ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > デジブラ・デーリー画像 > トピック一覧 > 2019年1月13日(日)

デジブラ・デーリー画像コミュの2019年1月13日(日)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2019年1月13日(日)晴れ0.6℃〜12.6℃
今日は晴れで朝の気温は低めですがにっちゅうの最高気温は10度以上に成りそうです。

チューリップストック(Matthiola incana)、別名、アラセイトウ(紫羅欄花)
花名、キスミー・チェリー
アブラナ科 マッティオラ属 花期、2〜4月 草丈、30〜50cm
地中海岸原産、一重と八重が有り、芳香性の強い花です。花径、3cm 花色は、桃、青紫、赤、黄、白色。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪府堺市 大泉緑地

コメント(11)

チューリップストック(Matthiola incana)、別名、アラセイトウ(紫羅欄花)
花名、キスミー・バイオレット
アブラナ科 マッティオラ属 花期、2〜4月 草丈、30〜50cm
地中海岸原産、一重と八重が有り、芳香性の強い花です。花径、3cm 花色は、桃、青紫、赤、黄、白色。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップストック(Matthiola incana)、別名、アラセイトウ(紫羅欄花)
花名、キスミー・ホワイト
アブラナ科 マッティオラ属 花期、2〜4月 草丈、30〜50cm
地中海岸原産、一重と八重が有り、芳香性の強い花です。花径、3cm 花色は、桃、青紫、赤、黄、白色。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップストック(Matthiola incana)、別名、アラセイトウ(紫羅欄花)
花名、キスミー・ローズ
アブラナ科 マッティオラ属 花期、2〜4月 草丈、30〜50cm
地中海岸原産、一重と八重が有り、芳香性の強い花です。花径、3cm 花色は、桃、青紫、赤、黄、白色。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップストック(Matthiola incan) 花壇
別名、アラセイトウ(紫羅欄花)
アブラナ科 アラセイトウ属 花期、2〜4月 草丈、30〜50cm
地中海岸原原産、一重咲と八重咲きがあり、芳香性の強い花です。花径、3cm 花色は、桃、青紫、赤、黄、白色。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪市 長居公園
チューリップストック(Matthiola incan) 八重、赤
別名、アラセイトウ(紫羅欄花)
アブラナ科 アラセイトウ属 花期、2〜4月 草丈、30〜50cm
地中海岸原原産、一重咲と八重咲きがあり、芳香性の強い花です。花径、3cm 花色は、桃、青紫、赤、黄、白色。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪市 長居公園
チューリップストック(Matthiola incan) 八重、白
別名、アラセイトウ(紫羅欄花)
アブラナ科 アラセイトウ属 花期、2〜4月 草丈、30〜50cm
地中海岸原原産、一重咲と八重咲きがあり、芳香性の強い花です。花径、3cm 花色は、桃、青紫、赤、黄、白色。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪市 長居公園
チューリップストック(Matthiola incan) 八重、紫
別名、アラセイトウ(紫羅欄花)
アブラナ科 アラセイトウ属 花期、2〜4月 草丈、30〜50cm
地中海岸原原産、一重咲と八重咲きがあり、芳香性の強い花です。花径、3cm 花色は、桃、青紫、赤、黄、白色。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪市 長居公園
ペンギンヒドリガモ(緋鳥鴨)(Anas penelope) 雄
カモ目 カモ科 全長、45〜51cm
特徴:アメリカヒドリ雄の亜種、目から後ろは光沢のある緑色で頭部が白っぽい。体は主に灰色で尾は黒い。飛ぶと雨覆の白が目立つ。雌は全体的に褐色で腹が白い、飛んだときに見える雨覆は灰褐色。雌雄共に嘴は鉛色で先端が黒く、足は灰黒色。
分布:主にシベリヤ方面から、日本では全土に冬鳥として現れて越冬する。10月頃から翌年の3〜4月までふつうに見られるカモである。
生息地:冬はゆったり水の流れる河川、ダム湖、湖沼、海湾などですごす。極地や亜寒帯の繁殖地では、富栄養や貧栄養の水系よりも中栄養の水系を好む。
採餌:主として植物食で、海苔養殖に被害を与えることがある。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンヒドリガモ(緋鳥鴨)(Anas penelope) 雌
カモ目 カモ科 全長、45〜51cm
特徴:アメリカヒドリ雄の亜種、目から後ろは光沢のある緑色で頭部が白っぽい。体は主に灰色で尾は黒い。飛ぶと雨覆の白が目立つ。雌は全体的に褐色で腹が白い、飛んだときに見える雨覆は灰褐色。雌雄共に嘴は鉛色で先端が黒く、足は灰黒色。
分布:主にシベリヤ方面から、日本では全土に冬鳥として現れて越冬する。10月頃から翌年の3〜4月までふつうに見られるカモである。
生息地:冬はゆったり水の流れる河川、ダム湖、湖沼、海湾などですごす。極地や亜寒帯の繁殖地では、富栄養や貧栄養の水系よりも中栄養の水系を好む。
採餌:主として植物食で、海苔養殖に被害を与えることがある。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンオカヨシガモ(丘葦鴨)(Anas strepera)雄
カモ目 カモ科 全長、46〜54cm
特徴:胸に灰色と黒褐色の小さな波模様、嘴は黒色で、足は黄橙色。エクリプスは雌に似ている。 雌はマガモの雌に似ていてるが、顔に白味があり、翼鏡が白く見える。
分布:ユーラシア大陸と北米大陸に繁殖、日本には、本州、九州に冬鳥として現れる。北海道では北部や道東で少数が繁殖している。
生息地:淡水域が多いが、汽水、海水域でも見られる。繁殖地では、池や沼の多い、湿地帯の草原にすむ。夜間に水田や湿地に出て採餌する。イネ科、カヤツリグサ科、タデ科などの種子など。
採餌:イネ科、カヤツリグサ科、タデ科などの種子、水草の葉、茎、根などを好んで食べる。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪府堺市 大和川、河口
ペンギンオカヨシガモ(丘葦鴨)(Anas strepera)雌
カモ目 カモ科 全長、46〜54cm
特徴:胸に灰色と黒褐色の小さな波模様、嘴は黒色で、足は黄橙色。エクリプスは雌に似ている。 雌はマガモの雌に似ていてるが、顔に白味があり、翼鏡が白く見える。
分布:ユーラシア大陸と北米大陸に繁殖、日本には、本州、九州に冬鳥として現れる。北海道では北部や道東で少数が繁殖している。
生息地:淡水域が多いが、汽水、海水域でも見られる。繁殖地では、池や沼の多い、湿地帯の草原にすむ。夜間に水田や湿地に出て採餌する。イネ科、カヤツリグサ科、タデ科などの種子など。
採餌:イネ科、カヤツリグサ科、タデ科などの種子、水草の葉、茎、根などを好んで食べる。
撮影編集日:2019年1月13日 場所:大阪府堺市 大和川、河口

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

デジブラ・デーリー画像 更新情報

デジブラ・デーリー画像のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済