ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > デジブラ・デーリー画像 > トピック一覧 > 2019年5月1日(水)

デジブラ・デーリー画像コミュの2019年5月1日(水)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2019年5月1日(水)小雨14.5℃〜17.9℃
今日から令和ですが、令和は雨のスタートに成りました。

芽ニセアカシア(Robinia pseudoacacia)
別名、ハリエンジュ(針槐)
マメ科 ハリエンジュ属 花期、5〜6月 樹高、15m
ニセアカシヤは房アカシヤとよく間違われるところから。夜葉を閉じ槐(えんじゅ)に似た木で、刺 あり「針槐」になった。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 新金岡

コメント(25)

芽ベニバナハリエンジュ(Robinia hispida)
別名、ハナアカシア
マメ科 ハリエンジュ属 花期、5〜6月 樹高、2〜10m
ハリエンジュの仲間で、花は紅色の蝶形花、花序軸から萼にかけて剛毛(細い棘状)が密生している。
撮影編集日:2019年4月29日 場所:大阪市 長居公園
芽アズキナシ(小豆梨)(Sorbus alnifolia)
バラ科 ナナカマド属 花期、4〜6月 樹高、10〜15m
北海道〜九州まで分布し、ナナカマドに似た花径、1〜1.5mmの白い花を付け、果実は10〜11月ごろ梨状果で小さい実をつける。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
芽アベリア・グランディフローラ(Abelia × grandiflora)
別名、ハナゾノウクバネウツギ(花衝羽根空木)、ツクバネウツギ
スイカズラ科 ツクバネウツギ属 花期、6〜10月 樹高、1〜1.5m
アベリアの仲間で東南アジアや、メキシコに生息する低木。キネンシス種とユニフローラ種を交配した園芸種。枝先に花径2冂度の釣鐘状の花を房状に咲かせます。
撮影編集日:2018年5月1日 場所:大阪府堺市 長曾根
芽カナメモチ(要黐) (Photinia glabra)
別名、(赤芽黐)、(紅要黐)
バラ科 カナメモチ属 花期、5〜6月 樹高、5〜10m
新芽の赤味が強いものをベニカナメモチと呼びます。5弁の小花が枝先に出る散房状花序に沢山つけます。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 大仙公園
芽ベニカナメモチ(紅要黐) (Photinia glabra)
別名、アカメモチ(赤芽黐)
バラ科 カナメモチ属 花期、5〜6月 樹高、5〜10m
新芽の赤味が強いものをベニカナメモチと呼びます。5弁の小花が枝先に出る散房状花序に沢山つけます。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップコンボルブルス・クネオルム(Convolvulus cneorum)
別名、コンボルブルス・ニーオウム
ヒルガオ科 サンシキヒルガオ属 花期、5〜8月 草丈、20〜40cm
クネオルムは常緑多年草で、花径、3〜4cm程で花色は純白で中心部が少し黄色。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップコンボルブルス・サバティウス(Convolvulus sabatius)
別名、西洋ヒルガオ、ブルーカーペット
ヒルガオ科 サンシキヒルガオ属 花期、4〜7月 草丈、20〜40cm
サバティウスは宿根草で、花径、2cm程で淡青紫色の花。花は昼開き夜や雨天は閉じる。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
芽タラヨウ(多羅葉)(Ilex latifolia) 雄花
モチノキ科 モチノキ属 花期、5〜6月 樹高、10〜20m
葉の裏に傷を付けると黒く成り文字が書ける、11月ごろ果実が赤く熟す。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪市 長居公園
芽タラヨウ(多羅葉)(Ilex latifolia) 雌花
モチノキ科 モチノキ属 花期、5〜6月 樹高、10〜20m
葉の裏に傷を付けると黒く成り文字が書ける、11月ごろ果実が赤く熟す。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪市 長居公園
芽オオムラサキツツジ(大紫躑躅) (Rhododendron hirado azarea hybrids)
花名、ヒラドツツジ(平戸躑躅)
ツツジ科 ツツジ属 花期、4〜5月 樹高、1〜3m
長崎県平戸で栽培される、モチツツジ、キシツツジなどの交配繰り返されて出来た、花径5〜6cm、花色、白、桃、薄桃色。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップツボサンゴ(壷珊瑚)(Heuchera)
ユキノシタ科 ホイヘラ属 花期、4〜6月 草丈、30〜60cm
北米原産で花形が壷、花色を海の珊瑚に見立てこの名。花径、7mm程で、花色は、赤、桃、白、黄色。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
クローバーツメクサ(爪草)(S.maxima)
ナデシコ科 ツメクサ属 花期、4〜8月 草丈、5〜20cm
ツメクサの葉が鳥の爪のように見えることによる為。 また、同じツメクサでも白詰草はマメ科、こちらは爪の草と書く。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 新金岡
芽トチノキ(栃の木)(Aesculus turbinata)
トチノキ科 トチノキ属 花期5〜6月 樹高、20〜30m
葉が大きくローソク状に白い花が咲く、赤い花の紅花栃の木もある。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 大仙公園
芽ベニバナトチノキ(紅花栃の木)(Aesculus carnea)
トチノキ科 トチノキ属 花期、5〜6月 樹高、10〜15m
花穂径、15〜20cmの紅色の花を咲かせます。花の形がローソクに似ているのでキャンドルツリーとも言われている。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップヒヨドリバナ(鵯花)(Eupatorium chinense)
キク科 フジバカマ属 花期、8〜10月 草丈、1〜2m
北海道〜九州の山野に生え、ヒヨドリの鳴く頃に花が咲くのでこの名がある。花は白色で筒状の頭花。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 南三国ヶ丘
チューリップユキノシタ(雪ノ下)(Saxifraga stolonifera)
ユキノシタ科 ユキノシタ属  花期、5〜7月 草丈、10cm
花径、3cm花弁の下向きの2枚が長い、短い上の花弁に模様がある、白い舌状の花形から「雪の舌」が変じて「雪の下」、の説もある。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップロベリア・エルヌス(Lobelia erinus)
別名、ルリチョウソウ、瑠璃桔梗、瑠璃溝隠
キキョウ科 ロベリア属 花期、4〜7月 草丈、15〜20cm
南ア原産、花径、約18mmで色は青、青紫、紺青、赤紫、桃、白など。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップロベリア・エルヌス(Lobelia erinus)
別名、ルリチョウソウ、瑠璃桔梗、瑠璃溝隠
キキョウ科 ロベリア属 花期、4〜7月 草丈、15〜20cm
南ア原産、花径、約18mmで色は青、青紫、紺青、赤紫、桃、白など。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
芽ワックスフラワー(Chamaelaucium)
花名、パープルブライド
フトモモ科 カメラウキウム属 花期、2〜5月 樹高、40〜200cm
オーストラリア原産、花ビラや、中央部分がピカピカでワックスをかけたようなところから付いた名。似た花に、ギョリュウバイ(御柳梅)が有ります。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップワトソニア(Watsonia)
別名、ヒオウギズイセン(檜扇水仙)
アヤメ科 ワトソニア属 花期、4〜6月 樹高、30〜100cm
南アフリカ原産、植物学者のワトソンの名にちなんでの名。原種が50種以上あり、グラジオラスに似ている花。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 長曾根
チューリップワトソニア(Watsonia)
別名、ヒオウギズイセン(檜扇水仙)
アヤメ科 ワトソニア属 花期、4〜6月 樹高、30〜100cm
南アフリカ原産、植物学者のワトソンの名にちなんでの名。原種が50種以上あり、グラジオラスに似ている花。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 長曾根
ペンギンアオサギ(蒼鷺)(Ardea cinerea)
コウノトリ目 サギ科 全長、90〜98cm
特徴:頭の先端は白色で、額の両側から目の上を通り後頭部で一つになる黒い帯状の冠羽があり、背は青灰色で、肩羽は伸びて飾り羽となり淡い灰色をしている。翼の大部分は青灰色で一部が白い。頸(くび)の中央には数本の黒い縦筋がある。腹部は白く、脇にも数本の太く黒い線がある。嘴と足は黄色である。
分布:日本では、北海道、本州、四国、対馬で繁殖する。北海道では夏鳥、本州・四国では留鳥か漂鳥、九州以南では冬鳥である。関東平野には少ない。
生息地:湿地、河川敷、湖、沼、農耕地などに見られる。水辺の樹上で休むことが多い。夕方は川の中州などに集まって眠る。
採餌:待ち伏せや歩いたりして魚を捕らえる。昆虫、両生類、甲殻類、小哺乳類も食べる。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンチュウシャクシギ(中杓鴫)(Numenius phaeopus)
チドリ目 シギ科 全長、40〜46cm
特徴:嘴が長くて下にまがり、体全体が褐色のまだらで眉斑は茶褐色、尾羽は褐色に黒の横斑がある。雌雄同色。
分布:ユーラシア大陸から北米、日本へは、春渡りとしてやって来る。
生息地:渡りの時期には、数羽から数十羽の群れで干潟、水田、川岸等に生息する。
食性:長い嘴を利用して、干潟の砂の中のカニ等の甲殻類を捕食する。また、草地の中の昆虫類を捕食することもよくある。
撮影編集日:2019年5月1日 場所:大阪府堺市 大和川、河川敷

ログインすると、残り2件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

デジブラ・デーリー画像 更新情報

デジブラ・デーリー画像のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済