ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 小説・評論:孤城忍太郎の世界 > トピック一覧 > 蝙 蝠(かうもり)

小説・評論:孤城忍太郎の世界コミュの蝙 蝠(かうもり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 この作品を讀む時に、この音樂を聞きながら鑑賞して下さい。
 これは自作(オリジナル)の

 『(JAZZ風に)』

 といふ曲で、YAMAHAの「QY100」で作りました。
 雰圍氣を味はつて戴ければ幸ひですが、ない方が良いといふ讀者は聞かなくても構ひませんので、ご自由にどうぞ。






     蝙 蝠(かうもり)

 蝙蝠(かうもり)といふ動物がゐる。
 哺乳類の中で、この動物ほど嫌はれてゐる動物も珍(めづら)しい。


 狐などは、西洋でも日本でもまだ愛嬌があるし、惡役をしても、何處(どこ)か間の拔けた所があるか、でなければ徹底的に冷酷(クウル)である。


 しかし、蝙蝠となると、その姿かたちの感じの陰險な所爲(せゐ)もあるかも知れないが、非常に嫌はれてゐる。
 筆者自身は、その事に同情的である。
 けれども、それは何も筆者が蝙蝠を好きだから、といふ譯では毛頭ない。


 では、何が筆者に蝙蝠を同情させたのかといふと、世界の寓話集の中に、蝙蝠がどうして夜中に飛廻(とびまは)るやうになつたのかといふ話があつて、それが筆者の氣を惹(ひ)いたからである。


 それは、中國の昔話に、

 「昔、太陽が二つあつて、人々の休まる時がないので、勇気のある若者が二つの太陽の内の一つを弓で殺してしまひ、夜といふ安らぎの世界が訪れたといふのである。さうして、今でもその死んだ太陽は、月となつて地球の周りを廻つてゐる」

 といふやうな、現在の状況から過去に向つて空想を廣げるといふ按配(あんばい)で、聊(いささ)か故事(こじ)つけに近いが、

 「成程」

 と、思はない事もないといふぐらゐの話である。


 蝙蝠の話の方も、ある時、動物界に鳥類と獣たちの戰爭が起こつて、鳥が蝙蝠を捕まへて殺さうとすると、

 「私は獣のやうに見えますが、このやうに空を飛べるのですから、あなた方と同族ですよ」

 と蝙蝠は言ひ、また、獣たちに見つかると、

 「私は空を飛びこそすれ、このやうに鼠(ネズミ)の同族で、勿論、獣ですよ」

 と言つて、どちらにもつかづに、兩方から逃れて戰爭には參加しなかつた。


 筆者の思ひ違ひかも知れないが、密告のあつた時に蝙蝠を打ちつけるのは、そんな理由からであらうか。


 所が、長い年月が經(た)つ内に、お互ひの中から平和を唱へ出すものが現れ、鳥と獣の間に平和不可侵條約が結ばれる事となつた。
 さうして、平和の日々が續くうちに、お互ひの武勇傳に花を咲かせ、鳥は獣を誉め、獣は鳥の勇氣を誉めるといふ、謂(い)はば外交辭令を交はしてゐた。
その時、運惡く蝙蝠の事が話題に上つた。
 忽ち、蝙蝠のした事がばれてしまつた。


 平和になつた鳥と獣の世界では、今では「徳」といふものを重んじ、正義を振り翳(かざ)してゐた。

 「鳥獣の恥だ!」

 といふものが現れた。

 「鳥獣の世界から追放しよう!」

 といふものまで現れた。
 狐などは、

 「蝙蝠の存在は惡だ」

 とさへ言ひ出す始末だつた。


 かうして、蝙蝠は鳥獣の活動する晝(ひる)は洞窟で身を隱(かく)し、鳥獣の眠つてゐる夜中にしか活動できなくなつた、といふのである。
 これは寓話であるから、少しも面白くない。


 希臘(ギリシア)神話などは、こんなのとは違つてひどく詩的である。
 例へば、

 「アラクネといふ機織(はたお)りのうまい娘がゐたが、彼女は次第に慢心して、神にも負けないとさへ言ひ觸(ふ)らした。
 そこで神と腕比べをする事になつた。
 しかし、女神アテネの織つた布と、アラクネの織つた布とは、お互ひ見分けがつかない程、二つの布は素晴しい出來映えだつた。
 だが、女神アテネはアラクネを祝福せずに、女の嫉妬心から彼女の織つた布を、ずたずたにしてしまつた。
 アラクネはその爲に首を括(くく)つて死んだ。
 その時、始めて女神アテネの怒りが解け、彼女を一匹の蜘蛛にした。
 さうして、巧みに織る技だけは彼女に殘されたのだ」

 といふのである。


 こんな具合に、先に述べた寓話とは比較にならないぐらゐ詩的であるが、勿論、これだとて神のひどい仕打ちには、納得の行く譯のものではない。
 筆者は、どちらかと言へば後の方の話を愛するが、それだけを言つたのでは話にならない。
 一體(いつたい)、隨筆といふものは讀んで字の如く、筆に隨(したが)つて書くものなのだらうが、もし本當(ほんたう)にその通りにするのならば、この話もここまでである。
 しかし、筆者はさういふ事を好まない。
 そこで、例の蝙蝠の話になるが、その中でひどく腹の立つ事があるので述べて見たい。


 それは、なぜ蝙蝠だけをこのやうに惡くいふのか、といふ事である。
 蝙蝠は戰爭に卷込まれたくなくて、どちらにも味方と思はせただけである。
 あるいは、殺されたくなくて嘘を吐いたのだとしても、これは何も蝙蝠だけに限つた事ではなく、それを卑怯といふには及ばないだらう。
蝙蝠は平和主義者なのである。
 それをお互ひの都合で平和になつたからと言つて、蝙蝠だけを責めるのはどういふものであらうか。


 元來、勝手に始めた鳥と獣の戰爭であらう。
 それも、恐らく下らない理由から始まつたに違ひないのである。
 そんなものに卷込まれるのは、誰だつて御免である。
 さうして、今度は平和になると、自分達の非を認めず、蝙蝠だけを惡いと言ふ。
 戰爭の爲に、どれだけ蝙蝠が迷惑したかも考へずに……。


 蝙蝠こそ、良い迷惑である。
 鳥と獣が勝手に始め、また、平和にしたからと云つて、自らの行爲(かうゐ)に目を瞑(つぶ)り、蝙蝠だけを責めてゐるのでは、多數決の缺點(けつてん)を曝(さら)け出したも良い所である。
 惡いのは、戰爭をしてゐたもの達である。


 それを、今度は平和になつたからと言つて、その時に戰爭を逃げ出した蝙蝠が惡い、といふのはお門違ひである。
 もう一度言へば、平和を亂(みだ)したのは、鳥と獣たちなのである。
 かりに蝙蝠があの時に、鳥か獣に捕まつて殺されてしまひ、平和になつてから名誉の稱號(しやうがう)を與(あた)へられたからと云つて、一體、何になるといふのか。
 これ程、後味の惡い話もないものである。


 蝙蝠が夜になつて飛廻るのは、なにも鳥や獣達に追ひ出されたのではあるまい。
 蝙蝠が夜中に超然と飛廻るのは、恐らく鳥獣不信になつて、昔の人間でいふ所の、山に籠つたのであらう。
 世捨人になつたか、それとも、宛然(ゑんぜん)佛陀(ぶつだ)の悟りを開いたのかも知れない。


 しかし、今では蝙蝠は夜にまで姿を見せなくなつた。
 蝙蝠は、今度は人類を見放したのだらうか……。


一九七三年昭和四十八癸丑(みづのとうし)年極月十日午前三時

關聯記事

麒麟
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=48977198&comm_id=4699373

一九七二年昭和四十七壬子(みづのえね)年長月三日午前二時


コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

小説・評論:孤城忍太郎の世界 更新情報

小説・評論:孤城忍太郎の世界のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済