ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > ツイッター俳句(twitter-haiku) > トピック一覧 > ツイッター俳句集 12 【27...

ツイッター俳句(twitter-haiku)コミュのツイッター俳句集 12 【2751〜3000】 2011年 夏〜2012年 春

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

これより前は ツイッター俳句集 11 【2501〜2750】
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&id=60422102
------------------------------------------------------------

   [ツイッター俳句 2010冬〜2012春] p13 (コメント629〜650) 2011.7.3
   https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&page=13&id=58271376

2751●戯れる子らの声聞きとき忘れ  コスモス

2752●新じゃがを掘るつもりがシャボン玉  コスモス

2753●半夏生沈まぬ夕陽のあるまじと  涼白

2754●熱帯夜足の火照りを分け合えば  涼白

2755●籐椅子や栞挟みし犯科帳  やじろ

2756●暑き夜ヘッドライトの虫の仇(アダ)  涼白

2757●仙台の七夕祭さきくあれ  やましな

2758●海底(うなそこ)に魂ねむる浜星祭る  やましな

2759●遠恋の記憶の遠し星今宵  やましな

2760●歳時記と句本手に取る梅雨の夜  たけあつ

2761●今はただ来る年のため仮眠する  翠硯

2762●打ち寄せる波と戯る子らの声  コスモス

2763●炎昼や何処も彼処も工事中  ブースカ

2764●トロピカルジュース一口夏の雲  ブースカ

2765●本籍は土星ですよと天道虫  やましな

2766●児のおなら風呂にはじけて浮いて来い  やましな

2767●蝿叩きなければ丸む新聞紙  やましな

2768●殺生せずなにゆえあるのか蝿たたき  翠硯

2769●手をとりて孫と遊ぶ蓮の池  翠硯

2770●熱戦も空席寒し名古屋場所  たけあつ

2771●睡蓮をとってよとだだこねられし  やましな

2772●蝿おうに親の命日なれば袖  やましな

2773●ポケットに扇子しのばせ茶漬け飯  小次郎


   [ツイッター俳句 2010冬〜2012春] p14 (コメント651〜700) 2011.7.11
   https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&page=14&id=58271376

2774●茄子漬を丸ごと食べる夏の膳  こすもす

2775●客席の隙間も敵なり名古屋場所  たけあつ

2776●節電の職場にて戦地の灼熱を思う  たけあつ

2777●祇園会とSALEの町を通りけり  やましな

2778●甲子園の土が宝と冷酒くむ  やましな

2779●どこまでも自由に生きる夏の雲  翠硯

2780●夏の雲棒手振りの帰り路  やじろ

2781●学生のころ見し夏の雲おもふ  やましな

2782●根無し雲見ては溜息汗を拭く  やましな

2783●山嶺の向こうは祭白き雲  小次郎

2784●峯の果て騒ぐ光に夏祭り  翠硯

2785●山一つ向うは祭夕焼け雲  やましな

2786●峯の果て夕日に映る祇園祭  翠硯

2787●遠すぎて往けぬ祇園会今年また  やましな

2788●憧れの祇園会テレビに見る無念  やましな

2789●大比叡の向うは祭湖(ウミ)暮れて  やましな

2790●炎昼や何処も彼処も工事中  ブースカ

2791●トロピカルジュース一口夏の雲  ブースカ

2792●秋隣アナログテレビ終了す  小次郎

2793●目覚ましの鳴るのを待ちし蝉時雨  小次郎

2794●草踏めば蛙の王国おおさわぎ  やましな

2795●睡蓮や寄ればイモリの隠れけり  やましな

2796●万緑や昔塩津の丸子舟  やましな

2797●道汚す槿の花芯深紅なり  涼白

2798●夏の果てなんでこんなにのどがかわくの  涼白

2799●溽暑かな犬に汗腺なき哀れ  やましな

2800●撫子の花を浴衣に団扇にも  やましな

2801●白雨降る何も聞こえぬ手風琴  涼白

2802●原爆忌温故知新は夢と消え  小次郎

2803●明日に向け夕日に望む暑き陽を  翠硯

2804●タオル巻き片手にポカリ夏のはて  翠硯

2805●ぽっかりと浮いて何処行く暑き雲  翠硯

2806●幾千の願いをたくし花火打ち上がれよ  ☆ダイアナヒルズ☆

2807●眩しすぎるあなたの願いは打ち上げ花火のよう  翠硯

2808●夕暮の工場の床ちちろ虫  小次郎

2809●花火追い空の果てまで飛んでゆけ  翠硯

2810●大文字祈りを込めて花開く  舞瑠羽

2811●雷雨にも負けじと伸びる虹の橋  舞瑠羽


   [ツイッター俳句 2010冬〜2012春] p15 (コメント701〜750) 2011.8.25
   https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&page=15&id=58271376

2812●人気とは危うきものよ晩夏光  やましな

2813●豪雨明け青空共に戻る季夏  舞瑠羽

2814●コンビニへ杖ひきずるや炎天下  やましな

2815●山嶺を鷲掴みせし秋の雲  小次郎

2816●露天湯に遊びに来てるオニヤンマ  ブースカ

2817●初秋の子らアヴェマリア幼稚園  やましな

2818●落ち蝉を掃けばあはれやヂヂと鳴く  やましな

2819●面影の水面に映ゆる秋の人  八蝶

2820●薄野に かくれんぼしてるの? pita探し  舞瑠羽

2821●すぐそこにかくれし君はコスモスか  翠硯

2822●祈りある中秋の名月に平和来よ  舞瑠羽

2823●深黒の闇に彷徨う名月よ  翠硯

2824●無二の時小さく息吹く幼き月に  翠硯

2825●アカトンボ背中に彼女乗って来た  舞瑠羽

2826●混沌の星に願いを月明かり  翠硯

2827●不揃いの欠片集めて秋になる  雨流瑠

2828●秋空の燃える願いを今ここに  翠硯

2829●赤とんぼ白いトンボと肩並べ  翠硯

2830●こだまする地球の頂上(うえ)に秋の音  翠硯

2831●明日に向け皆で乗り切る秋の風も  翠硯

2832●彼岸花幼子染まる河原道  雨流瑠

2833●広がる紅葉映る笑顔が忘られへん  翠硯

2834●風が呼ぶ金木犀の香り乗せ  舞瑠羽

2835●集まった紅き絨毯曼珠沙華  舞瑠羽

2836●何処までも秋華(シュウカ)探しに歩き出す  舞瑠羽

2837●風集め一人旅立つ枯野かな  雨流瑠

2838●旅立ちに落葉の影を幾重にも  翠硯

2839●過ぎ去りて面影追いし秋の路  翠硯

2840●寒さにも応援くれる10月桜  舞瑠羽

2841●今を生き明日にたすきをバカ桜  翠硯

2842●新宿は人ひとヒトや秋の暮  小次郎

2843●春に咲き秋も負けじと10月桜  舞瑠羽

2844●この秋に春の真似事バカ桜  翠硯

2845●明日にこそ光目映い秋が来る  翠硯

2846●愛と夢希望が流るる秋の川  翠硯

2847●お袋の荒手を追いし吊るし柿  翠硯

2848●湯豆腐があたたかいうちに一緒に食べようよねえ  やじろ

2849●夕焼けに凍てつく思いを閉じ込めて  翠硯

2850●はしゃぐ声ドングリコロコロ見いつけた  雨流瑠

2851●お袋の指先追いし吊るし柿  翠硯

2852●つるし柿縁側で地続きの畑をみわたすと土もやすんでいる  やじろ


   [ツイッター俳句 2010冬〜2012春] p16 (コメント751〜800) 2011.11.16
   https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&page=16&id=58271376

2853●凍てつきし空に心に星の降る  雨流瑠

2854●真っ青な空黄金の大地そして澄んだ水に写る秋  やじろ

2855●秋色を集め揺らめく水面かな  雨流瑠

2856●水の穴くぐるとそこは秋の色  翠硯

2857●草もじみ池溏(ちとう)から竜王が顔を出したぞ  やじろ

2858●吐く息に白き妖精見る朝陽  舞瑠羽

2859●長い夜にふと起きてやすらかな寝息が聞こえ安心す  やじろ

2860●病む友に桜一山届けたし  雨流瑠

2861●蒼と白澄んだ空気に初冬かな(笑)  舞瑠羽

2862●冠雪の山これから真っ白の雄姿にて見栄をはれ  やじろ

2863●愛犬の土葬済まして銀杏散る  やじろ

2864●哀しみにそっと降り積む銀杏かな  雨流瑠

2865●林檎食む子供に想う遠い故郷  さくら

2866●リンゴ飛ぶ津軽富士から青空へ  やじろ

2867●リンゴ味津軽信州米国か  さくら

2868●フジが好き山も林檎も日本一  雨流瑠

2869●銀杏散るラクビーボールのアップリケのお嬢さん  やじろ

2870●音も無くひらり舞い散る銀杏かな  雨流瑠

2871●惜別を告げて手を振る銀杏かな  雨流瑠

2872●かえでの赤はしあわせをじっくりかみしめる色  やじろ

2873●手招きし吾呼ぶ紅き楓かな  雨流瑠

2874●浮かぶ葉に乗ってみたいな楓の子  翠硯

2875●大空に飛んで行きたい枯れすすき  翠硯

2876●いつの日か共に手を取り月笑う  翠硯

2877●再会の寄せ合う頬に照れる月  翠硯

2878●夜の空愛犬は走りて月笑う  やじろ

2879●冬晴れに窓辺でまどろむ猫ひとり  舞瑠羽

2880●縁側に風と光の寒陽射す  翠硯

2881●冬空の流星に願う出会い(出愛)あれ  舞瑠羽

2882●にゃんこの夢はほどほど量のとても美味しい煮干を喰うことなのかなぁ澄んだ夜空の年の暮れ  やじろ

2883●哀れなき明日を夢見る雪女  翠硯

2884●初雪が落ちてくる都度こころに積もる優しい気持  やじろ

2885●蝋梅や生まれる朝に透き通る  雨流瑠

2886●水鏡名残の秋がそっと揺れ  雨流瑠

2887●冬の川夢閉じ込めて果てるまで  雨流瑠

2888●クリスマス今年は猫とほっこりと  舞瑠羽

2889●毛糸編み肩幅測る茶の間かな  やじろ

2890●掴めない思い出のように舞う風花  月光院丘女

2891●わんこが死んでカミさんとふたりで向き合う年用意  やじろ

2892●祝いない晦日の粉雪時閉まる  舞瑠羽

2893●蠟梅の香りに呼ばれ新年も  舞瑠羽

2894●明けてもね光が遠く初の陽に  翠硯

2895●初の陽に明日となれども友を待ち  翠硯

2896●友を待ち光目映い春が来て  翠硯

2897●春が来て小っちゃい風と遊ぶ孫  翠硯

2898●孫の手を重ねて夢見る暑き陽に  翠硯


   [ツイッター俳句 2010冬〜2012春] p17 (コメント801〜850) 2012.1.3
   https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&page=17&id=58271376

2899●松飾りちりとりにちょっとだけ福を掃きいれる  やじろ

2900●冬鳥のさえずる並木影長く  雨流瑠

2901●逝くひとの遠き後ろ姿滲ます霙雪  衣通姫

2902●山眠るかもう一句つぶやいて欲しい  衣通姫

2903●再会の初泣き笑い避難小屋  やましな

2904●恵方よりややの元気な泣き声す  やましな

2905●逢いたくて訪ねて歩く雪野原君の足跡ここで見つけた  雨流瑠

2906●ありがとうイッパイイッパイありがとう  宇流瑠

2907●雪の降る太郎次郎もみな眠る  涼白

2908●三昧場落葉松寂爾北颪  孤夢

2909●埋めどもしずり雪鋭く遁世へ  孤夢

2910●何時までも香りの如く心にいてね  舞瑠羽

2911●襖より覗くが如く天の川  翠硯

2912●いつの日か手と手を合わせる陽だまりに  翠硯

2913●その指でなぞるが如く小雪舞う  翠硯

2914●歩いても歩いてもなお雪の中  翠硯

2915●歳時記の表紙かがよふ冬の月  八蝶

2916●雪の朝そっと微笑む石仏  雨流瑠

2917●月読みの囁きを受け涙する  月光院丘女

2918●櫻島離るるほどに胸に咲く  宇流瑠

2919●故郷は母の笑顔と櫻島  宇流瑠

2920●佇みて黄金の海に包まるる  宇流瑠

2921●節分や今度の仕事場はエコ・ビルで採光も室温も自動だけど寒いんだけど  やじろ

2922●立春を 待つ心に 来ゆる日々  舞瑠羽

2923●恵方より 引き行く潮(うしお) 暖かひ  舞瑠羽

2924●ひた向きに恵方向きむきがぶりつく  翠硯

2925●夢の中ダライ・ラマを探しに旅行く君  月光院丘女

2926●脱ぎ捨てて自由に空を飛び海を泳ぐ潮の満ち引きのように  月光院丘女

2927●立春に豆を撒く前に夫婦げんかしたのでうちはまだ冬だ  やじろ ^^

2928●コロコロコロコロコロコロコロコロコロと遊ぶ尻尾が雪の中  翠硯

2929●雪の中久留米にいる娘の受験を心配しながら疾走する長距離便  やじろ

2930●立春後にゃんこのお腹に春見〜つけた  舞瑠羽

2931●は〜くしょん春の使者から招待状  舞瑠羽

2932●虹の輪を通りて春の嫁入りか  舞瑠羽

2933●今朝のわんこはわんことわんこで蕎麦を喰う  翠硯

2934●玄関を開けると厳寒が入ってくるよおまえと一緒に  翠硯

2935●わーいわーい通してくれよ〜お部屋の中で雪だるま作るんだから  翠硯

2936●梅一輪ニコニコニッコリ笑顔咲く  雨流瑠

2937●つぶつぶのぶつぶつぞろいの人魚雪だぞ  翠硯

2938●暴風雨ちょっと早めに春一番  舞瑠羽

2939●春の星輝いて煌めいて笑ってって言ってる  月光院

2940●別れ霜溶けてキラキラダイヤモンド  月光院

2941●春時雨少しずつ少しずつ心も暖かくなるね  月光院

2942●哀しみの欠片を集めて遊ぼうかフワフワキラキラ春の宵  雨流瑠

2943●今はただ皆の呟き聞いている寒い夜のホットミルクみたいに  雨流瑠

2944●残雪 汚れてしまうならはやく消えて  涼白

2945●春時雨ぼやんとしてる横顔の  涼白

2946●ほしくてもくれなくていらない処に降る雪よお空の上できまぐれに今日も遊んでいるというのか  翠硯

2947●春を待つ今だからこその出会いあり  舞瑠羽


   [ツイッター俳句 2010冬〜2012春] p18 (コメント851〜900) 2012.2.8
   https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&page=18&id=58271376

2948●雪降る夜にみんなで囲炉裏をかこんでいるようなこころの暖かさ  やじろ

2949●ユニコーンに手綱を引かれ春回廊を昇る君  月光院丘女

2950●霜柱 ツンツンツンと 青空へ  舞瑠羽

2951●し〜〜〜〜〜んし〜〜〜〜〜んふわふわ歩いて雪暖簾  翠硯

2952●雪の夜灯り一つ見つけたよ小さいけれど暖かで胸の真ん中キラキラキラ光るんだ。  雨流瑠

2953●清しくも切なくも儚くも嬉しくも哀しくも寂しくも厳しくも虚しくもあり春の雲  猟犬

2954●寒明けを待たずに急ぎ足で行く君を見送る…  月光院

2955●青空に白雲モクモクモクと かくれんぼ〜  舞瑠羽

2956●春はまだ遠く 限りなく哀しきブルー  ヒロミンゴ先生

2957●北窓開く鈴本の千秋楽に人情噺を聴きおいしいお酒を呑んでいる  やじろ

2958●小学校の通学路に謎の白い高い塀のある洋館があって友達と門からそっと覗くネコヤナギ  やじろ

2959●春の足音ポンポン紅白香りの舞い  舞瑠羽

2960●春間近だからこそ待つの皆の音  舞瑠羽

2961●ほらみんなで聞こうよ花のほころぶ音がすぐそこにあるよ  翠硯

2962●世を憂う仲間と呑みし建国日  小次郎

2963●寂しきをこらえて咲く梅の蛮勇  猟犬

2964●哀しみを集め寄り添い春になる  雨流瑠

2965●明日はなにしようかな明後日はなにしようかな明明後日はさて何から始めようかなあ
    はていくつ寝たら春が来るんかなあ  翠硯

2966●明日は完全休日ゆっくりしよう  やじろ

2967●わが友休日に東京より出でて大河の一滴と呟きつつ雪をかく  やじろ
 
2968●薄氷に光集める人になる  雨流瑠

2969●薄氷や陽射し集めて遊びだす  雨流瑠

2970●優しさが一人歩きの春の闇  雨流瑠

2971●薄氷のキャンバスに優しく描くあなたの笑顔  翠硯


   [ツイッター俳句 2010冬〜2012春] p19 (コメント901〜950) 2012.2.23
   https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&page=19&id=58271376

2972●あるがまま捩れて芽吹くその一瞬叶わぬ春の夢と知りつつ  雨流瑠

2973●皆の声梅のほころび春光浴び  舞瑠羽

2974●花の香をあなたと共に分かち合うこの時を  翠硯

2975●あさってえあ〜さって〜さてはあしたは遅れた春の支度でもしよっかなあ  翠硯

2976●毬のような梅のつぼみよゆっくりと蓄えてもうすぐ弾けるんだね  やじろ

2977●自販機のしるこ飲み干す二月尽  小次郎

2978●二月尽(にがつじん)身分違いの嫁取り場面のあるドラマを観ていてひとを守るという使命にまた気がつかされた  やじろ

2979●お炬燵の中でぶつぶつつぶやく背中にすがる孫の手よその小さき息吹をいつまでも  翠硯

2980●春を待つ一人二人と集まってお花見楽しみ待ってます  舞瑠羽

2981●この長い長い眠りの季節の扉を開くのはあなたなのですか  翠硯

2982●今日もまた雫をさがしに出かけます  ピタ

2983●コミュなんて無理なんだって言われたよわかっていたのに淋しい二月尽  雨流瑠

2984●白梅の膨らむ枝間に映る未来  舞瑠羽

2985●ほんの少しの背伸びからほんの少しの色が見えてくる春  翠硯

2986●手袋がまだまだ恋しい如月終わる  舞瑠羽

2987●弥生に向け心に花束増やしましょう  舞瑠羽

2988●ぴちぴちぴち弾ける水面に春近し  翠硯

2989● ひき潮さんが隠れているのに春がくる  やじろ

2990●花の色香広がり始めた通り道  舞瑠羽

2991●この香り辿って行けば春に出会えるかな  舞瑠羽

2992●陽の向こうあるのはあなたの微笑みと一面の花の丘ですか  翠硯

2993●秋霖や砕け散る花さび色の夢  猟犬

2994●春恨は自虐の梅の赤裸々な蕊  猟犬

2995●律儀で素直な春なんて焦るから捻じ曲がってていいんだよ  雨流瑠


   [ツイッター俳句 2010冬〜2012春] p20 (コメント951〜956) 2012.3.5
   https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&page=20&id=58271376

2996●白銀の敦賀の山や梅見月  小次郎

2997●時を忘れぶつぶつつぶやく長い夜ふと気が付くと首の上にも猫の首  翠硯

2998●雨上がり春が雫で遊んでる  雨流瑠

2999●風渡る春の化身の花粉達  舞瑠羽

3000●春だから お別れだったら 良かったのに  舞瑠羽

------------------------------------------------------------
続きは ツイッター俳句集 13 【3001〜3250】
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&id=74254961


目次
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=4880156&id=52525715
※投句は目次に記載されている最新トピックへお願いします。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ツイッター俳句(twitter-haiku) 更新情報

ツイッター俳句(twitter-haiku)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。