ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > デジブラ・デーリー画像 > トピック一覧 > 2019年3月24日(日)

デジブラ・デーリー画像コミュの2019年3月24日(日)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2019年3月24日(日)晴れ4.0℃〜13.1℃
今日は早朝から晴れましたが気温は低めの様です、日中の最高が12度の予報です。

チューリップハボタン(葉牡丹)(Brassica oleracea var. acephala)
アブラナ科 アブラナ属 花期、4〜5月 草丈、50〜90cm 
ハボタンは西ヨーロッパ原産で18世紀ごろ渡来、植物的にはキャベツそのものですが、葉を観賞するために改良された日本独特のものです
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大泉緑地  

コメント(21)

チューリップハボタン(葉牡丹)(Brassica oleracea var. acephala) ミニハボタン
アブラナ科 アブラナ属 花期、4〜5月 草丈、10〜40cm 
彩りの少ない冬花壇に最適です。ハボタンは、植物的にはキャベツそのものですが、葉を観賞するために改良された日本独特のものです。 ミニハボタンは普通の葉ボタンに矯正した植物。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪市 長居公園
チューリップハボタン(葉牡丹)(Brassica oleracea var. acephala) ミニハボタン
アブラナ科 アブラナ属 花期、4〜5月 草丈、10〜40cm 
彩りの少ない冬花壇に最適です。ハボタンは、植物的にはキャベツそのものですが、葉を観賞するために改良された日本独特のものです。 ミニハボタンは普通の葉ボタンに矯正した植物。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪市 長居公園
チューリップミズナ(水菜)(Brassica rapa var. nipposinica)
別名、ヒイラギナ(柊菜)、キョウナ(京菜)
アブラナ科 アブラナ属 収穫期、12〜3月 草丈、120cm
葉には数多くの鋸歯状の切れ込みがある。臭みの無い淡白な味で歯ざわりが良い。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪市 長居公園
チューリップミヤコワスレ (都忘れ)(Gymnaster savatieri)
キク科 ミヤマヨメナ属 花期、4〜5月 草丈、20〜40cm
日本原産で、ミヤマヨメナの1つ、シュンギクの改良種。紫色の可憐な花。紫と言えば京都を代表する色で都を忘れないよう付けた名とか。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップムスカリ(Muscari armeniacum)
別名、グレープヒアシンス
ユリ科 ムスカリ属 花期、3月〜4月 草丈、20cm
地中海沿岸または南西アジア原産でヒヤシンスに少し似ている。 花径、8mmで青紫色、白色の種類もある。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップムスカリ(Muscari armeniacum) (ホワイトビューティー)
ユリ科 ムスカリ属 花期、3〜4月 草丈、約20cm
地中海沿岸、南西アジア原産でヒヤシンスに少し似ていて、別名をグレープヒヤシンス、鮮やかな青紫色で白い種類もある。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップムスカリ(Muscari armeniacum)
別名、ムスカリレディブルー
キジカクシ科 ムスカリ属 花期、3月〜4月 草丈、20cm
地中海沿岸または南西アジア原産でヒヤシンスに少し似ている。 花径、8mmで青紫色、白色の種類もある。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
ペンギンアオサギ(蒼鷺)(Ardea cinerea)
コウノトリ目 サギ科 全長、90〜98cm
特徴:頭の先端は白色で、額の両側から目の上を通り後頭部で一つになる黒い帯状の冠羽があり、背は青灰色で、肩羽は伸びて飾り羽となり淡い灰色をしている。翼の大部分は青灰色で一部が白い。頸(くび)の中央には数本の黒い縦筋がある。腹部は白く、脇にも数本の太く黒い線がある。嘴と足は黄色である。
分布:日本では、北海道、本州、四国、対馬で繁殖する。北海道では夏鳥、本州・四国では留鳥か漂鳥、九州以南では冬鳥である。関東平野には少ない。
生息地:湿地、河川敷、湖、沼、農耕地などに見られる。水辺の樹上で休むことが多い。夕方は川の中州などに集まって眠る。
採餌:待ち伏せや歩いたりして魚を捕らえる。昆虫、両生類、甲殻類、小哺乳類も食べる。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ひよこアトリ(花鶏)(Fringilla montifringilla) 雄
スズメ目 アトリ科 全長、約16cm
特徴:雄は全体的に濃緑色、褐色、白色の模様で目立つ。冬羽は頭と背が黒っぽく、喉(のど)、胸、わき腹は橙色がかかっている。雌は全体が淡色で褐色がかっている。嘴は冬羽では黄色いが夏羽では黒っぽくなる。
分布:日本には、ロシア、サハリン、ユーラシア大陸から冬鳥として全国に渡来する。
生息:地渡来初期には亜高山帯の針葉樹林などで大群が見られる。冬は次第に山を下って、山麓のカラマツ林や落葉樹林、雑木林などに生息するようになる。
採餌:果実はナナカマドなど、種子ではカエデ類やモミなどの針葉樹の種子を食べ。冬季は群れで行動し、水田、河原、畑などで草本類の種子を食べる。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ひよこアトリ(花鶏)(Fringilla montifringilla) 雌
スズメ目 アトリ科 全長、約16cm
特徴:雄は全体的に濃緑色、褐色、白色の模様で目立つ。冬羽は頭と背が黒っぽく、喉(のど)、胸、わき腹は橙色がかかっている。雌は全体が淡色で褐色がかっている。嘴は冬羽では黄色いが夏羽では黒っぽくなる。
分布:日本には、ロシア、サハリン、ユーラシア大陸から冬鳥として全国に渡来する。
生息:地渡来初期には亜高山帯の針葉樹林などで大群が見られる。冬は次第に山を下って、山麓のカラマツ林や落葉樹林、雑木林などに生息するようになる。
採餌:果実はナナカマドなど、種子ではカエデ類やモミなどの針葉樹の種子を食べ。冬季は群れで行動し、水田、河原、畑などで草本類の種子を食べる。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ひよこアトリ(花鶏)(Fringilla montifringilla) 雌雄
スズメ目 アトリ科 全長、約16cm
特徴:雄は全体的に濃緑色、褐色、白色の模様で目立つ。冬羽は頭と背が黒っぽく、喉(のど)、胸、わき腹は橙色がかかっている。雌は全体が淡色で褐色がかっている。嘴は冬羽では黄色いが夏羽では黒っぽくなる。
分布:日本には、ロシア、サハリン、ユーラシア大陸から冬鳥として全国に渡来する。
生息:地渡来初期には亜高山帯の針葉樹林などで大群が見られる。冬は次第に山を下って、山麓のカラマツ林や落葉樹林、雑木林などに生息するようになる。
採餌:果実はナナカマドなど、種子ではカエデ類やモミなどの針葉樹の種子を食べ。冬季は群れで行動し、水田、河原、畑などで草本類の種子を食べる。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンオカヨシガモ(丘葦鴨)(Anas strepera) 雄
カモ目 カモ科 全長、46〜54cm
特徴:胸に灰色と黒褐色の小さな波模様、嘴は黒色で、足は黄橙色。エクリプスは雌に似ている。 雌はマガモの雌に似ていてるが、顔に白味があり、翼鏡が白く見える。
分布:ユーラシア大陸と北米大陸に繁殖、日本には、本州、九州に冬鳥として現れる。北海道では北部や道東で少数が繁殖している。
生息地:淡水域が多いが、汽水、海水域でも見られる。繁殖地では、池や沼の多い、湿地帯の草原にすむ。夜間に水田や湿地に出て採餌する。イネ科、カヤツリグサ科、タデ科などの種子など。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大和川 河口
ペンギンオカヨシガモ(丘葦鴨)(Anas strepera) 雌
カモ目 カモ科 全長、46〜54cm
特徴:胸に灰色と黒褐色の小さな波模様、嘴は黒色で、足は黄橙色。エクリプスは雌に似ている。 雌はマガモの雌に似ていてるが、顔に白味があり、翼鏡が白く見える。
分布:ユーラシア大陸と北米大陸に繁殖、日本には、本州、九州に冬鳥として現れる。北海道では北部や道東で少数が繁殖している。
生息地:淡水域が多いが、汽水、海水域でも見られる。繁殖地では、池や沼の多い、湿地帯の草原にすむ。夜間に水田や湿地に出て採餌する。イネ科、カヤツリグサ科、タデ科などの種子など。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大和川 河口
ペンギンオカヨシガモ(丘葦鴨)(Anas strepera) 雌雄
カモ目 カモ科 全長、46〜54cm
特徴:胸に灰色と黒褐色の小さな波模様、嘴は黒色で、足は黄橙色。エクリプスは雌に似ている。 雌はマガモの雌に似ていてるが、顔に白味があり、翼鏡が白く見える。
分布:ユーラシア大陸と北米大陸に繁殖、日本には、本州、九州に冬鳥として現れる。北海道では北部や道東で少数が繁殖している。
生息地:淡水域が多いが、汽水、海水域でも見られる。繁殖地では、池や沼の多い、湿地帯の草原にすむ。夜間に水田や湿地に出て採餌する。イネ科、カヤツリグサ科、タデ科などの種子など。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大和川 河口
ひよこシロハラ(白腹)(Turdus pallidus)
スズメ目 ツグミ科 全長、24〜25cm
特徴:全体的に灰褐色、翼、背、腰は特に褐色味が強い。尾は黒味がかり、外側尾羽の先に白斑がある。雌雄共に色は似ているが、雄は頭部が黒く目の周りの黄色が強い。雌の方が顔や腹部が白っぽく、目の上に薄い眉斑がある。雌雄同色。
分布:日本には冬鳥として渡来し、積雪の少ない地方で越冬する。
生息地:越冬期には、低山や丘陵のササなどの下生えがよく茂った常緑広葉樹林に、単独または小群で生息する。
採餌:地上を歩きながら、落ち葉をはねのけてミミズや昆虫などを食べる。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンスズガモ(鈴鴨)(Aythya marila)雄
カモ目 カモ科 全長、雄、約46cm 雌、43cm
特徴:雄、頭から胸が黒く頭には緑色光沢が、背は白地に細い黒の波状斑があるため灰色に見える。上尾筒と下尾筒は黒い。虹彩は橙黄色である。雌、全身が褐色で、嘴基部に幅広い白斑がある。
分布:ユーラシア、北米大陸で繁殖し、日本には冬鳥として全土に現れる。
生息地:大きい湖沼、河川、内湾、干潟などにすむが、沿岸の海や大きい内湾、河口部に多く、数百〜数千羽の大群が見られる。
採餌:雑食性で、潜って水底の巻貝や二枚貝を食べる。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大和川河口
ペンギンスズガモ(鈴鴨)(Aythya marila)雌
カモ目 カモ科 全長、雄、約46cm 雌、43cm
特徴:雄、頭から胸が黒く頭には緑色光沢が、背は白地に細い黒の波状斑があるため灰色に見える。上尾筒と下尾筒は黒い。虹彩は橙黄色である。雌、全身が褐色で、嘴基部に幅広い白斑がある。
分布:ユーラシア、北米大陸で繁殖し、日本には冬鳥として全土に現れる。
生息地:大きい湖沼、河川、内湾、干潟などにすむが、沿岸の海や大きい内湾、河口部に多く、数百〜数千羽の大群が見られる。
採餌:雑食性で、潜って水底の巻貝や二枚貝を食べる。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大和川河口
ペンギンスズガモ(鈴鴨)(Aythya marila)雌雄
カモ目 カモ科 全長、雄、約46cm 雌、43cm
特徴:雄、頭から胸が黒く頭には緑色光沢が、背は白地に細い黒の波状斑があるため灰色に見える。上尾筒と下尾筒は黒い。虹彩は橙黄色である。雌、全身が褐色で、嘴基部に幅広い白斑がある。
分布:ユーラシア、北米大陸で繁殖し、日本には冬鳥として全土に現れる。
生息地:大きい湖沼、河川、内湾、干潟などにすむが、沿岸の海や大きい内湾、河口部に多く、数百〜数千羽の大群が見られる。
採餌:雑食性で、潜って水底の巻貝や二枚貝を食べる。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大和川河口
ひよこツバメ(燕)(Hirundo rustica)
スズメ目 ツバメ科 全長、17〜18cm
特徴:頭上から尾まで光沢のある黒色で尾には白斑があり。額とノドは赤褐色、白い胸腹部との境に黒帯がある。雌雄同色。
分布:日本全土に夏鳥として渡来し北海道では主に道南に分布するが、十勝地方でも繁殖が確認されている。本州では民家の軒下などで繁殖している。
生息地:山間の村落、町、市街に多く、田畑、草原、河川など、営巣地付近のあらゆる環境を飛翔して採餌地とする。
採餌:空中を飛んで、ハチ、ハエ、アブ、トンボといった昆虫を捕食する。
撮影編集日:2019年3月24日 場所:大阪府堺市 大泉緑地

ログインすると、残り2件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

デジブラ・デーリー画像 更新情報

デジブラ・デーリー画像のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済