林徹 55 栗東 目野
まずは前走京都2歳Sでの◎推奨文を参照↓
『鞍上にしても厩舎にしても地味な分で今回も不人気気味のケイティクレバーであるが、初勝利のパフォーマンスも昇級初戦のパフォーマンスも普通に強い馬のソレであった。
初勝利=前々走はやや外有利馬場での最内逃げでの上がり最速競馬、それもHレベル戦だったのでより価値が高い。
昇級初戦=前走は少なくとも500万下では本年最も相手関係が揃っていた2歳戦で、今時期の並のOP特別とも遜色無いくらいに…そこでの僅差好走結果は十分に2歳重賞戦での通用可能性を意味してくる。』
・・・
その京都2歳Sは見え見えの単騎逃げからの3着なので評価されないでしょうが、それにしても外の方が伸びる馬場での最内競馬ですのでそこまで無下にできるモノではないかと…少なくとも構造的に徹底逃げ馬が恵まれ得る2歳〜3歳序盤の芝中長距離世代限定戦ではもう一丁や二丁はあってもおかしくありません。

ただ、それは中長距離というカテゴリーでの話で、短距離出身馬が数多く混じるココでの逃げ脚質は逆に不利な材料になってきます。

能力的にはココでも下ではないと思いますが、初距離マイルと、その距離条件によってこれまでとは全く異なる競馬が強いられる点で難しい局面であるのは間違いなくて。

▽ケイアイノーテック 牡2 幸 55 栗東 平田
母ケイアイガーベラはダート短距離馬で、それとディープとの配合で、距離マイル以下に適性ありそうなパワータイプのディープ産駒として出来上がったか。
前走デイリー杯2歳Sはラスト3F[12.4-11.6-11.3]という後傾ラップを刻むレースで、そこで一瞬のキレに秀でたキトゥンズジョイ産駒のジャンダルムに対してフロンティアらと共にキレ不足もあっての上位に水を開けられる結果だった印象です。
現状ではG1で通用する瞬発力には欠ける感で、善戦まではあっても・・・。


【お知らせ】
本日をもちまして、mixiコミュ上での展開は無期限で休止とさせて頂きます
(新メインPCからのログインができないため/コミュが無法地帯になる様でしたらたまに掃除には来ます)

ここまで8年超に渡りまして、見て下さった方には大変感謝しております

今後はブログ(http://blog.livedoor.jp/sguw/)上で変わらぬ更新を続けて参りますので、どうぞ今後とも宜しくお願い致しますm(__)m

ログインすると、残り773件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

考えるヒント(常勝競馬コミュ) 更新情報

考えるヒント(常勝競馬コミュ)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。