ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > 「風化させない」…楽天ナインが...

イーグルスファンコミュの「風化させない」…楽天ナインが背負う「東北の象徴」であり続ける使命

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

野球田中 21日実戦復帰も「開幕スタメンを目指している」 野球

右足首を捻挫していた楽天・田中が、早ければ21日のソフトバンク戦で実戦復帰する可能性が

出てきた。1日の台湾・ラミゴ(台北)との親善試合の守備で負傷。

12日から1軍に合流した。静岡・草薙で行われた全体練習は全メニューをこなし、

平石監督は「(20日の)練習での動きを見て判断する。早ければ21日で使うかもしれない」と

明言した。

昨季は新人王を獲得し、今季は全試合出場という目標を掲げる。

コンディションに問題がなければ、開幕スタメンの「1番・中堅」の本命だ。想定よりも早い回復で

「開幕スタメンを目指している。3週間も実戦から離れているので、試合に出られる状態だというところを

見てもらいたい」と意欲を口にした。 




野球辰己が門出卒業式も開幕スタメンアピール集中野球


辰己が、学生最後の日も開幕スタメンへのアピールに集中する。

ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)が控える20日は、京都府内で立命大の卒業式も行われる。

「学校からは『ぜひ出席してほしい』とのことだったんですが…」。

ここまでオープン戦打率3割3分3厘と奮闘。門出の感傷に浸ることなく、サバイバルを勝ち抜く決意だ。



野球「風化させない」…楽天ナインが背負う「東北の象徴」であり続ける使命 野球


2011年3月11日、午後2時46分。当時、福島支局に勤務していた記者にとって、8年前の未曾有の

災害は決して忘れることのできない記憶だ。楽天担当になって初めて迎えた「3・11」。

楽天にとって「特別な日」であり、取材を通じて数多くのチーム関係者の熱い思いに触れた。

今季から主将を務め銀次は岩手県出身だ。「もう8年も経ったのかなと…。

東北の球団として、まだまだ出来ることはたくさんあると思う。

3月11日だけではなく、全員が心のどこかで忘れることなく野球をやっていかなければいけない」。

震災への思いを語り始めると、口ぶりはどんどん熱を帯びていった。

それには理由がある。月日が流れ、当時も現役でプレーしていた選手は数少なくなっている。

今季から主将に就任し、チームリーダーとして「これから入団してくる選手に、

しっかり伝えていかなければいけない」と言葉に力を込めた。

楽天一筋の平石監督も当時は現役の選手で「震災が起きてから今まで、何一つ気持ちは

変わっていない。

風化させていけないし、仙台に拠点を置く球団として、野球を通じて何かを感じてもらえるような

プレーをしなければいけない」と話す。

将来の4番候補として期待される内田は福島県のいわき市出身で、震災発生時は中学3年生だった。

中学校の卒業式が終わり、クラスメートたちと公園で集まっているタイミングで震災が発生した。

「今はこうやって東北の球団でプレーさせてもらっている。まだまだ苦労されている方も多い。

風化させないためにも、地元出身として何が出来るのか。まずはしっかり期待に応えて、

チームのリーグ優勝と日本一に貢献したい」。

13年の歓喜を経験していないだけに、地元に笑顔を届けたいという思いは強い。

今もユニホームの袖には「がんばろう東北」のワッペンがつけられている。

多くの選手が「どんな時でも下を向かずにプレーすることが大事」と口をそろえる。

開幕まであと10日。楽天ナインは立場や世代を超えて「東北の象徴」であり続けるという使命を

背負いながら、最下位からの巻き返しを狙うシーズンに挑む。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済