ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ロックパーティ Catch the Sun > トピック一覧 > 【オススメバンド紹介】 Roa...

ロックパーティ Catch the Sunコミュの【オススメバンド紹介】 Road to キャッチアンセム

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

Catch the SunのDJ、スタッフ、参加してくれている皆さんで、
「これはオススメ!」ってバンド、ユニットなどを紹介しあってステキな音楽を共有していこうじゃぁありませんか、ってなトピです。

こんな音楽をキャッチで踊りたい!聴きたい!!なバンド、曲を新旧洋邦問わず紹介していきます。

キャッチだからこそ盛り上がれるようなキャッチアンセムを皆で作っていきましょう!

コメント(136)

ごきげんよう。サボってましたのでちょっと前のから紹介していきます。

■New Year's Day / Ash Avenue

昨年リリースのAsh Avenueというバンドです。
この曲を含め全体のサウンドとしてはパワーポップバンドだけどCollapseって曲はエモ好きな子にも受入れられるんじゃないかと思います。
The Morning Afterという曲が若干Jack PenateのGot My Favariteに似てて??ってなって聴き比べしてました。
ニヤリとするぐらいの似具合です。
マイスペで視聴できるのがCollapse含め6曲ありますがNew Year's DayやThe Morning Afterは出来ないので今度のキャッチにでもかけれたらと思ってます。

【myspace】
http://www.myspace.com/ashavenue
■Gold From Lead / Buen Chico

ボクもUKインディをたまには紹介します。
でもポップです。(笑)
他にも出てるものも良いのですがやっぱりこの曲が好きです。
結構いろんなところでかかってて耳にしたことある人がいると思いますが気になったけどこれだったのかって方がいたら嬉しいです。

【myspace】
http://www.myspace.com/buenchico

【YouTube】
http://www.youtube.com/watch?v=rHt2CveSXqE
■Girl In A Bric-a-brac Shop / The Brights

7インチEPやコンピCD"BRITISH INVASION"への参加で耳の早いUKロック・ファンの間で話題となっていたイギリスはエセックス州チェルムスフォード出身の4人組モッド・ギターポップ・バンド、THE BRIGHTS。
センチメンタルなメロディーを歌い上げる甘くもソウルフルなヴォーカル、ジョニー・マーを彷彿させる切なく哀愁感溢れる繊細なアルペジオ・ギター、そして疾走感とグルーヴ感に溢れるビートと、目を閉じるだけでイギリスの街の風景が現れてきそうな程メロウでスウィートな彼らの極上のポップ・ソングは全てのUKロック・ファンの心を鷲掴みにして大号泣させること必至です。

↑の紹介文はRimeout Recordings(http://www.rimeout.com)より引用。

ボクとTSURUくん一押しです!!
前回のキャッチでも2ndのLondon Belongs To Meをかけましたが紹介曲は1stです。
上にも書いてありますが本当にUKロック好きだけに納まらず、モッズ、ギターポップ、ネオアコ好きそれぞれにも幅広く受入れられてます。
知っている方もいるかと思いますが実はブライツが6月に来日します。
もちろん名古屋でもライブやります。6/13(金)上前津Club Zionです。
そこでボクとTSURUくんも参加します。
ということで宣伝混じりですが一押しには違いないです。

【myspace】
http://www.myspace.com/thebrights
区切りの100回目をコンチタ君に取られて号泣です。

■On My Own / Vincent Vincent And The Villains

ということでケンタマンが#95で紹介したJack Peateが広まりだした頃に出たのですが、正直似たり寄ったりな感じで出てきた印象が強かったのですが基本的に天邪鬼なのかJack Peate程世に出てない事が好きになってしまう。
もちろんどちらも好きですがね。


【myspace】
http://www.myspace.com/vvandthev
■The International Tweexcore Underground / Los Campesinos!

ボクの個人的印象ですがこういうのキャッチに良く合うと思います。
特にこうじ君が踊ってくれそう。
ちなみに曲名が長いので入力するのに半日かかりました。(ウソ)

【myspace】
http://www.myspace.com/loscampesinos
■Never Get Sick Of The Sea / Attic Lights

グラスゴーからのバンドです。
グラスゴーのバンドというだけで食いついてしまうあなたは正解です。
よい新人さんが出てきたと嬉しさの余りついついポテトチップスを食べてしまいます。

【myspace】
http://www.myspace.com/thoseatticlights
わたぼんのお勧め曲に両方胸キュンです。

Los Campesinos! はYOU ME DANCINGをかけたいなぁと思っております。
踊れるよね。この人たち。

ちなみにATTIC LIGHTをAMAZONで購入したら、
1週間以上こないんですけど・・・


キャッチ君胸キュンありがとう。(笑)
amazonでも海外だと2週間以上も覚悟した方が良いよ。

■On The Line / Small Sins

エレクトロなものも載せてみます。
前半まぁ・・・インターバルナ感じで聴いてます。
なぜならそれはサビでバーストする為なのですよ。

【myspace】
http://www.myspace.com/smallsins
■Tonight I Have To Leave It / Shout Out Louds

スウェーデン産です。
昨年Caitlynと並んで良く聴いた、かけた、かかってたけど紹介されてなかったから載せます。
もったいぶってた訳では決してありません。サボってただけです。

【myspace】
http://www.myspace.com/shoutoutlouds
【YouTube】
http://www.youtube.com/watch?v=4MVlPV7AF7k
■You Think You Can Dance? / Friends Of The Bride

ジャズ&ソウルテイストたっぷりなんですがロックパーティーでも十分踊れるこの曲にメロメロです。
かっこいいです。
YouTubeで途中ちょいキモイなはしゃぎがまた良いです。

【myspace】
http://www.myspace.com/friendsofthebride
【YouTube】
http://www.youtube.com/watch?v=QYOazxmPPVk
先日オススメ曲にあがってたthe Brightsめちゃめちゃかっこいいですね!
6月のライブに行けたらいいなぁ。
>コンチ太
懐メロ大会サンクス!
ボクも一歩進んで三歩下がる感じで更新していこうと考えてます。
実はMakin' Timeは最近知りました。というか繋がりました。
なのでボクにとってはかなりタイムリーです。やっぱりわかってるね〜笑


>なお丸。さん
ブライツに反応してくれて嬉しいです。ありがとうございます。
ぜひライブで観て欲しいです。楽しみですね。
■She Goes Out With Everybody / The Spongetones

ということで懐メロです。
本当は"Have You Ever Been Torn Apart?"という曲を紹介したいのですが音、映像共に見当たらないのでこちらを載せます。
個人的に名曲多数なのでおすすめを選ぶのが難しかった。
こんな懐かしいパワーポップのも良いでしょ?

【myspace】
http://www.myspace.com/spongetones
【YouTube】
http://www.youtube.com/watch?v=OhF8yi5J3kQ
http://www.youtube.com/watch?v=a4c2cfomxt0
■The Game / Hamdclaps and Harmonies

こういう感想が一番敬遠されるんですがこの曲含めて全曲いいです。
ジャケの写真の方々がバンド名そのままにハンドクラップとハーモニーで途中にラッパが入ってボクのストライクなパワーポップソング満載です。
はらっぱをスキップしながら聴いてみて下さい。決して走ってはいけません。

【myspace】
http://www.myspace.com/handclapsandharmonies
■I Hear This Music / The Tripwires

The Model RocketsやMinus 5で知られるJohn Ramberg(vocals/guitar)率いるパワーポップバンドThe Tripwires。
The Model Rocketsというだけで即効購入しましたがカントリーチックなパワーポップも入っていて最近のお気に入りです。

【myspace】
http://www.myspace.com/thetripwires
ご無沙汰してます。のんびりやっていきます。

■The Good Old Days / The Lodger


A Hero's Welcomeという曲もお薦めです!
イギリスはLeedsからの3人組のロジャー。
Brightsに続きこれまたTSURUくんと共に大プッシュしたいネオアコバンド。
といってもかなりポップな曲もあるので色んな人に聴き入れられてます。

7/18(金)にClub Zionで名古屋公演もお見逃し無く!!


【YouTube】
http://jp.youtube.com/watch?v=LGQ114DPvuY

【myspace】
http://www.myspace.com/thelodgerleeds
あぢぃー
キャッチクルーのフジロック班は楽しんでるかい?
ボクは独りで線香花火して楽しんでるよ!!近所から苦情も来てるよ!
そんな愉快な日にぴったんこ?な曲を、


■Don't Be Fool / The Nines

カナダのトロントのバンドです。
2002年頃に日本でもAir Maillさんから発売されたのを聴いて一瞬ではまったのを覚えてます。
出すの出すのどれも良いんですが昨年発売の"GRAN JUKLES FIELD"というアルバムがスペシャルグッドなんですよ。
?曲目"Don't Be A Fool" 、?曲目"I Am Lost" ?曲目"Eileen" は個人的にバーストチューン♪
?〜?は夕涼みしながら蚊に刺された時に聴きたいです。イライラがおさまります。痒みはおさまりません。結局…
?曲目"Find Our Way Back Home"は馬車に乗って出かける時聴くとピッタリです。ちなみに馬車には乗ったことありません。


【myspace】
http://www.myspace.com/ninespop
本日もう1曲紹介します。
ちょっと思い入れが強すぎて暑苦しく、空回りしてる文章ですが・・・
音源だけでも聴いて下さーい!



■So Much Better / Mike Viola

マイク ヴァイオラはニューヨークを在住のシンガー"ポップ"ソングライター。
Candy Butchersというバンドを知らない方でもトムハンクス初映画監督作品『that thing you do!(邦題:すべてをあなたに)』で主題歌でありタイトル曲のボーカルをしているのがマイクです!と言えば声だけは分かるという方はいると思います。
"that thing you do!"はFoutains Of Wayneのアダム シュレシンジャーと共作し、アカデミー賞にもノミネート。強烈にキャッチーでポップな名曲!

参考としてyoutubeより映画のワンシーン。「The Wonders - That Thing You Do!」と表題はなってますが歌ってるいるのが彼です。※出演はしてません。
http://jp.youtube.com/watch?v=fzllVlzzeuo

↑の曲聴いて更に「そうなんだー」って思う人がいると思います。

これを踏まえて、
オリジナルアルバムとしては3年ぶりとなるソロアルバム『Lurch(ラーチ)』からの曲。
このアルバム最初から最後までボクは大好きですが、特に
?曲目の"The Strawbwrry Blonde"が個人的には一番好きです。
このアルバム、オリジナル版は昨年末に自身のHPでのみ1000枚限定発売で即完売。
実はボクも数枚直接購入していて即、年始のCatch The Sunでかけて反応良かった何人かに配りました。
感想はもちろん良いコメントばかり。そりゃー知らない曲で反応するってことはストライクゾーンにすでに入ってるので気に入るに決まってますが(笑)

で、「気になったけど完売じゃー聴けないじゃん。」って思ってくれた方ありがとうございます。
そう、7/23(水)日本版リリースしました。
タワーレコード、HMV、TUTAYA、amazonなどで購入出来ます。
Foutains Of Wayne好きはもちろんWEEZER、Farrah,最近ならWellingtonsなど好きー!!って方には是非買って聴いて欲しいです。



【myspace】
http://www.myspace.com/mikeviola

【YouTube】
http://jp.youtube.com/results?search_query=mike+viola
■Mansard Roof / Vampire Weekend

家で7で"最近聴いてないの聴いてたらふと出てきた。
というか持ってたんだー。
確かにジャケ(写真とは違う)は買った覚えがある。
新譜を買ったときによくあるパターンとして試聴して気に入ったけど家帰って聴いたらなんか違うと感じ眠むる。

適当にレコード選んで聞いてたんですが、針を落としてイントロを聴いた瞬間「えっ!?」ってジャケット見直しました。(笑)
せっかくビックリしたので記念に紹介します。

まったく曲には触れてませんが聴いてみて下さい。笑

【myspace】
http://www.myspace.com/vampireweekend

【YouTube】
http://jp.youtube.com/watch?v=JlgNFwoApec
■The Remort Part / Idlewild

去年の4月に新譜、10月にベストが出ているちょっと懐かしいバンドIDLEWILDです。
名盤は他にもあるけれど、今日は2002年に出たこのアルバムを。

10年以上活動している彼らだけど、突出したブレイクがない一方で、
潮流に左右されないIDLEWILD節は根強いファンを獲得しているはずですわ。
まぁ、今っぽい音の要素はナシ。
無骨なギターロックや心底しみるいい曲が聴きたい方はぜひ。

このへんが無骨で↓
A Modern Way Of Letting Go
In Remote Part / Scottish Fiction
このへんがしみる↓
American English
Live In A Hiding Place

でも名盤として推すだけあってよい曲ばかりです。

【myspace】
http://www.myspace.com/idlewild

【YouTube】
http://jp.youtube.com/watch?v=QpYvsyxid28
鼻血の君↑、もう止まったかい?
血圧下がらん程度に出しとけ出しとけ。
今日も書いちゃおうかな。
流行の音楽もよいけど、ものすごい速さで進む音楽シーンを思うと、ちと古いモノ出してみたくなるのよねぇ。
語る間もなくスルーしたようなのをね。

■Bully / Sugarbomb
モロ、アメリカーンでパワーポップ!なヤツです。
でも若くて高い声のキャンキャンキャンという楽曲ではなく、
この人たちはこの時点で(2001年リリース)すでにオッサンです。
だからこそ、いい声いい曲として聴けるんだと思う。

マイスペで聴ける中では「Gone」がよいです。
「Hello」もいいけど、ベッタベタメロですぜ。
マイスペでは聴けないけど本当は「Clover」という曲がむっちゃいいです。
聴いたことない人は、キャッチDJにリクエストしたって下さいまし★

【myspace】
http://www.myspace.com/sugarbomber
ドモ、お初です。CATCHLOTUSです。
CATLOTUSさんはキャッチまで実家に帰ってるそうです。
今日も書いちゃおう(☆∀☆)

■Winner / Big Boss Man

今日はですねぇ、ファンクなお気にの一枚です。
ええと、2005年に出た彼らのセカンドです。
ハモンドオルガンのこにゃこにゃした音ってうきうきしません?
さらにボンゴで最強です。

軽いのにどこかあったかみを感じちゃうハモンドオルガンの音で
奏でられる曲のどれもが、悲しくも切なくもならずにゆるゆるできます。
いい具合にテンションがあがるのです。
音悪いけど、YouTubeに楽しそうなライヴの動画があったので貼っておこう。
生で見てみたいなぁ・・・。

マイスペで聴けるオススメは「KELVIN STARDUST」かな。
聴けないけど、歌モノでオススメは「COMPLICATED LADY」かなぁ。
おもちゃ箱のようなバラエティに富んだいいアルバムです。

【myspace】
http://www.myspace.com/bigbossmanmyspace

【YouTube】
http://jp.youtube.com/watch?v=y6wPMSypjKc
ね、眠い。
わぁ、もうほぼ朝ではないか!
でも今日はN2Bだよ!!
みんなダイアモンドであそぼーうぜい♪
http://mixi.jp/view_event.pl?id=34681083&comm_id=190690

■Timid Tiger & A Pile of Pipers / Timid Tiger

今日のオススメは06年発のヘンテコポップです。
ドイツのバンドです。
安っぽいと言ったら失礼だけど、チャチな感じが面白い。
今時のカッコいいエレクトロニカというわけではなくて
ひとつ間違えたら苦笑いされちゃうくらいのチャチさが
かえって味わい深いのがこのバンドの音のよさかな。

うん、実はこれかけて笑われたことがある。
どどどどどどどどどどどど動じてないけど。

どういう不具合か、マイスペでは「Combat Songs & Traffic Fights」が聴けぬ。
画像は粗いけど、YouTubeで見てみて。
ばきゅーん★が恥ずかしくもアガります。

ではまたみなさま今夜。

【myspace】
http://www.myspace.com/timidtiger

【YouTube】
Combat Songs & Traffic Fights
http://jp.youtube.com/watch?v=0utyyqjlP0k&feature=related
あたしはライヴが大好きです。
ライヴ先行で気に入ったバンドはやたら薦めます。
逆にライヴでガッカリというパターンもあるけどね。

ここ数年はフェスでお気に入りのバンドを見つけるのも楽しみのひとつ。
来年はT in the Parkを目指してまする。

■Where's your spirit man? / Kharma 45
そんなわけで今日は、07年のReading Festivalで見てよかったバンドをご紹介。
残念ながら、まだフルアルバムは出てないみたいだけど、
CDだとかろうじてこれが出てます。

マイスペに書いてある影響を受けたミュージシャンには、
Chemical brothers, Muse, Stone Roses, Tool, Bob Dylan,Prodigy,The Who,
The Mars Volta,Oasis,Sigur Ros
なんて書いてあるけど、Placebo好きな人にもオススメかも。
声の感じが似てて。
曲によってはPlaceboよりポップな気もするけどね。

マイスペではPVもあるので見てみてねン★

【myspace】
http://www.myspace.com/kharma45

N2B楽しかったなぁ。
これなかった人は、その鬱憤をキャッチで晴らしてね〜。
ここ何日か、一枚一枚オススメを刻んでおりますが、
ここ二日ほど、あたしのひざにはあざが刻まれているのであります。
ま、それはさておき今日はコチラ。

■The Space Waltz / The Man
05年リリースの彼らのデビューアルバムです。
1962で知られるGrass Showのピーターさんがメンバーってことで手にしたのだけど、
その期待を微塵も裏切らない名盤です。

もうねぇ、甘酸っぱくて胸キュンなポップソングに終始やられっぱなしです。
ウクレレの入った曲はのほーんとしてしまうし、
ほんのりさみしい曲にはじーんとしてしまうし、
けど一貫して言えるのは、コーラスがきれいってことです。

名盤という以上、オススメの曲を挙げたらキリがないけど、曲名だけいくつか。
・Mothership
・(Here Comes)The Highlight
・Chant It Like Mantra(Featuring Sofia Talvik)
・Summer Dies
・Looking For Action

で、こんな良質ポップに、音や動画がないんですよ。
あれこれ探した結果、1分弱の視聴レベルで申し訳ないのですが、
レーベルのサイトを掲載します。
http://www.philter.co.jp/artist.php?p[code]=ca_81
なんか、毎日自分の就寝時間を刻んでるみたいなわたしのオススメ紹介です。
今日は仮眠でおしまいだなぁ。

■stories from the research labs / Scapegoat Delu:xxe

オーストリアのバンドの99年リリースアルバムです。
これ出してから一年くらいで解散しちゃった(笑)
そのあとは、Starpilotsというバンドに変わったみたい。
今調べて知ったけど、去年そのバンドでアルバム出してるな。

うん、これはマンチェやニューウェイヴが好きな人にオススメ。
お歌がそんな感じ。
でも音はグッとチープなエレクトロポップ。
ペラペラしてるけど、時折ドキッとするものがある福袋アルバム。
福袋買ったことないけど。

Dummy@Disco
Audio Joint
Nothing Never Nowhere
この辺がいいかな。

で、かたじけないのだけど、やっぱり音源乏しく、こちらでガマン下さい。
http://blubb.at/sgdlabs/index_archive.html

参考にStarpilotsのYouTubeサイトも。
当然、同系統です。
http://jp.youtube.com/user/starpilots
■Popium / Popium
出し続けます、やや古いやつ。
いいものはいいんだ。
これは2001年か。
もう7年も前みたいだけど、2000年代というだけでやっぱ新しく感じますな。
やはり重要なのは十の位か。

ノルウェイのバンドpopiumのファーストです。
パワーポップが好きな人、北欧ポップが好きな人は当然ですが、
まぁハッピーな音が聴きたい方はどーうぞ。
ベタな音と分かってても、その惹きつける魅力には抗えませぬぞ。
オススメは「I Can't Get That Lovesong Outta My Head」
「Don't Get Sentimental On Dear」「All I Want」「Strut Your Stuff」かしら。
あたしはこのバンドで初めてEGGINGというレーベルを知りました。
かのfarrah、Grass Showなんかも出してるEGGINGです。

なんか新譜が去年出てるみたいだわね。
買わなくちゃ。

【YouTube】
Favourite Blunders
http://jp.youtube.com/watch?v=NGSneHhloA0
しまった、絵を忘れた。

■Bastinado / Wilt

本日の掘り出しはコレ。
2000年、アイルランド出身の3ピースバンドWiltのデビューアルバムです。
青春さわやかポップパンクってとこでしょうか。
だんだん表現に行き詰まりを感じてきました(笑)
誰か補足説明して・・・。

あたしの大好きなIdlewild, Soulwax, My Vitriolともツアーやってたみたい。
今はどうしてるんでしょうねぇ。

全体通して聴きやすい一枚だけど、「It's All Over Now」「Open Arms」
「Moving On」がスキだなー。

【myspace】
http://www.myspace.com/wiltireland

※注意
ページを開くとなんかへんなラジオっぽい音が鳴るものだから、どこから鳴るのだ!と思って
あちこち探したところ、9Liesさんが残したコメントにラジオがくっついて鳴ってる・・・。
こっちを停止にしてから聴いてみて下さいませ。
■Finelines / My Vitriol

昨日Wiltを書いてて、たまたまつながったMy Vitriolをば。
内緒にしてたけど、実はこれ大っっっ好きなんですよ。
轟音ギターがヤバいです。
ギターロック好き、シューゲ好き、そんな人にオススメかなぁ。
ポップ要素はないって言ってもいいかもね。

ライヴは2001年のReading Festivalでしか見たことないんだけど、
その一度が、未だ破られぬわたし史上最高のライヴです。

当時は若かったので、やんちゃにダイヴしちゃって周りに迷惑掛けてたけど、
かきむしるギターの音に、正にもうトランス状態で・・・。
全身で音を浴びて得たエネルギーを跳ね踊って与え返す。
それでも納まりきらないとダイヴしてしまう。
その繰り返し。
一回のライヴであれだけ身を投げたこともないな。
そんくらい、エネルギッシュなライヴだったんですよ。

直前からお酒飲まずに我慢してたのに(=しらふ)、興奮しすぎで
ライヴ終わったのにしばし気付かず茫然自失で突っ立ってたみたい。

そんなこの一枚のオススメの曲はこれだー★
「Always: Your Way」「Grounded」「Infantile」「Tongue Tied」「Losing Touch」

【myspace】
www.myspace.com/myvitriol
「Always: Your Way」はPV映像でお楽しみあれ。
先週はキャッチ楽しかったですね★
例によって、またナゾのあざを増やした私です。
残念ながらこれなかったみなさま、次回をお楽しみに〜。
さてと、ちょっと久しぶりにオススメ行ってみようヽ(´∀`)9

■Universe in Reverse / Infadels

今年の6月に出たInfadelsのセカンドです。
1stからすると、随分エレクトロ要素が減ってることにびっくり。
エレクトロを抑えているというより、よりキャッチーにロックに進化して、
メロディーラインがはっきりした曲が多くなったなぁ。
たまにキラキラして、たまにゴリゴリして、踊ってくれといわんばかり。
なんかKillersみたいかも。

オススメは「Circus of the Mad」「Make Mistakes」「Play Blind」
「Free Things for Poor People」「Chemical Girlfriend」。
ちなみにこのバンドもライヴ先行で知ったのだけど、かなりライヴ楽しいです!
マイスペでLowlandsというオランダのフェスで今年プレイした時の様子が垣間見れます。
いいなぁ★

【myspace】
http://www.myspace.com/infadels
■Autumn of the Seraphs / Pinback

ザックさんとロブさんという二人の最高のミュージシャンを擁する
アメリカはサンディエゴのバンドです。
過去のどのアルバムも本当にいいものばかりなんだけど、
何を血迷ったか、去年の今頃出された新譜のジャケットセンスが
おダサいものだから、なんとか擁護したくてこのアルバムをチョイス。

ジャケットはこんなにメタル・ハードロックなんだけど、
相変わらずの透き通ったボーカルに浮遊感のあるメロディー。
踊れる華やかさがあるわけではなく、暗いといえば暗いけど、
なんか慰められるような優しさを感じてしまう音楽なのですよ。
あと力強さも。

オススメは全部なんだけど、強いて言うなら「From Nothing to Nowhere」
「Barnes」「Good to Sea」「Subbin for Eden」「Torch」。
以下でぜひ合わせて旧譜の曲も聴いてみて下さい。

【myspace】
http://www.myspace.com/pinback

【last.fm】
http://www.last.fm/music/Pinback
■Medication For A Lost Generation / The Wilson Hospital

どうでもいい話なんですが、今年の夏にウチのPCがイカれまして、
外付けHDDに入れていた音楽データが一斉に吹き飛びましてね。
そのときは呆然としたものですが、いっそのことウチにあるCDを全部
Aから順番に入れてみようと気を取り直しました。
でも、のろのろしてたら今日までかかりました。

記念すべき今日の最後のW〜Zの作業の中で思い出した素敵な一枚をご紹介。
03年発スウェーデンの男女ユニットThe Wilson Hospitalの一枚です。
すごく甘酸っぱくて、胸キュンポップです。

株価は下がる、物価は上がる、気候は秋から冬へと向かう。
そんな現実世界で聞くネガティヴ要素はそっちのけ、
どうでもよくなっちゃう明るさとあたたかみを感じられます。
まぁ、本当は春に聴くのが一番しっくりくるのかもしれないけどね。
ホッと一息つきたくなったら、聴いてみて下さい。

オススメは「Call me A.S.A.P」「Summer Holiday」「I'm Be Around」。
前2つは以下でどうぞ。

【myspace】
http://www.myspace.com/thewilsonhospital

ログインすると、残り104件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ロックパーティ Catch the Sun 更新情報

ロックパーティ Catch the Sunのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング