ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

上原ひろみコミュの「勝手な手拍子」お好きでない方、いらっしゃいませんか?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

今日の有楽町のコンサート、とてもすばらしく、楽しんできました。

すこし、残念だったことは、勝手な手拍子、です。
アンコールみたいに、上原さんに誘っていただいた手拍子は良いと思うのですが、それ以外でも、勝手に手拍子をされる方、結構いらっしゃって、、、、、
ドラムソロでも、ほんの一部の方でしたが、手拍子があったり、、、、、、

「できたら、手拍子、聞きたくない人」、も多いのではないかな、なんて期待します。

大昔の、ライブアンダーザスカイ、の頃から、手拍子される方のいるジャズコンサートはあったと思います。
個人的には、手拍子はあわないジャズが多いのでは、と、思っています。
上原さんの音楽も、あまり手拍子系ではないのでは、とも思います。

コメント(69)

手拍子には全面的に、反対ではないですが、
この間の熊谷和徳さんとのライブではかなり気になりました。
そこでの手拍子は、完全に熊谷さんのタップを無視したもので、せっかくの
ピアノとタップの共演が台無しです。
まぁ、彼らはそれ以上のパワーで手拍子を蹴散らしてくれましたが・・・。

Duetの影響なのか、Spainが始まったらお決まりのように手拍子というのは、
勘弁してほしいです。
個人的には手拍子はない方がいいと思いますが
まぁそれぞれの楽しみ方があっていいのかな?と。

くにさん
チック師匠のLight As A Featherに収録されているSpainではCDに
ハンドクラップが入っているのでそのフレーズの所で手拍子が起こるのは
個人的にいいなぁと思いますし(ボクもしました。w)多分あの会場で
手拍子始めた人の何人かはわかってて手拍子したと思うんですよね。
ただつられて始めた人はそのフレーズが過ぎても「手拍子やめないのかいっ」みたいな。w
Duetではハンドクラップが入っているフレーズが最後に繰り返される
アレンジになっていますしチック師匠が誘ってますから手拍子最高なんですがね。

ちとトピからずれますが通路なだれ込みは論外。
手拍子がこんなに敵視されているとは驚きました。
ノリが違うとまで言われると音楽の楽しみ方は人それぞれだし、そこが受け入れられない方はご自宅で…ってのは言い過ぎでしょうか。
自分の前に座っていたお年を召した男性が手拍子しながら気持ちよさそうに身体を揺らしているのを見ながら、老若男女誰もを気持ちよくさせる上原ひろみはすげーなって感動していたのですが、楽天的すぎたでしょうか(笑)
「声援とか拍手とか手拍子とか、そういうリアルな観客の皆さんの反応も含めて『生の(ライブの)音楽』であり、それがまた楽しいんです」と考えているミュージシャンの話も、よく聞いたりします。
つまり視点を変えてみると、プレイヤー側は、手拍子そのものはそんなに気にしてないのかも知れませんから、ライブで手拍子が気になった時は、プレイヤーの心境に立ってみると「これもアリか!」と思えて、あまり気にならなくなるかも知れません。

んなこたないか。

まあ上の話とは関係なく、私は手拍子はあまり気になりません。
が、手拍子する方もしない方も、お互いがお互いを思い遣ることが必要です。
いくら「楽しみ方は人それぞれ」とは言っても、それが同じ時間と空間を共有している者同士の最低限のマナーだと思います。
ここにいるのかはわかりませんが、やってた人はいるわけですよね。
それを晒し上げるような事をするのは場を弁えた事なのかなと疑問に思いました。
変拍子になったら、それに合わせて手拍子してもらえば構わないのですが、そういう所でも4拍子をされると聞き苦しいです。
ちなみに私は簡単なリズムの部分でしか手拍子はしません。

PRISMのライブに行くと、メンバー自身が「お願いだから手拍子しないでね」と言ったりします。
16分の15拍子で演奏しているのに、最前列のあるお客さんが4分の4拍子をしていたのが眼に入り、演奏をしている本人が間違えそうになったとか。
もっともあの曲で手拍子をする人は、元々皆無ですが。
ジャズに魅了されている者の一人として、おっしゃることには同感いたします。

しかし、「勝手な手拍子」というの少し高飛車ではないですか。
手拍子される方も別に演奏を邪魔しようなんて思ってるわけではありませんし、逆に盛り上げようとしてやっているはずです。
上原ひろみさんから見れば私たち全員同じ「盛り上げてくれる仲間」とか「支えてくれるファン」なのでしょう。

なんというか、ただ価値観を押し付けるのはよくないですよ。
昨日のホールの広さでは、観客の中に慣れていない方や皆さんとは違う考え方を持った人がいるのはわかりきってます。

確かにジャズは歪んだリズムが醍醐味ですから手拍子は良くないですが、同じ前述のファンとして、寛容しましょうよ。
昨日のコンサート、手拍子の有無に関わらず、最高に楽しかったですよ。
確かに変拍子での四拍の手拍子は違和感ありますし、
自分だったら手拍子できなくて(合わせられなくて)やめてしまいます。

でも、そういうところでマイナスに考えてしまうよりも、
ある程度割り切って、あの高揚感を楽しんだ方が数倍楽しめると思いますよ。

実際、ダブルアンコールでは客席を飛び出して前方通路で踊る人多数ww
日本でのジャズのライヴとしては想像を越えた「ノリ」が昨日にはあったと思います。
もうその空気、高揚感に体を預けて一切合切を楽しむ。

トピ主さんのおっしゃることも十分に理解できますが、僕は昨日そうやって完全燃焼しました。

まぁ、考え方だと思いますけどね。
こういう議論を経て、一人一人が考えて大人の観衆になっていくんだと思います。

Jazzだから、自由でいいんだというのは違うと思うんですよ。

観客の楽器は、拍手や表情だと思いません?

演奏者が作り出す音楽に上手にかぶせていきましょうよ。

トピ主はそんなことを問題提起をしたかっただと思いますよ。
yasukichiさんに同感です。。。

私は、先に書かせて頂いたようにずれた手拍子は本当は嫌だけど、それもライブかなあ..と我慢したりもしてますが
正直ひろみちゃんの音楽を聴いてらっしゃる方の中にもいろんな音楽レベルの方がおれると思います。

「変拍子の時にそれに気付かず4拍子の手拍子をする」
...という事は
変拍子が判る人からすれば、
「カラオケで誰かが歌ってる時にずれた手拍子がなってる」
状態で聞こえてくるわけです。
ライブの盛り上がりのノリ、と割り切れるときもありますが、
それが続くと、すごく気持ちの悪い状態が続く事になってしまうという事も、手拍子される方を晒し上げるわけではないのですが手拍子をされてらっしゃる方にも判ってほしいなあ、、、とここに書込まれてらっしゃる皆さん思ってるのではないでしょうか。

生意気にすみません。。。
>46:かよ♪さん
それなら、凄く分かりますし、共感できます。
自分はズレた手拍子も割り切れますが、気持ち悪いと感じることもありますので。

「勝手な手拍子」という表現のせいかもしれませんが、
自分はこのトピックに凄く「上から目線」の排他的な印象を受けました。
なので、44のような書き方になってしまいました。
先日彼女の地元のFM曲で「日本のお客さんはおとなしい・・・地元浜松のコンサートでは皆さん”激練り”するくらいの勢いでお願いします!」と語っていました。

激練りねぇ・・・みんなと一緒に血沸き肉踊るお祭りにしたいんだよなぁ、きっと。

ローカルネタですみません。



昨日のファイナルに行った方に聞きたいんですがマーティン、ドラムソロ中の手拍子に合わせて叩いてましたかね?一部の手拍子ゾーンを向いて。遠くから(2階前方)観ていたので定かではないんですけど。。。合わせながら段々外していったように見えたのです。。ソロ中の手拍子は酷だなぁと思いますけど、もしマーティンが合わせていたのなら、ああいった巧いやり方があるものだなぁと思います。


曲中の手拍子に関しては、確かに変拍子のとことかは気持ち悪いしヘニャヘニャと消えてカッコ悪いですよね(笑)
でも、できるところは手拍子してもいいんじゃないかな〜と思います。ぐわぁ〜と盛り上がる所は盛り上がりますし。ジャズはジャズでも彼女の音楽は座って観るよりも東京ファイナルの最後のカンフーみたいにオールスタンディングで暴れ回って(誇張です)観てる方が合ってる気がするのです。勝手な意見ですけどね。とはいっても、立ってノってたのはラストだけですからね!!(笑)



長々とすみませんでした。
確かに素晴らしい曲を聴いている時に手拍子は必要ないかもしれませんが...思わず出ちゃった!なんかこう、表現したい!うれしい顔ムードって時は、やっちゃって良いと思っていますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

ひろみさんの前では
体も心も勝手に反応してしまうのです目がハートハート
>violenceさん

確かにあのマーティンのプレイ、手拍子にある程度あわせてから巧く外していくような感じがしました。
ソロ終盤で手拍子がかなり少なくなっており妙に1人で感心してました(笑
もちろんそんなことだけでなくあの繊細かつリズミックなプレイに圧倒されたのは言うまでもありませんが電球
takashiさん>
お返事ありがとうございます。やっぱりそんな感じしましたよね!!マーティンが外しにいった時、モニターに映った笑顔が凄く悪戯っ子ぽくて微笑ましかったです(笑)
そしてスティックは飛ばすけど(笑)、本当に毎度ながらマーティンのプレイは鳥肌ものです。あんな繊細なドラムを生で聴けて幸せです。僕はずーっと口が開いてました猫
私もファイナルに参戦した1人です。
隣の席の男性もとても楽しそうに手を叩いておられたのですが、それが恐ろしくリズム感のない方で・・・・
最初は「日本人なんだししょうがないよなぁ」くらいに思っていましたが、それが数時間も続くとストレスになってきました。
発狂したくなるほどでしたよ(苦笑)あせあせ(飛び散る汗)
皆さんそれぞれ楽しんでの上の行為なのであれば仕方がないのかもしれません。
が、変拍子についていけないくらいなら叩くのは遠慮してくれ!っていうのが本音ですね。。。
現に演奏中に苛々、心乱されてしまっていますのでたらーっ(汗)

それと、ダブルアンコールで前方に押し寄せた人。
あれは論外です。
ライブ自体がとても素晴らしく、もう一度出てきてくれ〜!!!・・・と願って出てきてくれた瞬間、飛び上がって喜んだのもつかの間、あのマナー違反行為でテンションがた落ちでした。
落ち込んだままロビーへ出たらフライヤーがたくさん落ちていて、更に凹まされバッド(下向き矢印)
泣きそうになりながらそれを拾ってゴミ箱へ捨て、帰って来ましたが、こちらで良識のあるコメントを多々見ることが出来て、ホッとしています。

同じく最後の押し寄せ行為にがっかりさせられた夫と2人で、
「やっぱりこういう音楽はスタンディングで聴くのが一番なんだけどねぇ」なんて話していましたが、そういう会場(都内でいえばAXやアゲハなど)で今と同じキャパをこなすとなると日程的にどうしてもきつかったりするんだろうなぁ。

十人十色、いろいろな意見もあり、全ての人間が満足する方法見つからないのかもしれませんが、このトピを見ている皆さんとだけでも、お互い譲歩しながらひろみさんを応援して行けたら良いなぁと思っています。

長くなってしまいましたが、最後にひろみさん、今回も楽しい演奏をありがとうございました。
レコ大にも出演されるとの事、どんだけ過密スケジュールなんだexclamation & questionと驚き&心配です。
お身体大切に、今後の旅も楽しんできてくださいわーい(嬉しい顔)
私も再会の日を楽しみにしていますexclamation ×2
今回ホール初で視覚と聴覚のタイムラグを感じました。

スクリーンの方は機械を通る段階で遅れるものなのか遅れさせているのかわかりませんが、二階の後ろの方ではそちらの方が音と合っている気がしました。

音は一秒あたり314メートルでしたっけ?

そして手拍子もホールを伝わるタイムラグでずれているのかなと講演中妄想しておりました。

無茶ずれてるけど後ろや前だとそれで合ってるのかなと思いつつ思考をそこで停止させ、見ておりました。




ホールだからこそ余計にややこしくなっている気がします。


ロックのコンサートだと客の手拍子を上回るPAの音圧がある気がするのですが、そういう訳でも無かったですし…

実際ダイナミックレンジが広い素晴らしい演奏でPAは大変だったと思われます。

ロック、プログレ、ファンク、ジャズ、クラシック、多種多様なジャンルの音楽を内包したひろみちゃんの音楽性ならではの客層の幅広さも要員かと。

ライブ(講演?演奏会?)をどのようなものとして捉えるかってところで変な違和感を感じつつライブを見ておりました。

ノリノリで楽しみたいけど周りの人の迷惑になるし、かしこまって見る音楽なのだろうかと…

かといって手拍子で演奏は聞こえないし。それも含めライブなのかどうか…

うまいこと小さいライブハウスでの講演を見に行けたらなと思っとります。


2度目のコメントで申し訳ありません。
僕は、オーディエンスがそのコンサートを楽しんで、自然と出る手拍子を否定はしません。キャストの演奏とオーディエンスの手拍子が一体になって素晴らしい空気が生まれることもありますし。
何名かの方が仰っているように、JAZZがかしこまって聞くような音楽ではなく、楽しむための音楽なので、自然と手拍子が出ることもあるでしょう。

でも、ドラムソロやタップのソロ中に手拍子を入れるのは、あまりにも演者に対する敬意が無いように思います。この場合、「ノリノリで、」というのは、言い訳にもならない自己中心的な発言にしか聞こえないのですが・・・。手拍子をする前に少し考えれば、手拍子しても良いか悪いかの判断はそれほど難しくないことだと思います。

だいぶ過激なコメントになってしましました、すみません。
何度も言うように、手拍子自体は全然賛成です。キャストが良いパフォーマンスを見せ、オーディエンスが手拍子等でさらにキャストを盛り上げて・・・そして、最高のライブが生まれるんだと信じているので。
会場の規模を加味しましょう。
小さなスタジオやバーならともかく、大ホールでの手拍子なんて論外。理論的に考えてもズレて不協和音になるのは明らか。
ノリや人それぞれの楽しみ方なんかで許すなら、許せない境界線はどこでしょう?
俺にとっては勝手な手拍子はタバコの煙と同じ。吸うのは勝手だが、他人の健康を侵害する権利はスモーカーにないですよね?同じように、勝手な楽しみ方で他人を巻き込まないでもらいたい。
許せない境界線?というか、許せるも許せないもないと思いますけどね。
「手拍子を敵対視するのか、楽しんで取り込んでしまうか、2つに1つ」
というのは、プレイヤーだけでなく、オーディエンスにも言えることだと思います。

自分なら後者を選びます。

煙草の例えが出ましたが、喫煙者が非喫煙者の健康を害する権利はないと言いますけど、
喫煙が可能な場所で喫煙者に禁煙を強いる権利もないわけで。
同様に「手拍子をするな」と言う権利は誰にもないと思いますけどね。
手拍子を禁止されてるわけでもあるまいし。

両者が歩み寄れれば良いと思います。
手拍子をしたい人は簡単なところ、ずれにくいところくらいにしておく。
その他のとこでも手拍子したいなら少し控え目に。
手拍子を不快に思う人は、会場の大きさなどで多少ズレて聞こえても大目にみるとか。
トピックス、たてた者です。
「勝手な」に上から目線を感じられて不快になられた方がいたこと、反省しています。
「勝手」は「演奏者が促さない」の意味のつもりでしたが、潜在的心理的には「私は聞きたくないのに」、もあったかもしれません。
私は今回、ひろみサンのライブに初参戦しましたが…
ホント、ずっと憧れていたので、生演奏を聴けてとても嬉しかったです(*^0^*)
JAZZわやっぱりROCKとは違うので盛り上がれば良いってだけの音楽ではなく、楽しみ方も違うと思いますので、ひろみサンの促していない部分での手拍子は避けた方が良いと思います(><)
ただファイナルしか参戦していないのですが、今回の曲調がJAZZROCKっぽかったので、思わず手拍子したくなる気持ちも良く分かります(*^^*)
でもやはり根本はJAZZなのでアドリブ中や、ソロの部分で普通に手拍子をすると合わなくなってしまいますよね(´`)
そこが難しいとこなので、やはりひろみサンやバンメンの方が促した時に手拍子をするという形をとるのが、会場にいらっしゃった皆さんと楽しめる方法だと思います(*^ω^*)
不適切な内容でしたらすみません(;_;)

ひろみサンのファン同士、仲良くひろみサンを応援できたらと思っています(^-^*)
長々と失礼しました★
>violenceさん

ちょっと話戻りますが、確かにあのドラムソロは、一番前の方でずっと手拍子してる客に合わせてスネアを叩き、半拍ずつずらしてましたね

実は僕はその客の真後ろにいたのでずっと手拍子が気になっていたんですが、あのカッコいいドラムソロを観て、そんな事気にしてる自分がちょっとバカらしくなりました(;^_^

そのくらい演奏が凄かったってことですね♪

ログインすると、残り45件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

上原ひろみ 更新情報

上原ひろみのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング