ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

糖尿病・腎臓病・高血圧の情報コミュの腎不全とは

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

◆急性腎不全
おおけがやショックなどで数時間から数日のうちに腎不全になる場合があります。大部分が一時的なもので、適切な治療を受けることで回復する可能性があります。

◆慢性腎不全
数ヶ月から数年の年月をかけて少しずつ病気が進行します。腎臓は萎縮し、その働きは回復しません。



腎臓のはたらきが、正常の30%以下になり、体内の老廃物や余分な水分を排泄できない状態をいいます。
尿毒症になると、イライラや吐き気、むくみなど体に異変が起こりますので気をつけましょう。


腎不全の方は、食事が大切になりますので、調理の仕方を、覚えましょう。

その他に気をつける事は、貧血も起こしやすくなる為に鉄分の摂取も十分に注意しましょう!

参考にして下さい!

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=51470693&comm_id=4483816

コメント(19)

特に、カリウムの多い野菜はゆでこぼしたり、果物は缶詰など工夫しましょう。
おかずのボリュームを、増やしたい方は、低蛋白米を使用したりするといいです。

※医師や栄養士の指示に従いましょう。
萎縮腎とは

肉眼で見て、腎臓が小さく硬くなることをいいます。
 正常な腎臓は、ほぼにぎりこぶしで、約150g(片側)です。
片方の腎臓が萎縮しても、もう一方が正常であれば、生命に直接にかかわることはありませんが、腎性高血圧をおこすことがありますので、萎縮した腎臓を摘出する場合があります。
 また、両側の腎臓が萎縮腎になると、腎不全の状態となり、人工透析や腎移植などを行なわないと、尿毒症をおこして生命の危険が生じます。
腎臓が悪くなると食事療法が必要になります。個人差はありますが、腎不全になるとよくは、なりません。そこで、必要な事は今以上悪くならないように保存期をいかに長く伸ばすかが大切になります。

具体的には、塩分・たんぱく質・カリウムを中心に必要以上にとらないでエネルギーを十分に摂る事を心がけます。
次に、かかり付けの病院の先生の指示に従って投薬を忘れず適度(無理のない・・歩くなど)運動をしていくといいでしょう。

腎不全の目安の食事は、1日たんぱく質を30g以下にする事によりカリウム・リンを減らす事にもつながります。後は、塩分を6g未満(できれば5g未満)を目安に1800kcal(身長(m)x22x32)のエネルギーが必要となります。

腎臓の働き

腎臓は背中の腰の上に左右あります。大きさは握りこぶしくらい

の大きさです。腎臓には非常に多くの毛細血管が絡み合いあっ

た糸球体があります。

腎臓には大動脈から1分間に約1Lもの血流が流れ込みます。

主な働きは、大きく分けて3つの働きがあります。

]掲冓の濾過と排出

⊃緤・電解質の調整

ホルモン調整
腎臓の機能を調べるには

下の2つの検査を受けて糸球体の状態を調べます。

,燭鵑僂尿の検査

尿を採取してたんぱくの濃度を調べます。

糸球体に異常があるとたんぱくは尿から排出されます。

検査の結果(−)は正常で(+)が高くなると異常となります。



血清クレアチニンの検査

クレアチニンは血液中に含まれる老廃物です。

クレアチニンの正常値は

男 0.6〜1.1mg/dl  女 0.4〜0.7mg/dl です。

年齢とともに高くなりますが、基準値を超えても放置すると

危険ですので、食事療法や専門医に早目に受診する事を

お勧めします。



慢性腎臓病の治療

早期であれば適切な治療で治す事が可能です。

糖尿病・高血圧・脂質異常症は、注意が必要です。

糖尿病・・・血糖値が高くなると、血管がもろくなります。そのため

       糸球体がもろくなり腎臓の機能が低下します。

高血圧・・・血圧が高くなると血管がもろくなり動脈硬化も進み血

       流が悪くなり腎臓の機能が低下します。

腎臓の機能が低下すると食事療法(たんぱく・塩分・カリウムを抑

え必要な栄養をしっかりとる)を中心に無理のない運動を心がけま

す。

低たんぱくにする理由


腎機能が低下して血液中で窒素化合物(尿素やクレアチンなど)が増加し一定以上に達すると、尿毒症を起こす恐れがあります。食事療法によりたんぱく質が適切に制限されれば、血液中に増加した窒素化合物を再び減少させることができます。たんぱく質の制限により腎機能低下の進行を抑制できることがわかってきています。

※尿毒症…末期腎不全でみられる全身の臓器障害。多様な症状を呈し放置すると数日で死に至る。
エネルギーを上げる理由

エネルギーが不足すると身体中のたんぱく質が分解されてエネルギー源となります。
その為、体内の※尿素窒素が増えてしまいたんぱく質を多く食べたことと同じ状態になってしまいます。せっかく低たんぱくにしても意味がなくなってしまいます。

※尿素窒素…血液中の尿素に含まれる窒素を測定したもの。高蛋白食や尿量に影響を受ける。腎機能が低下すると増える。

塩分を控える理由

高血圧やむくみの原因になるからです。食塩の摂取量が多いと腎臓に排泄の過剰な負担をかけることになってしまうからです。弱っている腎臓を更に働かすことになります。

カリウムを控える理由

 腎機能が低下すると、カリウムの排出量も低下します。体内にカリウムが溜まると筋力低下、不整脈、下痢、弛緩性麻痺(筋肉の緊張が弱まる麻痺)が起こります。
水分を控える理由

水分を多く取りすぎると、むくみや体重増加が多くなり、水太りになります。心臓はそれだけ水分の多くなった血液を身体にまわそうとするので、血圧を必要以上に高くしてがんばらなくてはいけません。そのため心臓や血管に大きな負担がかかることになるのです。また、血液も薄くなって貧血になってしまいます。
リンを制限する理由


●二次性副甲状腺機能亢進症の悪化⇒低Ca血症になります。
理由 С萓型のV.Dが欠乏      
腸からCaの吸収が低下します。
理由◆尿中へのPの排出低下
Pが体内に蓄積します。
※低Ca血症…Ca上昇作用をもつPTHの分泌が刺激される。
骨からCaが血中に流れ出る。

●異所性石灰化
骨、歯以外の組織にリン酸Caなどが沈着します。⇒動脈硬化、心血管合併症になります。
>>[16] こんにちは!急性腎不全でも今の腎臓稼働率によっては食事制限をしなくてはいけないかも、ですね!腎臓の数値が全て正常なら大丈夫とは思いますが、私は急性から慢性になったので食事制限と薬山ほど飲んでます(;_;)

ログインすると、残り5件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

糖尿病・腎臓病・高血圧の情報 更新情報

糖尿病・腎臓病・高血圧の情報のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。