ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > クロマチックハーモニカ > トピック一覧 > リードの上げ身について

クロマチックハーモニカコミュのリードの上げ身について

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

みなさん、こんにちは
いつも、拝見させていただいております。

今回、上げ身について、ご意見を伺いたいのですが、
64goldの上げ身を広めに調性して、チョット失敗したかなぁと思っていたのですが、そのまま練習していたら、以前より音が大きめでよくなるような気がしているのですが?

師匠がチョットためし吹きしてくださいましたら、よくなるねぇということで、初めてそうかなあぁと気が付きました。

現在のところ、空気抜けがおおいので、強めに吹きがちな自分にはあっているかなとおもいつつ、いつかはもとに戻さなければと考えてもおります。

しかし、どなたか上げ身を多めに設定して演奏している方がおられるのではと伺ってみる気になりました。

上げ身を大きくしようとおもった動機は、トゥーツモデルでしばらく練習しているときに、結構、強く吹いても反応が良く、この感覚を64goldでできないかなと思ったのでした。

以上、よろしくお願い申し上げます。

コメント(6)

上げ身は、

・少ない −吹き詰まる
・丁度よい - ○
・多い - スカスカする

で、出荷時のものが最適になっているとは限りません。
丁度よいの部分の許容量の幅はとても小さいので、そこをうまく調整してやると最高の鳴りが期待できます。お試しになったのは、ちょっと多目にしすぎたのかと思われます。

低音から高音にかけて上げ身の幅は単調減少するようになっていますので、そこを乱しているリードがあれば、必ず調整すべきリードだといえます。

最近、生徒さんの分、ネットでの依頼分などよく調整作業をやっておりますが、出荷段階のものを相当変えてあげないとよく鳴りません。
私もついこの間、自分のシルバーのリード調整失敗して慌てて再調整したところなのでひとこと。

おそらくはその人の奏法・・・息の量とか望む音、マイク使用の有無などによって、好みにはかなりの個人差があると思います。

息の量が多い人、大きな音を求める人は吹き詰まる(あるいは吸い詰まる)ことを避けるため「上げみ」を多めに取る必要があります。しかし当然のことながら広げ過ぎるとスカスカする・・・立ち上がり、特にppでの音の立ち上がりは悪くなります。

ま、ここらへんの調整は割と簡単なので自分で好みを見つけて調整するのも良いのではないでしょうか?ちなみに新しいリードとある程度使ってからのリード(へたったリード)でも調整具合が違ってきたりします。

私の場合は新品のリードプレートで(6)へ向けて下からグリッサンドで上ろうとしたら、2番から5番まですべて詰まってしまいました。で、広げすぎてスカスカに。ま、いつもこんなもんです。
>fuji-hさま
息の通る方向考えると、狭くなることはあっても広がることはないような気がしますが。

使い始めのリードが硬い気がするのは私だけ?
>ますみ様

使い古したものから新品に変わったときに、私はリスポンスのよさに驚くことがあります。そのうち同じになってしまいますが。これは、リードのへたりとかなじみとか、振動によって物理的な変化が起きるのだと思います。

大阪のT教室では上げ身調整したものをプレミアム価格で売ってくれるらしいです。複音では厚木のI先生が調整したものをプレミアム価格で売ってくれます。

私は、売った後で困る場合に有料で調整します。そのうち、調整済みのものを扱おうかなとは考えています。実際、新品でも調べてみるとかなりひどい状態です。これで食っていけるかな(笑)。
みなさん、ありがとうございます。
本当に上げ身は、微妙ながら鳴りに関連するとは思っていましたが、それぞれ工夫なさっていることが伺えました。

T教室でも、新品の在庫で、これは良く鳴るというものを選品しておりましたが、確かに新品の段階で鳴りがずいぶん違うものがありました。

トゥーツモデルでは、以外にも強く演奏してもレスポンスがいいので、これは木質ボディのせいかなぁと思っていたのですが、64goledで上げ身を調性してみて、これでもずいぶん鳴りが異なり、演奏した感覚が違ってくると思いました。

練習しながら、また、調整しながら自分の好みの上げ身を見つけたいと思います。基本としては、スカスカにならない程度で、弱い音もきちんと鳴る上げ身が理想ではと思っています。

音楽のダイナミズムがきちんと出せるレスポンスの上げ身ということでしょうか?ここを探してゆきたいと思います。

クロムさん、高音に向かって徐々に小さくなっていることが判り、調性の判断になりました。ありがとうございます。

fuki-hさん、わたしも最初、スカスカの上げ身にしてしまい、失敗してしまったかなと思ったのですが、管楽器のようにしばらく鳴らしていたら、楽器鳴りして落ち着くのではないかと思いました。そこで、しばらくそのままにしていますが、演奏が慣れてくるに従い、上げ身の再調整の感覚がすこしわかってきたような気がします。若干ですが、以前よりも演奏しやすくなっているのは、「ますみ」さまが指定してくださったように、広すぎたのが、狭くなってきたのでは?と思います。たぶん、りーどにかかっている力の負荷は、プレート側に押し付けられているのでしょうから、リードのへたりなどが起きてくると、プレート側にひっぱられて狭くなるのだと思います。ということは、若干広めでも、吹きこなすと、ある程度、いいところに収まる可能性があるような気がします。

また、上げ身を広げると、息の量が多くならざるを得ないし、音量が大きくなりますので、ボディカバーがびりびりするほど鳴ります。

ますみ様、実際に演奏しているかたの実感として、上げ身に苦労していることがわかりました。本当に、重要な調整であると思いました。演奏の個性もあるでしょうが、その人の音や演奏の好みで調整の必要な重要な部分であるということがわかっただけでも、参考になりました。すこしは、昔、アルトサックスをやったことがあるので、サックスのように思いっきり吹こうとすると、吹き詰まるのが変な感覚でしたが、トゥーツのハードバッパーは、この辺が息の通りがよく、強く吹いても詰まりがあまりないので、好んでいましたが、曲によっては64タイプの必要なので、上げ身に挑戦してみていました。ありがうございました。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

クロマチックハーモニカ 更新情報

クロマチックハーモニカのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。