ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > 岸が帰ってくる!25日の日本ハ...

イーグルスファンコミュの岸が帰ってくる!25日の日本ハム戦で復帰&【山村宏樹・一発解投】楽天の躍進支える松井の高速スライダー&由規、夏前に実戦登板も 孤独なリハビリ「頼れるなら頼ろう」故郷に戻り変化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

野球20日予告先発野球

楽天美馬学−オリックス東明大貴(楽天生命パーク=午後時計14時)


野球オコエがガンダムコラボ企画が行われる19日からのオリックス3連戦に気合野球


ガンダムコラボ オコエ、行きま〜す! オコエが18日、ガンダムとのコラボ企画が開催される

19日から行われるオリックス3連戦(楽天生命)での打棒爆発とレギュラー奪取を誓った。

オコエは今季、4年目で初めて開幕スタメンに名を連ね、同2戦目の3月30日の

ロッテ戦(ZOZO)では、右越えに決勝1号2ランを放った。その後は、

ドラフト1位ルーキー・辰巳と併用されながら、ここまで9試合に出場(うちスタメン8試合)。

俊足を生かした守備と走塁で輝きを放つ一方で、オフから磨いてきた打撃は、打率1割8分5厘止まり。

バットでのアピールが求められる立場となっている。

それでも、16日に調整出場したイースタン・日本ハム戦(泉中央)では、左越えアーチを放つなど

2安打2打点。3試合ぶりにスタメンで出場した17日の西武戦(楽天生命)でも2安打2打点。

「結果は出てないけど、感じは本当にいいぐらいなんですよ」と表情は明るい。

 そして、このオリックス戦だ。ガンダム40周年と楽天の球団創設15周年を記念して、

コラボガンプラ(ガンダム)付きチケットが販売されるなど数々のコラボ企画が行われるが、

ガンダムと言えば、主人公はアムロ・レイだ。アムロ・レイとオコエ・ルイ―。

不思議な縁を感じずにはいられない。

オコエも「守備と走塁は1年目から自信を持ってやってきた。課題はバッティング。

打球の速度は出てるし、タイミングだったりちょっとしたことで一気に打てるようになる感じはあります。

このオリックスで打ってアピールしたいですね」と気合十分だ。

平石監督も「状態はものすごくいいと思ってます。この1週間から10日ぐらいは、オープン戦の

よかった頃と遜色ない」とブレイクに期待を抱いている。


野球【山村宏樹・一発解投】楽天の躍進支える松井の高速スライダー野球

開幕から16試合を戦って、10勝5敗1分け。イーグルスが好調です。登録メンバーの枠が1人増えて

29人になったこと。

4月は6連戦が1度しかないなど、日程面も味方していると思います。様々な要因はありますが、

岸と則本昂という2枚看板を欠いた中、投手陣の踏ん張りが本当に大きいと思います。

 美馬や辛島、福井といった先発投手の頑張りも見逃せませんが、中継ぎ陣の奮闘が光っています。

中でも、松井を抑えとして固定できたことが大きいですね。

 松井は昨年、チェンジアップを決め球として使っていた。でも僕はずっと前から、

本人にもっとスライダーを増やした方がいいと伝えていました。直球とスライダーは、ボールを

長く持って投げます。でも、チェンジアップは長く持たない。

更に、チェンジアップは腕を振るのではなく、腕を抜くような感覚。

僕は腕を振っていかないとダメだと思っていました。

今季改良を加えたスライダーは、今までより曲がりの幅は小さくなりましたが、打者にとっては嫌な球。

130キロ前半の球速があって、あれだけ曲がる球は厄介ですね。

17日の西武戦では無死満塁のピンチから、山川、森をともにスライダーで空振り三振に仕留めた。

実際に決め球として使えているし、スライダーを多く投げていることで、直球にも好影響がある。

ボールの質が昨年とは全然違います。

一番最後が松井と決まっているから、リリーバーたちも楽な気持ちで投げられる。

8回なら、青山、宋、ハーマンというように、誰が投げても遜色ない投手がそろっています。

延長10回、サヨナラ勝ちした16日の西武戦は先発した辛島が5回までを投げ、6回を青山、

7回を宋、8回ハーマンとつないで、9回に松井が登場。

10回には高梨がマウンドに上がりましたが、ベンチにはまだ石橋や森原といった投手が残っていた。

この層の厚さも、好調のチームを支えていると思います。





野球岸が帰ってくる!25日の日本ハム戦で復帰野球

左太もも裏痛が回復した楽天・岸が、25日の日本ハム戦(札幌D)で復帰することが決定的になった。

前日(17日)に捕手を座らせた投球練習を再開し、この日の楽天生命パークでの全体練習では

投内連係も軽やかにこなした。平石監督は「まったく問題ない。

むしろ、動けすぎて勢い余ってる感じだった。タカ(岸)の復帰は、みんなが待ち望んでるし、

本当に大きい」と上機嫌。調整登板はせず、まずは90球程度の球数制限を設けて臨む予定。





野球由規、夏前に実戦登板も 孤独なリハビリ「頼れるなら頼ろう」故郷に戻り変化野球


右肩故障からリハビリ中の東北楽天の由規が、順調にいけば夏前に実戦登板できる可能性が

出てきた。「急にジャンプすることはできない。

でも、もたもたもしていられない」。焦る気持ちを抑えながら黙々と練習に励んでいる。

16日、仙台市のウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で両翼のポール間をランニングする

由規の姿があった。


<増える引き出し>

「肩の状態はいいです」。痛みを抱えていた右肩は、ブルペンで捕手を座らせて60〜70球ほど

投げられるまでに回復した。右肩を無意識にかばわないようにするため、キャンプ前に導入した傾斜の

低い方から高い方に踏み込んでのネットスローは今も続けている。

投球練習ができるようになり、両太ももや臀部(でんぶ)にやや強い張りを感じているという。

「今まで使っていなかった箇所が張りとなって出てきたのだと思う。これまでも多少はあった」と

深刻な状況ではなさそうだ。

故郷仙台に戻って半年近くが経過し新たな引き出しが増えてきた。特に「末端の感覚」に

意識が向けられるようになったのが大きい。

「今までは大きな筋肉だけを気にしていたが、いろいろな人に聞いて、指先や足先の感覚まで

気にするようになった」

心境の変化もあった。「リハビリは孤独で、自分で何とかしないといけないという気持ちが強かったが、

今は頼れるなら頼ろうという意識になった」と話す。

<仲間の存在励み>

共にファームでリハビリに取り組む則本昂や塩見の存在も励みとなっている。

「誰が一歩先に進んだとか、刺激し合っている。学ぶべき所がたくさんある。

野球と関係ない雑談も面白い」と笑みを浮かべる。

「状態が上がったり下がったりするのは想定内。むしろ良い感覚が増えている」と充実感を漂わす。

復活を懸けるマウンドが着々と近づいている。


野球楽天育成中村3安打アピール 大阪桐蔭時代ベンチ外野球

<イースタン・リーグ:楽天5−1日本ハム>◇18日◇ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉


高校野球の名門・大阪桐蔭出身の「雑草」が、支配下登録へ猛アピールを見せた。

楽天育成の2年目中村和希外野手(23)が、日本ハム戦で3安打1四球、初の猛打賞と大暴れ。

2回裏1死一塁では、フルカウントから走者がスタートしたことで空いた三遊間を破る技ありの一打。

4回裏2死一塁では、フルスイングから右前に。8回裏は左対左の対戦ながら巧みにバットを合わせ

中前打を放った。

昨年はファーム10試合で9打数1安打とプロの厳しさを味わった。

「大卒育成なので長い目で見てもらえない。今年が勝負だと思っています」と自主トレからバットを

振り込んできた。栗原打撃コーチも「久しぶりのスタメンなのにバタバタせずボールを見極めていた。

ヒットだけではなく、見逃し方がすごいよかった。体もできてきて、キャンプからバットが振れていた」と

評価した。

中学時代の生駒ボーイズ(奈良)で日本少年野球選手権で優勝、ジャイアンツカップ8強など、

輝かしい経歴をひっさげ大阪桐蔭に進学した。しかし、全国から集まった猛者たちの中では輝きを

放てなかった。

「正直、こんなすごいやつらとやっていけるのかなという感じだった」。ベンチ入りは3年の春季

大阪府大会のみ。

在学中にチームは4度、甲子園に出場。2年時に先輩の阪神藤浪、同級生の西武森らで達成した

春夏連覇も、喜びと悔しさが入り交じった複雑な思いでスタンドから見つめていた。

それでもプロを諦めなかった。「桐蔭で出られなかったから『もういいや』とはならなかった」。

天理大に進学すると、持ち前の力強い打撃を磨き評価を上げた。

三木2軍監督は「左であれだけ引っ張れるし、状況を見た打撃もできる。育成だといいところを

見せようとどうしても力んでしまうが、そうならずにしっかり結果を出してくれた。

安心、慢心、余裕を持たないでも努力を続けてほしい」とさらなる成長に期待をかける。

同じ173センチと小柄ながらフルスイングが代名詞のオリックス吉田正に憧れる。

背番号は吉田プラス100だが、まずは1日も早い2ケタを目指す。前日まで西武森が1軍戦で仙台を

訪れていたが、連絡をとらなかった。「向こうも忙しいだろうし、どうせ年末の忘年会とかで会えますし」と

今は自分のことだけに集中している。そして「まだ今日だけですから。これに満足せず毎日

やっていきたい」。

スター軍団の先輩、同級生、後輩たちと同じ舞台に立つ日を夢見て、愚直にまい進する。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。