ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > 新主将の銀次が連日の早出特打ち...

イーグルスファンコミュの新主将の銀次が連日の早出特打ち 「金森理論」習得にチャレンジ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

野球新主将の銀次が連日の早出特打ち 「金森理論」習得にチャレンジ野球

今季から主将に就任した銀次が3日、久米島キャンプで連日の早出特打ちを敢行。

金森打撃チーフコーチが提唱する「金森理論」の習得に励んでいる。

「金森理論」とは、ボールを引きつけて、腰を中心とした下半身主導でスイングする打法。

脇を締めて腕を伸ばさずに打つことで、打球に多くの力を伝えられるだけでなく、

ボール球を見極めやすく、好球必打が可能になる。西武コーチ時代に和田、カブレラら、

ダイエー時代には井口、城島ら、ロッテ時代にも井口、西岡ら、スラッガーだけでなく好打者タイプまで、

数々の一流打者を育てている。

この日も、室内練習場でボールをじっくりと引きつけて打ち返すことを繰り返した

銀次は「こういう打ち方もあるんだということを教わってるところです。これを教わることで、

自分の引き出しも増えるし、レベルアップもできるはず。

自分の打ち方と、金森さんの打ち方をミックスして、よりよいバッティングを作り上げれば」と話し、

足早にメイン球場に移動。全体練習の開始に備えた。


野球銀次が吟じた!? イベントで詩吟に挑戦野球


今季から主将に就任した銀次が3日、詩吟に挑戦した。その名にちなんで、

パシフィックリーグマーケティングとパ・リーグの公式スポンサー「パーソルキャリア」が企画した

「銀次バイト」に応募してきたファン2人とともに、美声を久米島の青空に響かせた!?

この日の練習終了後、銀次は着物をまとって詩吟の師匠の格好で登場。

まず、男性ファンが「銀地選手が〜 持ってる〜 一番高い時計ほしい〜!」と吟じると、

銀次は「素晴らしい!」とひと言。次に、女性ファンが「銀次選手が大好きで応募した〜 

初代のタオルも持ってる〜でもマイヒーローは山崎選手〜!」と吟じると、ファンと一緒に

見守っていた山崎を指さし、「いるじゃん、そこに!」と不満げなリアクションを見せた。

その後、銀次自ら吟じる番となったが、「僕は2人みたいには歌わないです」と、まさかの“吟じ”ず。

「釣りに行けば、いつも大量、今年は打点も大量、打点王!」と淡々と読み上げた。

集まったファンの間に微妙な空気が流れたが、「こういうふうになるように、今年は頑張ります。

打点王までは行かないまでも、いいところで打点を稼げるように頑張ります」と決意表明。

ようやく大きな拍手がわき起こった。




野球松井、不動の守護神へカーブ導入 先発でヒント「勇気がいるけど」 野球


守護神争いを勝ち抜くため、新たな武器を磨く。楽天・松井が2日連続でブルペン入り。

57球を投げたが、宝刀のスライダーとチェンジアップは封印して直球とカーブのみだった。

「試合でも使いたいので、精度を上げていきたい」。カーブを多投するクローザーは珍しいが、

投球の幅を広げる球種として習得を目指している。

昨季終盤の先発起用からヒントを得た。カーブを織り交ぜることで、打ち取るバリエーションが

増えることを実感した。「緩い球は勇気がいるけど、有利なカウントをつくるために初球から使えれば」。

ハーマンや新外国人・ブセニッツとともに抑え候補に挙げられる。

「良い形で投げられれば点を取られない自信はある」。緩急を駆使する新スタイルを確立し、

望む仕事場に座る。


野球藤平「自覚ある」先発ローテ入りへフォーム模索野球


プロ3年目右腕・藤平が先発ローテ入りに挑む。

岸、則本の2本柱に続く競争は激化中。「自主トレでやってきたことをアピールすることもそうですし、

プロデュース力も問われる。キャンプで結果を出して、先発3番手をつかみたい。

その自覚はあります」と強い決意を示した。連日のブルペン入り。午前は佐藤義則コーチから

左足の踏み出す位置などの指導を受け、午後は伊藤智仁コーチからフォームのバランスなどを

助言された。首脳陣からの期待も高く「良い軌道で強いボールが投げられるかが一番大事」と模索中。

150キロ超の速球の安定感を増し、初の2ケタ勝利にもつなげる。



野球楽天8位鈴木「良い緊張感」嶋とのバッテリー初体験野球

楽天ドラフト8位の鈴木翔天投手が、ブルペンで嶋とのバッテリーを初体験した。

途中から嶋がミットを構え、最速144キロの直球を全力投球。

「良い緊張感。どんな球でも良い音でとってくれて気持ちが良かったし、うれしかった」と笑顔。

左肘痛からの完全復活へ「今はバランスを意識しています」と開幕1軍にアピールを続ける。


野球楽天、守護神争いゴング!新助っ投ブセニッツvs松井vsハーマン野球

楽天春季キャンプ(2日、沖縄・久米島)楽天の沖縄・久米島キャンプで2日、守護神争いが勃発した。

新外国人アラン・ブセニッツ投手が来日初となるブルペンで、捕手を座らせて25球を投げた。

「1回目にしては直球とカーブが非常によかった。もう少しチェンジアップの精度を上げたい」

この新助っ人と入れ違いで松井が2日連続のブルペンで57球投げた。

「調子はいい。昨年つまずいたので、やり返したい気持ちが強い」と気合。

ハーマンとの三つどもえの抑え争いに闘志を見せた。

ブセニッツは前日1日、辛島らと選手宿舎近くの飲食店で会食。

「あんなにおいしいサーモンを食べたのは初めて」と、日本の文化と習慣も理解し、

チームに溶け込もうと必死だ。

平石監督は「ブセニッツは球も来ていたし制球もよかった。

松井は抑えをやりたい気持ちが誰よりも強いはず」と説明。熱戦のゴングが鳴った。


野球【楽天】久米島キャンプで新外国人候補をテスト 元メジャー内野手のヒメネス野球

楽天は3日、久米島キャンプでドミニカ共和国出身のルイス・ヒメネス内野手(31)=185センチ、

92キロ、右投右打=の入団テストを行うと発表した。3〜6日は2軍(仲里野球場)、

7、8日は1軍(久米島野球場)に参加する。

 ヒメネスは三塁が本職で、一塁なども守る内野手。メジャーではエンゼルス、ブルワーズ、

レッドソックスで通算68試合に出場し、打率2割1分7厘、0本塁打、7打点。

昨季はメキシカンリーグでプレーしていた。

 一、三塁を守る今江が右目の不調でキャンプに不参加とあって、補強ポイントに合致する

形となったが、石井GMは「あくまで、外国人選手のバックアップとして。

シーズンが始まって、何が起こるか分からないし、何かが起きてからでは、ビザの取得などで

時間がかかわるので早めに、ということ」と説明。獲得を前提としたテストということになりそうだ。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済