ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 【情報】幸福実現党 > トピック一覧 > 雑談トピック2。

【情報】幸福実現党コミュの雑談トピック2。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

雑談等はこちらへ。


前トピック。

雑談トピック。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4975365&id=72646937




関連トピック。

地獄の方程式
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=74287959&comment_count=2&comm_id=2640727


黄金の法「天台智據廖一念三千。
http://www.youtube.com/watch?v=uIro0zvHFqg







★波長同通の法則
http://www.h2.dion.ne.jp/~ayan/Yohogo-Kaisetsu/Hacyo-Dohtsu.html

↑リンク先へどうぞ。


波長同通の法則
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C7%C8%C4%B9%C6%B1%C4%CC%A4%CE%CB%A1%C2%A7

波長同通の法則 はちょうどうつうのほうそく (一般)

「心の波長の似ているもの同士がひきつけあう」霊的法則。悪霊の憑依もこのメカニズムで説明できる。怒りっぽい人は、地獄の阿修羅霊と同通してしまい、世のため人のために活躍する人は、天使などの天国霊と通じる。

http://kotowaza-allguide.com/ru/ruiwatomowoyobu.html

類は友を呼ぶ

【読み】 るいはともをよぶ
【意味】 類は友を呼ぶとは、気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。



太陽の法、地獄の誕生
https://www.youtube.com/watch?v=lTcaodpR8to




五戒
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E6%88%92

五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。


モーセの十戒
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%81%AE%E5%8D%81%E6%88%92

モーセの十戒(十誡、じっかい、ヘブライ語 עשרת הדיברות‎)とは、モーセが神から与えられたとされる10の戒律のこと。十戒の内容は神の意思が記されたものであり、モーセが十戒そのものを考え出し、自らもしくは他者に記させたものではない、とされている。シナイ契約、または単に十戒とも呼ばれる。二枚の石板からなっている。

二度神から渡されており、最初にモーセが受け取ったものはモーセ自身が叩き割っている。


出典

旧約聖書の出エジプト記20章3節から17節、申命記5章7節から21節に書かれてある。

エジプト出発の後にモーセがシナイ山にて、神より授かったと記されている。


正教会・プロテスタント(ルーテル教会以外)の場合
1.主が唯一の神であること
2.偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
3.神の名をみだりに唱えてはならないこと
4.安息日を守ること
5.父母を敬うこと
6.殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
7.姦淫をしてはいけないこと
8.盗んではいけないこと
9.偽証してはいけないこと
10.隣人の家をむさぼってはいけないこと

1から4までは神と人との関係であり、5から10までは人と人に関する項目(同時に刑法の根幹)である。

ユダヤ教の安息日は土曜日であるが、キリスト教ではイエス・キリストの復活の日である日曜日を「主の日」と呼び、日曜日を主日として礼拝している。

コメント(119)

逆走100メートル超、初詣客も恐怖「恐ろしい年明けに」 原宿・竹下通りの暴走
2019.1.1 09:19
https://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/190101/evt19010109190004-n1.html

 平成最後の年越しを迎えた直後、「若者の街」を象徴する人気ストリートを“テロ車両”が暴走した−。東京・原宿の竹下通りで1日未明、軽乗用車が逆走した事件。通りは年末年始の雑踏事故対策で車両が通れないようになっていたが、車は無視して進入。100メートル以上にわたり逆走を続け、歩行者の男性8人を次々とはねた。

 現場近くには例年多くの初詣客でにぎわう明治神宮がある。警視庁によると、竹下通りは12月31日午後10時から翌1月1日午後5時まで、車両通行止めになっていた。

 通りの入り口付近には警察車両が置かれ、警察官も交通誘導に当たっていたが、年が明けた同日午前0時過ぎ、1台の軽乗用車が明治通り側から進入した。

 運転していたのは、殺人未遂容疑で逮捕された住所、職業不詳、自称日下部和博容疑者(21)。車は通りから30メートルほど入った所にあるショッピングモール前の路上で1人目をはねると、その後に7人を次々と巻き込み、車両前部を大破した状態で停車。暴走は通り全体の3分の1以上、約130メートルに及んだ。

 車が停車した場所のそばにあるクレープ屋でアルバイトをしていた女性(22)によると、「当時は通行人もまばらで、衝突音も聞こえなかった。こんな場所でひき逃げが起きるなんて」と声を震わせた。

 通りの道幅は5メートルほどと狭い。車両の破損状況などから、事件当時は相当のスピードを出していたとみられる。現場には十数台の救急車両が到着し、救急隊員らが負傷者をストレッチャーで運び込んだ。

 インターネット上でも衝撃が広がった。ツイッターには「明治神宮の帰りに通りかかったら、救急車がいっぱい」「あと15分通るのが遅かったら、はねられていたかも」などの投稿や、新年早々の惨事に「恐ろしい年明けになった」とする投稿もあった。
洗浄機を改造「明治神宮で人に火を」 暴走容疑者が供述
2019年1月4日19時25分
https://www.asahi.com/articles/ASM144HLFM14UTIL00Z.html

 東京・原宿の竹下通りで1日未明、暴走した軽乗用車に通行人8人が相次いではねられて負傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された職業不詳の日下部(くさかべ)和博容疑者(21)が、高圧洗浄機に着火装置をつけて改造し、「明治神宮で人に灯油をかけて火をつけようと思っていた」などと供述していることが警視庁への取材でわかった。同庁は強い殺意を持って無差別に襲おうとしていたとみて調べる。

 捜査1課によると、日下部容疑者は大阪府寝屋川市で生活しており、レンタカーの軽乗用車を同市で12月30日に借りていた。車は8人をはねた後に乗り捨てられ、後部座席からポリタンクに入った約20リットルの灯油と高圧洗浄機が見つかった。

 高圧洗浄機のノズルの先には何らかの着火装置が粘着テープでつけられており、ポリタンクのふたは開いた状態だったという。警視庁は、日下部容疑者がポリタンクの灯油を高圧洗浄機に吸い上げて、明治神宮の参拝客らに向けて噴射して火をつけるつもりだったとみている。

 日下部容疑者は高圧洗浄機などは「事件数日前に店舗やインターネットで、事件のために購入した」と説明。高圧洗浄機や灯油を軽乗用車に積んで31日に寝屋川市を出発し、同日昼ごろには明治神宮付近に到着。近くで灯油の噴射を試したが灯油が自分にかかるなどして失敗し、竹下通りに車ごと突っ込む計画に変更したという。身柄確保時は「上野でもやろうと思った」と話し、逮捕後は「大阪でも計画していた」などと供述しているという。
岐阜、アパート隣人を殺害疑い
無職の男、現行犯逮捕
2019/1/6 06:21
https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0106/63850.html

コピーライト一般社団法人共同通信社

 6日午前2時25分ごろ、岐阜県大垣市八島町の2階建てアパートから「人を刺してしまった」と110番があった。大垣署員が駆け付けたところ、2階に住む会社員渡辺三行さん(55)が、自宅の寝室で首や背中から血を流して死亡していた。同署は殺人容疑で、隣の部屋に住む無職五敷光道容疑者(31)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前2時20分ごろ、包丁で渡辺さんの首などに切り付け、殺害した疑い。同署は2人の間にトラブルがあったとみて調べている。
 現場はJR大垣駅から北に約1キロの住宅街。
この国も終わっているなぁ・・・。


大阪府の支援学校校長を買春容疑で逮捕 15歳少女にわいせつ行為

(2019/01/07 11:12 毎日新聞)
http://m.mixi.jp/view_news.pl?guid=ON&id=5446570&media_id=2&mhome=1&position=2

15歳の少女に現金を渡すと言ってわいせつ行為をしたとして、兵庫県警三田署は6日、大阪府立生野聴覚支援学校校長、杉田宏容疑者(59)=大阪府松原市=を児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

逮捕容疑は、昨年9月29日午後、大阪市北区内のホテルで少女が18歳未満と知りながら、現金1万円を渡す約束をしてわいせつな行為をしたとしている。

同署によると、杉田容疑者と少女はツイッターで知り合い、少女の関係者から相談があり発覚した。
大阪府教委は「教職員を管理監督する立場の校長として、逮捕されたことは誠に遺憾。深くおわび申し上げ、事実関係を確認の上、厳正に対処する」とコメントした。【栗田亨、芝村侑美】
(毎日新聞)



日教組の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/141.html



五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
強姦冤罪事件、国賠請求を棄却 大阪地裁
2019年01月08日 14:55 毎日新聞
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=voice&id=5448330


 強姦(ごうかん)罪などで服役中、被害者の証言がうそと判明して再審無罪が確定した大阪府内の男性(75)と妻が、府警と大阪地検による不十分な捜査や裁判所の誤判で精神的な損害を受けたとして、国と府に計約1億4000万円の賠償を求めた国家賠償訴訟の判決で、大阪地裁(大島雅弘裁判長)は8日、請求をすべて棄却した。

 訴状などによると、男性は2008年、10代だった同居女性に性的暴行をしたとして逮捕、起訴された。一貫して否認したが、大阪地裁は09年、女性や目撃者の証言の信用性を認めて懲役12年を言い渡し、11年に最高裁で刑が確定した。

 しかし、女性が男性の弁護人に「証言はうそだった」と告白したため、14年に男性が裁判をやり直す再審を請求。性的被害を否定する診療記録の存在も判明し、大阪地裁は15年10月、男性に無罪を言い渡した。【戸上文恵】




>『女性が男性の弁護人に「証言はうそだった」と告白したため』


五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
コカ・コーラ、27年ぶり値上げ 原材料費などが上昇
2019年1月8日22時09分
https://www.asahi.com/articles/ASM1863LFM18ULFA020.html

 コカ・コーラボトラーズジャパンは8日、「コカ・コーラ」などの大型ペットボトル商品(1・5〜2リットル)の希望小売価格を、4月1日出荷分から20円値上げすると発表した。物流費や原材料費の上昇が理由で、1・5リットルペットボトルの「コカ・コーラ」は税抜き320円から340円に値上げされる。対象は30〜40商品で、1992年以来27年ぶりの値上げとなる。
陸自輸送ヘリに緑色レーザー光…宮崎上空で昨秋
1月10日(木)16時29分 読売新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0110/ym_190110_2203243775.html

 陸上自衛隊西部方面総監部(熊本市)は10日、昨年10月に宮崎県諸塚村上空を飛行していた陸自の輸送ヘリコプターにレーザー光が照射されたと発表した。陸自は重大事故につながりかねない危険行為として、宮崎県警に被害届を提出した。

 発表によると、昨年10月24日午後7時25分頃、訓練を終えて西部方面航空隊高遊原分屯地(熊本県益城町)に戻る途中だったヘリの副操縦士に向けて、進行方向の左下方向から約1分間にわたって、緑色のレーザー光が照射された。副操縦士は一時的に左目が見えにくくなったが、その後の視力検査では異常がなかった。
梅毒患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

(2019/01/11 11:08 毎日新聞)
http://m.mixi.jp/view_news.pl?guid=ON&id=5452531&media_id=2&mhome=1&position=1

国立感染症研究所は11日、性行為を通じて感染する梅毒の2018年患者数が速報値で6923人だったと発表した。前年より約1100人増え、48年ぶりに6000人を超えた。感染が広がっている原因として、スマートフォンの出会い系アプリの利用があるとの見方も出ている。

梅毒は戦後間もない時期まで猛威を振るい、近年は抗生物質の普及で患者数が年間数百人まで減ったが、11年からは8年連続で増加を続けている。感染すると発疹のような症状が表れ、病気が進むと脳や神経に障害が出る。特に注意が必要なのが妊婦で、胎内で感染した子どもに失明など重い症状が出ることがある。

急増しているのが20代女性で、3年間で約10倍になった。18年1~9月の患者統計によると、20代女性は893人で全体(5081人)の2割近く、女性患者(1730人)の5割を占めた。男性は20~40代の幅広い年代に広がる。地域別では東京都(1284人)や大阪府(874人)など大都市部で目立つ。

主な感染経路として、性風俗産業の利用者と従業員の接触がある。新宿区保健所が区内の医療機関を受診した患者を調べたところ、異性間性的接触による感染のうち、男女とも約半数は性風俗産業を半年以内に利用したか、関連の仕事に従事していた人だった。

さらに、出会い系アプリやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用を指摘する専門家もいる。出会い系アプリは簡単な操作を売りにして12年ごろから普及し、売買春の温床にもなっているとされる。保健所の相談窓口でもここ数年、これらの利用を明かす相談者が出てきた。

帝京大ちば総合医療センターの鈴木陽介医師らは、東京、大阪、岡山など人口当たりの梅毒患者が多い都道府県は、アプリ利用率も高い傾向があるとの調査結果をまとめ、昨年秋の日本性感染症学会で発表した。鈴木医師は「アプリ利用による男女の接触が新たな感染経路になっている可能性があり、詳細な調査と対策を急ぐべきだ」と指摘する。

厚生労働省は今月から、患者発生の届け出が医師からあった場合、性風俗産業に従事していたかを尋ねるなどして感染経路を詳しく分析する方針だ。【熊谷豪】

梅毒
病原菌の梅毒トレポネーマが、性行為を通じて体内に入り感染する。早期にペニシリンなどの抗菌薬を服用すれば治るが、治療が遅れると脳や心臓の合併症を引き起こす。有効なワクチンはない。コンドーム使用は完全ではないが、一定の予防効果がある。




五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
あおり運転で口論、急発進させケガ…刑務官逮捕
1月13日(日)11時36分 読売新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0113/ym_190113_3203838565.html


 あおり運転を巡る交通トラブルの末に男性にけがを負わせたとして、愛知県警瑞穂署は13日、名古屋市瑞穂区汐路町、刑務官内田慶太容疑者(31)を傷害の疑いで逮捕した。

 発表によると、内田容疑者は12日午後5時15分頃、同市瑞穂区内の市道で乗用車を運転し、同市天白区の会社員男性(38)の軽乗用車の前に割り込んで急停車。車外で男性と口論となった末に車を急発進し、そばにいた男性を転倒させて右足首に軽傷を負わせた疑い。調べに対し、「間違いない」と容疑を認めているという。

 口論の際、男性が「妻が110番した。警察が来るのを待とう」と話したため、内田容疑者は逃走。男性の車のドライブレコーダーには、あおり運転をする内田容疑者の車が映っており、署員が行方を捜していたところ、瑞穂区内の駐車場で事故を起こした内田容疑者が自ら県警に通報してきたという。


>刑務官
国道で車3台に立て続けにはねられ…女性が死亡
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0115/ym_190115_5653780174.html
1月15日(火)11時31分 読売新聞

 14日午後10時15分頃、埼玉県富士見市勝瀬の国道254号で、路上にいた女性が乗用車3台に立て続けにひかれ、死亡した。東入間署は、このうち2台の乗用車を運転していた自称東京都新宿区西早稲田、会社員の男(30)、埼玉県川越市木野目、会社員の男(35)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の容疑で現行犯逮捕し、過失運転致死容疑で調べている。

 残り1台の乗用車はその場を離れてしばらくしてから戻り、運転していた川越市の介護職員の男(39)から同署が事情を聞いている。現場は片側2車線の直線道路で、信号機はなかった。同署で女性の身元を確認している。
「調書内容と映像整合せず」強盗致傷に無罪判決
読売新聞 2019/01/15 21:34
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/「調書内容と映像整合せず」強盗致傷に無罪判決/ar-BBSh7dK?ocid=spartandhp


 東京都豊島区のカラオケ店で男性に暴行を加えて現金を奪ったなどとして、強盗致傷罪などに問われた中国籍の男性被告(23)の裁判員裁判で、東京地裁(楡井(にれい)英夫裁判長)は15日、同罪について無罪(求刑・懲役7年)とする判決を言い渡した。一方、未成年者を殴ったとする暴行罪は有罪とし、罰金20万円とした。

 被告は共犯者と共謀し、2017年7月、カラオケ店の室内で20歳代の中国人男性に暴行を加えて全治約10日間のけがを負わせ、現金約21万円や腕時計を奪ったとして起訴された。

 被害男性は既に帰国しており、検察側は、「被告に蹴られたり殴られたりした」と供述した被害男性の調書を根拠に有罪を主張。判決は、室内を映した防犯カメラの映像に基づき「被告は被害者が殴られる様子を見ていただけだ」と指摘し、「調書の内容と映像が整合しておらず、供述の正確性に大きな疑問を抱かせる」として無罪と結論付けた。

 久木元(くきもと)伸・東京地検次席検事の話「判決内容を検討して適切に対処したい」
歩道に車、7人負傷 運転の79歳「お茶を吐き驚いて」
2019/01/16 16:04
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/歩道に車、%ef%bc%97人負傷-運転の%ef%bc%97%ef%bc%99歳「お茶を吐き驚いて」/ar-BBSj7Zk?ocid=spartandhp#page=2

 16日午後1時40分ごろ、東京都渋谷区千駄ケ谷5丁目の明治通りで歩道に乗用車が突っ込んだ。警視庁によると、歩行者ら20〜80代の男女5人がはねられて負傷し、このうち20代女性と80代男性が重傷という。車を運転していた男性(79)と助手席に乗っていた妻(76)も負傷した。

 原宿署によると、男性は事故直後、「ペットボトルのお茶を飲んだらフロントガラスに吐いてしまい、驚いてブレーキかアクセルを踏み抜いてしまった。その先の記憶はない」などと話したという。署は、アクセルとブレーキを踏み間違えたとみて自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで調べる。男性も搬送されており、回復を待って詳しく事情を聴く。

 現場は新宿高島屋の近くで、車は渋谷方向に走行中に中央線を越えて対向車線を横切って歩道に突っ込み、5人をはねたという。

コピーライト 朝日新聞 乗用車が歩道に突っ込んだ事故現場=2019年1月16日午後3時9分、東京都渋谷区、諫山卓弥撮影

 歩道に乗り上げた黒の乗用車は街路樹にぶつかって前方が壊れ、周りでは多くの警察官が鑑識作業をしていた。近くの店でアルバイトをしている男性(20)は「ドーンという音がして外を見たら、歩道の上で3人が倒れていた。悲鳴が聞こえ、頭から血を流している男性もいた」と驚いた様子で話した。

 現場を通りがかった男性(27)はけがをした男女4〜5人を目撃した。中年の女性は頭から血を流して歩道上に横になり、中高年の男性はぐったりとした様子で座り込んでいたという。20〜30代くらいの男性は自らもけがをしながら、他の人の止血などを手伝っていたという。
「運転前にビール2杯飲んだ」 あおり運転、被告が証言
2019/01/16 13:56
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/「運転前にビール%ef%bc%92杯飲んだ」-あおり運転、被告が証言/ar-BBSj1zA?ocid=spartandhp#page=2

 堺市南区の大阪府道で昨年7月、大型バイクに「あおり運転」をした末、車で追突してバイクの男性を死亡させたとして殺人罪に問われた同区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判で、被告人質問が16日、大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)で始まった。被告は運転前にビールを飲んだと述べた。

 検察側は、被告が昨年7月2日夜、大学4年の高田拓海さん(当時22)=同市西区=運転のバイクに自車前方に入られたことに立腹して追跡し、故意にバイクに追突して高田さんを殺害したと主張。一方、弁護側は被告はバイクに腹を立てたことはなく、前方に現れたバイクにブレーキが間に合わず衝突したと殺意を否定し、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)罪にとどまると主張している。

 この日の公判で、被告は当日午後6時ごろに仕事を終えて会社近くの立ち飲み屋で生ビール2杯を飲み、午後7時10分ごろに妻を勤務先まで迎えに行くため、会社の駐車場に止めていた車で出発したと述べた。

 被告人質問に先立って被告の妻の証人尋問もあり、妻は逮捕・勾留された被告と面会した際、被告が「取り返しがつかないことをした。申し訳ない」と話したと証言。被告の日常の運転について「少し危ない面があり、ブレーキを踏むのが遅い癖があったと思う」と述べた。

 検察側が、「被告が衝突前に車線変更したのはバイクの追跡のためではなく、妻と食事に行くことにしたため」とする弁護側主張について、普段のように被告から迎えに行くと連絡があったか尋ねると、妻は「なかった」と述べた。(坂東慎一郎、多鹿ちなみ)
新宿乗用車暴走、歩道30メートル走行か「血を流した人も…」
1月16日(水)18時11分 産経新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0116/san_190116_4216487607.html


新宿駅近くで暴走し歩道に乗り上げた車=16日午後、東京都渋谷区(松本健吾撮影)

 東京都渋谷区千駄ケ谷で16日、乗用車が歩道に乗り上げ、歩行者を次々とはねた事故。目撃者らによると、ガードパイプをなぎ倒して進入した車は30メートルほど突き進み、コンビニエンスストアの前で街路樹などにぶつかってようやく停車したという。歩道上に力なく倒れこんだ負傷者を目撃した通行人らは「どうしてこんなことに…」と声を震わせた。

 現場はJR新宿駅から100メートルほど南の丁字路交差点付近。近くの衣料品店の男性店員(30)は、事故が発生した午後1時半過ぎ、店内のBGMをかき消すほど大きな「バーン」という音を聞いた。「最初は車同士がぶつかったのかと思ったが、すぐに小さい衝突音が連続して聞こえた」

 車が衝突したガードパイプには黒いバンパーの破片とみられるものが貼りつき、歩道上には車の部品が散乱。車の左側にはこすったような跡があり、エアバッグも飛び出していた。

 目撃者らによると、近くの交番から警察官が駆けつけ、倒れている歩行者らに付き添っていたという。近くを通りかかった江東区の病院職員の男性(27)は「ぐったりしている男性や、頭から血を流している女性もいた」とおびえた表情で話した。
産直市場に車が突っ込み3人けが 運転手の呼気からアルコール 岐阜・可児市
https://www.nagoyatv.com/news/?id=193236

 産直市場の建物に車が突っ込み、3人がけがをしました。

 16日午後3時半すぎ、岐阜県可児市土田にある「湯の華市場」の出入り口に、軽自動車がバックで突っ込みました。

 警察によりますと店の中にいた71歳の男性客と64歳の女性客が、商品がなぎ倒された弾みで軽いけがをしました。

 車はその後前進し、約20メートル離れた食堂の壁にぶつかって止まりました。

 運転していた69歳の男性は足の骨を折るなどの重傷です。

 男性の吐いた息からは基準値以上のアルコールが検出され、酒に酔った状態でアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるということです。
更新時間:2019年1月16日 19:25





五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
車乗り継ぎ4時間半逃走、愛知
7台当て逃げ、県警は追跡中止
2019/1/18 21:10
https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0118/68383.html
コピーライト一般社団法人共同通信社

 18日午前、愛知県清須市で県警のパトカーに停止を求められた乗用車が逃走した。乗っていた男は他人のワゴン車など2台に次々と乗り換え、名古屋市内までの約100キロを約4時間半にわたり逃げ続けた。パトカーなど最大で計63台出動したが、大型バスなど計7台に当て逃げしたことから県警は追跡を中止した。けが人はいなかった。

 県警によると、18日午前7時ごろ、清須市で「エンジンを掛けたままの乗用車が盗まれた」と110番があった。県警は、市内で盗難車と並走する乗用車を発見し、2台を追跡した。
 並走の乗用車の男は、軽乗用車やワゴン車に乗り換えて逃走。計7台に当て逃げした。
乳児に哺乳瓶ねじ込み、上顎骨折 傷害容疑で父逮捕
2019.1.20 00:46社会事件・疑惑
https://www.sankei.com/affairs/news/190120/afr1901200003-n1.html

 徳島県警阿南署は19日、生後5カ月の長女の口に哺乳瓶をねじ込み、上顎骨折の重傷を負わせたとして、傷害の疑いで同県阿南市、会社員、堺亮介容疑者(24)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は4日午後10時ごろ、自宅で、長女がくわえていた哺乳瓶を口の中にねじ込んで瓶の底を複数回たたき、上顎を骨折させたとしている。

 同署によると、堺容疑者は妻、長女と3人暮らし。長女が口から血を流し、ぐったりしているのを妻が発見し病院に搬送した。病院から「虐待の疑いがある」と連絡を受けた児童相談所が翌5日、県警に通報した。長女は児童相談所が保護している。



>「妻、長女」

この「妻、長女」というのは「連れ子」という事らしいです。
つまりこの女性は他の男性との間に生まれた子供を連れて堺容疑者と同居していたそうですが、「女性の連れ子に対して男性による虐待」というのは実はよくある話だそうです。




五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
新宿・歌舞伎町のカラオケ店で発砲、男性死亡
1月21日(月)22時39分 読売新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0121/ym_190121_3861823985.html

発砲事件があった現場(21日午後7時38分、東京都新宿区で)=竹田津敦史撮影

 21日午後6時35分頃、東京都新宿区歌舞伎町のカラオケ店から、「人が拳銃で撃たれて倒れている」との通報が警視庁新宿署にあった。警察官が駆けつけると、同店4階のエレベーター付近で60歳代くらいの男性が撃たれて倒れており、心肺停止状態で搬送されたが、間もなく死亡した。警視庁は、死亡した男性は住吉会系暴力団関係者とみて、身元確認を進めている。

 発砲した男は現場から逃走し、同庁は殺人などの容疑で行方を追っている。

 同庁の発表などによると、カラオケ店5階の個室から実弾が発見された。男性はこの部屋で撃たれ、4階に逃げたとみられる。男性は事件前、カラオケ店で受け付けをする姿が防犯カメラに映っていた。
陸自ヘリにレーザー照射 東京・あきる野市上空で
1月24日(木)21時27分 毎日新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0124/mai_190124_0050243767.html

 陸上自衛隊は24日、東部方面隊第1飛行隊(東京都立川市)所属のUH1多用途ヘリコプターが東京都あきる野市上空を飛行中、地上からレーザー照射を受けたと発表した。乗員6人の健康被害は確認されていない。陸自は警視庁五日市署に通報した。被害届の提出も検討している。

 陸自によると、UH1は23日午後5時50分ごろ、JR武蔵五日市駅付近の上空で、駅南側の地上から緑色のレーザーを機体に当てられた。照射は約3分間続いたという。埼玉県ときがわ町で発生した山林火災の現場に災害派遣され、立川駐屯地に戻る途中だった。

 陸自は「乗員の生命を脅かす危険な行為で、災害派遣任務に重大な影響を及ぼす恐れもある。深刻に受け止めている」としている。

 陸自のヘリを巡っては、昨年10月にも宮崎県上空でレーザーを照射され、副操縦士の視力が一時低下する問題があり、県警が威力業務妨害容疑などで捜査している。【前谷宏】
2019.1.24
ニュース
スバル, 残業代未払い, 過労自殺
スバル、残業代未払い7.7億円 過労自殺から判明
http://クリップ.com/2019/01/24/スバル、残業代未払い%ef%bc%97%ef%bc%8e%ef%bc%97億円%e3%80%80過労自殺から/


 自動車大手スバルが2015年から17年にかけて、社員3421人に計7億7千万円の残業代を払っていなかったことが、24日わかった。16年に男性社員が過労自殺し、その後の社内調査で昨年1月までに判明した。スバルはこれまで1年間にわたり問題を公表しておらず、企業姿勢が問われる事態だ。

24日に男性の遺族の代理人が会見し、男性に残業代の未払いがあったと説明。さらにスバルは朝日新聞の取材に対し、未払いが多数の社員に広がっていたと明らかにした。

代理人によると、16年12月、車両工場の群馬製作所(群馬県太田市)の総務部に勤務する男性社員(当時46)が、長時間労働や上司の激しい叱責(しっせき)が原因で過労自殺した。スバルによると、同製作所の社員数人に残業代未払いがあったとして、太田労働基準監督署から17年7月に同製作所が労働基準法違反で是正勧告を受けたという。

こうした中で、同製作所では社員の残業時間を把握できていないことが判明した。そのためスバルは17年末、社内全部門の非正規を含めた社員1万7359人について、15年7月から2年間の未払い残業代の有無を調査。その結果、残業時間の記録は社員の自己申告だけで、パソコンの使用や出退勤の履歴などとは照合されず、過少申告が常態化していたことがわかった。

過少申告の理由について、社員の約6割が「(部署で決めた残業時間の)上限を超えないようにした」と回答。「上司から残業の指示を受けていなかった」との回答も約2割あったという。上司による過少申告の指示は確認できなかったとしている。スバルは「(調査結果を)隠すような意図はなく、公表すべきだとは認識していなかった」(広報)としている。
朝日新聞社
性的乱暴で5度逮捕の慶応大生ら全員不起訴 横浜地検
1月25日(金)19時10分 産経新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0125/san_190125_6190649911.html

 酩酊(めいてい)状態だった女子大生に乱暴したなどとして、準強制性交容疑などで計5回にわたって逮捕された慶応大2年の男子学生(22)について、横浜地検は25日、不起訴処分にしたと明らかにした。また、共犯として逮捕されていた犯行当時少年で同大1年の男子学生(20)ら3人についても不起訴処分とした。捜査関係者によると、いずれも示談が成立したとみられるという。

 慶応大2年の男子学生をめぐっては、昨年9月29日〜12月25日までの間、同容疑や強制性交未遂容疑などで神奈川県警に計5回にわたって逮捕されていた。

 捜査関係者によると、男性学生らは取り調べに対して「酒を飲んでおり、覚えていない」「合意があったと思う」などと供述していた一方、早い段階で示談が成立していたケースもあり、すでに釈放されていた男子学生もいたという。





五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
自宅に“乳児遺棄”、25歳の母親を逮捕
1月26日(土)12時38分 TBS
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0126/tbs_190126_2454425045.html

 赤ちゃんの遺体を自宅の押し入れに遺棄したとして、25歳の女が逮捕されました。
 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、群馬県伊勢崎市のアルバイト・源島ゆみ子容疑者(25)です。

 源島容疑者は今月中旬ごろ、出産した女の子の遺体を自宅に放置した疑いがもたれています。

 児童相談所の職員と市役所の職員が25日に警察署を訪れ、「今月2日に出産予定だった女性の出産が確認できず、子どもの安否も分からない」と相談し、警察が源島容疑者の自宅を調べたところ、押し入れの段ボール箱の中から遺体が見つかりました。

 調べに対し、「子どもが死んだという認識はありません」と容疑を否認しているということです。(26日10:06)





五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
軽乗用車と軽ワゴン車 正面衝突、母と娘が死亡
1月27日(日)7時42分 TBS
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0127/tbs_190127_5637407209.html


 長野県小海町で26日、軽乗用車と軽ワゴン車が衝突し、70歳と40歳の母と娘が死亡しました。
 26日午後3時すぎ、小海町の国道141号で、軽乗用車と軽ワゴン車が正面衝突しました。
 この事故で、軽乗用車に乗っていた上田市の内藤たみ子さん(70)と娘の良子さん(40)が死亡しました。軽乗用車を運転していた、たみ子さんの夫の勤さんと、軽ワゴン車を運転していた北相木村の会社役員、渡辺良正さんは軽いけがだということです。
 警察によりますと、事故当時、現場に雪は積もっておらず、路面も凍っていませんでした。警察は、内藤さんの軽乗用車が対向車線にはみ出したとみて原因を調べています。(27日06:58)
死亡の小4、何度も泣き叫び「お母さん怖いよ」
1月27日(日)10時22分 読売新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0127/ym_190127_3713086780.html

 千葉県野田市の小学4年栗原心愛みあさん(10)が自宅で死亡した事件で、傷害容疑で逮捕された父親の栗原勇一郎容疑者(41)が「生活態度を注意したらもみ合いになった。うるさくて暴れるので、しつけのためにやった」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。近所では、女児の泣き声や男性のどなり声が度々聞こえていたといい、県警は以前から虐待を受けていた可能性があるとみて調べている。

 発表によると、栗原容疑者は24日午前10時頃から午後11時20分頃、自宅で心愛さんに服の上からシャワーで冷水を浴びせたり、首付近をわしづかみにしたりしてけがを負わせた疑い。栗原容疑者の通報で駆けつけた救急隊員が浴室で倒れている心愛さんを発見したが、死亡していた。体にはあざが複数あったという。

 近くに住む主婦(48)や男性会社員によると、以前から女児が泣きわめき、「お母さん、怖いよ」と叫ぶ声や、「うるさいんだよ」という男性の声を何度も聞いたという。主婦は「最近も男の人のどなり声と泣き声が聞こえた」と話した。通学先の小学校によると、心愛さんは始業式があった今月7日から欠席していた。

 一方、同市によると、心愛さんは2017年11月、当時通っていた小学校が行った、いじめに関するアンケートで「父からいじめを受けている」と答えていた。小学校から連絡を受けた市が県柏児童相談所に通報し、児相が心愛さんを一時保護。その後両親のもとに戻され、18年1月に現在の小学校に転校していた。

 県警は26日、栗原容疑者を傷害容疑で千葉地検松戸支部に送検した。



五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
滋賀・栗東市のスーパーで女児はねられ死亡
1月27日(日)17時49分 TBS
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0127/tbs_190127_1423637669.html


 27日午前、滋賀県栗東市にあるスーパーマーケットの駐車場で、2歳の女の子が車にはねられ、死亡しました。

 午前9時半ごろ、栗東市苅原にあるスーパーマーケットの駐車場で、「人をはねた」と会社員の男性から110番通報がありました。

 警察によりますと、両親と買い物に来ていた市内に住む岩城実侑ちゃん(2)が右折してきた乗用車にはねられ病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

 当時、実侑ちゃんは買い物を終えた両親とともに車に戻る途中で、両親の後ろを歩いていたところはねられたということです。

 警察は、乗用車を運転していた男性から話を聴くなどして、事故の原因を調べています。(27日16:29)
相次ぐ車突入事件、地域で自衛の「柵」 警察対応に限界
1月27日(日)21時55分 産経新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0127/san_190127_3423399687.html

年明け直後、車が暴走した竹下通り。日中は若者らで混雑している=27日午前、東京都渋谷区(緒方優子撮影)

 東京・原宿の竹下通りで軽乗用車が1日未明に暴走し、通行人8人をはねた事件は、殺人未遂容疑で逮捕され鑑定留置中の日下部(くさかべ)和博容疑者(21)の事件直前の動きなどから、場当たり的に犯行場所を選んだ可能性が強まってきた。竹下通りでは費用面などから一度は見送った車進入防止のポール設置を再び検討。車突入の犯罪が国内外で後を絶たない情勢に自治体や商店街などで自衛策を講じる動きが広がっており、専門家も「警察だけでは限界がある」として地域の取り組みを促している。

 世界中のあめやグミなどを量り売りで買え、若者に人気のある竹下通りの菓子店。事件から20日以上が過ぎても、車が衝突して破損した正面のガラス部分には緩衝材がビニールテープで固定されたままだ。

 「街は少しずつ元通りになっている。でも、ここを通ると事件が頭をよぎる」。現場近くの飲食店で働く女性(26)は話す。

 日下部容疑者の当初の供述などによると、「死刑制度を許している国民が許せない」として無差別に人を襲うことを決め、当初は明治神宮の初詣客を狙い、高圧洗浄機で灯油をまいて火をつける“火炎放射”を計画。ところが洗浄機にうまく灯油を入れられず、交通規制で明治神宮に近づけなかったことなどから、別の場所で車を暴走させる計画に変更したとみられる。

 警視庁が周辺の防犯カメラの映像を解析した結果、日下部容疑者の車が事件直前、竹下通りの前を行ったり来たりしており、捜査関係者は「進入しやすい道を探して走行する中で、たまたま竹下通りを選んだ可能性がある」と指摘する。

 竹下通りでは数年前から歩行者天国時の車進入防止策として、自動で上下する複数の金属製ポールをJR原宿駅側の入口に設置する計画が浮上。商店会が道路を管理する渋谷区と協議したが、約2千万円という高額な設置費用などがハードルとなり見送られてきた。

 事件は一方通行の出口である明治通り側から車が入り込むという想定外の問題も突きつけた。商店会広報担当者は「安心、安全が一番。やれることはやっていきたいというのが商店会の思い」としており、ポール設置に向け見積もりや先行事例の情報収集を進めている。

■  ■  ■
 車を突入させ、通行人らを無差別に狙う犯罪、テロは国内外で相次いできた。現実的な脅威として認知され、各地で対策が講じられている。

 平成29年11月に商店街で車が暴走する事件があった松山市では昨年6月、商店街と市道の境界3カ所に、手動昇降式のポール10本を設置。地元の要望で市が約860万円で導入したといい、担当者は「早期の対応が必要と判断した」。17年にアーケード街でトラックが暴走する事件があった仙台市も、4カ年で同様のポール226本を設置した。

 東京都足立区は今年度内にも、270万円をかけて公共施設に花壇型の車両進入防止装置を設置する。担当者は「訪れる人の安全を守りながら、威圧感がなく景観に馴染むものにしたい」。

 一方、車両進入防止のポールを販売する「帝金」(大阪)の奥田浩也常務取締役は「海外に比べ、国内ではまだ危機感が薄い印象がある」と話す。同社販売の英国製のポールは大型トラックの衝突にも耐えうるとし、2012(平成24)年ロンドン五輪・パラリンピックの主要会場などで採用されたが、国内での施工は数例という。

 国際テロに詳しい公共政策調査会の板橋功研究センター長は「人がある程度集まる場所はどこでも狙われる可能性がある」と指摘。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、対策強化の重要性が増す中、「警察の警備だけでは限界がある。費用面の課題はあるが、著名な商店街がある自治体などは当事者意識を高め、警備員や車止めの配置などで対応しないといけない」と話した。
インスタでストーカー疑い
富山・射水の54歳男逮捕
2019/1/29 14:291/29 14:33updated
https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0129/14293.html
コピーライト一般社団法人共同通信社


 写真共有アプリ「インスタグラム」で女性(26)に大量のメッセージを送ったとして、兵庫県警生田署は29日までに、ストーカー規制法違反の疑いで富山県射水市、会社役員の男(54)を逮捕した。「拒絶されたとは思っていなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年11月19〜26日、女性にダイレクトメッセージを約380回送った疑い。

 同署によると昨年9月、京都市の神社であったイベントに参加し、関西地方に住む女性の名札を見てインスタのアカウントを検索。「付き合って」「デートして」とメッセージを送り、女性が拒否の返事をしても今月まで送り続けたという。
「ながら運転」死亡事故 初公判 マンガ読みながら...
FNN.jpプライムオンライン 2019/01/29 17:52
コピーライト FNN.jpプライムオンライン
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/「ながら運転」死亡事故-初公判-マンガ読みながら/ar-BBSSWaD?ocid=spartandhp#page=2


スマートフォンで漫画を読みながらの運転が原因で起きた、死亡事故での初公判。
適用された罪とは。

妻を亡くした井口貴之さん「きょう初公判だったんですが。あらためて悲しい、つらい気持ちがよみがえる」

29日の初公判を受け、悲痛な心境を語ったのは、スマートフォン使用中の、いわゆる「ながら運転」の車にひかれ、妻を亡くした井口貴之さん。

事故が起きたのは、2018年9月。

夫婦で関越自動車道をバイクで走っている途中、地元FM局のパーソナリティーだった妻の百合子さんが、ワゴン車に激突され、死亡した。

ワゴン車を運転していた下山公堂被告は、事故当時...。

井口さん「スピード違反をずっとしながら、スマートフォンで漫画を読みながら、前を見ずに運転していた」

ツーリング先の群馬県から、新潟県の自宅に向かっていた2人。

おりる予定だったインターチェンジまで残り5kmとなった、その時だった。

井口さん「わたしが前を走っていて、妻は50〜100メートルくらい後方を、追いかけるような形で走っていた。突然、妻の悲鳴がインカム越しにスピーカーから、ぎゃーという悲鳴が聞こえてきたので」

倒れたバイクに駆け寄ると、そこには、ワゴン車に追突され、横たわる百合子さんの姿が。

呼びかけても返事はなく、病院で死亡が確認された。

スマートフォンで漫画を読みながら運転していたという下山被告。

井口さんは、適用された罪の軽さに憤りを感じている。

井口さん「刑事罰としては、ほんのわき見運転にしかならないと。被害者としては納得がいかない」
今回適用されたのは、最高刑が懲役20年の危険運転致死傷罪ではなく、最高刑が懲役7年の、過失運転致死罪だった。

スマホの普及にともない、ここ3年間は毎年2,000件近く発生している「ながら運転」による交通事故。

29日の初公判で、下山被告は「間違いありません」と、起訴内容を認めた。
(新潟総合テレビ)
産んだその日に新生児遺棄疑い 川崎市の中国人を逮捕
1月29日(火)19時30分 産経新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0129/san_190129_0786915605.html

 新生児を民家の敷地に遺棄したとして、神奈川県警川崎署は29日、保護責任者遺棄の疑いで、中国籍の技能実習生、セン・ビエン容疑者(22)=川崎市川崎区小田=を逮捕した。容疑を認めている。

 同署によると、昨年12月19日午後2時50分ごろ、自宅近くの民家の門のそばに、同日、産んだばかりの男児を遺棄したとしている。

 同署によると、発見時、男児の体重は3392グラムで、引きちぎったへその緒がついたまま毛布にくるまれ、ポリ袋に入れられていた。泣き声を聞いた通行人の女性が、男児を発見。セン容疑者が遺棄してから約30分後に、民家に住む男性が110番通報した。

 男児は病院に搬送されたが命に別条はなく、現在は乳児院で保護されているという。セン容疑者は自宅で1人で男児を出産したといい、取り調べに対して「会社に知られたら、日本にいられなくなってしまう。日本人の家に赤ちゃんを置けば育ててくれると思った」と供述している。
下関の女性警察官、風俗店で勤務
1月31日(木)13時7分 TBS
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0131/tbs_190131_6420494504.html

 山口県警下関署の女性巡査が風俗店で働き、処分されていたことが分かりました。
 去年9月から福岡県内の風俗店でアルバイトとして働き、およそ8万円の収入を得ていました。本人に確認したところ、「生活費のためだった」と認めたということです。
 女性巡査は先月、減給の懲戒処分を受け、その日に依願退職しました。(31日11:46)





五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。


不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
さい銭横領容疑 宮司を逮捕 三重県護国神社
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0131/mai_190131_7877692219.html

1月31日(木)20時11分 毎日新聞

 三重県護国神社(津市)で初詣のさい銭を着服したとして、県警津署は31日、同神社の宮司、中野雅史容疑者(55)=津市栗真町屋町=を業務上横領容疑で逮捕した。「小遣い欲しさに横領した」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は県護国神社で1月2、4、5日の3日間に奉納されたさい銭計約2万5000円を着服したとしている。中野容疑者はさい銭を管理する立場にあり、さい銭箱から回収後、社務所で保管していた。さい銭箱は鍵付きとみられ、中野容疑者が鍵を持っていた可能性があるという。10日に同神社の関係者から「さい銭を横領しているのでは」と同署に相談があり、発覚した。【山本萌】








五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。


不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
ウランのネット売買に警察衝撃「不安から混乱起きる」
1月31日(木)21時16分 産経新聞
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0131/san_190131_6437689529.html

 海外から入手したウランとみられる放射性物質が国内のインターネットオークションサイトで売買されていた事件は、東京五輪・パラリンピックを来年に控え、危険物の流通阻止を目指して態勢を強化してきた警察に衝撃を与えている。

 売買された可能性がある劣化ウランの放射線放出量は微量とはいえ、世界的にはテロリストが「ダーティーボム(汚い爆弾)」に仕込む恐れが懸念される。警察庁関係者は「微細な放射性物質の飛散によるパニックや、除染時の爆域封鎖でも不安から混乱が起きることは想像に難くない」と語る。

 同庁は、硫酸や硝酸アンモニウム、アセトンなど11品目については爆発物原料となり得る劇物・化学物質に指定。取り扱い店舗に対し管理の徹底を求め、不自然な大量購入者について通報を受けられる仕組みを築いている。ウランについても、原則は原子力関係機関はもとより研究施設など取り扱い事業所が厳格に管理することになっている。

 警視庁などではネット上で、テロを想起させる書き込みに目を光らせるサイバーパトロールが配置され、ウランなどの放射性物質の売買については確認業務に含まれているとされる。同庁公安部関係者は、何重にも見過ごされた今回の事件に、「非常にショックだ」と明かす。

 海外から流入する危険物の水際阻止の要所は税関検査だ。財務省関税局監視課によると、税関では大量の貨物や郵便物を扱うため、すべてに詳細な放射線測定検査を実施することはできないという。
 原子力規制庁は、ウラン粉末などを輸入貨物に隠すことは「可能」とし、少量であれば「検知しないことはあるかもしれない」と懸念する。

 政府は五輪などに向けて税関の人員や機器を拡充する一方、税関、警察、海上保安庁など関係機関相互の連携を強化する方針だが、膨大な貨物を前にどこまで流入を阻止できるかは不透明だ。
パチンコ店1200万円強奪事件、元従業員ら4人を逮捕
1月31日(木)20時29分 TBS
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0131/tbs_190131_1824793601.html

 去年11月、東京・大田区のパチンコ店で男性店員がおよそ1200万円を奪われ、重傷を負った事件で、職業不詳の沼田邦雄容疑者(35)と塩嶋大晶容疑者(32)ら4人が逮捕されました。
 4人は去年11月4日、大田区西蒲田のパチンコ店で、売上金を運んでいた男性店員(48)を引きずり倒して重傷を負わせ、およそ1200万円が入ったバッグを奪った疑いが持たれています。

 4人は現場で会うまではお互いに面識がなく、1年余り前までパチンコ店で働いていた沼田容疑者が、インターネットの掲示板で知り合った3人を誘ったということです。
 4人は防犯カメラの捜査で浮上し、取り調べに対して、いずれも容疑を認めているということです。(31日18:16)




五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。


不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
警察官立ち入り拒否のキャバクラ摘発
2月4日(月)13時29分 TBS
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0204/tbs_190204_8861205577.html

 東京・立川市のキャバクラ店が営業時間の確認に訪れた警察官の立ち入りを拒否したとして、警視庁はエンジンカッターでシャッターをこじ開け、店長ら3人を逮捕しました。

 現行犯逮捕されたのは東京・立川市のキャバクラ店「CLUB Sign」の店長、白瀧政宏容疑者(36)ら男3人で、3日未明、店の出入り口をシャッターで閉めて警察官の立ち入りを妨害した疑いが持たれています。

 警視庁の捜査員が営業時間の確認のため何度も店を訪れましたが、「営業は終わっています」と立ち入りを拒否したため機動隊員ら40人がエンジンカッターでシャッターをこじ開けました。

 白瀧容疑者は容疑を認め、「店の売り上げを伸ばすためにやっていた」と供述しているということです。(04日11:24)
海自3隊員が勤務中性行為
1曹ら停職、千葉・柏
2019/2/4 17:47
https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0204/12068.html

コピーライト一般社団法人共同通信社

 海上自衛隊下総航空基地隊(千葉県柏市)は4日、勤務中に職場で性行為をしたとして、当時同隊所属だった50代の男性1等海曹と同隊の20代の女性海士長をともに停職30日、同隊の30代の男性2等海曹を停職12日の懲戒処分とした。

 同隊を管轄する下総教育航空群によると、2017年2〜8月ごろ、当直勤務中に複数回、1曹と海士長が性行為をした。また16年11月〜17年9月ごろには、2曹と海士長が当直勤務中に複数回、性行為をしていた。

 3人は内部調査に一連の行為を認めている。17年9月に隊員から情報提供があり発覚した。





五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) - 他人のものを盗んではいけない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。
不妄語戒(ふもうごかい) - 嘘をついてはいけない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
一気飲み常態化 3年前にも他の学生が救急搬送 近大生飲酒死亡
毎日新聞 2019/02/07 20:31
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/一気飲み常態化-3年前にも他の学生が救急搬送-近大生飲酒死亡/ar-BBThAON?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp#page=2


コピーライト 毎日新聞 記者会見の冒頭、謝罪する近畿大の渥美寿雄学生部長(手前)=大阪市西区で2019年2月7日午後3時3分、猪飼健史撮影

 2017年12月、近畿大2年の登森(ともり)勇斗さん(当時20歳)がテニスサークルの飲み会で酒を一気飲みした後に死亡した問題で、このサークルでは16年の合宿でも、他の学生が急性アルコール中毒で救急搬送されていたことが、大学などへの取材で分かった。アルコール度数の強い酒を一気飲みすることが常態化していたとみられ、大阪府警は登森さんの両親からの刑事告訴を受理し、当時の経緯を調べている。

 近畿大によると、合宿は16年春、兵庫県・淡路島で開かれた。飲み会で学生1人が酔いつぶれ、救急搬送された。命に別条はなかったが、サークルは当時、大学に報告していなかった。登森さんの死亡後、大学が学生らに話を聴く中で、16年の事案も把握したという。

 登森さんの両親が学生から独自に聞き取った内容などによると、サークルではウオッカをジョッキに入れて一気飲みすることが恒例になっていた。吐くことを想定して参加者には1人ずつゴミ袋まで配られていたという。

 また、酔いつぶれた学生を介抱したり、汚れた店内を清掃したりするために「はけさし」と呼ばれる役割を事前に決め、別の場所で待機させることも習慣になっていた。

 告訴状によると、登森さんは17年12月11日夜、東大阪市内の居酒屋で飲み会に参加。ビールを飲んだ後、他の学生にあおられてショットグラス20杯分のウオッカを一気飲みし、酔いつぶれた。呼び掛けに反応せず異常ないびきをかいていたが、介抱役の学生らは救急車を呼ばず、登森さんを他の学生の自宅に運んで解散。登森さんは翌日、急性アルコール中毒の影響で吐いた物が喉に詰まったとみられる症状で死亡した。

 両親は昨年12月、介抱役の学生ら6人が適切な処置をしなかったとして、保護責任者遺棄致死の疑いで告訴。府警は学生から任意で聴取するなど捜査を進めている。【村田拓也、伊藤遥】

近畿大学生部長「心よりおわび」近く検証委員会設置 

 近畿大は7日、経済学部2年の登森勇斗さん(当時20歳)がテニスサークルの飲み会後に死亡した問題で記者会見し、近く学内に外部の専門家を含む検証委員会を設置すると発表した。登森さんの両親からの刑事告訴を大阪府警が受理したことに伴う対応。渥美寿雄学生部長は「心よりおわび申し上げる。飲酒事故を繰り返さないよう学生への指導を徹底する」と謝罪した。

 検証委は、登森さんが死亡した経緯の他、このサークルで過去にどのような飲み方をしていたかなどを学生や居酒屋の関係者らに聞き取り、再発防止策を検討する。

 大学は登森さんが死亡した翌日、飲み会に参加した学生らに厳重注意し、サークル活動の自粛を求めたという。ただ、登森さんへの飲酒の強要が確認できなかったとして、当時は公表していなかった。【村田拓也】
動画に泣きながら「ごめんなさい...」 心愛さん虐待・死亡
FNN.jpプライムオンライン 2019/02/10 17:48
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/動画に泣きながら「ごめんなさい」-心愛さん虐待・死亡/ar-BBToAYm?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp#page=2


コピーライト FNN.jpプライムオンライン

千葉・野田市で栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡し、両親が逮捕された事件で、虐待の様子が撮影された動画の中に、心愛さんが泣きながら、「お父さん、ごめんなさい」などと謝罪する姿も映っていたことがわかった。

小学4年の栗原心愛さんが自宅で死亡し、父親の勇一郎容疑者(41)と母親のなぎさ容疑者(32)が逮捕された事件では、心愛さんが虐待される様子を撮影した動画データが見つかっている。

調べによると、動画の中には、心愛さんが泣きながら、「お父さん、ごめんなさい」などと謝罪し、暴力をやめるよう許しを請う様子も含まれていたという。

この動画には、勇一郎容疑者とみられる人物が、心愛さんに暴力ふるう様子が映っていて、警察は、虐待が日常化していたことを裏付ける証拠とみて、分析を進めている。





五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不殺生戒(ふせっしょうかい) - 生き物を殺してはいけない。
0歳を湯船に放置、死なせた疑い 両親「ゲームのため」
2019年02月15日 14:00 朝日新聞デジタル
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&id=5499501&from=home

埼玉県警本部=さいたま市浦和区高砂3丁目

 埼玉県戸田市で一昨年、生後11カ月の娘を自宅の浴槽に放置して死なせたとして、埼玉県警は15日、父親(33)と母親(36)を重過失致死容疑で書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。父親は「ダイエットさせようと思い湯船に浮かべていた。ゲームなどをする時間を作りたかった」などと供述しているという。

 捜査関係者によると、両親は2017年1月、戸田市の自宅マンションの浴室で、首に巻くタイプの浮輪をつけて娘を湯船に浮かばせたまま、約1時間半放置し、脱水症状などにさせて死亡させた疑いがある。2人とも容疑を認めているという。
高速逆走、正面衝突し4人けが 男を酒気帯び容疑で逮捕
2019年2月17日14時20分
https://www.asahi.com/articles/ASM2K3WJFM2KPTIL004.html

 17日午前6時10分ごろ、大阪市中央区船場中央3丁目の阪神高速東大阪線で、逆走した乗用車が対向の乗用車と正面衝突した。大阪府警によると、対向の乗用車に乗っていた57〜89歳の男女4人が病院に搬送され、足の打撲などの軽傷を負った。

 高速道路交通警察隊は、逆走した車を運転していた大阪市福島区吉野3丁目の会社員、柏木孝之容疑者(36)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(酒気帯び)の疑いで現行犯逮捕した。

 柏木容疑者は「昨夜、酒を飲んだ。(事故当時は)ぼーっとしていた」と容疑を認めているという。府警は逆走の経緯について調べている。





五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不飲酒戒(ふおんじゅかい) - 酒を飲んではいけない。
「著名写真家が性暴力」と証言
広河隆一氏からと女性5人が
https://news.biglobe.ne.jp/topics/domestic/0217/75299.html
2019/2/17 15:33
コピーライト一般社団法人共同通信社

広河隆一氏
 チェルノブイリ原発事故やパレスチナ難民問題の報道などで著名なフォトジャーナリストで、写真誌「DAYS JAPAN」の発行人だった広河隆一氏(75)から性暴力やパワハラを受けたと、計5人の女性が17日までに証言した。広河氏は弁護士を通じて文書で回答。性暴力を否定した一方、「自分の権力や立場に無自覚だった」「被害を訴えている方に謝罪します」としている。

 週刊文春も昨年12月以降、複数の女性が同様の被害を訴えたと報じ、写真誌を発行するデイズジャパン(東京)が代表取締役だった広河氏を解任した。

 文書で広河氏は「性交渉をした女性とは合意があった」などとしている。






五戒(ごかい)とは、仏教において在家の信者が守るべきとされる基本的な五つの戒のことで、より一般的には「在家の五戒」などと呼ばれる。

不邪淫戒(ふじゃいんかい) - 不道徳な性行為を行ってはならない。これは、特に強姦や不倫を指すが、他にも性行為に溺れるなどの行為も含む。

ログインすると、残り79件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

【情報】幸福実現党 更新情報

【情報】幸福実現党のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済