ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 速記の学習 > トピック一覧 > 奈緒さん

速記の学習コミュの奈緒さん

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

小平奈緒「自信あった」
ジンクス破る
冬季五輪初の
日本代表主将金メダル

2018年02月18日(日) 22:17配信
スポニチアネックス

<スピード女子500メートル>
五輪新で優勝し、
日の丸を持って歓声に応える小平奈緒

◇平昌冬季五輪
スピードスケート女子500メートル
(2018年2月18日)

 小平奈緒(31=相沢病院)が
36秒94で
五輪新記録をマークし、
冬季五輪での
日本代表主将で初となる
金メダルを獲得した。

【写真】3連覇を逃し涙を流す李相花を抱きかかえる小平奈緒

 これまで冬季五輪で
日本選手団の主将となった選手は、
1960年スコーバレー大会の
アルペンスキー・猪谷千春をはじめ
15人が就任しているが、
主将となった選手が
金メダルを獲得したことが1度もなく、
前回のソチ大会での葛西紀明の
ジャンプ個人のラージヒルでの
銀メダルが最高順位。
メダル獲得も
葛西を含め2例だけと
結果を残せていなかった。

 また、
夏季五輪でも
2016年リオ五輪で主将を務めた吉田沙保里が
レスリング・フリースタイル
女子53kg級銀メダルを獲得したが、
これが1992年バルセロナ五輪の
柔道の古賀稔彦(金メダル)以来
6大会ぶりのメダル獲得だった。

 そんなジンクスを打ち破っての
価値ある金メダル。
小平は
「主将を任された時には周りから
『ジンクスがある』
とか
『金メダルは獲れない』
って言われたりもしたんですけど、
私は絶対、
500メートルは自信があるって
強い気持ちがあったので、
きょうはそれを示すことが出来てよかったです」
と胸を張った。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

速記の学習 更新情報

速記の学習のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済